人気ブログランキング |

小室圭が7月に司法試験を受験するかもしれない記事。

↓励みになります♪クリックをお願いいたします。

皇室特権を使って絶賛お勉強中のKK。
小室親子は一度味わった甘い生活をそう簡単に手放さないと思われるので、
自ら辞退の可能性は期待出来ないそ。
ほんとに、いつまでも、、、。
眞子さまがこんなにも頑固で分からず屋だとは思いもしませんでしたし、
ガッカリです。
これまで、ご両親がコツコツと積み重ねて来られたものを壊していらっしゃること
お気付きではないのでしょうか。

今日も、TVで小室佳与さんの遺族年金不正受給の放送があったんですよね。
遺族年金を不正に受給し続けなければ生活に困るような状況だなんて、
庶民でもお断りの事故物件じゃないですか。
皇族がしかも内親王の結婚相手として、こんな相手を選ぶなんて、
冗談じゃないですよ、もう。

別れた女性とのいざこざを言い続けていると批判もあるかもしれませんが、
ネットでジャガーさんと呼ばれている元婚約者の男性には、感謝しております。
この男性の告発がなければ、今頃、結婚されていたと思いますし。

KKって。
自分がお世話になった男性が、生活に困ってお金を返して欲しいと言っているのに。
大学の学費や留学費用、生活費など、
誕生日だったり、夜中に熱を出して病院へ連れて行ってくれた恩人なのに、
なんて冷たい考えの人なんでしょうか。

それでも。
秋篠宮殿下は、結婚して良いと思っていたわけでしょう?
その後はこっそりフォローするおつもりだったから?
名誉職をいくつか掛け持ちすれば、その収入で生活出来るから?

眞子さま。留学して、未だ大学院で勉強して、の結婚相手がKKって。
私達が働いて納税している税金だということ、お忘れでございませんよね。

以下参考のため引用---------------------------

小室圭さん、7月にもNYで司法試験か 合格なら一気に結婚も

2019.02.21 11:00

https://www.news-postseven.com/archives/20190221_874039.html

寒さの底を抜ければ、もうそこまで春がやってきている。2月下旬、大学受験シーズンはいよいよ大詰め。全国の受験生は緊張感に身を震わせ、桜の入学式を夢見ながら、机に向かっている。

 さて、同じく寒さの厳しい米ニューヨーク。ここでも、蛍雪の日々の最後の仕上げに臨んでいる人たちがいた。

「NY州の司法試験は年に2回、2月と7月の最後の火曜日・水曜日に、2日間かけて行われます。2月は26、27日ですから、受験生はまさに今、追い込みの勉強にいそしんでいることでしょう」(在米ジャーナリスト)

 NY州弁護士といえば、秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚行事が延期中の小室圭さんが目指している資格だ。小室さんは昨年8月、NYの中心街にあるフォーダム大学ロースクールに留学した。

「小室さんにはまだ受験資格はありませんが、2月末のテストを目前に控えて、目の色が変わった受験生たちを間近に見ているはずです」(皇室記者)

 小室さんが出国当時、留学期間は「3年間」と報じられた。しかし、急転直下、こんな計画が囁かれている。

「小室さんは次回の試験、つまり、今年7月の司法試験に照準を合わせているそうです。もし合格すれば、一気に縁談が進む可能性が高い」(前出・皇室記者)

 小室さんは用意周到、そして虎視眈々と、「春」をたぐり寄せようとしている──。

◆「たった10か月で受験資格」の特別待遇

 小室さんが「NY州」と「フォーダム大学」を選んだ理由が見えてきた。日本の弁護士資格を持たない小室さんがアメリカで弁護士になりたいなら、本来、3年間の「JDコース(基礎コース)」を受講し、アメリカ全州の司法試験の受験資格を得なければならなかった。

「しかし、フォーダム大学は小室さんを特別待遇し、本来ならば日本の弁護士資格取得者や法学部出身者が対象の『LLMコース(上級コース)』の受講を認めました。しかも、年間およそ700万円とされる授業料も免除された。

 それは、小室さんが“自分は天皇の孫のフィアンセである”というレポートを提出し、大学側がVIP扱いしたからとしか考えられない。さらに言えば、卒業までに3年かかるJDコースに比べ、LLMコースはたったの10か月で修了する。その上、ニューヨーク州など限定で、司法試験を受ける資格を得られるのです」(大使館関係者)

 異例の待遇を受け、今年5月にはロースクールを卒業できる小室さんは、7月30、31日に行われるNY州司法試験の受験資格を得るのだ。現地の法曹界ではこんな話まで聞こえてくる。


「公平な試験のはずなのに、著名人の親族だったり、資産家の子息などは、なぜか“NY州司法試験に落ちることはない”といわれています」(前出・大使館関係者)

「NY州司法試験委員会」によれば、昨年7月の同試験の初回受験者の合格率は74%だったという。合格率20%ちょっとの日本とは大きな差がある。さらに、フォーダム大学ロースクールの卒業生に絞れば89.1%が合格する。今のところ、小室さんに不合格の理由は見つからない。ただ、司法試験に合格さえすればその後が順風満帆かというと、そうではないようだ。

「合格率が高いこともあり、NYでは弁護士は飽和状態で、仕事や働き口が確約されるわけではないそうです。名門のハーバード大学やスタンフォード大学を出ていれば大手法律事務所で職を得ることもそう難しくはありませんが、フォーダム大学となると、その可能性は低くなる。それに、日本では弁護士の活動はできないので、主にNYで暮らすほかないでしょう」(法曹関係者)

 日本では弁護士というと裕福なイメージも強いが、実際、NYではそうでもないようだ。ただし、そんな現実を知っている日本人は一握り。小室さんがNY州司法試験を突破すれば“眞子さまのセレブな生活が保障される”と、多くの人は思うだろう。

 結婚へのハードルは、これで一気に低くなった。今年7月頃、眞子さまは南米のペルーなどを訪問される予定だ。経由地はアメリカの西海岸の可能性が高い。

「7月末、試験が終わって問題がすべてクリアになっていれば、そこで眞子さまは小室さんと会われるかもしれません。結婚の話は、そこで一気に加速するのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 運命の7月まで、あと5か月ほど。眞子さまにとっても「春の来ない冬はない」のだ。

※女性セブン2019年3月7日号


ここまで------------------------------------------


今上陛下は、憲法違反を押し通して退位されるのですから、
この際、採可の取り消しもして頂ければよろしいのでは
ないでしょうか。


↓励みになります♪クリックをお願いいたします。

人気ブログランキング


by Lisa_cerise | 2019-02-21 23:26 | 皇室

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise