正論!男系男子維持。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

当然の事ですが、
こうして官房長官が考えを示されると、ほっとします。
これが民主党政権下のあの当時であったら、どうなっていたことか。

美智子さんは、またヒステリーお嘆きになっていることでしょう。




官房長官 皇位継承は男系男子を維持していきたい

菅官房長官は、参議院の特別委員会での天皇陛下の退位に向けた特例法案の審議で、皇族数の減少への対策は先延ばしできない課題だとする一方、具体的な対応にはさまざまな意見があり、国民の合意を得るには慎重な検討が必要だという考えを示しました。また、皇位の継承について、男系の継承が古来例外なく維持されてきた重みを踏まえ、男系男子を維持していきたいという考えを示しました。

特例法のプロセスが先例になりえる

この中で、自民党の愛知治郎参議院政策審議会長は「将来退位を議論する場合には、各党、各会派が衆参正副議長を中心に立法府の総意の形成を目指した、今回のプロセスも先例になりえるのではないか」と質問しました。

これに対し、菅官房長官は「衆参正副議長の議論の取りまとめでは特例法が先例となって、将来の天皇の退位の際の考慮事情としても機能しえるとされている。また、法案の作成に至るプロセスや、基本的な考え方は、将来の先例となりえるものと考えている」と述べました。

円滑な退位へ最善尽くす

民進党の長浜博行氏は「法案が成立しても、施行しなければ、退位は実現しない。政府は国民生活への影響を考え、進捗(しんちょく)状況を公開しながら、可及的速やかに施行期日を決めるべきだ」と、ただしました。

これに対し、菅官房長官は「天皇陛下の退位は憲政史上初めての事柄であり、検討準備にどれだけの期間が必要か現時点で示すことは困難だ。退位日となる法律の施行日を定めるにあたっては、国民生活への影響なども考慮し、円滑な退位が遅滞することなく実施されるよう最善を尽くしたい」と述べました。

すべてを網羅して要件定めること困難

公明党の西田実仁参議院幹事長は「一代かぎりの退位ではなく、恒久制度とすべきとの意見もあったが、将来のすべての天皇を対象にしなかったのはなぜか」と質問しました。

これに対し、菅官房長官は「恒久的な退位制度を創設する場合には、退位の要件を定める必要があるが、将来の政治、社会情勢、国民の意識などは変化しえるものであることを踏まえれば、これらをすべて網羅して、退位にかかる具体的な要件を定めることは困難だ」と述べました。

特例法案 天皇のお言葉と関係するものでない

共産党の小池晃書記局長は「特例法案は、国民が天皇陛下のお気持ちを理解し共感していることを立法理由にしているが、事実上、天皇の意思を退位の要件としているのではないか」と指摘しました。

これに対し、菅官房長官は「国民が、天皇陛下のお気持ちを理解し、共感しているという現状は、お気持ちに対する国民の受け止めであり、天皇陛下のお言葉と直接関係するものではなく、憲法上の問題はない」と述べました。

女性宮家の創設などについて議論

一方、女性宮家の創設や、女性が皇位を継承する「女性天皇」、それに、その子どもが天皇になる「女系天皇」をめぐって、日本維新の会の片山虎之助共同代表は、「女性宮家の創設が議論になったが、皇位の継承とは独立した議論にすることが必要ではないか」とただしました。

社民党と統一会派を組む自由党の森ゆうこ参議院会長は「国民感情、憲法の規定する象徴制の意義を考えると、女性天皇の可能性を検討すべきだ」と主張しました。

参議院の会派、無所属クラブの松沢成文氏は「皇族数の減少には、女性宮家の創設とともに旧宮家の皇籍復帰が有効ではないか」と指摘しました。

参議院の会派の沖縄の風の伊波洋一氏は「歴史的にも女性天皇は存在するため、女性・女系天皇を容認すべきだ」と主張しました。

これに対し、菅官房長官は「皇族数の減少にかかる問題は、皇族方のご年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題だ。方策には、いろいろな考え方、意見があり、国民のコンセンサスを得るには十分な分析、検討と慎重な手続きが必要だ」と述べました。

また、菅官房長官は「安定的な皇位の継承維持は国家の基本に関わる極めて重要なもので、慎重かつ丁寧に対応する必要がある。男系継承が古来、例外なく維持されてきているという重みをしっかり踏まえつつ、引き続き検討していきたい」と述べました。

そして、「現状は男系男子であり、そこはしっかり引き継いでいきたい」と述べました。

このほか、菅官房長官は将来の天皇の退位に向け、さらに検討が必要ではないかと指摘されたのに対し、「今回、天皇陛下の退位を実現するための特例法案を立案した。改めて、政府の立場で法形式について議論することは考えていない」と述べました。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。人気ブログランキングへ

[PR]
# by Lisa_cerise | 2017-06-08 00:29 | Trackback | Comments(2)

ブータンでの眞子さま



ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

ブータンにご訪問中の眞子さまのお写真があまりにも素敵だったので、
順不同でご紹介します。


d0176186_23581853.jpg


d0176186_23593974.jpg


d0176186_23592122.jpg


d0176186_23590880.jpg


d0176186_23585229.jpg


d0176186_23583860.jpg

日本でも、もっと華やかなお洋服をお召し頂きたい、といつも思うのですが
幾つになっても、アテクシよりも目立つことは許しません!って
着道楽で大人げないおばあさまがうるさいので、、、。ねぇ。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。人気ブログランキングへ

[PR]
# by Lisa_cerise | 2017-06-06 00:11 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

ブータンでの眞子さまに。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

秋篠宮両殿下が厳しくお育てになったと信じて来た眞子さま。
美しくなられました。

d0176186_01012975.jpg

経済的に不自由なく、
大学、そして海外留学と、
多額の費用をかけてお望みの通りにされて来ても
国民は不満を抱くことなく、
ただただご立派になられたと、微笑ましく、喜んでいたのです。

なのにお姫様は、定職にもついていない男性とご結婚なさろうとされています。
決して納得出来るわけもなく、今回ばかりは、物申します。

あんな人と結婚するのでしたら、
学習院以外の大学へ行くことも、
留学まですることも必要なかった、とすら思います。
その費用は血税ですから。

どんな人であろうと結婚する、と仰るのでしたら、
是非とも持参金を拒否なさって下さい。
国民が反対している現実を直視する時です。

d0176186_01014815.jpg


d0176186_01020573.jpg




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。人気ブログランキングへ

[PR]
# by Lisa_cerise | 2017-06-04 06:03 | 皇室 | Trackback | Comments(2)

小室圭さんに対するもやもや感

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

この人にSPを付けてますけど、
その費用はどこが負担しているのでしょうか?
あれだけ騒いでいるのに、秋篠宮家からは否定も肯定もなく。

女性宮家が実現した場合。
こんな感じで、国民に押し付けられてしまうのか、と、
嫌な気持ちになってしまうのです。

しかも、この人からそこはかとなく漂う、胡散臭さ。
女性にはピンと来る時があって、まさしく、そのフラグが立つ対象。

この人にお手振りされるなんて、無理ですし!
御断りです!!

↓皇室画像掲示板よりお借りしました。


31663 B無題 Name 名無し 17/06/01(木)23:00 ID:BNJRsfMM No.2015220 [返信]
小室圭さんの恐るべき自己ブランド化戦略

海の王子が“上級国民”に出世した

漫画家/コラムニスト 辛酸 なめ子
http://president.jp/articles/-/22220
無題 Name 名無し 17/06/01(木)23:08 ID:BJc3dwpc No.2015234
えええ、眞子さんの前は大富豪の御嬢さんにアタックしてたんですって!
すごーい、さすが玉の輿狙い
結局金目でしょ。
無題 Name 名無し 17/06/01(木)23:18 ID:5fNAFDDI No.2015262
辛酸なめ子、久々におもしろい記事。

実際、国民は一億総常磐会状態だけど
何としてでも阻止したい相手だからね。

ナルイニアキイニの時は皇太子のくせに
アフォだったからも仕方ないけど

聡明な眞子様の相手がアレでは誰も納得しない。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。人気ブログランキングへ

[PR]
# by Lisa_cerise | 2017-06-02 00:00 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

眞子様のお相手⑵

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

天皇さんは、このお相手と会っているんですって。
一般人でも、事故物件で反対するような相手なのに、
天皇さんはピンと来なかったということ。

特別な力はお持ちでないという事です。
もう、随分と前から言われて来た事ですが、
やはり、ですね。

京都にお戻り頂き、
大宮御所でひっそりお暮し頂く方がよろしいのではないでしょうか。

もうね、退位など言うことは聞かなくてもいいですよ。摂政があるんですから。


266
可愛い奥様@\(^o^)/[] 投稿日:2017/05/29 21:06:34  ID:x6eqsiaZ0.n(3)
ーーーーー今日までのまとめーーーーーー

■KK父親 敏勝氏
藤沢市立小学校出身
明治大学理工学部(生田、男子8割)卒業
兄弟は不明
実家はKK祖父の代より分家
長男ではなかったので相続できずネジを作る鉄工所務め
本家は1630年代から藤沢に続く土地持ち農家
KKハトコの姉はイギリス在住ピアニスト、妹は声楽家

■KK母親 佳代氏
藤沢市立小学校出身
鼓笛隊に所属(KK弁)
男兄弟あり(スネークより)
周囲「いろいろな仕事に就いていたようだ」
同居中であるKK母方祖父の情報はこれまでなし
母方祖母の情報もなし

■家族略歴
88年 敏勝氏横浜市役所入庁 建築課技官として勤める
   都市活性化の核となる文化施策 音楽ーその魅力を生かした行政
   http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/chousa/kihou/102/kihou102-035-039.pdf
91年 KK誕生 (敏勝氏28歳、佳代氏23歳)
94年 大倉山の新築マンションを購入 (当時4000万)
  (02年の死亡後、相続により所有権は妻・佳代に変更)
98年 KK国立音大付属小入学 通学の為妻子が国立で暮らすが、周囲「生活は苦しい様子であった」
数年後 敏勝氏体調を崩す 一時藤沢の実家へ、その後ふたたび大倉山の自宅に戻り家族と暮らす
元同僚「亡くなる前は欠勤がち」「体調を崩して休みがちだった」
02年3月 自死 (38歳 )
    敏勝氏の自死から一週間後にKK祖父も自死
佳代氏と小室家との関係がこじれ、一時は連絡できないほどまで悪化
「先方との関係を修復する仲介役を頼まれ『委任状』のような 書類を持って、請われるまま親族の家に出向き、佳代さんに
代わって話し合いの席についたこともある」(飲食店主)
祖母は病死(時期不明)


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。人気ブログランキングへ

[PR]
# by Lisa_cerise | 2017-05-30 06:00 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る