<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おめでとうございます


ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

秋篠宮殿下、お誕生日、おめでとうございます。

内廷皇族には、失望しかなく、
秋篠宮ご一家の存在は、どれだけ有難いことか。
ご一家の映像やお写真を拝見すると心が落ち着きます。

天皇さんのことは、お察し、ということで。

↓以下参考のため引用---------------------------
秋篠宮さま51歳:象徴の姿「同じ気持ち」
http://mainichi.jp/articles/20161130/k00/00m/040/148000c
毎日新聞2016年11月30日 05時02分(最終更新 11月30日 05時22分)

 51歳の誕生日を30日に迎えられた秋篠宮さま。東京・元赤坂の宮邸での記者会見に妻紀子さま(50)とともに臨み、ゆったりとした口調で言葉を選びながら質問に答えた。天皇陛下の活動に敬意と共感を表し、「象徴とはどのようにあるべきか、ずっと考えてこられた」と語った。

 会見では、国民のために活動を続けることが象徴天皇の姿だとする見方がある一方、存在するだけでいいとの意見もあることについて、見解を尋ねる質問もあった。秋篠宮さまは、陛下が被災地訪問を続けてこられたことに触れ、「象徴というのはどういうふうにあるべきかをずっと模索し、考えてこられた結果だろう」と述べた。そのうえで、国民のために活動を続けるのが象徴天皇との考えに「同じような気持ちを持っている」と答えた。

 減少しつつある皇族の将来の活動については「今と同じ量の活動を今後もできるかというと難しい。将来的に、できる範囲で公的な仕事を行っていくことになるのではないか」との考えを示した。ご自身の将来の活動については「今の段階ではまだ分からない」と述べ、皇室のあり方については「制度にも関わることになる。お話は控えたい」とした。

 お子さまの近況も紹介した。長男悠仁(ひさひと)さま(10)の教育に関して、天皇陛下からは「きちんとした社会生活を送れるような子になってほしい。それが第一」と言われたという。悠仁さまの進学に関し、紀子さまは「成長を見守り、柔軟に考えてまいりたい」と話した。

 長女眞子さま(25)は、外国訪問や国内行事への出席に時間をかけて準備されているという。次女佳子さま(21)は大学生としてさまざまな分野の勉学に取り組んでおられるという。成年皇族として公務にも取り組むお二人の結婚について秋篠宮さまは「娘たちの意思をできる限り尊重したい。今は仕事を一つ一つ真摯(しんし)に務めてくれればいいと考えている」と述べた。【山田奈緒】

秋篠宮さまご夫妻会見(要旨)

 --天皇陛下は8月、「象徴としての務め」についてのおことばを表明されました。天皇陛下のお考えをいつどのような形でお聞きになり、実際に表明されたおことばをどう受けとめられましたか。

 秋篠宮さま 今年の8月8日、天皇陛下のお気持ちの表明がありまして、当日は家族全員でその時間テレビで流れた映像を見ました。このお気持ちについて、いつ、どのような形でということですが、これは私自身、いつだったかという、はっきりしたこの時という記憶はありません。ただ、かなり以前のことだったと思います。また、どのような形というのも、何かあるときそういう機会をもって話を伺うということではなく、折々にそういう考えがあるということを伺っておりました。即位されてから、陛下は象徴というのはどのようにあるべきかということをずっと考えてこられてきたわけです。その一方で、ご自身が考えている象徴としてのお務めが、高齢になってそれが果たせなくなる時が来るだろうということも考えておられました。そのお気持ちをできるだけ多くの国民にも知ってもらいたいという考えを持っておられましたが、その一方でやはりこれは憲法にも関係することですし、非常に慎重な対応をしないといけないわけです。そういうことからお立場の責任もありますので、宮内庁長官をはじめごく限られた人たちで、随分そのことについて相談をされ、そして内閣の了解も得てお気持ちを表されるということに至ったと私は理解しております。私自身としては、長い間考えてこられたことをきちんとした形で示すことができた、これは大変良かったことだと思いますし、話されるにしてもさまざまな制限がある中で、最大限にご自身の考えを伝えられたのではないかと考えております。

 --今後、天皇、皇后両陛下にどのようにお過ごしいただきたいですか。

 秋篠宮さま 今、有識者の議論が続いておりますので、そのこととは全く切り離して、ということでお話ししたいわけですが、人間ある一定以上の年齢になった、つまり高齢になった場合には、若くて実際にフルに活動ができていたときにはできないことも多々あるわけですので、できるだけある年齢以上になったら、今までやってみたいと思っていたこと、そういうことをできるだけする時間が取れたらいいなと思っております。例えば、若い頃からずっと続けてこられたハゼの研究であったり、音楽であったり、そういうものをできるだけ時間を取って過ごしていただけたらいいな、と思っております。そして、やはり何といっても、お身体(からだ)を大切にして過ごしていただきたいなと思います。

活動量は維持困難 --皇族方の減少や高齢化が進むなか、皇室の現状や将来のあり方、ご自身の活動についてどのようにお考えでしょうか。

 秋篠宮さま 現状からすれば高齢化、そしてまた今は女性の皇族が非常に多く、結婚すれば皇族ではなくなります。そういうことから、今の活動をそのまま今後も、その量を同じようにできるかというと、私はそれは難しいと思います。将来的にその時にいる、また活動ができる皇族ができる範囲で公的な仕事を行っていくということになるのではないかと思います。これから先私の活動がどういうふうになっていくかということは、今の段階ではまだ自分の中でも分かりません。一方、将来の皇室の在り方というのは、これ自体はやはり制度にも関わることになります。今私からお話をすることは控えたいと思います。

 --悠仁さまが10歳の節目を迎えられました。成長ぶりや今後の教育方針についてお聞かせください。悠仁さまの教育について天皇陛下から示されたお考えがあれば、お聞かせください。

 秋篠宮さま 以前に比べて、一緒に話しているときのテーマが増えたなという印象があります。例えば1年前、もうちょっと前くらいですかね、好きな虫の話であるとか、そういうことが多かったわけです。それが少しずつ今度は、そういうものが生息する環境について、どういう環境がふさわしいかとか、そういう話が出るようになってきました。長男は、彼が知らない時代、少し前の時代の人々の暮らしとか道具とか、そういうものにも関心があるようで、よくそのことについて私に聞きに来ることがあります。

 私は若い頃、比較的日本の各地いろいろな所に行って、そこの土地土地の文化に触れるという機会がありました。そのことは今、私自身のふだんの生活というか、ふだん人と接したり、外国に行ったり、海外からお客様が来てお話ししたりするときに、意外と役に立っているんですね。長男にも、もちろん海外も大事ですが、日本の国内のいろいろな文化に触れる機会を持ってもらえたらいいなと思いますし、幅広い事柄に関心を寄せてくれたらと思っております。

 (陛下から)言われたこととして、きちんとした社会生活を送れるような子になってほしいと、それがまず第一だということを言われたことがあります。

 紀子さま 今後のことにつきましては、成長を見守り、丁寧に見極めつつ、よく話し合って柔軟に考えてまいりたいと思います。

結婚は意思を尊重 --眞子さま、佳子さまの近況をお聞かせください。お二人の結婚や将来の活動についてのお考えもお願いいたします。

 紀子さま 長女の眞子は、昨年の12月に初めて外国の公式訪問をし、エルサルバドルとホンジュラスを訪れて、今年の9月にはパラグアイを訪れました。博物館での仕事や大学院での勉学がある中で、外国訪問や国内の行事に出席する前にも、関係者からお話を伺ったり、あいさつ文を丁寧に考えたりして、時間をかけて準備していました。次女の佳子は、大学生としてさまざまな分野の学問にふれ、勉学に取り組んでいます。今年の9月には、全国の高校生が参加する行事に出席するために、鳥取県を訪問しました。10月に地震があって、訪れた倉吉市などの地域も被害にあい、心配をしている様子でした。

 秋篠宮さま 結婚については娘たちの意思をできる限り尊重したいなと思っております。これからも活動の幅が広がるかもしれませんけれども、今は頂いた仕事を一つ一つ真摯(しんし)に務めていってくれればいいなと考えております。

 --国民のために活動を続けることこそが象徴天皇の姿であるという受け止め方と、天皇は存在するだけでいいのだという意見があります。これに関してお考えはいかがでしょうか。

 秋篠宮さま 活動はいろいろなことがあります。例えば大きい災害があったときにそこにお見舞いに行かれることもそうでしょうし、その他もろもろのことがあります。私はやはり、今現在陛下が、象徴というのはどういうふうにあるべきかということをずっと模索し、考えてこられたその結果であるだろうと考えています。天皇になられてからのその日々の中でずっと考えてこられて、今のような考えになられたと私は思いますし、私もそのお考えは、なかなかいい言葉で言えないですけども、私もそのお考えに非常に同じような気持ちを持っております。

d0176186_00515010.jpg
↑ここまで------------------------------------------
d0176186_00173759.jpg




























↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ


[PR]
by Lisa_cerise | 2016-11-30 18:06 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise