<   2015年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

秋篠宮ご一家のツイ♪

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

072.gif
さてさて。
秋篠宮ご一家のツイ好きなワタシ。
やっぱり!!今回も!!
たくさんUPして下さっていましたので、ご紹介です。072.gif

国民からの愛され方がちゃいますわ~!
     072.gif

↓以下、転載させて頂きます。----------
413 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 20:49:29  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

ほんとな。しかもタイプの違う美人で年の離れた姉二人っていう悠仁さまの設定はラノベやアニメにしても出来過ぎててねーよて言われるレベルの羨ましい環境・・・(*´Д`)ハァハァ
2:17 - 2015年6月29日

悠仁さま可愛いです(≧∇≦*)
1:24 - 2015年6月29日

秋篠宮さまご一家は本当、麗しいなぁ(*´ω`*)悠仁さまも聡明そうで可愛いくていらっしゃる…
20:54 - 2015年6月28日


419 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 20:54:03  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

超わかるっっっ!!!!!!!!!wwwwwwwww 人生で初めて皇族を目の当たりにしてものすごくテンション上がってた眞子さまめちゃくちゃお綺麗だった!!!!!!
ちなみに私の学校の馬が御前試合に出たよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2:34 - 2015年6月29日

眞子様カコサマ美人に育ってんな〜〜〜ッッ母ちゃん綺麗だもんな〜ッ
1:25 - 2015年6月29日

佳子さま 眞子さま も美人やし
22:06 - 2015年6月28日



453 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 21:46:03  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

秋篠宮さまの対話形式の読んでふつうに感動した。そして、わたしも好きな人とは経験は共有するけど、趣味は共有しないようにしたいと思った。
5:18 - 2015年6月29日

普通に秋篠宮さま夫婦に憧れるよね。
5:17 - 2015年6月29日

秋篠宮殿下・妃殿下の銀婚式対談のテキストが甘甘過ぎて照れる(*´д`*)
5:17 - 2015年6月29日

秋篠宮様の対談形式のお話から滲みでる仲睦まじさがとても素敵でした……(朝刊呼んで遅刻しかけた)
4:03 - 2015年6月29日

秋篠宮ご夫婦の公開のろけに戦慄する私
2:17 - 2015年6月29日

秋篠宮さまと紀子さまのような夫婦にな……れない( ̄▽ ̄) 愛を感じるね。ほっこりしました(´ω`)
2:14 - 2015年6月29日

秋篠宮ご夫妻が素敵すぎてNEWS見ながら泣きそう????
2:14 - 2015年6月29日

秋篠宮ご夫妻仲良くって涙出る これが理想の夫婦…
2:14 - 2015年6月29日



459 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 21:53:36  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

秋篠宮さまと紀子さまのやりとり素敵だ
2:13 - 2015年6月29日

秋篠宮夫妻というか家族本当素敵。・°°・(>_<)・°°・。。・°°・(>_<)・°°・。。・°°・(>_<)・°°・。。・°°・(>_<)・°°・。
2:12 - 2015年6月29日

秋篠宮様ご一族美形家族ですわ( ˇωˇ )
2:11 - 2015年6月29日

秋篠宮ご夫妻すてきすぎる。憧れます!!!
2:07 - 2015年6月29日

秋篠宮ご夫妻の対談形式のお話、なんだか素敵だなあー。普通の感覚も垣間見えてほっこりした(^-^)
1:33 - 2015年6月29日


461 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 21:57:08  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

『経験を共有することと趣味を共有しないこと』 秋篠宮様の夫婦円満の秘訣についてのお話深い…
1:09 - 2015年6月29日

秋篠宮さま「経験は共有しますが、趣味は共有しません。趣味を共有してしまうと互いに競ってしまうことがあるからです」ものすごく共感した。
1:06 - 2015年6月29日

秋篠宮ご夫妻の対談。フォローしてる方がつぶやいていたのでみてみたら とても素敵な内容だった。きれいな言葉で対談している様子がこちらにまで伝わってくるような。
23:49 - 2015年6月28日

秋篠宮夫妻めっちゃ仲いいね☺️
23:34 - 2015年6月28日

秋篠宮様と紀子様の出会いエピソード、家族の話、お家の話がとっても幸せ感じて、こういう家庭を築いて行きたいなぁってすごく思えた!
22:17 - 2015年6月28日

秋篠宮文仁親王殿下の対談形式のやつ最高かよ
22:15 - 2015年6月28日


465 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 22:05:37  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

4時間前 ·
m(_ _)m…失礼…祝、秋篠宮ご夫妻銀婚式結婚25周年記念…何でやろう涙が止まらない…夫婦支え合う愛情が幸せを感じるのか…ものすごく良い…夏酒が進む…

ドーム、フミヤさん出るかと思ったけど出なかった(泣)そうだよな、今日結婚記念日、しかも銀婚式だもんね。秋篠宮ご夫妻も銀婚式で今日の対談式感想文を読んでほっこりした。
お互いを敬いあい支えあっていく。畏れ多くも理想的なご夫婦だと改めて感動しました。
6:02 - 2015年6月29日

秋篠宮さまは、ホントええ人と結婚したねぇ(*´ω`*)
22:14 - 2015年6月28日

秋篠宮さまと紀子さまの銀婚式会談みて結婚したさが爆発しそう
22:12 - 2015年6月28日


466 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 22:07:41  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

失礼かもしれないが、両殿下むっちゃ可愛らしい。お互いを尊敬し、大切になさっているのがよくわかります。私も主人にそう思ってもらえるように努めねば。
@秋篠宮ご夫妻:結婚25年 感想の全文(2止) - 毎日新聞 mainichi.jp/feature/koushi…
22:10 - 2015年6月28日

秋篠宮ご夫妻 「結婚25年にあたって」全文 NHKニュース nhk.jp/N4Jz4FYc 対談形式の仲睦まじいご様子にキュンキュンいたしました。。
21:42 - 2015年6月28日

秋篠宮ご夫妻の対談が素敵だ…(O_O)!ユーモアもあるし!本当に夫婦仲、家族仲が良いんだろうなぁ(´-`).。oO(
2:15 - 2015年6月29日


476 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/29 22:49:15  ID:EZ0RoI1V0.n(13)

思い出した 25年前、赤坂御所近くの青山通り沿いにある会社に勤めていたので秋篠宮ご夫妻のパレードを会社の窓から観たんだった!
まだ新入りの私は外に出て見れなかったから 4階から眺めてたら
車の中で紀子さまハンカチを添えた手をそっと膝の上にのせている部分だけ見えた
4:52 - 2015年6月29日





見えないと思って股を広げて座っていた雅子とは大違い



574 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/30 08:39:29  ID:IA6C55Et0.n(8)

秋篠宮夫妻の結婚25周年特別対談を読んだけど、これぼくが皇太子なら相当の敗北感を覚えるだろうな……。
6:55 - 2015年6月29日


引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1435542062/
↑ここまで----------------------------







↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-30 23:54 | 皇室

祭祀に関して。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


過去の『気になるものメモ』から。

↓以下、参考のため一部引用---------------------------
斎藤吉久氏のメルマガより。
http://melma.com/backnumber_170937_4461807/

1 ご結婚50年の祭祀に覚える違和感
▽祝賀ムードに隠れて

 さて、先週の当メルマガは、昨年暮れのご不例をきっかけに、宮内庁が鳴り物入りで着手した天皇陛下のご負担軽減策が、実際には祭祀のみが標的にされ、陛下のご公務ご負担をほとんど軽減するものとはならず、側近として祭祀に参加する侍従の負担ばかりをもっぱら削減させている現実について指摘しました。

 羊頭狗肉ともいうべき、そのような愚かしいことがなぜ起きるのか、といえば、伝統的世界の常識と現代の社会常識との違いがあるのだろうということを説明したつもりです。

 宮中祭祀はあくまで伝統の世界ですが、お役所勤めの末、中高年になって宮内庁職員もしくは侍従職となった現代の官僚たちにはなかなか理解が難しいところがあるのだろうと想像します。その結果、歴代天皇がもっとも重んじてきた祭祀が、ご負担軽減の美名のもとに狙い撃ちにされ、破壊の対象となっているのでしょう。

 祭祀こそ皇位の本質であり、祭祀の変質は天皇統治の根本を失うことに直結します。今年は皇室にとって、ご即位20年とご結婚50年という二重の喜びに沸く、このうえない佳節の年ですが、表向きの祝賀ムードに隠れて、ほかならぬ側近らによって皇室破壊の企てが進んでいるのは皮肉というほかはありません。


▽先例なき金婚式祭祀
 どうにも違和感を覚えざるを得ないのは、今月行われたご結婚50年の祭祀です。

 宮内庁の発表によると、4月10日、宮中三殿で祭典が執り行われ、掌典長による天皇の御代拝、掌典次長による皇后の御代拝が行われた模様です。また、皇太子殿下が三殿に拝礼し、秋篠宮殿下が参列されたようです。皇祖・天照大神をまつる伊勢神宮や先帝・昭和天皇が眠る武蔵野陵などで祭祀が行われ、幣物が捧げられたと聞きます。

 すっきりしないのは2点。1点はご結婚50年の祭祀が宮中三殿ほかで行われることの妥当性、2点目は御代拝のあり方です。

 まず1点目。いわゆる金婚式のような大きな節目に国民の視点でお祝い申し上げるのは大いにけっこうなことであり、過去にもそのような事例は知られています。しかし祭祀は別でしょう。祭祀令には金婚式祭祀は見当たりません。

 少なくとも昭和天皇の時代に大婚50年の祭祀が行われたということは聞きません。昭和天皇と香淳皇后のご結婚は大正13(1924)年1月で、したがって大婚50年は昭和49年でしたが、同年に今回と同様の祭祀が行われたという資料を私はまだ見出していません。

 となると、宮内官僚たちが「昭和の先例」を根拠に祭祀の簡略化という伝統破壊を進めているなかで、先例なき金婚式祭祀がなぜ行われることになったのでしょうか。天皇の祭祀は本来、「国中平らかに安らけく」という公正無私なる祈りですが、宮中祭祀の大原則を外れたような今回の金婚式祭祀はいかなる神学的根拠に基づいて行われたのでしょうか。


▽行き当たりばったりの形式
 次に御代拝にも問題があります。

 御代拝が行われたということは、本来的には天皇ご自身の親祭もしくは親拝、皇后ご自身の拝礼が行われるべきであるという前提に立っているということになります。

 先述したように金婚式祭祀の先例はありませんが、百歩譲って祭祀の妥当性を認めるとして、たとえば天皇誕生日の天長節祭のような小祭としての位置づけなら、掌典長が祭祀を行い、天皇が拝礼するのが本姿です。もしご事情があって天皇ご自身の親拝がなければ、掌典長が祭祀を行い、皇族または侍従による御代拝が行われるというのが伝統的形式です。

 ところが、当メルマガの読者なら先刻ご承知の通り、入江侍従長の時代に、硬直した憲法解釈によって、侍従による御代拝は政教分離に抵触するとされ、わざわざ新設された掌典次長による御代拝に改変されることになり、さらに皇后以下の御代拝制度は廃止されました。

 今回は、天皇の親拝、皇后の拝礼に代わって、掌典次長による天皇の御代拝、皇后の御代拝はなし、というのではなく、掌典長による天皇の御代拝、掌典次長による皇后の御代拝が新形式が行われたのだとすれば、「俗物」侍従長らによる「先例」をさらに輪をかけて改変させたことにならないでしょうか。


 皇室の聖域である宮中祭祀の祭式は形式とはいえ、単なる形式ではありません。行き当たりばったりのようにして、右に左に簡単に祭式を変えてしまうことは、あってはならない神への冒涜といえないでしょうか。

 いみじくもご結婚満50年に際して4月8日に行われた両陛下の記者会見で、皇室の伝統に関する質疑応答が行われましたが、まさに皇室の伝統、祭祀の伝統に関する本質が問われていると私は考えます。宮内庁OBや神社人のなからも疑問の声が聞こえてきます。
------------------------------------------
10 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/08/04(木) 02:07:19.62 ID:slZUxbOG0 [10/12回(PC)]
192:本当にあった怖い名無し:2011/03/30(水) 01:17:09.67 ID:VYV0xSax0
ずーっと気になっています。
古来のやりかたに戻して欲しい気がするのです。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110120/imp11012019140031-n3.htm

 儀式では、掌典職が細い竹で陛下の身長を測り、測った長さでその竹を折る。
かつては折った竹を川に流すことで祓いとしていたが、平成に入ってからは環境問題に配慮し、
折った竹をポリ袋に入れ川(東京都葛飾区の新中川)に浮かべるだけにしているそうだ。

11 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/08/04(木) 02:15:01.65 ID:slZUxbOG0 [11/12回(PC)]
耐震改修があったのに、そんなに壊れるとは如何に?
それとも改修費とされたお金がどこかへ行ってしまったのかしら?


【皇室】「宮中三殿」耐震改修ほぼ終了、三種の神器戻す奉遷の儀
1 :出世ウホφ ★:2008/03/25(火) 12:56:08 ID:???0
皇室の祭祀(さいし)で使われる皇居「宮中三殿(さんでん)」の耐震改修工事がほぼ終わり、
25日午前、賢所仮殿(かしこどころかりどの)から「三種の神器」などの神体を戻す
「奉遷(ほうせん)の儀」が行われた。

三殿は、皇室の祖神・天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる「賢所」、歴代の天皇らをまつる
「皇霊殿(こうれいでん)」、国中の神々をまつる「神殿」の総称で、
1888年(明治21年)に建てられた木造建築。

耐震調査で「改修が必要」と診断され、宮内庁は2006年度から4年計画で銅板の
屋根の葺(ふ)き替えや柱の補強などを進めてきた。

三殿には歴代天皇に皇位の象徴として継承される「三種の神器」のうち、伊勢神宮にある
「八咫鏡(やたのかがみ)」の複製などが収められているとされ、この日は祭祀を担当する
掌典職(しょうてんしょく)の職員らが「御羽車(おはぐるま)」に載せ、約15分かけて仮殿から三殿に移した。

天皇、皇后両陛下は仮殿ではモーニングなどの洋装で庭から拝礼されていたが、今後は毎回、
祭服などの装束に着替え、三殿内での拝礼となることから、宮内庁は負担が増すとして、
来年から祭祀を見直すことにしている。

引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1312389974/
↑ここまで------------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-29 22:33 | 皇室

秋篠宮両殿下、おめでとうございます。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


秋篠宮両殿下、銀婚式おめでとうございます。

対談形式というのがいいですよね~。
あっという間に読めちゃいます。
両殿下からのこんなにも素敵なプレゼントに感激です・・・。

素晴らしい家庭を築いていらっしゃって、
本当に和ませて頂きました。

↓以下参考のため引用---------------------------

結婚25年に際しての秋篠宮ご夫妻の感想

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/kaiken/gokanso-h27-gokekkon25.html

2015年06月29日

※文仁は秋篠宮さま。原文のまま掲載します。

<出会い>
文仁 今年は結婚をしてから25年が経つようです。時間は常に経過していますので、取り立てて25年に意味づけをするものではないと思いますが、少し振り返ってみるのも記憶と記録を整理する上でよい機会かもしれませんね。

紀子 はい。私たちの今までを整理する方法のひとつとして、対談の形もあるのではないかとのお話になりました。このような形に慣れておりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

文仁 もっとも、結婚する前にしばらく付き合っていた時期があるので、そのあたりから始めましょうか。いつのことか覚えていますか?

紀子 30年位前になりますでしょうか。私が大学1年生の春、本を探しに大学内の書店に立ち寄りましたとき、初めてご挨拶をさせていただきました。

文仁 私の記憶に間違いがなければ、1985年の5月のことです。ちょうどそのころ、各地の文化や自然を楽しむことを目的としたインター・カレッジのサークルを作ったので、そこに誘ったところ喜んで入ってくれました。白川郷の合掌集落などずいぶんあちらこちらに出かけましたね。

紀子 はい。いろいろなところを旅行して、地域の豊かな文化や多様な自然にふれることができました。

文仁 そして1986年、ある集いがあった後、あなたを送っていく途中に・・・。

紀子 二人で信号を待っておりましたとき、突然、将来のことについてのお話があって、びっくりいたしました。大学卒業後は、海外の大学院に行くことを考えていましたので、どのようにお返事をしたらよろしいかと迷い、考えさせてくださいとお話しさせていただいて。


<結婚にむけた準備>
文仁 少し時計の針を進めましょう。私が大学を卒業したのが1988年ですが、その年の夏から暫くの間英国に滞在しました。この間、昭和天皇のご不例と崩御があったことから、しばしば日本に帰ることになりました。日本にいる間は、諸行事に参列するためだったのですが、そのおりに、将来のことについていろいろと話す機会にもなりました。そして、1989年の9月に公表するに至りました。これはいわゆる結納に当たる正式な婚約ではなく、皇室会議の議を経て婚約が内定したということを発表する機会でした。服喪中のこうした発表は異例なことと思った人がいたようですが、1951年7月の順宮(現池田厚子)様の発表は貞明皇后の崩御から約2ヶ月後で、しかも当時参考としていた旧皇室服喪令によると、私たちの発表時期より一段階重い服喪期間中でしたので、手続きを終えたという発表は前例にもあり問題ないと宮内庁は判断したわけです。

そして、私たちの結婚の時期についてです。秩父宮両殿下のご婚儀が1928年9月末で、昭和天皇の即位の礼が同年の11月初旬。その間は2ヶ月もなく、大変だったことを両陛下が聞いていらしたそうです。そのようなことから、私たちのときには、結婚から同じ年の11月予定の即位の礼までにある程度の時間があったほうがよいとのことで、私が帰国した直後に式がおこなわれることになりました。

紀子 とてもありがたい思し召しを賜り、感謝申し上げております。

文仁 話が少し前後しますが、昭和天皇の一周年の行事が終わり、私は1990年の1月から6月にかけては英国に滞在していたわけですが、その間、新たに住む家については、あなたに任せきりでした。もっとも、改築の平面図を見てもイメージすることができない私より、多少は空間認知に優れているあなたが見る方がよかったのは明らかでしたが。

今のは自分にとって都合のよい言い訳なのですが、実際のところ帰国したのが6月21日で、6月29日の結婚式までは約1週間しかなかったことを考えれば、新居での生活の準備は完全にあなたへ依存していたわけで、このことについては申し訳なかったとしか言いようがありません。

紀子 いいえ。むしろ、英国よりのご帰国を待っていたのかのように、式までの約1週間、宮中行事の習礼(しゅらい)をはじめ、関係者とのこまかい打ち合わせが多くおこなわれましたが、時差がある中、大変ではありませんでしたか。

文仁 幸いなことに、私は一般的に言われていることとは逆で、若いころは東へ向かうほうが時差の影響が少なかったため、それで大変ということはなかったと思います。

紀子 新しい生活にむけての準備や支度は初めてのことばかりで、新居について、相談をしたいと思いましても、当時は連絡手段としてメールはまだ普及していなくて、電話やファクシミリで、英国との時差もあり、すぐには連絡がとれない状況でした。式までに考えるべきこと、決めるべきことがたくさんあり、大学院の講義も受けていましたので、時間が経つのが早く、準備を終えられるか心配でした。

そのような中、宮内庁の職員が、改築や内装をはじめ、よく考え、提案してくれました。そばにいらしてくださったら、どんなに心強いかしら、と思うことはありましたが、いろいろな人の助けを借り、用意をある程度進めることができました。

帰国されたときは、本当にうれしく、それまでの不安もどこかにいってしまうくらいでした。


<結婚の日と新居>
文仁 さて、1990年6月29日の結婚の日は、結婚の儀にはじまり朝見の儀、その他の諸行事が朝からたくさんあり、夜の10時頃でしょうか、一息ついたときにようやく結婚したことを実感した記憶があります。もっとも、その翌日からもいろいろと行事があったので、何となく慌ただしかったですけれどね。

紀子 はい。このよき日の行事を滞りなく終えたときは、安堵いたしました。

大学院生としての日々から、公的な仕事をする生活となったことは、大きな変化でした。そうした中で、折にふれて、両陛下が導いてくださり、あたたかくお見守りくださいました。各宮妃殿下方にも、行事の所作や服装などを丁寧に教えていただきました。さまざまな形で多くの人から支えられましたことを、ありがたく思っております。

文仁 少しばかり新居となった家のことを話しましょうか。というのは、私にとって10年ほど過ごしたこの家には、けっこう思い出があるからです。

当初、宮内庁は新婚の我々のために、仮住まいではあるけれど同じ場所に新たな家を建てることを考えていました。しかし、いずれ何処かに居を構えるのに、仮住まいのために立て直すその計画は無駄が多いように思い、現存している建物を一部改築して使いたい旨伝えました。たしかに大勢の人とそこで会うのには適当ではありませんでしたが、こぢんまりとしていたぶん、非常に落ち着く場所でもありました。玄関を入って少し大きな声で呼べば、どこにいても大抵聞こえたのではないでしょうか?

結婚後の生活をあの家でできたことはよかったと思っています。

紀子 約60年の木造家屋を、二人で過ごせるように直して、新しい生活がはじまりました。そして、娘たちの誕生にあわせて部屋を増やしました。その中で、娘たちは成長していき、子どもたちの元気な声が響き、ギターやピアノの音もよく聞こえる、温もりの感じられる家でした。

文仁 今の家からは近くにあるので、この前行ってみたのですが、子供たちが小さい頃に遊び回っていたことを想い起こし懐かしく感じました。彼女たちも気に入っていましたよね。

紀子 はい。今の家に移りましてから、またあちらの家で住みたい、と娘たちが話していたこともありましたね。


<日本国内・海外の訪問などに関連して>
文仁 ところで、結婚後には公的私的は別にして、日本の各地や海外を訪問する機会がたびたびありました。また各種の行事にも出席をしてきました。訪問場所や行事そのものというより、それらに関連して何か印象に残っていることはありますか?

紀子 この25年の間に、日本国内、国外でいくつもの場所を訪問し、行事に出席いたしました。そして、さまざまな出会いがあり、多様な分野の人のお話を伺ったり、取り組まれている活動を見せていただいたりするなど、貴重な経験をいたしました。

文仁 そうですね。各地で温かく迎えてくださる方たちがいることは、うれしいしありがたいことです。

紀子 また、健康作り、子育て支援や食育など、幼児から一人暮らしの高齢者まで地域の人々の暮らしを見守っている方々にも多くお会いしてきました。心強い活動と感じています。

文仁 私の場合には、たとえば学術や環境関係の授賞式等でご縁のあった人や団体が、その後さらに発展した形で社会への貢献をしたときなどは、とてもうれしく感じます。

公的ということに関連して、あなたもよく知っているように、皇族には国事行為の臨時代行以外に公務は存在しません。あくまで公的な行為もしくは活動であり、言葉としてきちんと区別するべきものと考えます。そのような公的な仕事は、公務と異なりある程度自分の裁量で取捨選択ができてしまう。そのようなことから、声をかけていただき、それらが適当と判断されたものについては、できるだけ応えるように心がけてはいます。

紀子 私もそのように努めてまいりました。そして、公的な活動でも、生活の中でも、宮家に関わる宮内庁や皇宮警察の職員をはじめ、さまざまな形で支えてくれる人たちがいることを大切に思っています。

文仁 いっぽう、これは私的なことになりますが、国内外であなたとは一緒でなく訪れている場所もけっこうあります。なかには、一緒に行ってみたい場所もありますので、近い将来の楽しみとして考えることにしましょうか。

ちなみに、この時は眞子と一緒だったのですが、かなりの悪路ではあるものの、マダガスカルのチュレアールからムルンベへ行く途中に3種類のバオバブやパキポディウムを見ることができ、コーデックス好きにとっては素晴らしい12時間半のドライブを楽しみました。もちろん、ほぼ同じ時間をかけて帰ってきたのですが、ムルンベのバオバブの景観は本当に素晴らしいですよ。

紀子 いつか見てみたいですね。


<子どもたちのこと>
紀子 子どもたちが小さいときは動物園や博物館にでかけ、また、一緒に旅行もしました。その他にも、子どもたちとはたくさんの思い出がありますね。

文仁 先日、英国にいる眞子から父の日のカードが送られてきました。普段は必要最小限の連絡事項をメールでしているだけなので、妙にうれしい気分になりました。久しぶりだったからかな。

紀子 すてきですね。私も眞子より母の日に羊の親子のカードを受け取りましたときは、胸が熱くなりました。

文仁 佳子とは比較的最近のことですが、珍しく一緒に買い物に出かけたことがありました。父親にたいしてつっけんどんな態度のことが多いのですが、意外と優しいところもあり、私が自由に選んだものについて、代わりに会計をしてくれました。もっとも、帰りに彼女にそのまま荷物を持たせていたら注意されましたけれどね。

紀子 ほほえましいですね。佳子が小さかったとき、誕生日によく手作りのものを贈ってくれました。幼稚園のときだったでしょうか。私の誕生日に2つの贈り物を考えていたのですが、先に作った貝殻の贈り物を私に見せたくて、早めに渡してくれました。そのあと、誕生日にもうひとつの贈り物をもらい、お祝いを2回してくれた、かわいらしい思い出もあります。

文仁 悠仁もしばしば折り紙などの作品を届けてくれます。上の子どもたちと同様、もらったものには年月日を付して、飾ったり、保存したりしています。最近は、絵も上手になってきましたね。自分が絵を描くことが下手なので言うわけではありませんが、何かを観察してそれを絵として表現できると旅をしたときの記録として意味が出てきますので、どんどん描いてほしいものです。

紀子 絵を描いたりするほかにも、切り紙をしたり、厚紙で入れものをつくったりしながら、いろいろなものを創り出すことを、悠仁は楽しんでいますね。

私たちの手許には、子どもたちの小さいときからの作品がいくつもあります。どれも大事な宝物。普段なにげなく描いた絵から、本に登場する主人公や生き物などを描いたものが廊下の壁にかかり、折り紙やペーパークラフトが部屋に飾られています。


<結婚したころと今と>
紀子 ここで、結婚したころと、それから25年たった今のお気持ちを伺ってもよろしいでしょうか?

文仁 このような機会がないと考えることもないですからね。

1990年というのは、ついこの間のことのように思えますが、やはり相応に時間がたっているということを感じることはあります。仕事や研究などでいろいろな事柄を解釈・判断するときに、若いころでは思い至らなかったことが多々あると感じます。そのことで、ずいぶんと周りに迷惑をかけたことがあるように思います。

もちろん、いまだに不十分で、反省と後悔すること多々ありです。精神年齢が未だ20代から進化していないのでしょう。

紀子 私も結婚をしたころは、慣れないことや戸惑うことがあり、考えすぎることや力を入れすぎて、ご迷惑をおかけしたことがいろいろあったのではないでしょうか。今は遅ればせながら、力を抜くこつが少しずつわかってきたように感じていますが。

このようなことにも「進化」という見方があるのですね。今でも、20代のときのような探究心や若々しい感性や創造性をおもちになっているのではないでしょうか。例えば、研究会に参加されているときには、そのように強く感じることがあります。

文仁 たしかに研究会等への出席は、今まで自分がもっていなかった知識を得る機会にもなり、有意義に感じることが多くあります。まだまだ好奇心は残っているなと。出かける前と帰ってきた後とでは、テンションが違うと感じることがあるでしょう?

紀子 はい。お話しくださる様子から、心がはずむ時間を過ごされたのではないかと感じることがあります。

文仁 いっぽう、フィジカルな面は劣化していますね。走り回ることについては、佳子が小学生の時にリタイアしてしまいましたが、最近不便に感じているのが老眼。もともと遠視があったので遠からずそうなるだろうと予想はしていましたが、眼鏡が放せなくなってしまいました。まあ、いたしかたないことではありますが。

紀子 私も小さい字が急に見えにくくなりました。また、疲れたとき、回復する時間が以前に比べてかかるようになりました。

毎朝のように散策をされたり、休みの日には庭仕事をされたり、よく身体を動かされていますね。週末は、散策に私も誘ってくださいますので、四季の移り変わりを感じながら歩くこの時間は、健康のためにも、楽しみのためにもありがたいです。

文仁 25年というと、親・兄妹と過ごした年月より長く一緒にいたことになります。それだけの期間をともに過ごしていれば、共有することができた貴重な経験は数多くあります。また、誰かの言葉を借りれば導火線が短い私ですので、口論も多々あるのはごく普通のことでしょう。そのようななかで、ほとんど言葉に出さないので不満かもしれませんが、感謝の気持ちもきちんともっていますよ。

紀子 それはうれしいです。

文仁 さまざまな書類、私の所に届くまでに不明な点などを整理しておいてくれますね。これは非常に助かっています。

紀子 まだまだ至らないところもあると思いますが、そういう面でもお役にたっておりますなら、幸せです。

文仁 また、昔から何故か階段を踏み外しやすいことから、階段のあるところでは、滑り落ちないようにさりげなく支えてくれていますね。周囲から見ると、私があなたを支えているように見えているかもしれないけれども。

紀子 こちらこそ、いつもこまやかにお教えくださり、また健康面も気遣ってくださり、深く感謝しております。

また、一緒に生活をするようになってからわかったことですが、食べ物の好き嫌いがほとんどありませんね。私は、いくつか苦手なものがありますが・・・。食材を自由に選ぶことができて、助かっています。旅先でもいろいろな郷土料理を一緒に楽しむことができ、食文化に親しむ機会が増えたように思います。

ほかにも、用事が立て込んでいましても、余裕をもって時間を守られていることには敬服しております。私は自分の時計の針を早く進めても、遅れ気味になってしまいます。もっとも、行事の前に私のところにいらして、あと何分と言われると、プレッシャーを感じますが・・・。

お互いの気づきや発見がいろいろあり、自分と違う考え方だなと感じるいっぽうで、共有できる見方もありました。また、理解するのが難しかったこともあれば、言葉を交わさずとも心が通じ合うようになり、助けられたことも多々ありました。

文仁 そうですね。結婚するまでまったく異なるところで暮らしてきたわけですから、考え方などで共有できるところとそうでないところがあるのは当然のことでしょう。その上で、我が家の場合に限って言えば、経験を共有することと趣味を共有しないことがよかったと思います。経験は共有することで将来的に発展しますが、趣味、たとえば、あなたが瓢箪に興味をもってそれを共有したとすると競ってしまいますので、良好な関係でなくなる可能性大です。趣味はそれぞれ楽しみましょう。

紀子 それぞれの趣味もありますが、一緒に音楽を聴いたり、自然に親しんだり、旅行にでかけたりという時間も楽しいですね。

<夫、妻、親として>
文仁 さて、ときどき夫もしくは親としてどのように認識されているのか気になることがあります。あなたも同様でしょう。最後に評価でもしてみませんか?

紀子 気にしているかどうかわかりませんが、面白そうですね。

文仁 本来であれば、第三者、まったくの第三者というわけにもいかないので、私以外の家族に委ねなくてはいけないのでしょうが、それをするにはまず自らを振り返ることが必要です。とはいうものの、あなたと子どもたちから私の評価を聞くことは、今までの自分の行いを考えると少し怖い気もするので、今回はあくまで自己点検・評価でいきましょう。

きちんとした項目立てをして、優・良・可・不可で客観的に点検および評価をしたわけではありませんが、漠然としたメルクマールからすると、私の場合には限りなくボーダーラインに近い「可」といったところでしょうか。

紀子 私も仲良く「可」にいたします。いろいろな可能性を秘めている「可」ということでいかがでしょうか。

文仁 おたがい、改善点が多いということですね。「良」や「優」は、今後の努力目標とすることにしましょう。

紀子 はい。これからも、可能性を大事にしつつ、努力目標にむけて一緒に年を重ねていくことができれば幸せに思います。

文仁 それでは、このあたりで終わることにしましょうか。

紀子 そうですね。ありがとうございました。

↑ここまで------------------------------------------








↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-29 22:32 | 皇室

エステは悪くない・・・!?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


皇后陛下がお若いころ。
"それはそれは美しかった"ということがあちこちの記事に書かれています。
過去形なのは仕方ありませんよね。
傘寿をお迎えになられたんですもの。
ただ。
思うところ、ありませんか?
だから、エステもされているんでしょう。
だって、ずっと美を追求されて来た美智子さまですから。

でも。
何だかなぁ・・・。
果たしてエステの効果はあるのかな?って思うんですね。
(え?エステのせいにしたらあきません???)
だって不思議じゃないです?
どうしたら、一体どうなったら、
眉の位置が変わってしまうのでしょう?
額が狭くなってしまうのでしょう?


皇后陛下は自然体でいらっしゃるから、
エステをなさったりしませんっっ。
そう思われている方にこちらの過去記事をどうぞ。

↓以下参考のため引用---------------------------
美智子さま 郷ひろみらも通った造顔マッサージ大家との交流
http://www.news-postseven.com/archives/20140127_237950.html

2014.01.27 16:00
 今年80才になられる皇后・美智子さま。皇室に嫁がれた際の“ミッチーブーム”から50年以上の年月が経った今も、当時と変わらぬエレガントな美貌を保たれている。その陰に、今は亡きあるカリスマ美容家との交流があった。

 美智子さまが密かに交流を深められていたのは、昨年3月に肺がんのために亡くなったカリスマヘアメイクアップアーティストの田中宥久子(ゆくこ)さん(享年67)だ。

 おふたりの交流を、田中さんから直々にマッサージ法を受け継ぎ、公私ともに親しくしていたエステティックサロン『グランモア』のオーナー・井上知子さんが話す。

「6年ほど前からでしょうか、先生は皇居に招かれて、美智子さまに“造顔マッサージ”を施していたんです。先生が皇居へ上がられる前には、“美智子さまはマッサージとクリームを楽しみにしていてくださるのよ”と、いつも嬉しそうに話していたのを、昨日のことのように思い出します」

 1946年、学者の父と日本舞踊の名取の母との間に生まれた田中さんは、18才で山野美容学校に入学。卒業後はフリーのヘアメイクアップアーティストとして活動を始めた。結婚後、2人の娘に恵まれると、田中さんは一度、“美”の世界から離れ、専業主婦に。しかし、仕事への情熱を捨てきれなかった彼女が復帰を目指すと、「女性は家庭に入るべき」という考えの夫と思いが食い違い、結局は離婚してしまう。

「復帰後は“女性をもっと美しく輝かせたい”と15年以上の歳月をかけて、本来の顔の美しさを引き出す“造顔マッサージ”を編み出したのです」(美容ジャーナリスト)

 田中さんが考案した“造顔マッサージ”は、それまでの常識を覆す画期的な美容法だった。

「従来の美容界では、顔は優しくくるくると撫でるようなマッサージが当たり前でした。しかし、田中さんのメソッドは顔全体を強くなぞるものだったんです」(前出・美容ジャーナリスト)

 このメソッドの狙いは、顔の表面ではなく筋肉そのものをマッサージして鍛え、余分な脂肪や老廃物を落とすこと。わずか数分のマッサージでも即効性が非常に高く、目元やあご先がすっきりし、全体的に小顔になるという。

 2007年には、実際に田中さんが施術を行うサロンがオープン。入会金50万円に、1回の施術料5万2500円という超高額にもかかわらず多くの人が行列をなした。その中には著名人も多く、黒柳徹子(80才)、安藤優子(55才)、林真理子さん(59才)、郷ひろみ(58才)などのビッグネームが田中さんの“造顔マッサージ”を求めた。

 こうして田中さんは“美容界のカリスマ”として脚光を浴びることになるが、美智子さまも田中さんの施術を待ちわびるおひとりだったのだ。
※女性セブン2014年2月6日号
↑ここまで------------------------------------------

(この記事には、宮内庁から訂正や抗議はありませんでしたよね。)

田中さん亡き後、
どなたにエステをご依頼されているんでしょうね。
お値段はこちらに書かれている金額の倍だったりします?


あぁ、雑音、雑音。


雑音ついでに。
某ブログに書かれていたものがちょっと気になって。
>美智子皇后が2009年カナダ訪問時に100個購入したという噂のメイプルキャラメル。
私がバンフに行った時にはそんな噂は聞かなかったし!!
・・・と思ったら、その前年。
そりゃあ知らないですわ。
http://www.lbmapletreat.com/shop?productId=85

でも。
100個購入て、日本で話題になってました?

なんとなく、ですけど、
小和田家ゆかりのドイツの動物クッキーを思い出したのでした。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-28 23:35 | 皇室

何度でも何回でも。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


いえいえ。
いいんです、いいんです、
何度でも何回でも御祝いなさったら!
おめでたいことですから~。

でも。
ついつい、「え?また??」とか、
「何回目?」と思う国民が増えました。
国民の雑音ですけどね。

お好きな鑑賞をなさっても、
御祝いを何回なさってもいいけど、
こういう演奏会だと必ず体調が整う謎の雅子さまをはじめ、
やりたい放題の皇太子ご一家のことも諌めて下さるのなら。
それこそ、何度でも何回でも。

御祝いやらおめでたいことをなさると
他の綻びのあれこれが目立つというもの。
それもこれも仕方がないことですよね。
あ、雑音など気になさらないんでした!

↓以下参考のため引用---------------------------
皇后さま傘寿祝う演奏会=皇太子ご夫妻ら出席―皇居
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000118-jij-soci
時事通信 6月26日(金)17時33分配信
 皇后さまの傘寿(80歳)を祝う宮内庁楽部職員による洋楽演奏会が26日午後、皇居・桃華楽堂で開かれた。天皇、皇后両陛下をはじめ、皇太子ご夫妻、秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さまら皇族方が出席された。
 皇后さまが作曲した「おもひ子」や、天皇陛下が詠んだ琉歌に皇后さまが曲を付けた「歌声の響」など5曲が披露され、両陛下は曲が終わるたびに客席から大きな拍手を送った。 

ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150626-00000118-jij-soci&s=lost_points&o=desc&p=1&t=t

d0176186_17538.jpg


d0176186_0431638.jpg

皇后さまの傘寿を祝う洋楽演奏会出席のため皇居に入られる秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さま=26日午後、皇居・半蔵門(代表撮影) 【時事通信社】

d0176186_0465811.jpg

皇后さまの傘寿を祝う洋楽演奏会出席のため皇居に入られる皇太子ご夫妻=26日午後、皇居・半蔵門(代表撮影)
------------------------------------------


皇后さまの傘寿を祝う音楽会 両陛下や雅子さまらが出席される
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00295915.html
06/26 19:13
皇居で26日、皇后さまの傘寿(80歳)を祝う音楽会が開かれ、両陛下や雅子さま、佳子さまらが出席された。
この音楽会は、皇后さまの傘寿を祝うため、宮内庁が主催したもので、皇后さまが詩人の詩に曲をつけ、子育て中に口ずさまれた子守歌「おもひ子」をはじめ、皇后さまゆかりの曲など、5曲が演奏された。
両陛下は、時折、会話を交わしながら、演奏に耳を傾けられ、26日から、大学の夏休みが始まった佳子さまも、1曲ごとに大きな拍手を送られていた。
d0176186_10791.jpg

d0176186_114866.jpg

d0176186_121334.jpg

d0176186_124036.jpg

d0176186_133826.jpg

------------------------------------------
皇后さまの「傘寿」演奏会 佳子さまの姿も
d0176186_1202623.jpg


http://www.news24.jp/articles/2015/06/26/07302795.html
2015年6月26日 19:28
 26日午後、皇居・桃華楽堂で皇后さまの傘寿=80歳を祝う宮内庁楽部職員によるオーケストラの演奏会が行われ、天皇・皇后両陛下のほか、皇太子ご夫妻はじめ皇族方が出席された。秋篠宮家の佳子さまはブルーのスーツに帽子を着用し、紀子さまの隣に着席された。

 演奏会では、天皇陛下が作詞、皇后さまが作曲した「歌声の響」や、ハンセン病の療養所を訪れた時の様子を詠んだ和歌をもとにした曲など、皇后さまにゆかりの楽曲が披露され、両陛下や皇族方は演奏が終わる度に拍手を送られていた。

 演奏終了後、陛下は楽団に「どうもありがとう」と声を掛け、ねぎらわれていた。
------------------------------------------
皇后さま傘寿祝う演奏会 雅子さま佳子さまも出席
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150626-00000046-ann-soci
テレビ朝日系(ANN) 6月26日(金)18時17分配信
 皇后さまの傘寿を祝う演奏会が開かれ、両陛下や皇太子ご夫妻が鑑賞されました。

 皇居での演奏会は宮内庁の職員らが開いたもので、両陛下や皇太子ご夫妻のほか、秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまも出席されました。皇后さまが子守歌としてメロディーを付けた詩など5曲が演奏され、曲が終わる度に大きな拍手を送られていました。
------------------------------------------
両陛下、洋楽演奏会をご鑑賞 皇后さまの傘寿を祝い
http://www.sankei.com/life/news/150626/lif1506260029-n1.html
2015.6.26 18:53更新
 皇后さまの傘寿を祝う洋楽演奏会が26日、皇居・東御苑の桃華楽堂で開かれ、天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻をはじめ皇族方が鑑賞された。

 この演奏会では、普段は雅楽を奏でる宮内庁楽部の職員らがオーケストラを組み、洋楽を演奏。皇后さまがハンセン病の療養所を訪れた際に詠んだお歌(和歌)の「めしひつつ」と「いたみつつ」を歌詞にした「風運び来よ」や、天皇陛下が作られた沖縄伝統の琉歌に皇后さまが曲を付けられた「歌声の響」など5曲が披露された。

 皇后さまは時折、旋律に合わせて体を揺らしたり、曲が終わるごとに笑顔で盛んに拍手を送ったりして、奉祝の演奏を満喫されていた。桃華楽堂は、昭和41年に香淳皇后の還暦を記念して建てられた音楽堂。
↑ここまで------------------------------------------

紀子さま、佳子さま、信子さまと並んでのお席で、
お召し物も素敵できちんとなさっていて。
何てホッとするんでしょうか。

本来はこれが普通なんでしょうけど、
ん?となる方もいらっしゃるし・・・。
ほんと、おかしな事になってますよね、
今の皇室って。


さてさて。
お忙しい秋篠宮ご一家と
ご静養ご一家と。
この一週間を振り返ってみましょ。

------------------------------------------
平成27年6月19日(金)
文仁親王殿下 Human-Chicken Multi-Relationships Research Project(HCMR)国内会議ご出席(東京大学総合研究博物館(文京区))
平成27年6月20日(土)
文仁親王同妃両殿下並びに悠仁親王殿下 映画「アリのままでいたい」特別試写会ご鑑賞(スペースFS汐留(港区))
平成27年6月21日(日)
香川県お成り(主基斎田100周年記念式典ご臨席)
文仁親王同妃両殿下 宮邸御発
文仁親王同妃両殿下 ご視察(香川県農業試験場(綾歌郡綾川町))
文仁親王同妃両殿下 主基斎田100周年記念式典ご臨席(主基斎田跡地会場(綾歌郡綾川町))
文仁親王同妃両殿下 式典関係者とのご懇談(綾上小学校(綾歌郡綾川町))
文仁親王同妃両殿下 宮邸御着
平成27年6月22日(月)
文仁親王同妃両殿下 宮中茶会ご陪席(日本芸術院賞平成26年度受賞者及び新会員等茶会)(宮殿)
平成27年6月23日(火)
文仁親王同妃両殿下 外務省国際法局長ご進講(宮邸)
文仁親王同妃両殿下 日本水大賞委員会委員長他ご説明(「第17回日本水大賞・2015日本ストックホルム青少年水大賞表彰式」について)(宮邸)
文仁親王同妃両殿下 宮内庁人事異動者ご会釈(宮邸)
平成27年6月24日(水)
文仁親王同妃両殿下 宮中午餐(在京外国大使夫妻(コートジボワール,ローマ法王庁,アンゴラ,ベトナム))ご陪席(宮殿)
文仁親王殿下 研究会ご出席(東京大学総合研究博物館(文京区))
平成27年6月25日(木)
文仁親王妃殿下 日本看護協会会長,日本助産師会会長,日本助産学会理事長ご説明(「第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会」について)(宮邸)
------------------------------------------
平成27年6月19日(金)
皇太子同妃両殿下 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所)
平成27年6月22日(月)
皇太子殿下 ご接見(離任スーダン大使)(東宮御所)
皇太子殿下 茶会(日本芸術院賞平成26年度受賞者及び新会員等)ご陪席(宮殿)
平成27年6月23日(火)
皇太子同妃両殿下 ご接見(青年海外協力隊帰国隊員)(東宮御所)
平成27年6月24日(水)
皇太子殿下 ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
皇太子殿下 ご覧(大英博物館展-100のモノが語る世界の歴史)(東京都美術館(台東区))
------------------------------------------

いくらスカスカの予定でも、
好きな鑑賞と
たまに自宅でちょっちょっと要人に会うだけでも、
東宮さんは東宮さん。
地位は全くもって揺らぎません。

そして、
暫定皇太子夫妻はこのままだと
いつの日にか「両陛下」に・・・。
いいんですか?
それで。
呼べますか?
暫定皇太子夫妻のことを「両陛下」って。

こうした国民の声が雑音だろうと何だろうと、
一つ一つの声が集まれば
そうも言っていられなくなると信じています。




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-27 17:03 | 皇室

皇太子さまの授業参観4時間と、北のショウグンサマ風味の記事。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


これって、、、。
中学2年生の授業参観に父親が出掛けて行くのって、
驚きましたわ。
お一人で。
しかも女子校で。
保健体育・・・。
いやいや、、、平日に4時間てw(゜o゜)w

いやいや、いやいや、その前に。
日本の皇太子殿下なのでありました。

↓以下参考のため一部引用---------------------------
【皇室ウイークリー】
(389)両陛下、沖縄戦終結の日にご黙祷 佳子さま、桃華楽堂で洋楽演奏会をご鑑賞

http://www.sankei.com/life/news/150627/lif1506270008-n2.html
2015.6.27 06:00更新
 皇太子さまは25日、学習院女子中等科で、愛子さまの授業参観に臨まれた。理科、保健体育、音楽、道徳の様子を見て、愛子さまがご友人とともに熱心に授業に取り組まれているのを喜ばれた。皇太子妃雅子さまは体調を考慮して参観を控えられたという。
↑ここまで------------------------------------------

そしてそして。
また出た!
北のショウグンサマ風味な記事です。
↓以下参考のため引用---------------------------
愛子さまの英語 ネイティブのような美しい発音との証言出る
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150626-00000015-pseven-soci
NEWS ポストセブン 6月26日(金)16時6分配信
 雅子妃が積極的に公務に参加している。2013年のオランダ訪問以来の海外公務となる7月のトンガ訪問も発表された。体調回復と公務復帰の兆しは喜ばしい限り。

 一時は心配された愛子内親王の「不規則登校」も現在は落ち着き、順調な学校生活が続いている。

「近頃の愛子さまはもともと得意だった語学にさらに磨きをかけておられます。たまたま英語の発音を聞く機会があった者は“ネイティブのような美しい発音だった”と話していました。語学堪能な雅子さまから直接教わっているようです。そろそろフランス語を始められるという話も出ています。

 早朝から皇太子殿下とチェロの練習もしていて、それが遅刻のなくなった理由のひとつかもしれません。秋篠宮家の次女・佳子さまの様子をご覧になっているからか、最近はファッションにも興味を示されているようです」(東宮職関係者)

 雅子妃は愛子内親王に海外留学をさせたい意向とも伝えられる。学業の日程との兼ね合いはあるものの、「愛子さまの夏休みや春休みに合わせたタイミングであれば一家での海外公務もあり得る」(同前)といわれている。

※週刊ポスト2015年7月3日号
↑ここまで------------------------------------------

>雅子妃が積極的に公務に参加している。
え?いつ?積極的になられました?
「香淳皇后例祭の儀」を欠席して、
お菓子を配ってほんの15分ほどゆったりなさったあれのこと?
他は何かありました?


英語がネイティブのような?美しい発音?
だから???
そんなことより、日本語は大丈夫ですの?
>語学堪能な雅子さまから直接教わっているようです。
え?お母さんは日本語が不自由ですけど、
そこらへんは大丈夫なんでしょうか。

あぁ、そうそう。
雅子さまの英語はこちらにちょっと・・・!


>早朝から皇太子殿下とチェロの練習もしていて、それが遅刻のなくなった理由のひとつかも
これが遅刻のなくなった理由て。
そうじゃないでしょう?

内親王として、
もっともっと大切なもの、
大事なことがあると思います。

ところで。
この東宮職関係者って誰なんですか?
いつもいつも・・・。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-27 17:03 | 東宮家。雅子さま。

お忙しい秋篠宮殿下と、心がほんわかする記事。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


いつもいつも、
かなりお忙しい秋篠宮殿下です。

↓以下参考のため引用---------------------------
秋篠宮さま、京都府立植物園に 協会50年式典ご出席
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20150625000133
d0176186_144551.jpg
長澤園長(右)からアフリカバオバブの説明を受ける秋篠宮さま=25日午後2時20分、京都市左京区・府立植物園

 秋篠宮さまは25日、京都市左京区のホテルで行われた日本植物園協会50周年記念式典に出席し、環境省と協会の協定書締結に立ち会ったほか、同区の府立植物園を見学された。

 式典で秋篠宮さまは「植物園は生きた状態を間近に見ることができ、植物をめでる人には心躍らせる場だ」と評価。タンザニアでの観察経験を元に、「巨樹が自生しているのを復元するのには困難が伴う。展示に工夫を凝らす植物園に敬意を表したい」と述べた。

 また、環境省の鈴木正規事務次官と協会の岩科司会長による「生物多様性保全の推進に関する基本協定書」の署名に立ち会った。

 式典に先立ち、府立植物園を訪問した。開催中の「日本植物園協会50年のあゆみ展」を視察し、邑田仁東京大教授から協会の歴史について紹介された。観覧温室では、長澤淳一園長からアフリカバオバブについて説明を受け、「実は食べられるんですか」などと熱心に質問した。
【 2015年06月25日 22時30分 】
↑ここまで------------------------------------------

秋篠宮殿下が京都にお成りだったこと、
京都人は気付かなかった人も多かったと思います。
いつもの事なんですが、
交通規制もなく、何事もなく、
普通に過ごすことが出来たんですよね。

暫定皇太子殿下だと、そうはいきません。
京都の町中に住んでいると自動車より自転車のほうが便利な事が多いんですが、
ついうっかりするとどうしようもなくなるので、
自転車でも安心出来ません。
しっかり気を付けておかないと。
(ご退位なさいませ、希望ですけど、
そのあと、京都はきついわぁ・・・。)


アサヒる朝日が珍しくアサヒってない、
読後感がこれまたたまらない、素晴らしい記事です。

↓以下参考のため引用---------------------------
秋篠宮ご夫妻、心配りの25年 人とのつながり重視
http://www.asahi.com/articles/ASH6K5G9DH6KUTIL032.html
2015年6月27日05時04分
 秋篠宮さま(49)、紀子さま(48)ご夫妻が29日、ご結婚から25周年を迎える。筆頭宮家として天皇、皇后両陛下を支え、長女・眞子さま(23)、次女・佳子さま(20)は成年皇族として活動を重ねる。長男・悠仁(ひさひと)さま(8)も健やかに成長している。ご夫妻の25年の歩みを振り返った。

■豊富な人脈生かし震災支援

 公的な活動を通じて国民の期待にこたえ、天皇陛下をお助けする――。秋篠宮さまは会見などで皇族としての役割をそう語ってきた。数多くの団体の役職を務めるなど、活動量は皇族方の中で群を抜く。

 象徴的だったのが、東日本大震災での慰問活動だ。天皇、皇后両陛下の思いを受け継ぐように発生直後から頻繁に被災地を訪れた。

 2011年5月には、紀子さまと岩手県大槌町に足を運んだ。東京から新幹線と車を乗り継いで約6時間。変わり果てた街並みを悲痛な面持ちで見守った。

 淡水魚の保存活動を通じてたびたび町を訪れていた秋篠宮さま。震災直後の4月、親交のある町の男性に「ご迷惑のかからない時期に、町にお見舞いに伺いたい」と伝え、翌月の訪問につながった。

 ご夫妻は友人を訪ねるように住民一人一人に声をかけ、安否を気遣った。がれきの撤去作業をする自衛隊員をねぎらい、地元の文化保存会の活動拠点にも足を運んだ。

 大槌町在住の男性は「ご一家の存在が住民の励みになっている」と話す。眞子さま、佳子さまも、ご夫妻の思いを受け継ぎ、ボランティア活動に参加した。

 震災支援に限らず、秋篠宮ご夫妻はこれまで培ったネットワークをもとに、活動の幅を広げている。

 「自分は多様な人々を結び、調整するコーディネーターでありたい」。秋篠宮さまは自身がかかわるさまざまな研究分野について、20年来の親交がある国立科学博物館の林良博館長にそう吐露している。

 秋篠宮さまは総裁などとして、多くの団体に関わっている。共通するのが、そこに集う人たちのつながりを重視している点だ。秋篠宮さまの提唱で03年に創設された「生き物文化誌学会」には、研究者を始め全国各地の企業家や地域の文化人、高校の先生など多種多様な人材が集まっている。秋篠宮さまは毎回、会員と肩を並べて前列に座り、自ら質問に立ち、懇親会では酒を手に語り合う。

 3代目会長で、秋篠宮さまが小学生のころから親交を重ねてきた湯浅浩史・進化生物学研究所理事長は、「長い年月をかけて築いた市井の人脈が、秋篠宮家ひいては皇室を支えているのでしょう」と話す。(島康彦、伊藤和也)

■ご一家で支え合い

 秋篠宮さまと紀子さまの出会いは学習院大学在学中だった。周囲も公認の仲だったにもかかわらず、記者が紀子さまに交際について尋ねても、いつも笑顔でけむに巻かれていた。

 だが、1度だけ、記者の前で紀子さまが涙ぐんだことがある。秋篠宮さまが大学卒業後、英国に留学中の時のことだ。当時は携帯電話やメールは一般的ではなく、海外との連絡は時差を超えての国際電話だった。学習院のキャンパスを散策しながら、記者が「英国にいらっしゃる殿下から連絡はありましたか」と尋ねたところ、紀子さまは弱気な表情を見せ、涙顔になった。お二人の今後を案じた様子には、秋篠宮さまへの思いがあふれていた。

 秋篠宮さまが英国留学から戻った1990年に、お二人は結婚式をあげた。それから25年。3人のお子さまに恵まれ、秋篠宮家は皇室最多の5人で構成される。ただ、秋篠宮さま、悠仁さまと2人の皇位継承者を擁するものの、決して支援態勢は十分ではない。

 皇太子ご夫妻と愛子さまがいる直系の皇太子家には宮内庁の一部局「東宮職」が置かれ、専従の侍医を含む約50人のスタッフを抱える。一方、秋篠宮家の職員数は約20人で、侍医もいない。限られた環境をご一家全員で支え合ってきた。

 宮内庁関係者によると、秋篠宮ご夫妻は地方を訪れる際、公務に支障がない限り、日帰りを希望するという。小学生の悠仁さまと少しでも一緒に過ごしたいという親心からだ。悠仁さまが幼少時、ご夫妻が家を空けた際には、眞子さまや佳子さまが自主的に離乳食を作ったこともある。海外訪問から帰国するなり、幼い悠仁さまを抱いて歩く紀子さまの姿を見たことも。

 紀子さまは「妃殿下」として秋篠宮さまの国内外での活動に同行するほか、宮邸内では「妻」として日常を取り仕切るなど「何役も果たさなくてはならないお立場」(宮内庁幹部)だ。しかし、紀子さまと親しい関係者はこう明かす。「常に前向きで、何事にも努力を惜しまない。すごく我慢強い。私たちにも何も言わないんですよ」(斎藤智子)

■秋篠宮ご夫妻の歩み

1965・11・30 秋篠宮さま誕生

  66・9・11 紀子さま誕生

  84・4   秋篠宮さま学習院大学法学部政治学科に入学

  85・4   紀子さま同大文学部心理学科に入学

  90・6   結婚の儀。秋篠宮家を創設

  91・10・23 長女眞子さま誕生

  94・12・29 次女佳子さま誕生

2006・9・6 長男悠仁さま誕生

■秋篠宮さまの主な役職

 皇室会議予備議員▼山階鳥類研究所総裁▼日本動物園水族館協会総裁▼御寺泉涌寺を護る会総裁▼恩賜財団済生会総裁▼大日本農会総裁▼大日本山林会総裁▼世界自然保護基金ジャパン名誉総裁▼日本テニス協会名誉総裁▼日蘭協会名誉総裁▼全日本愛瓢会名誉総裁▼日本水大賞委員会名誉総裁▼日本ワックスマン財団名誉総裁▼サイアム・ソサエティ名誉副総裁▼東京大学総合研究博物館特招研究員▼東京農業大学客員教授▼生き物文化誌学会常任理事
↑ここまで------------------------------------------


こちらは、アルバムの宣伝を兼ねてのものですが、
まるで、絵画のような秋篠宮ご一家のお写真もあって、
安心安定の秋篠宮ご一家がいっぱいです!!
ぜひ、クリックを072.gif

↓以下参考のため一部抜粋---------------------------
【写真特集】祝ご結婚25周年、思い出アルバム
秋篠宮ご夫妻が眞子さま、佳子さま、悠仁さまと紡いだ実りの日々

2015年06月27日(土) 11時00分
〈週刊女性7月7日号〉
072.gifhttp://www.jprime.jp/tv_net/imperial_household/14813/
この6月29日、銀婚式の佳き日を迎える秋篠宮さまと紀子さま。ご結婚の翌年に子さまが誕生して以来、3人のお子さまの個性を大切にしながら明るく和やかなご家庭を築かれて──。
↑ここまで------------------------------------------

25年間、こうして一つ一つ、
積み重ねて来られたんですよね。

紀子さまはとてもお強い女性です。
それでも。
やっぱり心配でなりません。
声を大にして言いたいです。
秋篠宮ご一家には、紀子さまには、
多くの国民が付いていますから!!



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-27 17:03 | 皇室

これぞ東宮家。愛子さまの初めての映画館。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


映画鑑賞といえば、
愛子さまの映画鑑賞のことも蒸し返し。

↓以下参考のため引用---------------------------
皇太子一家「HACHI」観賞 愛子さま初めての映画館
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009073101000218.html
 皇太子ご一家は31日、東京・有楽町で開かれた米国映画「HACHI 約束の犬」の親子チャリティー試写会に出席された。宮内庁東宮職によると、愛子さまが映画館で映画を見るのは初めて。

 映画は、飼い主の死後も渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けたとされる「ハチ公物語」に感動した米俳優リチャード・ギアさんが製作に携わり、自ら主演も演じた作品。

 会場では、日本語の吹き替えを担当した俳優北大路欣也さんが夫人とともにご一家の隣に座り、一緒に観賞した。

 試写会で寄せられた寄付は、日本動物愛護協会の活動資金として役立てられる。

d0176186_1133627.jpg

 米国映画「HACHI 約束の犬」の親子チャリティー試写会に出席された皇太子ご一家=31日午前、東京・有楽町(代表撮影)
2009/07/31 10:54 【共同通信】
↑ここまで------------------------------------------

あらら、愛子さま・・・。
大人ばっかりの中での映画鑑賞だったのですねぇ。

いやいや、
確か、他にたいがいだったものがあったはず、、、。
と思ったら、
やっぱり、でしたわ。

↓以下、転載させて頂きます。----------
782 可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/06/20 16:52:42  ID:y3GU7pFy0.n

>2009年7月、愛子さんHACHIの試写会
>http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009073101000218.html


>その前に2007年にも予定されていたが、それはドタキャン。

>週刊現代2007年10月13日号
>「おやすみ、クマちゃん」 
>ポーランド大使館からこの映画の招待状とクマのぬいぐるみが東宮御所に贈られた。
>宮内庁の方から「東宮御所で上映出来ないか?」との打診があったが、
>機材などの関係でそれは無理なので、劇場(写真美術館)にお越しいただけないかとお願いしたら
>東宮側からは、9月14日5時からの会に映画を見に行くと返事があった。
>ただし、観客の中にビデオ撮影をするような者がいればすぐに帰る、
>関係者は愛子さまに、「どうでしたか」などのことであっても話しかけてはいけない等の注文付き。
>サクラの園児は主催者が愛子さまと同じ年頃のお子さんがいた方が楽しめるだろうと考えて招待した。
>でも宮内庁からトップシークレット扱いにするようにとのお達しがあったので、愛子さまが来ることは秘密にしてあった。
>日にちが迫っていたため、東京都写真美術館ホールは、東宮夫妻及び関係者の20席分を確保。
>ところが当日午後1時に宮内庁からドタキャンの連絡。
>理由を尋ねると「それは言うことではない」と教えてもらえない。
>関係者が「よかったら感想だけでも」とDVDを東宮に送ったがなしのつぶて。


>サクラの園児は主催者が愛子さまと同じ年頃のお子さんがいた方が楽しめるだろうと考えて招待した。


自分たちがサクラ用意してもらったから当然悠仁さまも用意してもらってるんだろうと思ったんでしょ

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1434630705/
↑ここまで----------------------------


これは何度読んでも酷過ぎ。
次代になれば、
トンデモ天皇ご一家になるワケですね・・・。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-21 22:07 | 東宮家。雅子さま。

W杯招致後に投票謝礼金!?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


あらま。
とうとう来ましたでしょうか。

↓以下参考のため引用---------------------------
日本、W杯招致後に投票謝礼金か サッカー日韓大会、南米連盟に
http://news.infoseek.co.jp/article/19kyodo2015061901002116/
共同通信 / 2015年6月19日 22時11分
【ロンドン共同】サッカーの2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会招致決定後、日本サッカー協会会長を務めていた長沼健氏が南米サッカー連盟に投票の謝礼金として150万ドル(約1億8500万円)を00年に渡していたとスペインのスポーツ紙アス(電子版)が19日付で報じた。南米連盟で15年間働いた元職員の話としている。長沼氏は08年に死去した。

 この報道に対し、日本協会の小倉純二名誉会長は「それはあり得ない。どうしてそんな話になるのか」と否定。FIFA理事を務める日本協会の田嶋幸三副会長は「分からない」と困惑した様子だった。
↑ここまで------------------------------------------

スポーツの宮様のとこはドキドキなさってますでしょうか?
ワタシは、ワクワクしてます。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-21 00:00 | 気持ち

新渡戸記念館の存廃問題。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


まだよく分かっていない事もありますが、
取り急ぎエントリさせて頂きました。
コメントから頂いた情報です。
 ↓
------------------------------------------
又、貴重な日本文化の破壊行為が行われようとしています。 
拡散して、阻止しましょう。
------------------------------------------


記事はこちらです。

↓以下参考のため引用---------------------------
新渡戸記念館 収蔵資料8000点ピンチ
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150603_25008.html
 青森県の十和田市立新渡戸記念館の存廃問題で、市指定文化財など収蔵資料の保管に不安が広がっている。市は今月末の廃館を求める姿勢を崩さず、資料の大半を所有する十和田新渡戸家との協議も進展がない。空調が止まった場合に備え、有志による保全活動も始まった。

 耐震強度不足を理由に4月に休館になった記念館には、約8000点の資料がある。新渡戸稲造博士の愛用品や新渡戸家伝来の甲冑(かっちゅう)が並び、室町時代の物もある。
 市は月末の廃館後、解体に着手する方針。耐震性の再調査を求める新渡戸家は協議継続を訴えるが、7月以降は市が電気を止める可能性がある。
 新渡戸家関係者は「空調が止まれば漆製品の変形や文書にカビが生じる恐れがある。追い出されたら資料は散逸する」と懸念する。
 5月には、近くの市民ら約10人がボランティアの会を作り、資料の整理を手伝い始めた。歴史が好きだという沢口騏三夫さん(73)は「問題が決着する日を信じ、資料保全に協力する」と話す。
 5月29日には国立民族学博物館の日高真吾准教授(43)が招かれ、収蔵環境を保つ方法などを会のメンバーに教えた。日高准教授は「資料は十和田の地域文化遺産。保全に務めたい」と述べ、今後も助言を行う意向だ。
 市観光商工部の横道彰部長は「廃館になれば電気代を払う財源はない。市の所有でない物に税金を使うには大義名分が要る。対応は新渡戸家との協議次第」との考えを示した。
2015年06月03日水曜日
------------------------------------------
新渡戸記念館 廃止解体へ
http://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20150605-OYTNT50433.html
2015年06月06日
 十和田市の開拓の歴史を伝える資料約8000点を展示していた「市立新渡戸記念館」が、建物の耐震強度不足を理由に4月から休館している問題で、小山田久市長は5日の定例記者会見で、記念館を廃止し、建物を解体すると発表した。一方、保有する資料を記念館で保管している新渡戸家側は「耐震性に問題はない」と廃館に反対しており、市を相手取って提訴することを検討している。

 小山田市長は会見で「耐震診断結果に沿って、廃館する」と述べ、記念館の廃止条例案と解体費用約2900万円を盛り込んだ補正予算案を12日開会の市議会定例会に提出すると述べた。条例案が通れば6月末に廃館とし、今年度中に解体する。

 一方、新渡戸家の相談に乗る弁護士は、市が行った調査が「精密でない」と指摘し、「外見を見る限りたわみなどが全くなく、まだまだ使える建物と考えるのが妥当。再調査が必要だ」としている。条例案が可決されれば、青森地裁に条例の取り消しなどを求める行政訴訟を起こす考えという。

 市では残された資料の取り扱いについて、新渡戸家と協議を続けている。
------------------------------------------
新渡戸記念館 解体契約「待って」
http://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20150611-OYTNT50449.html
2015年06月12日
 ◆学芸員が監査請求
 十和田市が耐震強度不足を理由に4月から休館にした「市立新渡戸記念館」の廃館を検討している問題で、記念館の角田美恵子学芸員は11日、市が建物の解体を決めた場合に解体工事契約などの締結防止を求める住民監査請求書を、市の監査委員事務局に提出したことを明らかにした。

 請求書などによると、記念館は「十分な耐震性を持つ建物と推測される」「耐震性を確認して今後の措置を検討するのが本当の姿」などと主張し、解体工事契約の締結防止などを求めている。

 市は12日開会の市議会定例会に、記念館の廃止条例案と解体費用を盛り込んだ補正予算案を提出する。条例案などが通れば、今年度中に解体する。市は「耐震性診断の手順や結果に問題はない」としている。
↑ここまで------------------------------------------


市長がこんなにも頑なに拒否するのはなぜなのでしょうか。

この先、貴重な資料の保管がこの先どうなるのかも分からないようです。
それにこの新渡戸記念館は有名な建築家・生田勉氏の作品の1つでもあり、
とにかく解体ありきの姿勢には疑問です。

学芸員の方による監査請求が提出されたのですが、
耐震強度不足が問題なのであれば、
補強工事を行えば解消出来ますし、
新渡戸記念館は有名な建築家・生田勉氏の作品の1つと書かれていました。
存続の方法はないのか検討するのではなく、
存続しないよう、解体するよう、
尽力している姿勢はおかしいと思うのです。

他にも詳しい情報があればお教え下さい。


↓以下、頂いたコメントから------------------------------------------
 ● 十和田市長の小山田久が、突如として新渡戸記念館の耐震性に問題があるといいがかりをつけ、今月(6月)末までの廃館、今年度中の解体撤去を要求しています。

新渡戸家独自の耐震調査では問題はないそうで、市側と話し合いを求めるも、一方的に記念館を潰す腹づもりのようです。

新渡戸家といえば、十和田の地を開拓した大功労者です。
またご存知のように稲造は、名著『武士道』で日本人の美徳を世界にしらしめた、日本が誇る偉人です。

その記念館を取り潰そうというのは、何らかの意図が働いているとしか思えません。

市長とは、それまで良好な関係だったそうですが、突然態度を変えてきたといいます。

驚くべきことに、十和田市議会の反対決議まで出ているのに、市長は取り壊す意向です。

つまり、最初から廃館ありきです。それも今月中です。

では、展示品はどこに移したらよいのでしょうか。何も決まっていません。
ともかく、こんな横暴を許しては、自治体が運営する全国の展示館がすべて何らかの因縁をつけられたら最後、同じ運命をたどる可能性が出て来ます。
言うまでもなく新渡戸稲造は、日本が世界に誇る代表的国際人です。

ことは十和田市だけの問題ではなく、日本国民全体の問題だと思います。
 
マスコミでは報じませんが、現在、日本全国で神社の放火や磐座の破壊など、日本人の精神文化の拠り所としているものの破壊行為が進んでいます。

『BUSHIDO』で世界的に有名な新渡戸稲造博士の新渡戸記念館を廃館・解体撤去に追い込もうするのも、こうした一連の動きと無関係ではないと思われます。
------------------------------------------


・十和田市立新渡戸記念館
http://www.towada.or.jp/nitobe/index.html

・「十和田市立新渡戸記念館の休館の経緯と現状および諸問題について」
http://www.towada.or.jp/nitobe/pdf/kyukankeii_syomondai.pdf

・Save-The-Towada facebook
facebook Save-The-Towada


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-20 23:59 | 伝えたい思い

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る