「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:環境のこと( 3 )

水俣病公式確認から57年。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

決して、忘れてはならないこと。

↓以下参考のため引用------------------------------
<水俣病公式確認57年>語り部が真の解決要望
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=77043
 水俣病の公式確認から57年となった1日、熊本県水俣市で開かれた水俣病犠牲者慰霊式では、参列した患者や遺族が犠牲者の冥福を祈った。式後には、語り部たちが石原環境相に対し、水俣病問題の真の解決を要望した。

 ■慰霊式

 エコパーク水俣親水緑地で行われた慰霊式には、患者や遺族、行政関係者ら約800人が参列した。患者・遺族を代表してチッソ水俣病患者連盟の松崎忠男委員長らが、亡くなった認定患者4人の名簿を奉納。慰霊碑近くの「鎮魂の鐘」が鳴らされ、参列者が犠牲者に黙とうをささげた。

 宮本勝彬市長は式辞で「水俣病の犠牲を無駄にせず、希望に満ちた水俣づくりに努めたい」と決意表明。蒲島知事は、4月の最高裁判決について「厳粛に受け止め、水俣病問題の解決につながるよう努力する」と強調。同市立水俣第一中3年の草野優萌(ゆめ)さんは「水俣病から学んだことを受け継ぎ、二度と同じ過ちを起こさないような未来を作っていく」と述べた。

 ■語り部と環境相の面談

 式典後、語り部の会のメンバー約10人が、水俣病資料館で石原環境相らと面談した。

 石原環境相は、「つらい体験をされたことに申し訳ない気持ちでいっぱいです」とあいさつ。10月に熊本市と水俣市で開かれる、「水俣条約」採択のための国際会議について「人類が二度と同じ間違いを起こさないように発信していかなければならない」と述べた。

 これに対し、緒方正実会長(55)は「私たち被害者も、水俣病を後世に伝える努力を続けたい」と話し、面談後は、石原環境相に自作のこけしを渡し、「水俣病を考え続けていただきたい」と訴えた。

 ■抗議

 水俣病の患者認定を巡る最高裁判決で、亡き母の患者認定を勝ち取った水俣市の溝口秋生さん(81)の支援者らが慰霊式の会場近くで石原環境相に抗議したことについて、参列していた潮谷義子前知事は「こんなことは初めてで、驚いた」と話し、水俣病の認定基準やその運用のあり方について「広く意見の一致が得られるよう国や県が検討を進めてほしい」と要望した。また、細野豪志・元環境相は「最高裁判決を受け、国が対応すべきところが出てきている」と指摘した。
(2013年5月2日 読売新聞)
↑ここまで------------------------------------------

お水の総裁として、ご活躍の皇太子さま。
皇太子妃の祖父は、患者に何をしてきたのか、
よくお考えになって頂きたいと思います。

国連本部で皇族として初のスピーチとか、そういうことよりも、
日本国民のことをどうしてお考え頂けないのでしょうか。
ニューヨークではなく、水俣でしょう。
ご夫妻でオランダよりも、水俣へ、でしょう。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-05-02 23:41 | 環境のこと

日本に降り注ぐ超有害な黄砂!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

西日本で花粉症が多いのは中国から来る黄砂のせい、
と聞く事が多くなる時期がもうすぐやって来ます。

確かに、ここ数年は車に積もる量もすごいですし、
これを吸い込んでいるかと思うとぞっとするんですよね。

↓で。これ、どうなんでしょうか?

超有害な黄砂が日本に降り注ぐ
↓以下参考のため引用------------------------------
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/82935/
2013年01月25日 16時00分
 沖縄県・尖閣諸島問題に端を発したと思われる中国の「戦争準備命令」には度肝を抜かれたが、より間近に迫っているのが“有毒ガス”問題だ。北京や上海など中国各都市で大量に発生し、死者が出ている亜硫酸ガスの有害成分が、偏西風に乗り黄砂に紛れ日本に降り注ぐのは、もはや避けられない状況となった。一刻も早く手を打たないと、取り返しのつかないことになる。

 中国各地で有毒物質を含んだ濃霧が発生し、大気汚染が深刻化している問題で、北京市当局が住民に、できる限り外出を控えさせる最高レベルの「オレンジ警報」を発令したのは13日。北京市の大気を調べる観測地点では、6段階の指数で最悪の「深刻な汚染」を記録した。

 汚染物質は中国国内だけでなく、日本どころか、太平洋を挟んだ米国にまで飛来しているという。

 中国問題に詳しいジャーナリストの南郷大氏は「中国の大気汚染は、実際に死者が出ている。もはや人間が血を吐いて絶命するほど危険なレベルなんです」とショッキングな指摘をする。
 「長江以北の中国の都市を移動していると、街のあちこちに大きな煙突が立っていることに気がつきます。これは周辺の住宅や工場などに暖房用のスチームを供給するためのボイラーの煙突なのですが、こういったボイラーは例外なく石炭を燃料にしています」

 中国の石炭産出量は、世界でもトップクラス。都市部では例年にない寒さと生産アップのため工場などで石炭をガンガン燃やし、農村地帯でも一般家庭が煮炊きのために石炭を燃料として使っている。

 「しかも中国産の石炭というのは、硫黄分が非常に多く含まれています。ですからこれを燃やせば、大気中に大量の亜硫酸ガスをまき散らすことになるんです」と南郷氏。

 亜硫酸ガスが人間の体に良いわけがない。これまでの蓄積もあり、中国は今や地球上で最も有毒ガスにあふれている国といえそうだ。

 「民家や低層のビルは、レンガで造られていることが多いんです。中国は改革開放経済の採用以来、豊かになった市民たちが競うようにしてレンガ造りの住宅を建設していますが、このレンガを焼くのにも大量の石炭を燃やしているのです。さらには各地にある火力発電所も、燃料は石炭。つまり中国は社会全体が、大気中に大量の亜硫酸ガスを放出するシステムと化しているのです」(同)

 黄砂の飛来は近年、日本国内でも頻繁に報道されている。毎年これからの時期、北京市民は黄砂を吸い込むのを防ぐスカーフやマスクが欠かせない。

 スカーフやマスクで自己防衛できる人間はまだ良い。近年、韓国の牧場では放牧されている牛たちが黄砂を吸い込んで肺をやられ、もがき苦しんだ揚げ句に血を吐いて死ぬ被害が急増している。

 海を隔てているとはいえ、2~6月ごろ偏西風に乗って黄砂が飛んでくる日本にとって、中国の大気汚染は人ごとではない。
↑ここまで------------------------------------------

ソースは東スポさんだけじゃありません。
「超有害」だなんて大げさな、と思わったら、過去のニュースもどうぞ。

↓こちらの画像を見ると、更にぞっとします。
濃霧に包まれる北京 PM2.5濃度が大きく上昇
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/331231/

1分に6人のがん患者が増加=最多は肺がん、発症部位は地域差が歴然―本日の中国TOPニュース
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=68324

肺がん罹患率が10年で56%増、女性でも増加―北京市
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=66832&type=

↓韓国も大変なことに・・・。
中国の汚染物質、砂じんとともに韓国へ飛来=鉛とヒ素を検出―韓国メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=68603

北京大気汚染:リアルタイムで確認しましょう!
        こちらをクリック。
http://www.aqicn.info/?&lang=jp
「軽く汚染」「適度に汚染」「ひどく汚染」て・・・。
気持ちの持ち方次第ということでしょうか?
グラフを見て不安になり、言葉で安心させる感じ??

これを見てしばらくしたら、風と共に日本に届くんですよね・・・。
山本太郎さん、今回こそ出番です!
行くならこっちです!!
大江健三郎さんとお誘いの上、訴えて来てください~。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-01-30 20:15 | 環境のこと

メキシコ湾原油流出事故のフラッシュアニメ

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


メキシコ湾で起きた原油流出事故が報道されていましたが、
規模が大きいと言われても、
漠然としていてわかりにくかったのです。

事故発生初日から100日間を、原油がどの様に広がっていったのか?
わかりやすいフラッシュ・アニメで説明しているサイトが紹介されていました。

転載↓事故発生から100日間にわたるフラッシュ・アニメが始まります。
http://www.nola.com/news/gulf-oil-spill/deepwater-disaster/index.ssf

1日目。石油掘削施設"Deepwater Horizon"が爆発し、11人が行方不明。

3日目。"Deepwater Horizon"が沈み、5マイル(約8km)に及ぶ油膜が発生。

5日目。米沿岸警備隊が1日に42,000ガロンの原油が流出している事を発表。

9日目。米沿岸警備隊が1日に210,000ガロンの原油が流出している事を発表。

62日目。油田の流出を阻止するため、上院議員がオバマ大統領に海軍への支援を要請。

99日目。BPは最高経営責任者のトニー・ヘイワード氏の辞任を決定、170億ドル(約1.46兆円)の損害を報告。

100日目。流出した原油は、最大見積 211,680,000ガロン、最低見積 158,760,000ガロン。
       海岸で原油にまみれて見つかった動物の死骸1,316匹。

本当にすごい大事故だったのですね。
TVニュースでは、深海での作業の映像を少しと、原油まみれの動物たちが映っていたのですが、
遥か遠くの海洋上での災害という印象でした。

でも、同じ地球上の事ですし、時間の経過とともに、もっと広域へ被害が及んでくると思います。
とりあえず応急処置のキャップをして流出は止まったものの、根本的な対応はこれから。
本当に止まるのでしょうか?
深海であり、岩盤が緩い所での作業は、技術的にとても難しいそうです。
海底火山、しかもガス性の活火山があるとも。

現地の方は、ニュース映像では映らないけれど、とても大変だと思います。
油分を分解する散布剤を撒いているけれど、これが、かなり有害とか書いてありました。
このメキシコ湾の事故を起こした原因の企業をたどれば、あの韓国なんですね・・・。

そして。
この遅い対応って、似ていませんか?
今の日本と。
口蹄疫のとき。
ゲリラ豪雨による、災害のとき。

でも。オバマ大統領は、BP社にちゃんと対応を求めましたから、日本とは違いますか・・・。

日本は、政権与党が変わらない限り、これからも・・・。
このままでいいわけがありませんよね!!

↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-08-21 21:19 | 環境のこと

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る