カテゴリ:伝えたい思い( 159 )

海兵隊の人命救助表彰を報じなかった沖縄2紙。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


日本のマスコミは、報道しない自由を謳歌中ですから、
海兵隊の人命救助のことは、
私も、もちろん知りませんでした。
関西ローカルも、いろいろと偏向報道がありますが、
さすがにここまでお見事なことはありませんよね。

沖縄って、どこに向かって行くんでしょうか。
沖縄ではアサヒる朝日新聞が右翼新聞に思えてしまう、
と言われてるんですよね。
それにしても、
あの知事にして、この沖縄マスコミ。
情けすぎてもう、、、。
恩を感じないなんて、
人として、日本人として、お恥ずかしい限りです。

↓以下参考のため引用---------------------------
沖縄メディアの「ミス・インフォメーション」

http://www.nippon.com/ja/column/g00298/
[2015.08.14]
「苦境に立つ」沖縄メディア
メディアの役割をめぐり日本で大きな論争が巻き起こっている。広くいえば国全体、具体的にいえば「苦境に立つ」沖縄のメディアの状況についてである。実際には沖縄のメディアが論争の中心となっており、多くの場合、偏向報道やわたしの名付けた「ミス・インフォーメーション(Miss-Information)」のためにこの論争を引き起こしている。
偏向報道はもちろん、深刻な非難に値する。このような報道では、意識的に記事をゆがめることで、ある特定の目的を推進したり、他者を批判したりする。また、ある目的に不都合と判明した出来事や見通しを故意に取材しない場合もある。このような情報管理により特定の話ができあがることになる。
情報管理という言い方をすれば、自由報道を信奉する者が政府が行っていることだと糾弾するようにみえるが、悲しきかな日本では、これは、沖縄のメディアが、またより大きなスケールで、国内メディアや東京在住の国際メディアが長年行っていることなのである。

米海兵隊の人命救助表彰を報じなかった沖縄2紙
沖縄県北部の金武町で昨年12月23日、運転していた自転車から交通量の多い海岸道路に転落した沖縄の老紳士を救命した米海兵隊員を表彰する式が15年1月14日に開催され、私も出席した。キャンプ・ハンセンに向かっていた途中で、老人を救出、蘇生させた海兵隊3等軍曹のとっさの行動は勇敢であった。
式は短時間で、簡素にして威厳のある表彰式だった。司令官は、勇敢さについて歴史的、神話的のみならず、それがわれわれ人間にとって何を意味するかという文脈で語った。「ヒーローの行為とは普通の人が他人に対して普通でないことをしてあげるということです」と司令官は指摘して、現場を通った他の運転者がやらなかったことを軍曹が実行したことを賞賛した。
報道関係者も式に招待されたが、地元住民の命が米軍関係者の行動により救われたにもかかわらず、驚いたことに地元の新聞社2社とテレビ局は出席しなかった。
琉球新報、沖縄タイムスがともに参加しなかったことは非常に残念なことであった。彼らは連絡を受けており、「命は宝」という沖縄人の言葉に同意するだろうから、救命行為を賞賛して取材する価値があったはずだ。


意図的に報道しない「ミス・インフォメーション」
このいい話を報道しなかったことは、「ミス・インフォーメーション」、つまり前向きなニュースを、しばしば意図的に報道しないというひとつの例である。これらの記事には、友情、人間性のある行為、善行、コミュニティー関係、そして米軍の存在や日米関係をめぐるさまざまな側面についての記事が含まれる。メディアは、肯定的な事実を報道しないことにより、厳に存在する実際の関係を間違った形で描写し、その代りに否定的でセンセーショナルなものに焦点を当てている。
この事故を報道する機会は実際いくつかあったが、取材しないという意識的な決定があったようだ。最初のチャンスは事故直後に警察などが現場に初動したときである。次のチャンスは12月31日、電子新聞Okinawa Marine(沖縄海兵隊)に事故の目撃者の投稿が掲載されたときだ。1月5日には日本語でも公開された。地元メディアは米軍の発表する情報を定期的にモニターしているが、ほとんどの場合それに基づく報道はしない。
そして最後のチャンスとしては、地元メディアが式への招待状を1月8日に受け取ってから事故について知り得た時だった。しかし、悲しきかな、かれらは式典に出席し、報道し、この日に沖縄における米軍の隣人であるかれらの読者のために公表されたメッセージを共有するという選択をしなかった。
このことで私は悲しい結論に達した。琉球新報と沖縄タイムスは沖縄の米軍取材で偏向しているということだ。日本新聞協会が2000年に採択した新聞倫理綱領に違反しているということだ。
防戦体制のメディアが繰り出す無差別砲撃
有名な保守派のコメンテーターである百田尚樹氏は6月25日、自民党の若手政治家、約40人でつくる勉強会に出席、沖縄のメディアは政府に批判的だという質問者の意見に同意した上で、「沖縄のふたつの新聞は潰さないといけない」と語った。
百田氏は後にこのコメントは冗談だと説明したが、議論は他の話題にも移り、沖縄、本土、そして日本在住の外国メディアが同氏の発言を激しく攻撃した。自民党執行部はすぐさま行動を取り、勉強会の主催者や攻撃的と捉えられた発言をした他の出席者に制裁措置を取った。安倍晋三首相自身もこの問題が国会での安保法制審議に悪影響を与えかねないと懸念したこともあり、連立相手の公明党に対して謝罪した。
しかしながら「百田事件」について最も驚いたことは彼のコメントではなかった。さらに、沖縄のふたつの新聞社が非常に否定的な反応を示したこと、つまり抗議声明を発表したり、朝日新聞のような業界仲間と共闘して社説で百田氏を糾弾したり、日本外国特派員協会でのこれらの仲間の集まりで発言したりしたことでもない。最も驚いたのは、メディアそのものが、言論の自由、報道の自由の名の下に、ひとりの民間人の言論の自由を露骨に犯していたことについて、人々が気付くのが遅かったということである。
一連の発言は、沖縄に対して攻撃的であるとか、民主主義、報道の自由、言論の自由に対する脅威であるとの批判がある。メディアはこれらの批判のうちひとつとして、発言の背景となった偏向の存在や意図的にミスリードするカバー体制、そしてこのような状況下における彼ら自身の役割を認識していなかった。沖縄のメディアとかれらの仲間全体は、自己評価をするいい機会を捉えるのではなく、いわば防戦体制を固めてすべての方向に“無差別砲撃”を行っている。

間違いや不作為を犯したメディアの責任
那覇市民の平良哲氏が、2014年11月6日付琉球新報の読者欄で「新聞は大きな公共性があり、民主主義の根幹をなす中立・公正に基づく正確な報道が求められている。私たちは新聞に民主主義を維持するための機関として購読料を払い、深い関心と期待をもって読んでいる」と書いている。
わたしは平良氏のコメントにまったく同意するし、琉球新報がこれを掲載したことを喜んでいる。ただ、同紙の編集者がこの皮肉に気が付いているかどうかだ。沖縄2紙が真剣にかつ透明性を持って、新聞倫理綱領と読者の期待に反していないか自問することが必要である。
これまでの報道で間違いを犯したり、不作為を通したメディアの無責任さは、日本の最南県沖縄ではなお一層深刻である。というのは、そこにはあけすけな反基地・反政府アジェンダや、ほとんど閉ざされたメディア市場という存在があるからだ。
私はおそらく個人的に長年働いてきたアカデミズムの世界を除いて、メディアにはほかのどの社会部門よりも多くの友人を持っている。ジャーナリズムというのは、思慮深くて思いやりのある多くの人々にとっての職業である。このようなジャーナリズムの特性は、正しいことをすること、つまり、しかるべき建設的な批判を反映させ受け入れること(特に歓迎されない批判)また、報道活動においてオープンで誠実であることによって、その特権を一層発揮させられるものだと望んでいる。
一部メディアは、百田氏や自民党勉強会のメンバーのコメントについて「寒々しさ」を覚えると主張している。しかしながら私は、この事件の直後にメディアが示した「報復力」に寒々とした。ひとりの市民が報復もできずにメディアを批判できないようなら、われわれは何の権利をもっているのだろうか。メディアは百田氏の発言を「民主主義に対する挑戦である」とレッテルを貼ったが、私にとっては馴れ合い状態にあるメディアの現状こそ、最大の挑戦だと思える。われわれはメディアから何を信じるべきか指示されなくてはならないのか、かれらがわれわれのパラメーターをつくるべきなのだろか。
私は実際、メディア自身が、権力であるとの自覚を持っているかどうかと疑う。「第四の権力」であるメディアは、願わくば一般国民を代表して政府をチェックする役割を演じる。このことは常には現実となっていないが、われわれは、メディアが崇高な目標に従い、偏狭な既得権益に対してではなく、われわれ共通の願い、万人の持つ懸念に対して応えるよう期待している。
不幸にも、今日のメディアは偏向したかたちで、またしばしば政治的な目的を持って報道された真実でないことや正しくないことを報道し続けるという状況にある。

責任ある読者がもうひとつの鍵
これらの問題は、学者として沖縄のメディアと緊密に働いた人たちが非常に憂慮する原因になっているだけでなく、報道機関の役割をめぐり日本で起こっている論争の観点からも特に深刻である。地元、地方、全国、国際レベルを問わずメディアはダブルスタンダード(二重基準)を持つことはできない。もし持つならばさらに信用を失うことになる。
私はこの論文を皮肉ではないが米国独立記念日の7月4日に執筆している。最も偉大な民主主義思想家のひとりであり独立宣言の起草者であるトーマス・ジェファーソンは1787年に書いた以下の文で有名である。「もし、新聞のない政府か政府のない新聞のどちらかを選択する決定を私がしなければならないなら、一瞬の躊躇もなく後者を選択する」
同時にジェファーソンは、報道機関も無責任になりかねないということを知っていた。1800年に彼は以下のように警告している。「まったく物を読まない人間は新聞しか読まない人間よりより教養がある」。われわれは深さと幅のある情報を得るために依然としてメディアを必要としている一方、われわれはこの同じメディアがときたま(ある場合では規則的に)やり過ぎや無責任さを露呈することを認識する必要がある。
日本新聞協会は2000年6月21日に新聞倫理綱領を採択、そこでは、「報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない」とうたっている。わたしは今までの報道姿勢を見てきたが、メディアの多くはこの綱領に従って行動していない。この状況は特に沖縄において当てはまる。読者の一員としてわれわれはこれらの問題を伝える責務がある。
メディアが正当で建設的な批判を受け入れ、自身をさいなむ問題を早く解決すればするほど、われわれすべてがよりよくなる。でなければ、国民のメディアに対する信頼が落ち続け、ほかの情報収集手段が増加し、国民のメディアに対する監視が深まることになる。
↑ここまで------------------------------------------

d0176186_2454130.jpg



ネットは大切ですよね。
麻生さんが漢字の読みを間違えたとか、
インスタントラーメンの値段を知らないとか、
今なら、はぁ?ってなってます。

確かに変わって来ていると信じて。
マスコミがマスゴミと言われないようになる日に向けて。
気付く国民が増えますように!

中川昭一さんが嵌められたあの時に
もっともっとネットで拡散していれば、と悔しく思いながら。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-20 23:22 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(2)

世界遺産なんて要らない!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


昨晩は、速報で奈良で行方不明になっていた女の子が保護され、
助かって良かった!と喜んでいたのも束の間、
次がこの世界遺産登録です。
なんという愚かなことをしたのでしょうか。

「そんな事なら世界遺産なんて要りません!!」
そう言ってさっさと帰国して来れば良かったんですよ。
それこそ、賞賛の嵐だったと思います。
なのに、世界遺産引き換えに、ありもしない事を、、、。

最低最悪。
今は民主党政権下ではないし、
まさかここまではしないと安心していたのに。
安倍さん、、、これは駄目でしょう。

当時は、朝鮮系日本人として高給取り。
確かに過酷な労働だったから、高給だったわけで。
そしてそれは日本人も同じく過酷な労働でした。
一番の難所では日本人の熟練工が担当だったし。
高給だったから、
当時の日本の家庭ではまだ設置していない家庭も多かったテレビも
100%設置していたんです。
もちろん、朝鮮系日本人の家庭でも!です。


かの国のゆすりたかりネタ、
ありもしない従軍慰安婦の次はこれで決定ですよ、
腹立たしい!!!


こんな事を言う国ってどうよ。
もう、どうかしてますし。

↓以下参考のため引用---------------------------
世界遺産登録問題 韓国、土壇場で「強制労働」に固執か…ナチス収容所と比較も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00000539-san-kr
産経新聞 7月5日(日)20時29分配信
 【ボン=宮下日出男】「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、ドイツ西部ボンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は日韓の調整がつかず、土壇場で紛糾した。普遍的な価値を持つ世界遺産の審査の場が日韓の歴史問題に翻弄された形で、他の委員国からは困惑する声も出た。

 ■かたくなな姿勢…一度は議長仲裁まで拒否?
 審査の持ち越しが決まった4日夜、議場裏手にある議長室に日本と韓国の代表団が集まり、議長を挟んで協議した。審査最終日となる5日も、ぎりぎりの調整が行われた。

 韓国政府は、「明治日本の産業革命遺産」の23施設のうち7施設について、「戦時中に強制徴用された労働者がいた」と主張し、登録に反対した。

 その後、韓国側は6月の日韓外相会談で、徴用工を含む「歴史の全容」を施設の説明を加えれば反対しない姿勢を示し、事態は決着したかにみえた。

 しかし、世界遺産委の開幕後、再び対立が表面化。意見陳述で韓国側が徴用工の歴史に言及するのに加え、「強制労働」という表現を使おうとしたことが原因とみられる。陳述内容を知らされた日本側が修正を要請し、韓国側が反発。折り合いがつかなくなった。

 4日午前には、議長が仲裁のため日韓に呼びかけた協議を韓国側が拒否したとの情報もある。韓国のかたくなな姿勢がうかがえる。

 ■来年は委員外れる日本「延期は最悪」
 関係者によると、韓国側は委員会でも激しいロビー活動を展開。「軍艦島」の通称で知られる端島炭坑(長崎市)をナチス・ドイツによるアウシュビッツ強制収容所と比較して、他国に理解を訴えたという。

 5日の審査前には、「延期は最悪だ」と述べる日本政府関係者もいた。世界遺産の登録は全会一致で決まらなければ投票になる場合があり、来年は委員国に韓国が残る一方、日本が外れるからだ。

 他の委員国にとっても、日韓のどちらかを選ぶような投票は避けたいのが本音。委員国であるベトナム代表団の関係者は、「熱くならず、落ち着いて話し合ってほしい」とし、日韓双方に呼びかけていることを明らかにしていた。

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150705-00000539-san-kr
↑ここまで------------------------------------------

お給料を貰ってるのに、アウシュビッツてどないやの!!
>「延期は最悪だ」と述べる日本政府関係者もいた。
???
ええやん!
もう、それであかんかったら世界遺産は諦めたら、
と、思っていたところ。
登録決定したのでした!!!


↓以下参考のため引用---------------------------
「明治日本の産業革命遺産」世界遺産に登録決定
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150705/k10010139851000.html
7月6日 2時09分
ドイツで開かれているユネスコの世界遺産委員会は、福岡県の八幡製鐵所や長崎県の三菱長崎造船所など、8つの県の23の資産で構成する「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録することを決めました。

ドイツのボンで開かれているユネスコの世界遺産委員会は、日本時間の5日午後10時すぎから「明治日本の産業革命遺産」について審議を始め、世界遺産に登録することを決めました。
登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」は、福岡県の八幡製鐵所や長崎県の三菱長崎造船所など、九州の5つの県と、山口、岩手、静岡の各県にある合わせて23の資産で構成され、西洋で起きた産業化が非西洋国家の日本に伝わり、初めて成功した例として歴史的な価値が認められました。
この遺産群を巡っては、韓国が「遺産群の中には強制徴用が行われた施設がある」と主張し、審議の中でこの趣旨の発言をする動きを見せたことから日本との間で調整が難航し、日本時間の4日夜に予定されていた審議は1日先送りされました。しかし日本が韓国と調整を続け、韓国の政府関係者は、審議入りを前に日本側と合意したと述べていました。

世界遺産への登録が決まったあと、日本の佐藤地ユネスコ大使は「1940年代に一部の施設で大勢の朝鮮半島の人々などが意に反して厳しい環境下で労働を強いられた」としたうえで、「この犠牲者のことを忘れないようにする情報センターの設置など、適切な措置を取る用意がある」と述べました。このあと、韓国の代表団を率いるチョ・テヨル第2外務次官は、日本側が言及した措置について、世界遺産委員会に対し、確実に実行されるか検証するよう求めました。
今回の決定で日本にある世界遺産は、文化遺産と自然遺産合わせて19件となります。

首相「心からうれしく思う」

安倍総理大臣は「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への登録が決まったことを受けてメッセージを発表し、この中で、「『明治日本の産業革命遺産』の世界文化遺産への登録を心からうれしく思う。海外の科学技術と自国の伝統の技を融合し、僅か50年余りで産業化を成し遂げた日本の姿は世界でもけうであり、人類共通の遺産としてふさわしい、普遍的な価値を持つものだ」としています。
そのうえで、「資産の保全に取り組み、支援してこられた地域の方々や、100年を超えて資産を稼働させながら維持し、保全に取り組んでこられた企業の皆様に深く敬意を表する。『ものづくり国家日本』の原点であり、先人の偉業を伝えるすばらしい遺産の保全と次世代への継承に向け、決意を新たにしたい」としています。


石破大臣「管理保全に万全を期す」

内閣官房の世界遺産登録推進室を所管する石破地方創生担当大臣は「登録が決定したことを大変喜ばしく思う。この遺産は、日本が西洋から非西洋地域への産業化の伝ぱに、世界で初めて成功したことを示す、世界遺産にふさわしい価値のあるものとして評価された。政府としては、関係各位と連携しながら、世界遺産としての管理保全に万全を期す」という談話を発表しました。


「8県11市が協力して取り組みたい」

「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への登録が決まったことについて、ドイツのボンを訪れている鹿児島県の伊藤知事は記者会見で、「九州・山口を中心とした地方主導のプロジェクトが実を結び、大変喜ばしい。先人たちの偉業が改めて評価されたものであり地域の誇りになると考えている。関係地域が結束して次の世代に継承するとともに地域の発展に生かしていきたい」と述べました。
また、鹿児島市の森博幸市長は「これまでの皆さんのいろんな思いが決定の瞬間に成就したと思って、本当にうれしくてたまりませんでした」と喜びを語りました。そのうえで、「多くの人たちに、それぞれの地域に来ていただくために8県11市が協力して受け入れ態勢にもしっかりと取り組んでいきたい」と話していました。
↑ここまで------------------------------------------


かの国はこんな速報出しましたし・・・。
これからたかる気いっぱい。


↓以下参考のため引用---------------------------
速報:日本 朝鮮人の強制労役認める2015/07/05 22:39
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/07/05/0200000000AJP20150705001400882.HTML
↑ここまで------------------------------------------

と、ここで言い訳が来ました。

↓以下参考のため引用---------------------------
【政治】 岸田外相、請求権問題は解決済み=世界遺産http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00000089-jij-soci
 岸田文雄外相は5日、明治日本の産業革命遺産の世界文化遺産登録決定後に
日本のユネスコ代表部大使が「朝鮮半島の多くの人々が意思に反して働かされたことへの
理解を進める措置を取る」などと演説したことに関し、「これまでの日本政府の認識を述べたもの」であり、
「朝鮮半島出身者の徴用の問題を含め、日韓間の財産・請求権の問題は解決済みだ」とする談話を発表した。 
↑ここまで------------------------------------------

これで済むはずがない。。。
ってか、そういうことじゃないし!!!
相手はユスリタカリが国技の韓国なんですけど!!!


↓以下参考のため引用---------------------------
【世界遺産登録】
日韓都合よく翻訳 韓国→強制労役 日本→強制労働意味せず

http://www.sankei.com/world/news/150706/wor1507060028-n1.html
2015.7.6 09:45更新
 「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり、朝鮮半島出身の徴用工が一部施設で労働した事実に関し、日韓両国は最終的に同一の英語表現を用いながら、国内向けにはそれぞれ政権の主張に沿った説明をしている。

 関係者によると、韓国は世界遺産委員会での登録決定時に朝鮮半島出身者への「forced labor」(強制労働)があったと陳述をする構えだった。

 これを察知した日本が修正を要求。韓国は当初反発したが結局譲歩し、5日の審査では日韓とも「forced to work」との表現を使用した。日本は「働かされた」と訳し、岸田文雄外相は「強制労働を意味しない」と説明。一方、韓国は国内向けに「強制労役」と訳し、強制性がある労働だと主張している。(共同)
d0176186_1154517.jpg

------------------------------------------
日本政府「薄氷決着」に安堵=歴史認識にしこり残る―世界遺産
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000002-jij-pol
時事通信 7月6日(月)0時20分配信
 「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録をめぐる日韓両国の調整は曲折の末に辛うじて決着し、日本政府内には5日、安堵(あんど)が広がった。ただ、一度は外相会談で協力を約束したはずの韓国がぎりぎりまで強硬姿勢を崩さず、歴史問題をめぐる相互理解の難しさを裏付けた。
 安倍晋三首相は同日、「心からうれしく思う。素晴らしい遺産の保全と次世代への継承に向け、決意を新たにしたい」との談話を発表。岸田文雄外相も外務省で記者団に「誠に喜ばしいことで歓迎し、祝意を示したい」と述べた。
 日韓の調整で最後までもめたのは、施設の一部で戦時中に朝鮮半島出身者の「強制労働」が行われたことを韓国が明確にしようとした点だ。5日の登録決定を受けた演説で、日本の佐藤地ユネスコ代表部大使は「日本が徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる」と述べ、韓国側の主張に一定の配慮を示した。
 ただ、岸田外相は、佐藤氏の発言について「従来の日本政府の認識を述べたもので、財産・請求権の問題は完全かつ最終的に解決済みとの立場だ」との談話を発表。元徴用工の請求権の問題を韓国が蒸し返さないようくぎを刺すことを忘れなかった。
 登録決定について外務省幹部は「決まらなかったら日韓関係に影響したが、結果オーライだ」と胸をなで下ろしている。これを受けて日本政府は、首相と朴槿恵大統領の首脳会談を秋にも実現させるための調整を本格化させる意向。ただ、歴史認識をめぐる対立から日韓が「円満な協力」を印象付けられなかったのも事実で、今後の関係改善が順調に進むかは不透明な要素が残る。

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150706-00000002-jij-pol
↑ここまで------------------------------------------


どこが「結果オーライ」何だか!!
外務省はどうしてここまで低姿勢なんです?
カンキリ小和田恒といい、
外務省にはマトモな日本人はいないんですか?
やはり外務省は不魔殿だわ。
これでは、日韓首脳会談をする必要はありません。



安倍首相への信頼が揺らいだどころか、
どうしようもないこの失望感。

これでまた一つ、
次世代に負の遺産が増えてしまいましたよ・・・。



↓========================
外務省・ご意見フォーム

https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

外務省・幹部名簿
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/meibo/list.html

外務大臣・岸田文雄 HPメールフォーム
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html

長崎県・観光振興課
https://www.pref.nagasaki.jp/section/kanko/
ページ最下部に質問フォーム有り
住所:長崎市元船町14-10 橋本商会ビル8階
電話:095-822-9690
ファクシミリ:095-826-576

首相官邸・ご意見
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

お問合せ・衆議院議員 安倍晋三 公式サイト
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-07-06 23:52 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(10)

安倍総理と谷垣幹事長に亀裂?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ



↓以下参考のため引用---------------------------
安倍総理と谷垣幹事長に亀裂? 圧力発言処分で…(07/01 11:51)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000053765.html
 自民党の谷垣幹事長は、報道圧力発言を繰り返す大西英男議員を再処分するなど引き締めに躍起となっていますが、党内の混乱は収まりそうにありません。

 (政治部・千々岩森生記者報告)
 週に一度は必ず昼食をともにして固い結束を図ってきた安倍総理大臣と谷垣幹事長ですが、お互いを支える議員の間には少しずつ溝が生まれています。谷垣幹事長は1日朝の会合で、公明党側に「大変、ご迷惑をお掛けしている。心からおわび申し上げる」と陳謝しました。ただ、足元の自民党幹事長室では先月30日、谷垣幹事長に対して「処分で若手が萎縮する」など安倍総理に近い議員らから疑問の声が上がりました。谷垣幹事長が反発を押し切って処分に踏み切ったことについて、安倍総理は周辺に「谷垣さんのグループも、死んだふりしてるけど、そうでもないんだな」とつぶやいています。さらに、先日の会期延長の判断でも、短かくしたかった官邸の意向を自民党側が押し切る形で戦後最大の延長幅となりました。政治スタイルの違う安倍総理に対して、これまで一歩引いてきた谷垣幹事長が、ここへきて自分のカラーを出し始めたことで、両者のバランスに微妙な変化が生じています。
↑ここまで------------------------------------------

↓以下、転載 --------------------
2 :あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2015/07/01(水) 18:31:57.71 ID:v5mwK5xc0.net[1/3]
また盗聴したのか???wwwwwwwwwww

10 :あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2015/07/01(水) 18:45:07.46 ID:5AZ/bmYf0.net
石破がダメなら谷垣押しwww
誰でもいいから何とか対立させたい


11 :あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2015/07/01(水) 18:45:55.92 ID:FoiIAdjJ0.net
今回の件で国民が知るべきことは
報道機関に意見を言える存在が日本に無いと言う事
いくら疑問の声をあげても、それを報道機関が取り上げない
特に国民の財産である電波を公共の利益の為に格安で借り受けてるテレビに関しては大問題

大西議員頑張れよ。正論。
やはり朝日新聞社の「30年意図的捏造報道」が言論の自由なのかね。
朝日新聞社を30年営業停止処分でもやれば日本国民の心情も救われる。

全く謝罪になっていない朝日新聞に対し議員として当たり前の態度ですな。
このままでは、今後幾らでも同様な発言が生まれるね。


15 :あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2015/07/01(水) 18:55:56.59 ID:v5mwK5xc0.net
マスコミを監視する機関が必要になってきたのは事実だな。

18 :あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2015/07/01(水) 19:21:35.13 ID:Sw94dg8D0.net
大西、負けんなよ!

22 :あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2015/07/01(水) 19:36:37.53 ID:QwjMjQPv0.net
またサヨク朝日の分断工作ですか~?

23 :あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/:2015/07/01(水) 19:46:42.96 ID:Dpwv5Ny10.net
ソース:アサヒ

はい解散w


引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1435743042/
↑ここまで----------------------------




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-07-02 12:24 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(0)

新渡戸記念館の存廃問題。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


まだよく分かっていない事もありますが、
取り急ぎエントリさせて頂きました。
コメントから頂いた情報です。
 ↓
------------------------------------------
又、貴重な日本文化の破壊行為が行われようとしています。 
拡散して、阻止しましょう。
------------------------------------------


記事はこちらです。

↓以下参考のため引用---------------------------
新渡戸記念館 収蔵資料8000点ピンチ
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150603_25008.html
 青森県の十和田市立新渡戸記念館の存廃問題で、市指定文化財など収蔵資料の保管に不安が広がっている。市は今月末の廃館を求める姿勢を崩さず、資料の大半を所有する十和田新渡戸家との協議も進展がない。空調が止まった場合に備え、有志による保全活動も始まった。

 耐震強度不足を理由に4月に休館になった記念館には、約8000点の資料がある。新渡戸稲造博士の愛用品や新渡戸家伝来の甲冑(かっちゅう)が並び、室町時代の物もある。
 市は月末の廃館後、解体に着手する方針。耐震性の再調査を求める新渡戸家は協議継続を訴えるが、7月以降は市が電気を止める可能性がある。
 新渡戸家関係者は「空調が止まれば漆製品の変形や文書にカビが生じる恐れがある。追い出されたら資料は散逸する」と懸念する。
 5月には、近くの市民ら約10人がボランティアの会を作り、資料の整理を手伝い始めた。歴史が好きだという沢口騏三夫さん(73)は「問題が決着する日を信じ、資料保全に協力する」と話す。
 5月29日には国立民族学博物館の日高真吾准教授(43)が招かれ、収蔵環境を保つ方法などを会のメンバーに教えた。日高准教授は「資料は十和田の地域文化遺産。保全に務めたい」と述べ、今後も助言を行う意向だ。
 市観光商工部の横道彰部長は「廃館になれば電気代を払う財源はない。市の所有でない物に税金を使うには大義名分が要る。対応は新渡戸家との協議次第」との考えを示した。
2015年06月03日水曜日
------------------------------------------
新渡戸記念館 廃止解体へ
http://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20150605-OYTNT50433.html
2015年06月06日
 十和田市の開拓の歴史を伝える資料約8000点を展示していた「市立新渡戸記念館」が、建物の耐震強度不足を理由に4月から休館している問題で、小山田久市長は5日の定例記者会見で、記念館を廃止し、建物を解体すると発表した。一方、保有する資料を記念館で保管している新渡戸家側は「耐震性に問題はない」と廃館に反対しており、市を相手取って提訴することを検討している。

 小山田市長は会見で「耐震診断結果に沿って、廃館する」と述べ、記念館の廃止条例案と解体費用約2900万円を盛り込んだ補正予算案を12日開会の市議会定例会に提出すると述べた。条例案が通れば6月末に廃館とし、今年度中に解体する。

 一方、新渡戸家の相談に乗る弁護士は、市が行った調査が「精密でない」と指摘し、「外見を見る限りたわみなどが全くなく、まだまだ使える建物と考えるのが妥当。再調査が必要だ」としている。条例案が可決されれば、青森地裁に条例の取り消しなどを求める行政訴訟を起こす考えという。

 市では残された資料の取り扱いについて、新渡戸家と協議を続けている。
------------------------------------------
新渡戸記念館 解体契約「待って」
http://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20150611-OYTNT50449.html
2015年06月12日
 ◆学芸員が監査請求
 十和田市が耐震強度不足を理由に4月から休館にした「市立新渡戸記念館」の廃館を検討している問題で、記念館の角田美恵子学芸員は11日、市が建物の解体を決めた場合に解体工事契約などの締結防止を求める住民監査請求書を、市の監査委員事務局に提出したことを明らかにした。

 請求書などによると、記念館は「十分な耐震性を持つ建物と推測される」「耐震性を確認して今後の措置を検討するのが本当の姿」などと主張し、解体工事契約の締結防止などを求めている。

 市は12日開会の市議会定例会に、記念館の廃止条例案と解体費用を盛り込んだ補正予算案を提出する。条例案などが通れば、今年度中に解体する。市は「耐震性診断の手順や結果に問題はない」としている。
↑ここまで------------------------------------------


市長がこんなにも頑なに拒否するのはなぜなのでしょうか。

この先、貴重な資料の保管がこの先どうなるのかも分からないようです。
それにこの新渡戸記念館は有名な建築家・生田勉氏の作品の1つでもあり、
とにかく解体ありきの姿勢には疑問です。

学芸員の方による監査請求が提出されたのですが、
耐震強度不足が問題なのであれば、
補強工事を行えば解消出来ますし、
新渡戸記念館は有名な建築家・生田勉氏の作品の1つと書かれていました。
存続の方法はないのか検討するのではなく、
存続しないよう、解体するよう、
尽力している姿勢はおかしいと思うのです。

他にも詳しい情報があればお教え下さい。


↓以下、頂いたコメントから------------------------------------------
 ● 十和田市長の小山田久が、突如として新渡戸記念館の耐震性に問題があるといいがかりをつけ、今月(6月)末までの廃館、今年度中の解体撤去を要求しています。

新渡戸家独自の耐震調査では問題はないそうで、市側と話し合いを求めるも、一方的に記念館を潰す腹づもりのようです。

新渡戸家といえば、十和田の地を開拓した大功労者です。
またご存知のように稲造は、名著『武士道』で日本人の美徳を世界にしらしめた、日本が誇る偉人です。

その記念館を取り潰そうというのは、何らかの意図が働いているとしか思えません。

市長とは、それまで良好な関係だったそうですが、突然態度を変えてきたといいます。

驚くべきことに、十和田市議会の反対決議まで出ているのに、市長は取り壊す意向です。

つまり、最初から廃館ありきです。それも今月中です。

では、展示品はどこに移したらよいのでしょうか。何も決まっていません。
ともかく、こんな横暴を許しては、自治体が運営する全国の展示館がすべて何らかの因縁をつけられたら最後、同じ運命をたどる可能性が出て来ます。
言うまでもなく新渡戸稲造は、日本が世界に誇る代表的国際人です。

ことは十和田市だけの問題ではなく、日本国民全体の問題だと思います。
 
マスコミでは報じませんが、現在、日本全国で神社の放火や磐座の破壊など、日本人の精神文化の拠り所としているものの破壊行為が進んでいます。

『BUSHIDO』で世界的に有名な新渡戸稲造博士の新渡戸記念館を廃館・解体撤去に追い込もうするのも、こうした一連の動きと無関係ではないと思われます。
------------------------------------------


・十和田市立新渡戸記念館
http://www.towada.or.jp/nitobe/index.html

・「十和田市立新渡戸記念館の休館の経緯と現状および諸問題について」
http://www.towada.or.jp/nitobe/pdf/kyukankeii_syomondai.pdf

・Save-The-Towada facebook
facebook Save-The-Towada


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-06-20 23:59 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(5)

翁長知事の娘婿は中国共産党幹部の息子、の件。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


9対1というわけではなかったというのに、
圧倒的な民意を反映して沖縄県の知事になった、
と言われている翁長知事。

あの微妙な浮き具合のカツラ風ヘアスタイル以上に
違和感のある発言のあれこれを聞くたび、
沖縄は中国のものになってもいいとでも?
知事という立場にありながら、
まさか、チベットやウィグルでの惨状を知らないとでも?
と疑問というか不信感でいっぱいになっていたんですよね。

この人もハニトラ!?・・・などと思いつつ、
ググってみたら。
『なでしこりん』さんのところのエントリを読んで納得しました。
こういう人が知事って。。。
あかんやん!!

ってか、これは有名なんですか?
私が知らないだけですか???

↓以下参考のため一部引用---------------------------
えっ~!翁長・沖縄県知事の娘さんは中国共産党幹部の息子と結婚しているってほんとなの? 
http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-12015180528.html#cbox
2015-04-17 07:40:00
沖縄県知事・翁長氏の娘は中国・北京大学に留学後、上海の政府機関で働く男性と結婚。 その男性は中国共産党・太子党幹部の子息だという。
 →  https://youtu.be/SrN1Oz-OdGM


  沖縄県知事・翁長氏

 知事の娘さん

 娘の旦那=中国共産党・太子党幹部の息子

 習近平(中国共産党・太子党のボス)



 人の結婚 のことをとやかく言うほど私は野暮ではありませんが、でもこれって「公人として許される範囲なのか?」という疑念を感じる人も多いのではないでしょうか? いいように考えれば、翁長知事の親中路線は「娘婿の親の顔を立てるために中国に配慮した」ように見えますが、悪く見れば「中国に人質をとられて、中国の言いなりになっている」ようにも見えます。こういう人物が「日本国沖縄県の知事」であってもよいのでしょうか? これって沖縄県の皆様はご存知なんですか? By なでしこりん


    用意周到な中国に踊らされる沖縄 共産党は危険!  
↑ここまで-------------------------------------------


沖縄がいかに重要な位置にあるか、
分かっているからこそ、
この人が沖縄県知事に担がれたということですよね。
そして、見事に当選なさいました。

沖縄県知事は親中路線の人物であってはならないと思うのですが、
沖縄県の方々はご存じの上でのことなんでしょうか。


-------------------------------------------

以前のエントリ『心がさわさわする、7月1日は何の日?』から
 ↓
中国では『国防動員法』が適用開始となる日です。

今年に入ってこの記事をよく見かけますが「中国国防動員法の脅威」をどう思われますか?
日本のビザ要件緩和と、中国の法律がどうして関係あるの?って思われませんか?

中国が約12年もかけて検討して成立させたこの『国防動員法』は、
18歳以上の中国に住む男女に加え、外国に居住する中国人、
中国で活動する外国企業及びその従業員にも適用される
のです。

そして、ここからが、私にもトロイの木馬を連想させる点です。
国内外での有事の際には、
日本在住の中国人は、全員が中国政府の指示に従い、動かなければならないということ。
これは、中国籍者は人民解放軍の日本派遣兵員へと転じる可能性も有り得るということ。

この国防動員法実施にあたっては、国務院と中央軍事委員会が共同で領導する。
領導は上下関係を前提とした指導である。
つまり、命令ということだそうです。
-------------------------------------------



この以前のエントリから、もうすぐ5年です。
あの当時に比べ、京都でも中国人観光客の多いこと多いこと。
中国人が多くてどうしようもないから、
あそこへ行くのはやめとこ、という場所がどれだけ増えたことか。
そして。
静かに静かに、中国人は京都の不動産も買占め中。
沖縄だけでなく、京都だけでなく、
日本はもっと危機感を持つべきだと思います。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-05-25 00:07 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(5)

蝕まれている日本の教育現場。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


愛知県一宮市の中学校校長がブログに日本の起源や素晴らしさについて、
天皇陛下とともに国民が暮らして来た国だというお話を紹介したところ、
一宮市教育委員会は「断定的な書き方で、個人の考えを押しつけかねないと判断」して
そのブログを削除させていた、というのです。

↓中日新聞(2月18日/朝刊)より
d0176186_22453923.jpg


この校長が市教委から注意を受けて、
削除させられたブログ記事がありました。

↓以下、転載させて頂きます。------------------------------
該当記事(削除済)
2月11日は建国記念日です。

 そこで、今日は日本のルーツ、日本の起源について、お話をしたいと思います。


 日本の建国は、今から2675年前の紀元前660年2月11日、初代、神武天皇が即位した日が始まりです。


 世界一広いお墓、大仙古墳で有名な、16代仁徳天皇が、ある日高台に登って遠くをご覧になられました。すると人々の家からは、食事の準備のために煮炊きする煙が少しも上がっていないことに気付いたのです。


仁徳天皇は「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」と仰せられ、三年間、税を免除されました。


税を免除したために朝廷の収入はなくなり、宮殿は大いに荒れました。天皇は衣を新調されず、茅(かや)葦(ぶき)屋根が破れ、雨漏りがして、星の光が屋根の隙間から見えるという有様でした。


 三年がたって、仁徳天皇が同じ高台に出られて、遠くをご覧になると今度は、人々の家々から煮炊きする煙が盛んに立つのをご覧になり、その時、仁徳天皇がこのように言われたということです。


「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」
そして、一緒におられた皇后に「私は豊かになった。喜ばしいことだ」とおっしゃったということです。


 皇后はそれを聞いて「陛下は変なことをおっしゃいますね。衣服には穴があき、屋根が破れているのに、どうして豊かになったといえるのですか」


すると「国とは民が根本である。その民が豊かでいるのだから、私も豊かということだ」と言われ、天皇は引き続き、さらに三年間、税をとることをお許しにならず、六年が経過して、やっと税を課して、宮殿の修理をお許しになりました。


すると人々は命令もされていないのに、進んで宮殿の修理をはじめ、またたくまに立派な宮殿ができあがったといいます。


 この話は神話であり、作り話であるという説もあります。しかし、こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言えるのです。


 こうした天皇と国民の関係性は、何も仁徳天皇に限ったことではありません。
敗戦直後の1945年9月27日、124代昭和天皇はマッカーサーと会見をしました。そして、その会見で昭和天皇はこのようにマッカーサーに話したのです。


  「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重光らを罰せず、私を罰してほしい。ただし、このままでは罪のない国民に多数の餓死者が出る恐 れがあるから、是非食糧援助をお願いしたい。ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、その費用の一部に充ててほしい」と述べたのでした。


  それまで、天皇陛下が、多くの国王のように、命乞いに来たのだろうと考えていたマッカーサー元帥は、この言葉を聞いて、やおら立ち上がり、陛下の前に進 み、抱きつかんばかりにして陛下の手を握り、『私は初めて神のごとき帝王を見た』と述べて、陛下のお帰りの際は、マッカーサー自らが出口まで見送りの礼を 取ったのです。


 このように、初代、神武天皇以来2675年に渡り、我が国は日本型の民主主義が穏やかに定着した世界で類を見ない国家です。


日本は先の太平洋戦争で、建国以来初めて負けました。しかし、だからといってアメリカから初めて民主主義を与えられたわけではありません。


また、革命で日本人同士が殺しあって民主主義をつくったわけでもありません。
古代の昔から、日本という国は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた穏やかな民主主義精神に富んだ国家であったのです。


 私たちは日本や日本人のことを決して卑下する必要はありません。皆さんは、世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つこの国に誇りを持ち、世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んで欲しいと思います。

※転載元
http://blog.zaq.ne.jp/spisin/article/4738/

※学校のブログ
http://www2.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2320068&type=2&category_id=12055
↑ここまで--------------------------------------------------

とっても素晴らしい校長先生ですよね。
こんな先生がもっともっと増えますように!!!
・・・と願わなければいけない、日本ってどうなんでしょうか。
情けないったらありません。

匿名の手紙がたった一通届いただけで、
こんな素晴らしい文章を削除させるなんて、
一宮市教育委員会って・・・何なんですか。
もうね、日教組と教育委員会は一度、解体すべきだと思います。
日本の伝統や日本の文化、
何よりも日本という国を否定する人に何が教えられるというのでしょうか。

日本国内にこんなにも反日が多くいるなんて、、、。
やっぱり、かなりおかしい日本です。
どうかしてますわ。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-02-18 17:49 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(14)

阪神・淡路大震災「1.17の記録」その2

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


『阪神・淡路大震災「1.17の記録」その1』の続き。

震災後の自衛隊、消防隊、警察の方々による、
捜索と救助の様子です。


(注意:これ以降は震災の画像が続きます。)

続きを読む。
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-01-18 23:21 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(0)

阪神・淡路大震災「1.17の記録」その1

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


阪神・淡路大震災「1.17の記録」
http://kobe117shinsai.jp/

神戸市が保有する阪神・淡路大震災の記録写真の画像と画像情報のデータを
CCライセンスでオープンデータとして公開しました。
平成27年1月17日に震災から20年が経過したということで、
震災の経験や教訓を継承するためにもと公開されることになったそうです。

初めて見る画像が多くて、
胸が締め付けられる思いです・・・。

平成7年1月17日午前5時46分52秒。
あの地震がどれだけの規模のものだったのか、
被災した人々に、土地に、何が起きたのか。

想像を絶する地震、火災、そして避難の、
約1000枚以上もの大量の貴重な写真による記録です。

(注意:これ以降は震災の画像が続きます。)

続きを読む。
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-01-18 00:58 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(2)

ガダルカナルから日本兵のご遺骨が帰国。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


長い長い時を経て、
英霊の方達がようやくご帰国されました。

↓以下参考のため引用---------------------------
ガダルカナルから旧日本兵遺骨帰国…海自艦到着
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141024-OYT1T50064.html
2014年10月24日 13時10分
 太平洋戦争の激戦地だったソロモン諸島のガダルカナル島で収集された旧日本兵の遺骨を乗せた海上自衛隊の自衛艦が24日、東京・晴海ふ頭に到着した。

 海外から日本に遺骨を運ぶのに、自衛隊が協力するのは初めて。海外で戦没した約240万人のうち、約113万柱が未帰還とされており、政府は来年の終戦70年を前に遺骨収集を加速させる。

 遺骨を運んだのは、海自の練習艦「かしま」。隊員は、白い布に包まれた箱に納められた137柱の遺骨を胸に抱え、「かしま」のタラップを下りた。厚生労働省は身元の特定を進め、遺族に引き渡したい考えだ。

 終戦70年を前に政府は遺骨収集を強化する方針を示しており、ガダルカナル島にも9月に派遣団を送って遺骨を収集。若手幹部の遠洋練習航海で9月に同島に入港していた「かしま」に運んでもらうことにした。

d0176186_137218.png

海自艦でガダルカナル島から帰国した遺骨(24日午前10時36分、東京都中央区の晴海ふ頭で)
↑ここまで------------------------------------------

私の大伯父の遺骨箱には石が一つ入っていましたので、
写真を見るとこみ上げるものがあります。
一日も早く、遺族のもとへ帰れますように。

うちわのことよりも、
もっともっとニュースで流して欲しい事が多くありますから。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-10-25 00:20 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(0)

日本人必読レポートをご存じですか?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


水間さんのブログに掲載されていました!
これで、知る人がまた増えたと思いますわ~。

↓以下転載させていただきます。----------
●《日本人必読レポートが週刊新潮(10月9日号)に掲載されています》
2014年10月04日 19:06
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1817.html

■知る人ぞ知る小和田家の情報が発売中の『週刊新潮』(10月9日号)工藤美代子レポート “「皇后美智子さま」の秘録”第18回「正田家と小和田家」に記載されてます。

実際、ここに書かれている情報は承知していましたが、ほとんどの国民は知らないことです。


小生の最新刊『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実』の41ページに「そして、昭和天皇の侍従長・入江相政の母親は、白蓮の姉・信子でした。」と、入江侍従長に唐突に触れたことに、「????」を感じた方は洞察力が優れていらっしゃいます。保守層の国民にとって入江侍従長で記憶に残っているのは、最初に「小和田雅子さん」が皇太子妃の候補に名前が挙がったとき「小和田家は江戸時代まで家系がたどれない」として、反対され「雅子さん」は候補から外されたのですが、昭和天皇が逝去され入江侍従長が皇居から去ってからまた「小和田雅子さん」が皇太子妃候補に復活したのです。


小生が、入江侍従長のことで、書きたかったことをすべて工藤美代子氏が、論述しています。この工藤美代子氏の連載は単行本になるでしょうが、この号の一部は収録されない可能性がありますので、前々号の本多勝一氏が捏造写真を認めたグラビアページと同じファイルにストックする価値があります。


現在、雑誌に価値のない情報が溢れていますが、歴史的な価値のある記事は、小生もストックしていますが、今回の工藤美代子氏のページはストックしますよ。


まさか、この小和田恒家の秘密が白日の下に晒されるとは思っていませんでした。工藤美代子氏が「墓の件にこれ以上分け入るのは今回は避けたい。」と、記していますが、「墓石を新しくしたとき一部を処分して移設した件」のことなのでしょうが、天皇家に直接係わることですので明らかにするべきだったと思います。


工藤美代子氏は、「関東大震災で朝鮮人虐殺はなかった」とのレポートを『SAPIO』に連載していましたが、単行本は別の出版社が発行していました。また、小生の「朝鮮版朝日新聞の研究」も徳間書店から発行になりました。いま戦前のタブーに斬り込める出版社は限られてますので、興味のある方は今週号の週刊新潮は必読保存版です。

※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
↑ここまで--------------------

病院で読んだのですが、我が家にも一冊ありました。
欲を言えば、もうちょっと踏み込んで頂きたかったんですけど、
廃太子へ向けて何かが変わってきた、と感じました。

まだ、ご存じない方に、ぜひお話ください!



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-10-16 23:49 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(6)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る