カテゴリ:日本への思い( 284 )

安保法案可決!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


戦争をしないための法案なのに勝手に戦争法案と名前を変えて、
うるさいったらありませんよね!!!

↓以下参考のため引用---------------------------
安保法案特別委で可決 自民、公明など賛成多数 鴻池委員長解任否決の直後に採決
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-00000577-san-pol
産経新聞 9月17日(木)16時40分配信
 集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案は17日午後、参院平和安全法制特別委員会で与党などの賛成多数で可決された。与党は18日までの本会議可決・成立を目指すが、民主党など野党は内閣不信任決議案や閣僚の問責決議案などを提出し、徹底抗戦する構えだ。

 特別委は17日午前、鴻池祥肇委員長が開会を宣言し、締めくくり総括質疑を行おうとしたが、民主党が鴻池氏の不信任動議を提出して抵抗した。午後の特別委で動議が否決された直後、鴻池氏が質疑打ち切りを宣言。安保法案の採決に踏みきり、自民、公明両党と次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の賛成多数で可決した。

 与党は同日中にも、本会議に緊急上程して成立を図る構え。公明党の山口那津男代表は党中央幹事会で「いよいよ参院で結論を出すときが迫った」と述べた。

 与党は16日夜に特別委で安倍晋三首相が出席して締めくくり質疑を行って質疑を終結し、採決する日程を描いていた。ただ、野党側が開会に反対してこの日は委員会は行われなかった。

 法案は自衛隊法や武力攻撃事態法など10本の改正案を一括した「平和安全法制整備法案」と、他国軍の後方支援を随時可能にする新法「国際平和支援法案」の2本。米国など「密接な関係にある他国」に対する武力攻撃が発生した場合に「存立危機事態」と認定されれば、集団的自衛権の行使を可能にする。
↑ここまで------------------------------------------

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150917-00000577-san-pol


あたかも、ほとんどの国民が反対しているかのような、
報道がされていますが、
ヤフコメを見るとホッとしますわ。

あの民主党が反対する法案ということは。
日本にとって良くて、かの国にとって良くない事ですから。
何て分かり易いんでしょうか。
民主主義に反した、って言ってますけど、
国民が選んだ政党ですがそれが何か???



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-09-17 23:57 | 日本への思い | Trackback | Comments(1)

安倍首相の吐血報道は事実無根!!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


安倍さん(涙)
心配していましたが、ホッとしました。

↓以下参考のため引用---------------------------
吐血報道に「事実無根の内容」=安倍首相事務所が抗議文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150820-00000121-jij-pol
時事通信 8月20日(木)18時46分配信
 安倍晋三首相は20日午後、事務所を通じて文芸春秋の松井清人社長らに対し、首相が吐血したなどと報じた19日発売の週刊文春の記事に「全く事実無根の内容が含まれている」として、記事の撤回と訂正を求める抗議文を送った。
 
 週刊文春は、首相が6月30日夜の会合中にトイレに駆け込み吐血したほか、7月1日の帰宅途中の車内で腹痛を訴えたと報じた。
 これに対し、抗議文では「根拠のない証言によって個人を中傷し、読者に著しい誤解を与える、悪質極まりないものだ」と批判。法的措置も検討するとしている。
 週刊文春編集部の話 記事に書いた通りです。
↑ここまで------------------------------------------

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150820-00000121-jij-pol





↓以下、転載----------
4 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:20:45.28 ID:AcWE2uj30.net[1/8]
近くに自民党議員(地方議員含む)の事務所くらいいくらでもあるのに、その視点の欠如した妄想記事だから明らかに嘘ばればれだったもんな。

5 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:20:46.25 ID:XrgmF0QX0.net
吐血に下痢で、
信号機を遠隔操作して青信号にしてぶっ飛ばして帰った。

証拠一切無しで、こんな大嘘書かれたらたまらんわな。

13 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:23:06.88 ID:KdGKWacE0.net[1/2]
効いてる効いてるw

15 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:23:45.42 ID:AcWE2uj30.net[2/8]
>>5
近くの自民党議員の事務所なり交番なりですればすむ話だもんな

18 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:24:59.63 ID:l7nkHkV60.net
吐血なんかあったら今頃入院してるって
バカサヨクは何でもありだね

21 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:26:22.55 ID:lwCeMcb00.net
なに?これが左翼の言う言論の自由ってやつ?wwwwww

23 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:26:54.87 ID:q9NMOPyB0.net
70年談話が思った以上に高評価だったので
ブサヨが焦って根も葉もない捏造個人攻撃に出てきたのか?
ホントにブサヨは汚いな

25 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:27:31.67 ID:iyMXuoer0.net
吐血したのを見てた人いるのか?

40 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:29:59.14 ID:9T+lChAF0.net
流石に吐血するレベルの病状でゴルフ出来んわw

54 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:35:18.68 ID:v+dk82mUO.net
マスゴミにネガティブキャンペーンの責任取らせろよ

83 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:46:53.97 ID:NsysBqLg0.net[1/2]
体調不良説をでっちあげて辞めさせようってことか。マスゴミも焦ってるな。

93 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:49:24.53 ID:qLQ9EaiV0.net
とりあえず、マスゴミにはそうとう安倍ちゃんは都合が悪いみたいだから、

次の選挙も安倍ちゃんに入れておけば正解みたいね

98 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:50:12.60 ID:moO8fHNY0.net
政策批判はともかく、健康問題については
安倍は名誉毀損で訴えていく方がいいよ
これは政治的批判とはレベルが違うからね

100 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:51:17.53 ID:rFaOvm2S0.net
吐血したらゴルフ所じゃないだろ
どこの誰が言い出したんだ

101 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:51:28.27 ID:Zyi38DDD0.net
>>58
遠隔操作で青信号とか与太話でも法に触れる内容だから
捨て置けないだろ

105 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 20:53:29.75 ID:dAU9SsIp0.net
事実なら首相の健康問題は一大事なんだが、
一大事だからこそ虚偽で首相の病気説を流すのは
国家反逆、外患誘致に匹敵すると思うが。


何年か前、アメリカのブッシュが嘔吐してぶっ倒れたとき、
アメリカも日本も緊張が走っただろうに。
国のリーダーの急病は国防問題と同じだ。

だからこそ本当に病気なら首相は交代すべきだから
虚偽で重病説を流すのは外患誘致と同じで逮捕されてもおかしくないのにさ。

124 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 21:00:12.15 ID:jwLhJsCy0.net[1/2]
もしも吐血するまで日本のためにやってくれてるのなら
心底尊敬するけどな?
左巻きのひとは違うんだな

129 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 21:01:55.65 ID:3gLfULWB0.net
前は放置してたせいでマスゴミにきたない手を使われて世論操作されたからな
さすがに放置してはいけないって学んだんだろうね

132 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 21:03:52.03 ID:jwLhJsCy0.net[2/2]
>>127
自らに健康に不安がありながらも総理という激務をこなしてくれている人に対して
敬意ってないんか?
名声欲しさだけなら、もう1回やってるから十分なはずなのにそれでもやるっていうのは
よほどの信念と責任感だと思うけどね

145 :名無しさん@1周年:2015/08/20(木) 21:13:18.34 ID:cXCmK/0f0.net
病気ネタはやめろよな
同じ病いの人もいるわけだしさ
やるなら政治ネタで死ぬほど叩けよ


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440069475/
↑ここまで------------



さて。
皇后さまは抗議なさるんでしょうか。
胸の痛みは静養のプロの東宮ご一家ではなくて、
なんとびっくりの『晋三ストレス』なんだそうですね!!

もうこれまでのように、
慈愛のお話で、
実は・・・だった!の、あれやこれやを
誤魔化すことは出来ませんしね。
洗脳が解けた国民が増えていますから。

まぁ、国民の声は雑音なので、
気になさらないんでしたっけ。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-20 23:21 | 日本への思い | Trackback | Comments(7)

終戦記念日。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


今日は、静かにお祈りをする日。

毎年ご紹介させて頂いている、
玉音放送の原文と口語訳の動画です。


御言葉にこめられたもの。
http://www.youtube.com/watch?v=LSD9sOMkfOo&feature=player_embedded


--------------------
<口語訳>
私は、深く世界の大勢と日本の現状を考えて、
特別な方法でこの事態を収拾しようと思い、
ここに忠義の気持ちを持った国民に告げます。

私は政府に米・英・中国・ソ連の四国に対して
ポツダム共同宣言を受諾することを通告させました。

もともと日本国民の安全と世界の共存を共にすることは、
わが歴代天皇の残した教えで私も大切にしていることです。

アメリカやイギリスと戦争をしたのも、
日本の自立とアジアの平和を願うからであり、
もともと他国の主権を侵したり、
領土に侵入することは私の気持ちではありません。

開戦以来すでに四年たち、わが陸海軍の将兵が勇ましく戦い、
役人たちが懸命に働き一億の国民が力を尽くし、
それぞれ最善をつくしたにもかかわらず、 
戦局はかならずしも好転しません。

世界の大勢もまた我々に利がないことを示しています。

その上、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、
罪のない人たちを殺傷し、その痛ましい被害ははかりしれません。

このまま戦争を続ければ最後にはわが民族が滅亡するだけでなく、
人類の文明をも破壊するでしょう。

もしそうなれば一億の国民を預かっている私としてどうやって
わが歴代天皇の霊に謝ることができましょう。

このことが私が政府に対し共同宣言に応じさせるに至った理由です。

私は、日本とともにアジアの解放に協力した国々に
申し訳なく思わずにはいられません。

日本国民で、戦地で死んだり職場で命を落とした人々と、
その遺族のことを思うと、悲しみで心が裂ける思いです。

また戦傷を負い、災難で家業を失った人々についても
私はたいへん心配しています。

考えると、これから日本が受けるであろう苦しみは
大変なものがあると思います。

国民の悔しい思いは私がよく知っています。

しかし私は時の運に従って、
堪え難きを耐え、
忍びがたきを忍んで、
後の世のために平和をもたらしたいと思っているのです。

私は日本の国家を譲ることができたので、
忠義で善良な国民の真心に信頼を寄せ、いつも国民と一緒にいます。

感情のままにみだりに事件を起こしたり、
国民同士が争って時勢を乱して、
そのために道を誤って世界の信用を失うようなことは、
私がもっとも戒めるところです。

国を挙げて子孫に伝え、神国の不滅を信じ、
任務は重く道は遠いことを思い、
将来の国の再建に向けて総力をあげ、
道義を厚くして志を堅くして、
日本のすぐれたところを更にたかめ、
世界の進歩に遅れないよう決意すべきです。

きみたち国民よ、私の気持ちを汲んで身をもって行いなさい。
--------------------




これまで、テレビなどでは決まって同じ箇所だけが流れていましたが、
今年は戦後70年を迎えるにあたって、
終戦を告げた昭和天皇による「玉音放送」の原盤と音声を宮内庁が公開したので、
全文を目にされた方も多いと思います。
この全文を読むと、心に染み入るものがあります。
70年前のこの日、この玉音放送を聞いている国民の当時の映像も、
この全文を知ってからは、気を引き締めて見るようになりました。

改めて感じるのです。
「玉音放送」は、やはりこの御心をお持ちの昭和天皇だからこそ、
こうして今も、国民の心に届くものであったのだと。
そしてこれは昭和天皇の国民への遺言だったのだ、と。



===========
終戦の玉音放送関係
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taisenkankei/index.html
昭和20年8月14日,昭和天皇には「大東亜戦争終結に関する詔書」を2回にわたってご朗読,録音が行われました。このうち,2回目の録音盤(2枚組,3枚組,2セット計5枚)が正本として昭和20年8月15日正午からラジオ放送され,放送終了後は,大切に保管されてきました。
戦後70年の節目に当たり,70年振りに玉音放送用の録音原盤の再生を試みたところ,直接,昭和天皇のお声の再生に成功,録音することができました。


終戦の玉音放送
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taisenkankei/syusen/syusen.html
===========




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-15 06:00 | 日本への思い | Trackback | Comments(2)

安倍首相談話全文。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


発表前には、これまでの談話と変わらないとか言われていたので、
ドキドキしながら、聞いておりました。
TVでは「言った、言わない」をボートでチェックしながら、
あれこれ言ってましたし、ネットでも批判も多いようですが、
私は良かったと思います!
戦後70年の節目に、あの売国民主党が政権与党でなくて良かった、
暗黒のあの3年を思い返し、改めてホッとしました。

↓以下参考のため引用---------------------------
【戦後70年談話】
首相談話全文

http://www.sankei.com/politics/news/150814/plt1508140016-n1.html
2015.8.14 18:03更新
 戦後70年の安倍首相談話の全文は以下のとおり。

 終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。

 百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。

 当初は、日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

 満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

 そして七十年前。日本は、敗戦しました。

 戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。

 先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。

 戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が、数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。

 何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。一人ひとりに、それぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。

 これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。

 二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

 事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。

 先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

 我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。

 こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。

 ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。

 ですから、私たちは、心に留めなければなりません。

 戦後、六百万人を超える引揚者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

 戦争の苦痛を嘗め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。

 そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。

 寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。

 日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

 しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。

 私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。

 そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。

 私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。

 私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。

 私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。

 私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

 終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。

 平成二十七年八月十四日

 内閣総理大臣 安倍晋三
d0176186_1184255.jpg

↑ここまで------------------------------------------




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-14 23:43 | 日本への思い | Trackback | Comments(2)

占領政策の真実、間違いに気付いていたマッカーサー。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


知ってた、と思われるかもしれませんが。

この情報を知ってる人には当たり前のことでも、
知らない人はまだまだ多いというのが現実なんですよね。

日本人全員にこういった史実や公開文書の存在を知らせる事が
一番大切だと思います。
おかしな左巻きを無くすには、まずここから。

↓以下参考のため引用---------------------------
【戦後70年と私】占領政策の真実 間違いに気付いていたマッカーサー ケント・ギルバート氏
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150807/dms1508071550004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150807/dms1508071550004-n2.htm

2015.08.07
 70年前の終戦直後、日米関係は、お互いが完全な対立軸からスタートした。

 米国は、大日本帝国とは、軍国主義の独裁者が神道という宗教を利用して国民を統率する、非民主的国家であり、世界征服をたくらむ野蛮で好戦的な民族の国だと考えていた。

 日本の占領政策、言い換えれば「保護観察処分」は、危険な日本を制度面と精神面の両方から矯正する趣旨で始まった。

 東京裁判(極東国際軍事裁判)を通じたABC級戦犯の処罰や、戦争の贖罪(しょくざい)意識を植付ける「WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)」、日本国憲法第9条も一貫した趣旨に基づいている。

 しかし、朝鮮戦争が起きたころには、GHQ(連合国軍総司令部)最高司令官のマッカーサー元帥は、根本的な間違いに気付いていた。米国が戦うべき敵は日本ではなく最初からソ連であり、日米戦は不必要だったのだ。

 強い日本軍が、野蛮で危険なソ連の脅威からアジアの平和を守っていた。米国は間抜けな勘違いのせいで、日本軍を完全に解体してしまった。これが今日まで続く、米軍日本駐留の根本原因である。

 最高司令官を解任されて帰国したマッカーサー元帥はワシントンに呼ばれ、1951年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で証言した。

 「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security(=日本が戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだった)」と。

 日本が始めた大東亜戦争は侵略戦争ではないという意味だ。戦後体制の大前提を根底から覆す、このマッカーサー証言の存在すら知らない人が日米両国とも圧倒的多数である。

 占領下の日本には「プレスコード」(=GHQによる言論統制。『連合国や連合国軍への批判』など禁止事項を厳格に列記した)があったので、このニュースを取り上げることはできなかった。

 しかし、終戦70年を目前にした現在も、日本の首相経験者や与野党の要職者が、「安倍晋三首相は70年談話で日本の侵略戦争をわびろ」などと、無知蒙昧(もうまい)ぶりを披露している。

 70年間に、日米ともさまざまな機密文書が公開され、過去の多くの常識が、今では非常識になった。

 開戦前の日米和平交渉の経過や、当時のルーズベルト大統領が議会承認を得ずに「ハル・ノート」という最後通告を日本に突きつけた事実は、米国人にも隠されていた。

 ハル・ノートの草案を書いたハリー・ホワイト財務次官補は、後に「ソ連のスパイ」だとバレて自殺した。日米開戦支持の議会演説を行ったハミルトン・フィッシュ下院議員は、すべての真実を知って大激怒。自分の演説を恥じ、「ルーズベルト大統領を許せない」と死ぬまで言い続けた。

 戦後70年の節目を機に、日本人のみなさんには、日米関係のみならず、国際情勢全般について、最新情報へのアップデートをお願いしたい。
↑ここまで------------------------------------------


そして、かの国と言えば。

↓以下参考のため引用---------------------------
トルーマン大統領が長崎への原爆投下を後悔、米国が書簡公開・・韓国ネットは「後悔すべきではない」「原爆が無ければ韓国は…」
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/426011/
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/426011/2/
2015年08月12日
韓国・聯合ニュースは11日、米国のトルーマン元大統領が1945年8月9日の長崎への原子爆弾投下を承認した直後、後悔する心境を示した書簡が公開されたと伝えた。

記事によると、書簡はトルーマン大統領が長崎への原爆投下を承認後に民主党のリチャード・ラッセル上院議員に送ったもの。米国立公文書記録管理局が第二次世界大戦終結70周年に合わせ、10日に公開した。

トルーマン元大統領は書簡の中で、「個人的には、一国の指導者の“強情”のために集団を全滅させる必要性があるのか、明らかに後悔している」と心境を吐露していた。また、「一つ言っておくが、私は原爆が全体に必要でない限り、使用しない」と日本を降伏させるためにやむを得ない措置であることを強調。さらに「ソ連が戦争に介入すれば、日本は非常に短期間で降伏するだろう」とも記していた。

トルーマン元大統領は「私の目的は、できるだけ多くの米国人の命を救うこと」とする一方、日本に対しては「日本の女性と子供たちには人間として同情を感じている」「私は日本が非常に残酷で野蛮な戦争国家だと知っている。だが、我々も彼らと同じように行動しなければならないとは思わない」と複雑な心境を抱いていることを明かしている。

書簡を送られたラッセル議員は、原爆投下2日前の8月7日にトルーマン大統領に、「もし我々が、(日本を無条件降伏させるのに)十分な数の原爆を保有していないなら、原爆ができ上がるまで、TNT爆弾でも焼夷弾で攻撃を続ける必要がある」などと、日本への徹底的な攻撃を促す電報を送っていた。

一方、トルーマン元大統領の孫のクリフトン・トルーマン・ダニエル氏は今年6月、聯合ニュースのインタビューに対し「祖父のトルーマン大統領は広島と長崎の原爆被害の惨状に大きな衝撃を受け、このために朝鮮戦争時に原爆を使用しなかった」と証言している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「凶悪な戦争犯罪を起こして知らないふりで通す安倍を中心とした極右日本は人間ではない」

「トルーマンが後悔してるとしても、我々やアジア諸国はおかげで独立できた」

「原爆がなければ、韓国は独立できなかった。いまだに日本の植民地で奴隷にされていたらと思うとゾッとする」

「後悔すべきではない。人類を救った行動だった。日本は原爆がなかったら世界中でもっとひどい戦争犯罪を起こした」

「日本は負けると知りながらも、自国民を特攻隊として戦わせ、沖縄で陸地戦もいとわなかった。国民の命を大切にしなかった」

「世界で最も残酷な日本人。いつまた牙をむくか分からない」

「原爆は後悔して当然。だが、原爆がなかったら日本は自国民と他国民を死に追いやり続けたはず」

「日本は今も野蛮な国家」

「原爆が落ちても戦争犯罪を反省しない日本」

「戦争が起きたら、最大の被害者は女性と子供。日本国民はこの事実を忘れてはならない」

「米国は反省をするが、日本はいっさいしない」
↑ここまで------------------------------------------

>トルーマン元大統領は「私の目的は、できるだけ多くの米国人の命を救うこと」

プルトニウム型とウラン型を使って人体実験をしたくせに何を(怒)、、、
と、読み進めるとこれですから。
(トルーマンに対してはあえてここでは言及しないでおきます。)
これぞ韓国人。
もうね、分かり合えるとかは無理なんです。
こういうこともしっかりと知って欲しいです。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-12 16:48 | 日本への思い | Trackback | Comments(0)

Yahoo!意識調査で賛成票が反対票を上回る。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ



意識調査
安保法案が衆院特別委で可決、あなたはどう思う?

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/17822/result

集団的自衛権行使容認を含む安全保障関連法案について、
衆院特別委で採決が行われ、与党の賛成多数で可決しました。
16日にも衆院本会議で可決される見通しです。
あなたは安全保障関連法案に賛成ですか、反対ですか。(設問提供:みんなの政治)

※コメント内容は「みんなの政治」で匿名で紹介させていただく場合があります。

実施期間:2015年7月15日~2015年8月5日



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-07-24 06:00 | 日本への思い | Trackback | Comments(5)

防衛白書2015と「天皇陛下の談話」発表の危機感。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


TVや街角から聞こえて来る、「戦争法案反対!」の声。
戦争法案て何よ!?
勝手に名称変更して、煽ってるし(怒)

強行採決なんてモノはないのに、
「強行採決!反対!」とか言って・・・。

TVだけでなく、週刊誌には、
皇后陛下が「平和は私が守る」と書かれていたりする日本。
何ともおかしい流れだと思いませんか?

憲法9条が何かしてくれますの?
平和教をただ一心に唱えていたら、
日本はどこからも攻められないと?

↓以下参考のため引用---------------------------
中国の海洋進出「高圧的」…防衛白書で危機感
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150721-OYT1T50063.html
2015年07月21日 13時26分
 政府は21日午前の閣議で、2015年版「防衛白書」を了承した。

 軍備増強と海洋進出を続ける中国が「自らの一方的な主張を妥協なく実現しようとする姿勢を示している」との認識を新たに盛り込み、東・南シナ海での活動拡大に強い危機感を表明している。

 白書は、中国の積極的な海洋進出を「高圧的」と批判するとともに、今後も拡大の可能性があると警告した。東シナ海では、沖縄県・尖閣諸島周辺の中国公船による領海侵入がルーチン化(常態化)しているとの分析を初めて示した。

 中国が日中中間線付近で進めている新たなガス田開発問題については、「新たな海洋プラットホームの建設が確認されており、わが国から繰り返し抗議し、中止を求めている」と明記した。南シナ海については、「スプラトリー(南沙)諸島の七つの岩礁で急速かつ大規模な埋め立てを強行し、一部では滑走路や港湾を含むインフラ整備を推進している」などと詳述した上で、「周辺諸国との摩擦が表面化し、国際社会から懸念が示されている」と指摘した。

d0176186_170343.jpg

↑ここまで------------------------------------------


↓以下、転載----------
2: 名無しさん@1周年
核武装はよ

4: 名無しさん@1周年
南シナ海のシーレーンを封鎖されたら、
原油の輸送費が10%上がるとかあるからなぁ。

危機感のない奴は、そういう情勢が理解できないんだよな。

6: 名無しさん@1周年
シーレーンは日本の命綱だからな

7: 名無しさん@1周年
防衛白書に韓国が抜けているぞ

25: 名無しさん@1周年
>>7
戦争しても3時間で終わる練習台は数えなくてよろしい。

10: 名無しさん@1周年
日本のタンカーの航路になってるし
どげんかせんといかん

11: 名無しさん@1周年
スカボロー辺りを埋め立てられても、左巻きは既知の事としてスルーするんかねw

12: 名無しさん@1周年
抗議以上ののことをやったら
即開戦だな

14: 名無しさん@1周年
「危機感」と「危機」は違うことを認識しないといかん
「危機感」は、疑心暗鬼から軍備増強、やがては戦争に至る

15: 名無しさん@1周年
最近は個別自衛権を有してさえいれば
実際の防衛能力は関係なく自国を守ることが可能らしい

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437460841/

↑ここまで------------


もやもや、モヤモヤ・・・。
でも。
安倍首相は、やっと、謝り続けることに終わりを告げてくれるのね!
と、ほっとしたワタシでした。
(が、、、。)

↓以下参考のため引用---------------------------
戦後談話、8月上旬にも=政府検討、終戦記念日避け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00000123-jij-pol
時事通信 7月9日(木)18時50分配信
 政府は9日、安倍晋三首相が今夏に出す戦後70年談話について、8月15日の終戦記念日を避け、同月上旬にも発表する方向で検討に入った。終戦の日に天皇陛下がお言葉を述べられることへの配慮とともに、内容の事前調整を求める与党側に対し、早めの発表で首相の主導権を確保したいとの思惑があるとみられる。
 首相は、政府の有識者会議「21世紀構想懇談会」が7月中にまとめる報告書を参考に、談話の内容を詰める。戦後50年の村山富市首相談話、同60年の小泉純一郎首相談話はともに終戦記念日に閣議決定して発表されたが、菅義偉官房長官は9日の記者会見で「時期は首相が適切に判断する」と説明。政府高官の1人は「8月初旬に発表する可能性もある」との見通しを示した。
 首相は7日、公明党の山口那津男代表に、談話作成に当たって「公明党と相談する」との意向を伝えた。ただ、首相は「未来志向」を前面に出し、過去の談話が明記した「おわび」の表現は盛り込まない意向を固めている。与党との事前調整が難航することも予想されるが、政府側は「最後は首相が決める。たくさんの人と調整することはない」と長引かせたくない考えだ。 
↑ここまで------------------------------------------

ずっと続けられている慰霊の旅。
ご静養先でもご静養に専念なさらず、
開拓団や引揚者の方達にお会いになる両陛下。

不敬ながらも、ニュースを見ては
何かが違うと思うのですが?・・・と。

でも。
これはあきませんわ。
見過ごすことは出来ません。

↓以下参考ため一部引用---------------------------
成功すれば、支持率20%上昇は間違いない!安倍政権が画策する「金正恩との首脳会談」→「拉致被害者奪還」のシナリオ
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150718-00044239-biz_gendai-nb
現代ビジネス 2015/7/18 06:02

実に深刻な数字

 安倍晋三首相が自らの政治生命を賭ける安全保障関連法案は7月16日午後、衆院本会議で自民、公明の与党と次世代の党などが単独で採決を強行・可決し、参院に送付された。

 前日の衆院平和安全法制特別委員会(委員長・浜田靖一元防衛相)での強行採決・可決ともども「戦後の歩み 覆す暴挙」(『朝日新聞』16日付朝刊の社説)であったのか否かは本稿で問わない。

 “政局ジャーナリスト”でもある筆者は、「11法案 深まらぬ116時間―首相突進 異論に背向け」(同紙2面と3面ぶち抜きのヨコ大見出し)が安倍首相の今後の政権・国会運営に与える影響を深堀りしてみたい。

 直近3つのメディアの世論調査(内閣支持率)で2012年12月の第2次安倍政権発足後初めて支持と不支持が逆転した。『毎日新聞』(4~5日実施):支持42%、不支持43%、『朝日新聞』(11~12日実施):支持39%、不支持42%、NHK(同):支持41%、不支持43%――。安倍官邸にとって、実に深刻な数字である。

 安全保障関連法案審議は今後、参院に舞台を移して行われる。当初は、衆院の強行採決に反発する野党各党が審議に応じない(“寝る”)ので空転するのは必至であり、設置される参院平安法特別委員会(委員長は鴻池祥肇元防災担当相)での審議入りは月末になる。

「天皇の談話」に神経質になる官邸

 8月中旬から9月中旬にかけて本格的審議がヒートアップするはずだが、注視すべきことは、9月下旬まで含めた同時期に安倍政権にとって厄介な問題が待ち受けていることだ。

 即ち、(1)8月10日、九州電力の川内原発が再稼働する(2)同10~14日、安倍首相の「戦後70年談話」が発表される(「首相談話」ではなく個人として発表する「首相の談話」)(3)同20日、岩手県知事選告示(4)9月6日、同知事選の投開票(5)同20日、自民党総裁選告示(6)同26日、安倍首相の国連総会演説(7)同27日、通常国会閉会(8)同30日、自民党総裁選の投開票(9)同月末までに北朝鮮による拉致被害者の安否再調査報告――である。

 実は、この期間中に重大な案件がある。大手メディアは全く報道していないが、天皇陛下が戦後70年の節目の終戦記念日である8月15日に「天皇の談話」を発表するのである。

 「首相の談話」には、安倍首相の強い意向から先の大戦についての「お詫び」と「植民地支配」という文言は盛り込まれない。天皇が「政治的な発言」を行うことは厳に慎むことになっているが、万が一、「天皇の談話」に中国と韓国へのお詫びが盛り込まれたら、いったいどのような反応が出来するのか? 
 結果として、「首相の談話」が「天皇の談話」によって全否定されることになるのだ。官邸は今、表沙汰にしてないが、実は「天皇の談話」に超神経質になっている。
↑ここまで-------------------------------------------


>天皇陛下が戦後70年の節目の終戦記念日である8月15日に「天皇の談話」を発表
これは・・・。
またもや、謝罪でしょうか・・・。
嫌な予感しかしませんし。
韓国訪問を諦められたかと思っていましたのに。

軍艦島の世界遺産登録も吹っ飛び、
頭の中が真っ白です。

皇室の危機というより、
皇室の内部からの崩壊の始まりではないでしょうか。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-07-22 23:18 | 日本への思い | Trackback | Comments(6)

クマラスワミ氏を礼賛していた女性自衛官ブログ削除へ。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

一番の反日は日本国内にあり、と言われて久しいのですが、
ここ自衛官にも、でしたか。

削除は当然でしょ!!
ってか、日本って本当に甘いですよ、、、。
歯痒い・・・。

↓以下参考のため引用---------------------------
クマラスワミ氏を礼賛 女性自衛官ブログ削除へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000073-san-pol
産経新聞 7月16日(木)7時55分配信
 政府は15日、北大西洋条約機構(NATO)に派遣している女性自衛官が在ベルギー日本大使館のホームページで公開しているブログの一部を、近く削除する方針を固めた。ブログは慰安婦を「性奴隷」とする国連報告書をまとめたクマラスワミ氏との会談について「光栄」とし、「とても穏やかで徳が感じられる方」と礼賛している。

 ブログは今年3月に公開された。歴史認識をめぐり日本政府と相いれない立場を取るクマラスワミ氏をたたえる内容のため、自民党国防部会で「軽率だ」などの声が上がっていた。ある議員は「自衛官にも表現の自由はあるが、大使館ホームページで公開する以上、国際社会からは政府の公式文書とみられる。内容をチェックしない防衛省にも責任がある」と指摘する。

 女性自衛官は昨年12月からNATO本部に勤務。自身の活動を定期的にブログで紹介している。政府が削除するのはクマラスワミ氏に関する記述があるブログのみの方向だ。

 クマラスワミ氏が平成8年に国連人権委員会に提出した報告書は、朝鮮半島で女性を強制連行したとする吉田清治氏の虚偽の証言を引用しながら慰安婦を「性奴隷」と定義し、日本政府に法的責任の受け入れや元慰安婦への補償などを勧告している。

 朝日新聞が吉田氏の証言を引用した記事の誤報を認めたことを受け、政府は昨年10月、クマラスワミ氏に報告書の一部を修正するよう求めた。クマラスワミ氏は拒否している。
↑ここまで------------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-07-18 00:03 | 日本への思い | Trackback | Comments(2)

超党派の国会議員106人が靖国参拝。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


三笠宮家の彬子さまと瑶子さまも参拝して下さって、
有難いことです・・・。

↓以下参考のため引用---------------------------
超党派の国会議員106人が靖国参拝
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2475052.html
 東京・九段の靖国神社で21日から行われている春の例大祭に合わせて、22日朝、各政党所属の国会議員106人が参拝しました。

 東京・九段の靖国神社で21日から行われている春の例大祭に合わせて、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社を参拝する国会議員の会」に所属する衆参両院の106人の国会議員が、22日朝、参拝しました。安倍内閣の閣僚はこれまで参拝していませんが、小里環境兼内閣府副大臣、赤池文部科学政務官、それに福山環境政務官が参拝を済ませたほか、三笠宮家の彬子さまと瑶子さまも参拝しています。

 また、安倍総理大臣は21日、「内閣総理大臣・安倍晋三」の名で「真榊」を奉納しました。「国会議員の会」の会長を務める尾辻元参議院副議長は、参拝の後の記者会見で、総理大臣の靖国への参拝について「英霊は国の平和を祈っていると思う。それを念頭に置いた総理の判断は総理にお任せしたい」と述べています。(22日15:41)
↑ここまで------------------------------------------

つくづく。
おかしな日本だと思います。
日本国のために戦って下さった英霊に参拝することの
何が問題なのでしょうか。
特亜が何を言おうが、日本国のこと。
TBSのニュースでは、サンデーモーニングでお馴染みの男性が
「A級戦犯が~!」と言ってましたが、
日本国内にああいう反日が多過ぎるんですよね・・・情けないったらありません。

例大祭だけでなく、
毎日でも参拝して頂ければ、
こんなふうにいちいちニュースで騒ぐこともなくなるのでは。。。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-04-23 23:54 | 日本への思い | Trackback | Comments(0)

ウィーンフィル、あのカール・ベームの「君が代」を。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ






↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-04-21 12:09 | 日本への思い | Trackback | Comments(4)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る