カテゴリ:つぶやき_STAP細胞( 51 )

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


序章は、フォント含めてほぼOCRでコピペ、
画像はオリジナルを少し加工した模様です。

小保方氏の博士論文の冒頭の"BACKGROUND"の文章の殆ど33ページ分が、
NIHのサイト(Stem Cell Basics)からの剽窃(盗用)。
http://stemcells.nih.gov/info/scireport/pages/appendixa.aspx

小保方博士論文BackgroundのPDF
http://stapcells.up.seesaa.net/image/Background.pdf

剽窃された元ネタ
アメリカNIHのサイト(I. Introductionの部分)

http://stemcells.nih.gov/info/basics/pages/basics1.aspx

小保方氏博士論文 P25図
http://up3.null-x.me/poverty/img/poverty139588.png

アメリカNIHのサイトにある図
http://stemcells.nih.gov/StaticResources/info/scireport/images/figurea5.jpg


盗作部分とコピー元の比較のためのサイト
「青ラインの部分以外」 が 同一部分とのこと。
http://altair.dbcls.jp/difff/dev/obokata_copypaste.html

早稲田も大変なようで、
↓2007年度給付奨学生の写真のみが消されていました。
http://www.waseda-oukakai.gr.jp/gakusei/shougakukin/2007message.html
この前、確認したときはあったのに・・・。

これはマスターも?と思ったら、
AO入試の小論文までもが疑わしいと言われ始めています。

最優秀賞になった中学校の作文には心理学用語が多用されているそうで、
こちらも、本人が書いたのか怪しい、
心理学を教えている母親が書いたのではという疑惑も持ち上がって、
まだまだ、検証は続くことになりそう。

↓父親
http://www.ullet.com/o97420.html



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-12 00:06 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(6)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


もう、出るわ出るわ、ですね。

これは一目でわかると思います。
一緒に呆れましょう。

↓以下、参照のため転載------------------------------
78 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/11(火) 05:24:51.54
1) STAP細胞のNature Article論文のPDFをダウンロードする
http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/pdf/nature12968.pdf

2) Fig.2eの下段の画像をコピーし、WordやPower pointなどに貼り付ける。

3) 博士論文に記載の画像に類似した文字が確認できる。

4) 解説画像↓
http://i.imgur.com/ZxoWtzd.jpg
--------------------------------------------------

※4) のリンク先をクリックしてください。(クリックで拡大)

これは言い訳出来ませんから。
かの国の教授の事を言ってられなくなりましたよ。
ほんとに情けないというか、恥ずかしいというか・・・。



それから。
気になりますわ~。
セルシードのインサイダー疑惑・・・!!




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-12 00:05 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(2)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


あの割烹着姿を見てドンビキした私。
私だけでなく、うちの母も妹もセンサーが鳴った女性なので、
これが世に言う「女の勘」なんだとビックリしてます・・・。

というわけで、STAP細胞以外にはあんまり興味がなくて、
↓これを知ってビックリしてます。(プリンセス細胞は知ってましたけど・・・)
↓以下、参照のため引用--------------------
154 名前: セントーン(神奈川県)@転載禁止[] 投稿日:2014/03/10(月) 01:09:36.16 ID:999999999 [1/2]
・メディアの取材が始まってから、おばあちゃんから受け継いだという割烹着
 (部下によると実際は伊勢丹で購入)を着るようになった
・研究室では指輪を両手全ての指に着用
・研究室はピンクの壁紙で埋め尽くされている
・ポエマーで研究中もノートに詩を書くことを欠かさない
・高校時代は手相占いの天才(自称)
・ムーミンの世界に入りたいというのが口癖で、女友達の似顔絵としてムーミンをよく描いた
・STAP細胞の名前を本当は「王子様にキスされて目覚めるお姫様」になぞらえた 「プリンセス細胞」(P細胞) と名付けようとしていた
・東邦大東邦の同級生によると、彼女は思い込みが激しく、好きな男子と付きあってもいないのに付きあっていると言いふらした 「不思議ちゃん」
 「当時は、後に国立医学部に進学したバレー部の秀才にずっと片思いしていました。彼にはその気がなかったようですが、彼女はとても思いが強く、
 『もう諦めたほうがいいよ』と忠告する友人たちに『もう私が彼女だもん!』と泣きながら食ってかかり、ハラハラしたほどです」(同級生)
---------------------------



批判派のところには、必ず擁護派がお越しになる不思議。
それから、なぜかD論などなどを引き合いに出しての雅子さまage、紀子さまsageもあって、
擁護派の中には、ちょっと半島の香りもしておりました。
たまたまなんでしょうけど、不思議ですよね。



こちらはかねてから噂のもの。ご参考まで。
↓以下、参照のため引用--------------------
506 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/09(日) 18:51:40.19 ID:999999999

小保方一夫

昭和49年4月 三菱商事㈱入社
平成13年9月 韓国三菱商事㈱理事・機械事業本部長
平成18年7月 同社常務理事・機械事業本部長
平成21年6月 当社取締役常務執行役員
平成21年7月 当社取締役常務執行役員業務部門管掌
平成22年7月 当社取締役常務執行役員CSR総室管掌兼業務監査室管掌
平成24年4月 当社取締役常務執行役員SQE・CSR・業務監査管掌(現任)

韓国歴10年 さぞかし韓国語が上手だから配属されたのでしょうね
---------------------------




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-10 23:14 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(3)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

STAP論文を批判すると、
必ず、擁護派による批判がありましたが、
これにはどう対応されるのでしょうか?

↓以下参考のため引用---------------------------
STAP細胞 確信なくなった
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140310/5856531.html
03月10日 19時02分
理化学研究所などのグループが発表した「STAP細胞」について、共同研究者の山梨大学教授が10日NHKのインタビューに答え「研究データに重大な問題が見つかり、STAP細胞が存在するのか確信がなくなった」として、論文の取り下げに同意するようほかの著者に呼びかけたことを明らかにしました。
「STAP細胞」は、神戸市にある理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーなどのグループが、作製に成功したと科学雑誌「ネイチャー」に発表し、新たな万能細胞として注目を集めました。
しかし、その後論文に不自然な画像やデータがあると研究者からの指摘が相次ぎ、理化学研究所などが調査を進めています。
これについて、論文の共同著者の一人でSTAP細胞の万能性を調べる重要な実験を担当した、若山照彦山梨大学教授が、10日、NHKのインタビューに答えました。
この中で若山教授は「信じていた研究のデータに重大な問題が見つかり、STAP細胞が本当に出来たのかどうか確信がなくなった。
論文はいったん取り下げた上で、外部の人に検証してもらうべきだ」と述べた上で、小保方さんを含む共同著者に論文の取り下げに同意するよう呼びかけたことを明らかにしました。
若山教授によりますと、STAP細胞ができた重要な証拠の一つである特定の遺伝子の変化について、論文発表前、研究チーム内では、「変化がある」と報告され信じていましたが、先週、理化学研究所が発表した文書の中では、変化はなかったと変わっていたということです。
さらに研究チーム内の会議に提出された過去のSTAP細胞関連の実験データを検証したところ、論文と同様に不自然な画像が見つかるなど、重大な問題が複数見つかったということです。
若山教授は、論文を取り下げた上で外部の専門家に検証を依頼したいとしていて、保管している細胞のサンプルや当時の詳細な実験データなどを提供する用意があるとしています。
若山教授は「自分が担当した実験については正しいと信じているが、前提となるデータの信頼性に確信が持てなくなった。一体、なにが起こったのか科学的に検証することが論文の著者としての責任だと考えている。何より私自身、真実が知りたい」と話しています。
これについて理化学研究所は「研究の本質部分については揺るぎないものと考えているが調査中のため、現時点ではコメントできない」としています。
↑ここまで------------------------------------------

山梨大学生命環境学部生命工学科
 教 授  若山 照 彦
STAP細胞の論文の問題について

http://www.yamanashi.ac.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=768


同じ日にこの記事を読むと、なんだかなぁ・・・と思いますが、
この前の飛ばし記事といい、これも産経さんなんですよね。
続いていいのでしょうか?
↓以下参考のため引用---------------------------
“リケジョ”の卵にノウハウ伝授 小保方さんに続け! 第一線女性研究者がエール 
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140310/wlf14031008530002-n1.htm
2014.3.10 08:50
 第一線で活躍する女性研究者が経験を語る「無限に広がるリケジョの未来」が9日、姫路市南駅前町のホテルで行われ、理系を目指す約200人の中高生や大学生が耳を傾けた。

 兵庫県立大女性研究者支援室などが主催。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダーらが講演した。

 高橋リーダーは、目の難病の患者に人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を移植する計画を解説。「諦めず、挑戦する勇気を持てばチャンスは必ず訪れる。評論家にならずプレーヤーになってほしい」としたうえで、「女性の強みを生かせる場面は必ずある」と強調した。
↑ここまで------------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-10 21:44 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(5)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


D論からの画像の流用だったとは(呆)
理研もユニットリーダーの小保方さんも会見が必要ですよね。

↓以下参考のため引用---------------------------
研究の核心部分 転用の可能性も
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140310064205490
中日新聞(3月10日)
小保方さんの博士論文に掲載されていた画像STAP細胞を発見したとするネイチャー論文の画像 
理化学研究所(理研)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)らによる新たな万能細胞「STAP細胞」の論文に、
小保方氏が3年前に書いた博士論文中の画像と酷似しているものがあることが9日、判明した。
博士論文は、英科学誌ネイチャーに発表したSTAP細胞とは別の研究を扱っており、画像を転用した可能性も指摘されている。

 酷似しているのは、ある細胞がいろいろな組織に分かれていく能力(多能性)を持つことを示す画像。研究の核心部分の一つだ。ネイチャー論文では、これらの組織がSTAP細胞からできたことになっているが、博士論文では、骨髄から採取した細胞からできたと説明していた。

 博士論文は、小保方氏が早稲田大大学院に在学中の2011年に執筆した。インターネット上で専門家の指摘が相次ぎ、本紙が入手した博士論文で、4点の画像が酷似していることを確認した。

STAP細胞をめぐっては、発表後1カ月たっても、理研以外の実験室では再現実験が成功していない。
このほか、画像の加工や重複、実験手法の部分で別論文から複写した疑いなどが指摘されている。

 理研の広報担当者は「調査中であり、具体的な内容については答えられない」と述べた。
------------------------------------------
別研究の画像と酷似か=STAP論文に新たな指摘
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&;k=2014031000325
 理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らが発表した新万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文に使われた画像に不自然な点があると指摘された問題で、論文の画像が小保方氏が以前に執筆した別の研究の論文の画像と酷似しているとの新たな指摘がインターネット上などで相次いでいる。論文を調査している理研の広報担当者は10日、「指摘は把握しているが、調査内容は結果が出るまで答えられない」と述べた。

 指摘は、STAP細胞がさまざまな細胞になる能力(多能性)を持つことを示す重要な画像が、小保方氏が2011年に早稲田大大学院在学中に書いた論文の画像と酷似しているというもの。(2014/03/10-12:46)
↑ここまで------------------------------------------

この指摘された問題とは、
Nature論文で「STAP細胞の証拠」として載せた「脾臓由来の細胞」の写真は、
D論に「骨髄由来の細胞」として載せている写真の使い回しだったということ。

早稲田はD論を拒んでいたらしくて、
それで、原本は国会図書館から入手したらしいです。
国会図書館に学位論文を保存するのって、深いなぁ、と思ったり。

さてさて。
早稲田はどうなさる?



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-10 12:52 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(0)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

いよいよ明日ですね、贈呈式は。
この状況の中で、何という絶妙なタイミングなんでしょうか。
STAP論文以前の実績が評価されてのことで、副賞は2000万円です。
笹井氏は次期センター長に内定していて、
4月から就任で年収1億円という噂も。
(もちろん税金)


笹井芳樹 副センター長が「上原賞」を受賞
http://www.riken.jp/pr/topics/2013/20131226_2/
>贈呈式は来年3月11日大正製薬本社「上原記念ホール」にて執り行われる予定です。

2013年度上原記念生命科学財団
上原賞・各種研究助成金受賞者決定のお知らせ

http://www.taisho-holdings.co.jp/release/2013/2013122001.html


STAP細胞は「世紀の発見」だと海外のニュース番組でもかなり時間をかけて扱われていたというし、
記者会見をした佐村河内氏よりも影響力が大きいですよね。
世界でどのような評価になることやら。
受けるダメージは甚大ですわ。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-10 00:28 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(5)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


↓以下参考のため引用---------------------------
<STAP細胞>詳細な作製手順を公表…理化学研究所
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140305-00000040-mai-sctch
毎日新聞 3月5日(水)14時16分配信
 理化学研究所は5日、新たな万能細胞「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」の詳細な作製手順を英科学誌ネイチャーの姉妹誌「ネイチャー・プロトコル・エクスチェンジ(電子版)」に公表すると発表した。公表時間は同日午後3時。

 STAP細胞は、理研など日米研究チームが1月末に作製に成功したとネイチャーで論文発表したが、インターネット上で国内外の研究者から「実験を再現できない」との報告が続いていた。

 研究チームは論文で、生後間もないマウスのリンパ球を弱い酸性の溶液に30分浸し、iPS細胞などと同様の培養液で1週間培養することで、体内のあらゆる細胞に変われる能力を持つSTAP細胞ができたと報告。作製方法が非常に簡単なことも、注目を集める一因になった。

 この論文に対しては、再現性の問題に加え、一部の画像などに不自然な点があるとの指摘が寄せられ、理研とネイチャーがそれぞれ調査を進めており、理研は「結果が出た時点で速やかに公表する」としている。理研は調査結果に先行して作製手順を公開することによって、結論に影響はないとの見方を改めて示そうとしたとみられる。【八田浩輔】
↑ここまで------------------------------------------

STAP細胞作製に関する実験手技解説の発表について
2014年3月5日
独立行政法人理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140305_1/
>科学研究における再現性を含む評価は、科学的根拠を基に研究者社会において検証いただくものと考えております。


詳細な作成手順を公表とありますが、
追試にはまだ成功していません。
結論部分だけは書き換えてあるので、
実は追試に成功していないことが暗に示唆されています。
ただ、捏造の件は認めず、
どこかの研究者なら成功するかもしれないから後は頑張っていただきたい、
というものとなってます。


ところで。
いいお話が進んでいるよ、という記事です。
↓以下参考のため引用---------------------------
優秀な研究者確保 理研と産総研を新法人に指定へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140305/k10015731561000.html
3月5日 14時25分
世界最高水準の研究開発を行う独立行政法人を巡って関係閣僚が会談し、優秀な研究者の確保に向けて、高額の報酬を支払うことができる「特定国立研究開発法人」に「理化学研究所」と「産業技術総合研究所」を指定することで一致しました。

政府は、独立行政法人改革の一環として、世界最高水準の研究開発を行う独立行政法人を「特定国立研究開発法人」と位置づけ、優秀な研究者の確保に向けて、高額の報酬を支払えるようにすることなどを目指しており、今の国会に必要な法案を提出することにしています。
こうしたなか、新藤総務大臣や下村文部科学大臣ら関係閣僚が5日会談し、科学技術に関する総合的な研究機関で発表された論文の質や量が世界ランクでも上位にある「理化学研究所」と「産業技術総合研究所」を、「特定国立研究開発法人」に指定することで一致しました。政府は今月中にも総合科学技術会議を開いて、正式に指定を決めることにしています。
会談のあと、下村大臣はNHKの取材に対し、「世界トップレベルの成果を挙げるため、国民の期待に応える新たな研究開発法人を目指してほしい」と述べました。
↑ここまで------------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-05 22:42 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(2)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


↓以下参考のため引用---------------------------
STAP論文、迅速な調査結果公表を…学会要求
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140303-OYT1T01077.htm?from=main2
 理化学研究所の小保方晴子・ユニットリーダーらが発表した新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文の内容に、インターネットなどで疑問を指摘する声が出ていることを受けて、日本分子生物学会は3日、理研に迅速な調査結果の公表を求める声明を発表した。

 1月30日付の英科学誌ネイチャーに掲載された論文は、実験方法を記した文章の一部が別の論文とほぼ同じであるにもかかわらず、引用を示す記載がないほか、実験の画像も不自然との指摘が出ている。いずれも、STAP細胞を作製したとする論文の主要部分とは、直接関係ないとされる。

 同学会の声明は、論文の著者に学会員が含まれると説明した上で、理研に「今後の規範となるような適切な対応」として、迅速な公表などを求めた。
(2014年3月3日21時17分 読売新聞)
↑ここまで------------------------------------------

常温核融合と同じ香りがしますね…。



理事長声明『STAP 細胞論文等への対応について』
http://www.mbsj.jp/admins/statement/20140303_seimei.pdf


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-03 23:58 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(9)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


読売新聞がやっと報道しました。

↓以下参考のため引用---------------------------
STAP細胞論文に他論文と酷似箇所…実験手順
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140302-OYT1T00012.htm?from=main7
 新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」について、理化学研究所などが1月に英科学誌ネイチャーで発表した2本の論文のうちの1本で、実験方法を記した文章の一部が、2005年に発表された別の論文とほぼ同じであることが1日、わかった。

 理研は「似ているという指摘は、把握している」と話している。

 小保方晴子・理研ユニットリーダー(30)が筆頭著者の2本の論文では、他にも取り違えや加工が疑われる画像が見つかっており、理研が調査を進めている。

 問題の文章は、STAP細胞から作った幹細胞が正常に増殖するかを調べた実験に関する、17行分の英文。ドイツの研究者らが専門誌で発表した論文の、胚性幹細胞(ES細胞)で実験をした時の手順の記述と、ほぼ同一だった。温度などの数字や、実験で使ったとする顕微鏡、カメラの種類も同じで、他の論文からの引用を示す記載もなかった。
(2014年3月2日10時08分 読売新聞)
↑ここまで------------------------------------------

関係者がこれだけ雲隠れする世紀の発見も珍しい、と言われていますが、
TVでの報道がないままですよね?
あれだけ騒いだくせに。

ニュートンが取り上げてますね。
 ↓
Newton2014年4月号
新万能細胞を徹底解説
小保方博士 世紀の大発見!
STAP細胞は,何がすごいのか?

http://www.newtonpress.co.jp/newton.html
http://www.newtonpress.co.jp/dcms_media/image/newton_cover_1404.jpg

もう有名かもしれませんが、こちらをどうぞ。
 ↓
疑惑論文1(Nature Article誌)
疑惑論文2(Nature Letter )


理研の副所長が割烹着サンの黒幕とか言われてますけど、
きちんと経緯を説明すべきですよ。
山中教授も再現出来ないから理研に問い合わせをされたんですよ。
世界トップのiPS研をもってしても再現出来ず、って・・・。
これだけ追試に失敗して、再現も全くできていないというのに、
何の説明もないままなんておかしいです。

一発退場ものだと言っている友人は、
当初のニュース映像を見た時にも、
あの実験室の感じでは、コンタミ防止もされていないんじゃないか、と危惧していました。
コンタミを実験室へ持ち込む汚染源になる人たちがうろうろしていそうだとか。
確かに実験室にしては、違和感が何点かありましたから。

どうやら、割烹着サンは名ばかりのリーダーのようですし、
ここはもう、S副所長が経緯を説明すべきです。
既に遅すぎるんですけど。
株価操作のことも言われていますが・・・。

↓以下、参考のため一部転載----------
779 :名無しゲノムのクローンさん:2014/02/27(木) 23:59:45.62
stap細胞疑惑のキーマンたちによる講演が明日行われます
ust 生放送も行われます
http://www.ustream.tv/channel/first2030

STAP細胞疑獄の重要キーマンの一人である東京女子医大の岡野光夫教授による講演が明日行われます。
マスコミのみなさんは取材のチャンスです。

岡野光夫教授は「小保方晴子」が2011年にだした論文の共著者です(STAP細胞論文ではない)。
この論文はセルシード社の製品に関する論文で、岡野教授はセルシード社の株の大量保有者です。
論文には利益相反事項の記載義務がありますが岡野教授が株を大量保有していることが未記載でした。

http://stapcells.blogspot.jp/2014/02/nature-protocol.html

またSTAP論文の共著者である大和雅之教授は、岡野教授同様に東京女子医大に勤めていて
セルシード社に関係しています。
stap細胞論文発表に伴いセルシード社の株は暴騰して、その時期を見計らったかのようにセルシード社による
新株予約権の「大量行使」が行われて、経営不振だったセルシード社は息をふきかえしています。


http://kabusyoken.com/?p=9997
「若手・女性研究者が輝く2030年」

http://www.first2030.jp/program/
13:15 FIRST中心研究者による研究成果のご講演
 岡野 光夫(東京女子医科大学 副学長・教授、東京女子医科大学先端生命医科学研究所 所長)

14:55 パネルディスカッション 「若手・女性研究者が輝く2030年」
  パネリスト:岡野 光夫(東京女子医科大学 副学長・教授、東京女子医科大学先端生命医科学研究所 所長)


また、明日は、共著者の笹井 芳樹(理化学研究所)の講演が長浜バイオ大学で行われます
http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/seminar/seminar.html

------------------------------

641 :酢豚:2014/02/28(金) 23:31:17.43
私はこの論文のことが最初にノーベル賞確実として報道されたとき、多くの
大学研究者までがもう決まったことのように好意的なコメントを寄せているのを
非常に奇異に感じました。たとえマスコミが好意的なコメントを寄越す学者しか
載せないにしてもです。なぜ、こんな荒唐無稽の内容の論文にちゃんとした
研究者までがなんでと。

今はわかりますね。最初はみんな株を買っていたのかと思ったが、ちがった。
アベノミクスですね。
安倍首相が日本再生戦略三つの柱のひとつとして挙げた再生医療の産業化、
これにともなってこの分野に100億円からの支援資金が投入されるはずだった。
この論文騒動の裏にいるセルシード、東京女子医大の岡野こそがその推進会議の
座長です。だから、研究者たちはあうんの呼吸でこのアドバルーンを持ち上げた。
別に論文の内容を信じたわけではなかったのです。
アベノミクス戦略に従って、投入される公金100億、研究者たちはこのおこぼれに
あずからんと、このアドバールンをほめたたえたのですね。
政府も研究者たちも大変困っていると思います。どう火消ししたらいいか。
100億はそのままほしいが、どう言い繕えば国民が納得するか、国民をさらに
騙せるか?早く腕前を見せてほしい。

※ 100億ではなく、1000億+α
--------------------


TVはどうしてダンマリなんでしょうね?
このままでは、
割烹着サンは、聞こえない人に続く人になると思われます。



↓以前のエントリ----------
「0.0375M KC1」でググってみる。
iPS細胞の山中教授が声明。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-02 23:19 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(0)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


マスコミが大騒ぎでしたよね。
で。山中教授が弁明しなければいけなくなりましたよね。

TVでの続報はどうなっていることやら。
ということで、ググってみました。
 ↓
>「0.0375M KC1」でググると二番目あたりに面白いものが出てくるね。

それから。
この方のことも気になったので、併せてググってみました。
 ↓
博多駅に向かって3週間が経った人はいずこ?
http://anond.hatelabo.jp/20140225162613



1. Rat Spleens from 6 month rats, LSM separated lymphocytes, treated exactly as published, cultured in DMEM/F12,2%B27,Lif. Oct4 detected after 7 days by western Blot.
 ↓
 ↓
 ↓
Multicolor karyotype analyses of mouse embryonic stem cells (Guo et.al., 2005)

colcemid (final concentration 0.270 μg/ml) to the culture medium for
2.5 h at 37 ~ C in 5% CO2. Cells were washed with PBS, treated with trypsin-
ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA), resuspended into cell medium and
centrifuged for 5 min at 1200 rpm. To the cell pellet in 3 ml of PBS, 7 ml
of a prewarmed hypotonic 0.0375 M KC1 solution was added. Cells were
incubated for 20 min at 37 °C. Cells were centrifuged for 5 min at 1200 rpm
and the pellet was resuspended in 3-5 ml of 0.0375 M KC1 solution. The
cells were fixed with methanol/acetic acid (3:1, vohvol) by gently pipetting.
Fixation was performed four times


OCRで読み取ったまま、・・・。
  ↓
http://patentscope.wipo.int/search/en/WO2013163296
[00290] Karyotype analysis. Karyotype analysis was performed by Multicolor FISH analysis (M-FISH). Subconfluent STAPS cells were arrested in metaphase by colcemid (final concentration 0.270 μg/ml) to the culture medium for 2.5 h at 37°C in 5% C02.
Cells were washed with PBS, treated with trypsin/ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA), resuspended into cell medium and centrifuged for 5 min at 1200 rpm.
To the cell pellet in 3 ml of PBS, 7 ml of a prewarmed hypotonic 0.0375 M 【KC 1】 solution was added.
Cells were incubated for 20 min at 37°C. Cells were centrifuged for 5 min at 1200 rpm and the pellet was resuspended in 3-5 ml of 0.0375 M 【KC1】 solution.
The cells were fixed with methanol/acetic acid (3: 1; vol/vol) by gently pipetting. Fixation was performed four times prior to spreading the cells on glass slides.



http://stapcells.blogspot.jp/2014/02/blog-post_7834.html

こちらの翻訳されたものがオススメかと思います。
 ↓
STAP細胞ちょっと話が上手すぎる?
http://www.myscizzle.com/blog/stapcells-japanese/


やっぱり・・・⁇
再現性の有無待ちですか。
どうなりますことやら。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-01 00:50 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(2)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise