カテゴリ:皇室( 301 )

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


テーミスをレポして下さっていたので、ご紹介します。

↓以下、転載させて頂きます。----------
207 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/08/30 13:57:49  ID:DDd00UAO0.n(4)

テーミス9月号が届きましたので、サクッとレポします。どういうわけか、紀子様sageの記事です。(1/2)

皇太子家への対抗心か
秋篠宮紀子さま「仰天ご発言」が広げる波紋
悠仁さまの教育について助言されたとき「私はこれから皇后になる人よ」と

皇后陛下の体調についての記事に続いて
◎「いまは時代が違いますから」
○ このところ秋篠宮妃紀子さまとその周辺の言動が波紋を広げている。
○ 秋篠宮家には殿下(継承順位2位)と悠仁さま(同3位)がいるのに、職員数や皇族費など
どうにかならないのかというのが紀子さまの思いといわれる。
○ 悠仁さまの将来の進学について東大目指しているという報道があったが、ご夫妻の知人曰く
「ご夫妻の周囲には東大出身者が多く、紀子さまは大学進学の情報収集にも努めておられる」
○ 同時に紀子さまの言葉のキツサも言われ、それは職員に対してだけでなく、相手がどんな立場
の人であれ、ときどき俄かには信じられないような言葉を吐く。
・ 佳子さまのタンクトップファッションについて、皇后さまが紀子さまに「少し控えめに」「国民の皆さんに不快な感情を与える恐れのないように」と注意→紀子さま「もう時代が違いますから」
・ 別の機会に周囲に悠仁さまの教育について助言を受ける
→紀子さま「私はこれから皇后になる人です。みなさんにどうこう言われる筋合いはありません」
「みなさん、平民に……」
○ 皇室ジャーナリスト曰く、
・ 権力を持たない両陛下の地位に権力があるかの如く扱い、一般人と分けてご自分を特別視されている。
・ 皇太子が天皇になっても皇后の雅子には大変かもしれない、その時は摂政宮を設けて秋篠宮に就いてもらう。
→ 皇位継承順位を無視する意図のある発言とも受け取られかねない <続きます> 


--------------------------------------------------------------------------------
208 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/08/30 13:58:27  ID:DDd00UAO0.n(4)

テーミスレポ続きです(2/2)

◎民間の方が皇室に入ってから
○ 雅子がある会合に出て笑顔を見せていた時、雅子に紀子さまが「私はご病気ではありませんよ」
   (その後雅子からしばらく笑顔が消えた)
○ 以前は周囲に指摘されると「わかりました。そのようにいたします」だったのがここ数年で変化。
嫌なことを言われると、すぐ横を向き「舌打ち」するように。
○ 天皇陛下は皇后陛下が皇室入りしてからの苦労を見てきているだけに、紀子さまの苦労を特に
心配されていたともいわれる。
○ しかし陛下は紀子さまについては一言もおっしゃっていない。
→ 民間から皇室に入った皇后陛下や雅子への批判に結びつく恐れがあり、ひいては天皇陛下自身に跳ね返ってくるからだ
○ 美智子さまのストレスは、この解決しようのないところから発しているようだ。  で〆


--------------------------------------------------------------------------------
340 :206-207:2015/08/30(日) 19:58:46.55 ID:DDd00UAO0
テーミスレポしたものです。驚いていらっしゃる奥様方が多いので
(私も最初は読み間違えたかと思いました)、
「私はご病気ではありませんよ」を含む段落部分を正確に記します。

-----
雅子さまがある会合に出られて、
久し振りに笑顔を見せられていたとき、

紀子さまが雅子さまの前で

「私はご病気ではありませんよ」 といわれたこともあった。

ライバル意識といえばそれまでだが、雅子さまからその後、
しばらく笑顔が消えた。(P.35 3段目後半以降)

-----

私がレポした「雅子に紀子さまが」では直接言ったことになりますね。
お詫びの上訂正します。
↑ここまで------------------------------


まず思うのは、何て日本語が不自由な方なんでしょう、ってことですよね。
紀子さまがこのような日本語を話されるわけがありません。
(クワガタクワガタの方じゃあるまいし。)
何たって、
あの美しい日本語を話される、眞子さま、佳子さまのお母様ですから。
横を向いて舌打ちとか、それはないですわ~。
あの美しい所作をされている、お姫様のお母様なんですから。

紀子さまは、ある時から地味なお色目のものをお召しになって、
髪型も似合っていらっしゃいますけどショートヘア、
これ以上ないくらい、遠慮なさってますよね。
もうちょっと華やかになさって!と思うくらいに。
(これ以上、どうせぇ言わはるんやろか。)

ずっと、反論もなさらず来られている紀子さまに対して、
何か反論するまでとことん中傷記事を出す、ということですか?
内定皇族方が静養中にあって、
皇族として真摯にお努め下さっている方に何という事をしているんですか?

最近のテーミスは、東宮ageですけど、これはたいがいです。
天皇陛下がどうなさっているか、も書かれているわけですから。

これまで、紀子さまがどれほどひどい記事を書かれても
秋篠宮家は一切反論なさらず、
宮内庁が訂正を要請しませんでした。
慈愛の美智子さまは、どうなさるのでしょうか。

宮内庁からの訂正要請を!
国民は怒っておりますから。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-31 00:11 | 皇室 | Trackback | Comments(3)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


紀子さまのお声が更に強く感じました。
心にぐっとくる、芯の通ったお声です。
やはり、これまで精進なさって来られたものは裏切らない、
ということではないかと思います。

↓以下参考のため引用---------------------------


紀子さまと佳子さま、高校生の手話大会に出席
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2573775.html
 秋篠宮妃・紀子さまが、次女の佳子さまとともに、高校生の手話スピーチコンテストに出席し、手話を交えて挨拶をされました。
 「発表される皆様が、ご自分の考えや思いをしっかりと豊かに表現することを期待しております」(紀子さま)
 紀子さまは29日、次女の佳子さまとともに、都内で行われた「全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」に出席し、手話を交えた挨拶で、出場者にエールを送られました。
 紀子さまは、挨拶の中で、『聴覚障害者の大切な言葉である手話に対する理解も、さらに深まり、皆が心豊かに暮らせる社会が築かれますことを願います』と述べられました。
 以前から手話に関心がある佳子さまも初めてコンテストに出席し、出場した高校生10人の手話によるスピーチを、真剣な表情でお聞きになっていました。(29日16:55)
---------------------------
※動画あり。
高校生手話コンテスト 紀子さまと佳子さま出席
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150829/k10010208891000.html
8月29日 17時00分
高校生による手話のスピーチコンテストが、秋篠宮妃の紀子さまと次女の佳子さまも出席されて、29日、東京で開かれました。
このコンテストは、手話の普及や福祉の人材育成につなげようと、聴覚障害者の団体などが毎年開いていて、秋篠宮妃の紀子さまと次女の佳子さまも出席されました。
開会式で紀子さまは手話を交えながらあいさつし、「聴覚障害者の大切なことばである手話に対する理解がさらに深まり、皆が心豊かに暮らせる社会が築かれることを願っています」と述べられました。
コンテストでは、全国から選ばれた高校生10人が、手話を通じたこれまでの体験や将来の夢などについて、豊かな表情と手話でスピーチし、今回初めて出席した佳子さまも熱心にご覧になっていました。
審査の結果、「失敗を恐れずに挑戦し、社会に貢献できる人間に成長したい」と訴えた、愛知県の高校3年生、佐藤梨江さんが1位に選ばれました。
---------------------------


紀子さま佳子さま 高校生手話コンテストに出席
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150829-00000028-ann-soci
テレビ朝日系(ANN) 8月29日(土)17時42分配信
 秋篠宮妃紀子さまと次女の佳子さまが、高校生による手話のスピーチコンテストに出席されました。
 秋篠宮妃紀子さま:「発表される皆さまが、ご自分の考えや思いをしっかりと豊かに表現することを期待しております」
 紀子さまと佳子さまは、東京・千代田区で、「全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」をご覧になりました。コンテストでは、選抜された高校生10人が自分の夢などのテーマについて手話を付けてスピーチしました。お二人は、ろう学校に通う生徒などの話を熱心に聞き、一人ひとりに拍手を送られました。

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20150829-00000028-ann-soci
---------------------------


紀子さまと佳子さま、高校生手話大会に出席
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150829-00000032-nnn-soci
日本テレビ系(NNN) 8月29日(土)18時5分配信
 秋篠宮妃紀子さまと二女の佳子さまが、高校生の手話スピーチコンテストに出席された。
 秋篠宮妃紀子さまと佳子さまは29日、東京・千代田区で行われた高校生の手話によるスピーチコンテストに出席された。開会式では、学生時代から手話の勉強を続けられている紀子さまが手話を交えて挨拶された。
 紀子さま「聴覚障害者の大切な言葉である手話に対する理解がさらに深まり、皆が心豊かに暮らせる社会が築かれることを願い、私の挨拶とします」
 コンテストでは、全国から選ばれた10人の高校生が、手話を通じて学んだことや将来の夢について手話でスピーチし、佳子さまは真剣な表情で聞かれていた。

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20150829-00000032-nnn-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=1
---------------------------
佳子さま、手話大会にご臨席 高校生スピーチコンテスト
http://www.sankei.com/photo/story/news/150829/sty1508290014-n1.html
2015.8.29 18:40
 秋篠宮妃紀子さまと次女の佳子さまは29日、東京・有楽町のホールで開かれた「全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」に臨席された。開会式では、紀子さまが手話を交えながら「聴覚障害者の大切な言葉である手話に対する理解がさらに深まり、皆が心豊かに暮らせる社会が築かれることを願います」とあいさつされた。.
 紀子さまと佳子さまは、高校生10人が「手話が広げる世界」などをテーマに手話と声でスピーチする様子を見守り、一人一人の弁論が終わるたびに大きな拍手を送られていた。
 昨年のコンテストには長女の眞子さまが臨席し、手話を使ってあいさつをされた。
---------------------------
高校生手話コン、佐藤さん1位 紀子さま・佳子さま出席
http://www.asahi.com/articles/ASH8Y5559H8YULPI005.html
2015年8月29日18時47分
 第32回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト(全日本ろうあ連盟、朝日新聞厚生文化事業団、朝日新聞社主催、NEC協賛)が29日、東京・有楽町朝日ホールであり、愛知県の桜花学園高3年の佐藤梨江さんが1位に選ばれた。佐藤さんは、障害のある子どもとのキャンプなど自分が行ったボランティア活動を紹介し、「人生がもっと楽しくなるのは、他人のために生きている時」と訴えた。
 秋篠宮妃紀子さまが、次女の佳子さまとともに出席。紀子さまは開会式で手話を交え、「発表される皆様が、ご自分の考えや思いをしっかりと豊かに表現することを期待しております」とあいさつした。---------------------------


秋篠宮妃紀子さまと佳子さま、手話のスピーチコンテストにご出席
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150829-00000513-fnn-soci
フジテレビ系(FNN) 8月29日(土)20時53分配信
秋篠宮家の次女・佳子さまが、高校生による手話のスピーチコンテストに出席された。
このコンテストは、全国から選ばれた高校生が、言葉の力や学びたいことをテーマに、手話でスピーチするもので、秋篠宮妃紀子さまとともに、次女の佳子さまは初めて出席された。
開会式では、紀子さまが手話を交えて、「発表される皆さまが、考えや思いを、しっかりと豊かに表現してくれることを願います」とあいさつされた。
佳子さまは、これまでに手話を学び、手話狂言を鑑賞するなど、聴覚障害に関心を寄せられている。
↑ここまで------------------------------------------

d0176186_13162918.jpg

d0176186_13164198.jpg

d0176186_13165624.jpg


天皇皇后両陛下はご静養中だというのに、
静養ご一家もこの夏に回目の静養中です。
そんな中でも、
紀子さまと佳子さまはこうしてご公務へ。
紀子さまは手話を交えながらのご挨拶なさっていて、
マスコミ各社も揃って報道です。
これまで少なかった秋篠宮ご一家の報道も、
佳子さまが成人されて以降は増えましたよね。
佳子さま効果で、秋篠宮ご一家にもようやく、、、と思っています。

皇后さまは佳子さまが目立ち過ぎるとのことで、
紀子さまをお呼びになって注意なさったそうですが、
お忙しい中、紀子さまは皇后さまの元に駆けつけ、
直々に注意をお受けになった、ということですよね。
そして。
皇后さまはご静養に向かわれ、
ピアノレッスンを受けられて全国ネットで放送。
皇太子ご一家は両陛下が静養中にもかかわらず引き続き静養中で
パンナコッタをお召し上がりになったと話題に。
秋篠宮家には、
皇位継承第二位と第三位の親王さまがいらっしゃるんですよね。
時間はどれだけあっても足りないくらいではないでしょうか。
婚約発表の時から変わらず、いつも笑顔でいらっしゃるから、
国民もつい安心してしまっていますけど、
紀子さまこそ、ストレスが溜まってはいらっしゃらないかと
心配になってしまいます・・・。

「皇室とは無私の心でございます。」と仰った紀子さま。
秋篠宮ご一家はこんなにも素晴らしい妃殿下が
殿下と共にお守りになっているからこそ、
多くの国民から尊敬され愛される存在なんですね。

内廷皇族と宮家とでは序列が違うと言われても、
祭祀もなさらないうえに、
身に備わっているものがこうも違うと、納得出来ません。
内廷皇族の方達は、その地位でもって
自らの権威を貶めてしまったのではないでしょうか。
『皇室は序列重視』だという伝統も、
もはや崩壊してしまったと感じています。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-30 13:28 | 皇室 | Trackback | Comments(4)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ



「はあぁぁ~?!」
本日、病院の待合室で、
思わず、声が出てましたわ。

====================
皇后・美智子さま80歳、「国母」として「姑」として
◆ 天皇、美智子皇后、宮内庁、皇室ジャーナリスト・神田秀一
週刊現代(2015/09/05), 頁:46
====================



あれもこれもとってもご心痛な皇后美智子さま、の記事です。
お読みになられましたか?
どれだけご心痛なことか、次から次へと書かれています。
皇后さまのことが心配な国民は多いでしょうから、
ぜひ、お読みになってみて下さい。
あまりのご心痛に呆れ返るかもしれませんが・・・。


いつものようにウロですので、ご容赦ください。
--------------------
・皇室に嫁いで56年、そのストレス多き日々を考える
検査の結果、ストレス性「心筋虚血」と診断。
傘寿を過ぎた体で、連日の公務をこなす姿は自己犠牲の精神に溢れているが、
決して表には出されない「ご心痛」の源はどこにあるのか。

・新幹線ホームでの異変
これまで何十回と両陛下が東京駅で新幹線に乗られる様子を拝見してきたが、
7月26日の愛知御行啓の際の様子は異様。
皇后さまはいつも自分の足で階段を上られ、
ホームで見送りに来た人達に手を振る時間を取る。
その日はエスカレーターを使用、ホームに着いたらそのまま列車に乗られた。
お召し車両の位置も通常と異なり、エスカレーターのすぐそば。
よほど体調が優れないのだとお察し。(皇室ジャーナリスト)
(検査の結果は大したこともなく、投薬もなしだったのに、
まるで重い病気であるかのような印象を受ける大げさな表現となっていました。)

「テニスが出来なくなりました。
飛行機に乗るのも侍医に相談しなくてはならず、海外公務もままなりません。」
歳を取りました(?)というようなことを、皇后さまは親しい方に電話で話されていた。
キリスト教の回し者と噂され、昭和天皇から叱責され、
土下座をして謝ったという嘘が流れ、
悲しい思いをされたことを今も思い出されるのでは。(橋本明氏)
とかの宮中イジメ話を再び紹介。
(昭和天皇から叱責なんてされていないんですけど、噂を流されたというイジメ話。)
皇后さまはお子様も乳母を無くしてご自分でお育てになるなど、
間違いなく歴史に名を残す方。
(昭和天皇が乳母を無くしたのは良子が初めてである、
と訂正されたことがありましたが、そんなことはもちろんスルー。)
公務が多過ぎる中、天皇陛下は国事行為もなさっている。
皇后さまは、陛下が執務をなさっているときも、同じように控え室でじっとされている。
その御姿が云々・・・。
(北の将軍サマもびっくりな、有難いお話が続きました。)

・両陛下は安倍政権がお気に召さない。
女性宮家のことも悠仁親王がお生まれになって、その話が無くなってしまった。
(この書きようには、まるで悠仁さまがお生まれになったせいで女性宮家が頓挫したと
受け取れてしまったではないですか。)
皇后さまは悠仁親王を目の中に入れても痛くないほどかわいがっていらっしゃるというのに、
今のままでは女性皇族が結婚して降嫁された後は、悠仁親王が一人になってしまう。
悠仁さまには重責だが、安倍政権は女性宮家創設は考えてもいないので、
このままでは、皇室の改革ができないと気をもまれていることだろう。
(安倍政権のせいで、皇室が存続の危機に瀕しているような書きっぷりが酷い。)
内奏の折の内容は極秘なのに、ぺらぺらと喋られることにも皇后さまは気を揉まれている。
(安倍さん、悪く言われ過ぎ!)
安保法案、憲法改正と、両陛下の平和への思いを踏みにじるの安倍政権。
現政権が続くかぎり、皇室の危機は続く。
(女性宮家反対はパブコメでも反対意見が多かったんです。
皇室の危機は決して安倍さんのせいではなく、秋篠宮家に産児制限をしたから、ですよ。)

雅子さまの健康問題で引き継ぎが出来ない。
紀子さまへの引き継ぎは宮中は序列重視だということをよくご存じの皇后さまはなさらない。
雅子さまの回復を辛抱強く待ち、引き継げる時までご自分が頑張っていらっしゃる。
(皇后さまが、雅子さまの回復をまだ信じて待たれることにびっくり!生涯現役宣言ですね。
・・・と言いますか、皇后さまは、雅子さまは病気だと本気で信じていらっしゃるわけですか。)

眞子さまも佳子さまも小さい時はよくお泊りに来られたが、愛子さまはそういったこともなく、
学校でのこともご心痛に。

・秋篠宮家にはピシャリとおっしゃる。
皇后さまは東宮家とは一歩ひいて見守られているのだが、
秋篠宮家には積極的にご発言なさっている。
悠仁さまのご誕生で秋篠宮家が注目を浴びる報道内容が序列を無視していたので、
秋篠宮殿下と紀子さまに直接「東宮家をないがしろにしないように」ピシャリと仰った。
紀子さまは皇后さまの言葉をいつも重く受け止めていらっしゃるので、
悠仁さまの予定には緘口令が敷かれ、報道が抑制されるように。
佳子さまのタンクトップ姿の服装が派手で云々、
両陛下の皇室観「質素でストイックであるべき」にそぐわないので、
紀子さまを呼んでたしなめられた。
皇后さまにとって、東宮家も秋篠宮家もどちらのことも悩んでいらっしゃる。
(またまたびっくり!!!!!
静養ご一家と安心安定の秋篠宮家が同列で悩みって、どうなんでしょう?)

皇后さまが心からリラックスできる話相手はやはり清子さま。
これは一般庶民と同じで、とかなんとか。
(いやいや。皇室と一般庶民を同列にしてはいけませんわ~。)
清子さまは鳥類の観察という名目でしばしば御所に通い、皇后さまの話し相手をされている。
(黒田さんのお母様も黒田さんもなんて理解がおありなんでしょうか。
一般庶民では、週に3日とか実家に通い詰めるなんてことをすれば波風も立とうというもの。)
--------------------


皇后さまにとって、東宮家も秋篠宮家もどちらも悩みの種で、
清子さんだけが頼り、とハッキリ書かれていました。
凄いわ~。
これってお嫁さん二人にかなり気が悪い内容ですよね。
でも。そこまで頼りになさっているのに、
8月9日の検査には清子さんは付き添っていらっしゃらなかったのは、
やはり、大したことはないけど一応取りあえず検査されたから、ですよね。
(納得ですわ。)


天皇陛下のお言葉に低頭もなさらず、
天皇陛下を常に杖替わりの皇后さまは、
「宮中は序列」だからと
祭祀も公務もないがしろにしてグルメやら静養ばかりの東宮家が大切で、
祭祀も公務もご一家の皆様で真摯に取り組んでいらっしゃる秋篠宮家は遠慮させる。
そういうこと、ですよね。
これこそ、正直者が馬鹿を見る、じゃないですか・・・。
皇室は国民の鏡じゃなかったんでしたか?
慈愛はいずこ?

佳子さまに「質素でストイックであるべき」と仰る皇后さま。
皇后さまがそれを仰るなんて・・・。
皇室に嫁いで56年、昭和の時代から
絢爛豪華に着飾って来られたのは皇后さま。
そのへんのことは、国民がよぅぅく知っております。
平成に入ってすぐのバッシングの折も、
衣裳代が多過ぎると言われていらっしゃいましたよね?
香淳皇后より美智子さんのほうが多くて問題になっていたことも。
美智子さんがまさしく、「宮中は序列」を崩されていたわけです。
実は正田家が陰でお金を出して支えているというのもあくまで噂であって、
ちゃんと内廷皇族費から支払われています。
(そうでないと、正田家の贈与税はどうなっているの?ですものねぇ。)

日本の国母でいらっしゃるそうですが、
それならば。
国民の不安と心痛の種である東宮家にこそ、
ぴしゃりと仰って頂かないと納得出来ません。
そして。
安倍首相のネガティブキャンペーンをこれ以上なさらないで。
安保法案は戦争法案ではありません!!!

今こそ、
内廷皇族費を考え直すとき!
ではないでしょうか。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-29 21:24 | 皇室 | Trackback | Comments(10)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


佳子さま、運転免許をお持ちなんですね!

↓以下参考のため引用---------------------------
佳子さま 赤坂御用地のドライブは「安全を心がけお上手な腕前」
http://www.news-postseven.com/archives/20150828_346117.html
2015.08.28 07:00
 今年4月にICU(国際基督教大学)に入学された秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)は、公務を優先された夏休みとなった。

 7月25日に静岡・御殿場での『全日本高等学校馬術競技大会』の開会式で2度目の単独公務をされたのをはじめ、7月27日からは、秋篠宮さまと滋賀県を訪問されるなど、多忙を極められた佳子さま。

「夏休み当初はジレンマもおありになったようです。過熱する“佳子さまフィーバー”に“東宮家より目立つのはいかがなものか”という意見が囁かれ、お出ましを控えようとされる動きもあったようです。

 また、ICUには夏休みに希望者を対象とした“シープロ”と呼ばれる6週間ほどの海外留学プログラムがあるんですが、今年佳子さまは参加されませんでした。佳子さまのお友達は数多く参加されるうえ、海外で存分に英語や文化を学べる絶好の機会。“英語の勉強をしたい”と学習院大学を中退してICUに入学されただけに行きたいお気持ちが強かったようですが、公務などを鑑みて、泣く泣く見送られたようです」(秋篠宮家関係者)

 そんななか、佳子さまは公務で忙しい紀子さまに代わって、悠仁さまの勉強の面倒を見たり、ご一緒に遊ばれたりと、姉としての心遣いもされていたという。

「赤坂御用地内でのドライブが、いい気分転換になられているようです。高校を卒業されてから、佳子さまは合宿形式の教習所で、運転免許を取得されました。安全運転を心がけ、とてもお上手な腕前ですよ」(前出・秋篠宮家関係者)

 佳子さまは8月29日、『第32回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト』に臨席されるが、そのため、紀子さまに教わりながら手話の練習にも精を出されているという。

「佳子さまは、手話ができるようになれば、さらに多くの人との交流が生まれ、世界が広がると考えていらっしゃるようです」(前出・秋篠宮家関係者)

※女性セブン2015年9月10日号
↑ここまで------------------------------------------

>“東宮家より目立つのはいかがなものか”という意見が囁かれ、
この記事でも、書かれています。
東宮家はあんな状態ですよ、、、。
働かないけどグルメにスキーに静養ばっかりのご静養のプロ。
目立つとかそういう次元じゃないですし。
庶民でも、働き盛りのお父さんが平日の昼間に皇居をランニングなんてしませんし!
(あと何年かで還暦を迎えるいい年をした長男のために、
SPにお茶やらお菓子やらを用意する母親もドン引きだけど、これはあるかも!?ですが。)

秋篠宮両殿下のように、
真摯にご公務に取り組まれている佳子さま。
そのお姿を拝見するのは、国民の楽しみですよね。
奪わないで頂きたいですわ。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-28 23:49 | 皇室 | Trackback | Comments(4)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


思えば。
結構前から、「ピアノを演奏なさいます~!」と宣伝されてましたよね。

わざわざ、お出掛けにならずとも、
皇居でお好きになさればよろしいのに。
TVを呼んで全国ネットで放送して、
人前で演奏するとか、
昭和の時代から、
かなり目立つことがお好きですよね。

ご公務中のお姿が報道されている佳子さまより、
私的なご趣味のほうで、うんとうんと目立ってらっしゃいますけど、
佳子さまはダメでご自分はよろしいそうです。
そりゃあそうですよね、皇后陛下ですから。

↓以下参考のため引用---------------------------
皇室:国際音楽フェス 両陛下が草津へ 2年ぶり /群馬
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150815ddlk10040201000c.html
毎日新聞 2015年08月15日 地方版
 天皇、皇后両陛下は27〜29日、草津町で開かれる「第36回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」訪問のため、来県される。両陛下がそろって同フェスティヴァルを訪問するのは2年ぶり7回目。
 両陛下は27日にコンサートを鑑賞する。皇后さまは、フェスティヴァルに参加している海外の音楽家らのアンサンブル練習にも、ピアノで参加。両陛下は29日午後まで草津町に滞在し、同日、長野県軽井沢町経由で帰京する予定。【高橋努】
---------------------------
皇后さま、草津でピアノをご演奏
http://www.sankei.com/life/news/150827/lif1508270024-n1.html
2015.8.27 20:04
長野県軽井沢町で静養していた天皇、皇后両陛下は27日、群馬県草津町に静養先を移し、
「第36回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」のコンサートを鑑賞された。
これに先立ち、皇后さまは会場近くで世界的な音楽家から指導を受けるワークショップ(体験型講座)にも参加し、ピアノのレッスンに臨まれた。
イタリア出身のソプラノ歌手、ジェンマ・ベルタニョッリさんの歌声に合わせてリヒャルト・シュトラウスの歌曲「あした」をご演奏。
演奏の合間には英語で熱心に言葉を交わし、曲調などを確かめながら練習されていた。
レッスン修了後、記者団からご体調を問われた皇后さまは「大丈夫です」と話された。
---------------------------


静養中の皇后さま 国際音楽祭に参加し、ピアノ演奏
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2572475.html
 静養中の皇后さまがピアノの演奏を披露されました。
 イタリア人ソプラノ歌手の歌声に合わせ、真剣な表情でピアノを演奏される皇后さま。曲はリヒャルト・シュトラウスの『あした』で、群馬県草津町で開かれている国際音楽祭に参加し、披露されました。
 演奏が終わり、ソプラノ歌手から「ソー・ビューティフル」と声をかけられると、皇后さまは、ほっとした表情を見せられました。
 天皇陛下と共に長野県の軽井沢町で静養していた皇后さまは、27日から草津町に滞在していて、記者から体調についてたずねられると「大丈夫です。少し休めました」と、笑顔で話されました。(27日17:04)
↑ここまで------------------------------------------

d0176186_23151138.jpg

皇后陛下だから、と、
天皇陛下を杖替わりになさっていてもよろしいのでしょうか。
特に階段ではちょっとした躓きも危険が伴うもの、
リスク回避のために、何としてもお止め頂きたいです。
天皇陛下にもしものことがあったらと、ヒヤヒヤですから。

d0176186_23163067.jpg

ヨーロッパの王族の方たちは、人前でピアノの演奏はなさいません、
演奏を聴く立場、楽器を弾かせる立場ですから。
モーツァルトと同じようにはなさいません。
皇室も同じ。香淳皇后もこのような場での演奏はなさいませんでした。
皇后さんが陛下よりも目立ったりされる、
これも、美智子さんならではの皇室改革の一つといったところでしょうか。


天皇陛下のきちんとした装いは素敵ですよね。
パラオの慰霊の時にお召しのあのノーネクタイ姿よりもうんといいですわ。
(ノーネクタイでも、シャツはもうちょっとお洒落なデザインのものだといいんですけど。)
それにしても。
どうしていつも皇后さまだけが正装なんでしょうか。
アンバランスというかなんというか、悪目立ちしてます。
公の場所であっても、
ここまで旦那様を立てない女性ってどうなの?状態。

そうなんですよ。
どうなんだろう?と思う事が多いんですよね。
>記者から体調についてたずねられると「大丈夫です。少し休めました」と、
>笑顔で話されました。

検査前から大したことはないので、と専門医が解説していたものの、
何週間も事前に公表してそして何故か8月9日という日を選ばれる。
大した事はなかったけれども東大病院へは天皇陛下のお迎え付き。
天皇陛下にそのような事を、、、とか、
天皇陛下がお出ましになられるには、それはそれは長い車列が、とか、
警備が、とかはお気になさらないご様子。
ストレスが原因と言われた検査後も、
決してゆっくりとはなさらない。
しつこいようですが、
音楽鑑賞や芸術鑑賞がいつから公務になったんでしょうか?
これからはもっとお出掛けしますよ、と発表された通り、
時として、天皇陛下もご一緒にお出掛けになる。
8月11日のコンサートでは、天皇陛下は居眠りなさっていたんですよね。
少し、ではなく、
しっかりとお休みになって頂きたいです。
天皇陛下は心臓の大手術をなさったんですから。

d0176186_1163679.jpg
8月9日:検査を受けるため、東大病院へ向かわれる皇后さま。

d0176186_213463.jpg
8月9日:東大病院へお向えに行かれた天皇陛下と皇后さま。

d0176186_1185524.jpg
8月11日:広島市被爆70周年記念事業 広島交響楽団 平和の夕べコンサート鑑賞される両陛下。

d0176186_141466.jpg
8月13日:「伝説の洋画家たち 二科100年展」を鑑賞される両陛下。

d0176186_1414180.jpg
8月20日:「舟越保武彫刻展」を鑑賞される皇后さま。

d0176186_142111.jpg
8月21日:福島青年管弦楽団のコンサートを鑑賞される皇后さま。 

d0176186_1461414.jpg
8月22日:ご静養のため、長野県に向かわれる両陛下。



さて。
草津のことではこんな書き込みがありました。
もちろん、皇后さまにとっては所詮は国民の声など雑音ですから、
お気になんてなさらないんでしょうけど。
↓以下、転載--------------------
660 : 可愛い奥様[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 01:42:11.89 ID:6twk0Ib70
草津の受講生はほとんどが音高・音大生。
ペンションに泊まって受講場所まで移動手段はバスか歩くか。
皇后陛下が移動されると道は渋滞、バスもスピードを落とす。
「間に合わない!」と途中で降りてかけ出す学生も。
時間に正確な講師だと、遅れてきた学生はその後受講回数を減らされることも。
これは結構深刻だったりする。

ランチも学生が使うカフェテリアにお出ましになった。
ひとつだけ白いテーブルクロスがかけられ、共演者をはじめとする講師は座って待機。
(こうした束縛が嫌でノータッチの講師も。ウィーン出身者は非常に外交的)
車から降りられる前後、警官が「動かないで!」と叫ぶ。
皇室に関心のない学生も多いから、レッスンが長引き駆け込んできて
「ちょっと!どうして?なんで?通してよ!」
と揉めた。

皇后陛下のピアノへの情熱には敬意を払うが
受講生は受講料を払ってきている。
時間もタイトで、レッスンだけでなく、練習場所と時間も限られ争奪戦。
予想もしない足止めを食らえば、文句の一つも出て当然。

楽しみにされている皇后陛下に、誰も何も申し上げられないのは仕方がないかもしれないけれど。
引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.net/ms/1314837193/
↑--------------------------------


平成の初めにあった美智子さまバッシング。
ネットもなかった時代ですけど
あの時はもっともっと声があったんですよね。
美智子さまはヒステリー性失声症を発症なさって、
御自ら、バシッとバッシングを止められたのでした。
夜中にラーメンは証拠はありませんでしたけど、
昭和天皇が大切にされて来た森を伐採して、
その跡地に新たにたいそうご立派なお住まいを新築された、
これは紛れもない真実。
プールも作る予定だったが贅沢なのでとお止めになった、
という擁護の声も虚しく・・・。

香淳皇后をほったらかしに、と言われれば、
「そんなことはありません。美智子さまは折に触れ、訪問されて、
洗面器にお湯を用意させ、何と、美智子さま自ら香淳皇后の手をマッサージされているのです。」
と女性誌に、絶賛擁護記事が掲載されていたものでした。
ブレませんわ。
今も昔も、美智子さまは慈愛のお方という設定なんですよね。
(これからどうなるかは存じ上げませんが・・・。)


紀子さまはお姑さんに本当によくお仕えになっていらっしゃいますよね。
読む前から分かることは、
秋篠宮両殿下の子育ては素晴らしいということ!ですわ。

↓以下参考のため引用---------------------------
紀子さま、美智子さまから受け継ぐ子育てのコツとは?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150826-00017414-jprime-soci&pos=2
週刊女性PRIME 8月26日(水)5時0分配信
 ご家族と出席した公務で、昨年に比べ緊張されていなかった悠仁さま。おばあさまがかつて示された育児方針を、お母さまとお姉さまも継承されているからのようだ。

「佳子さまは会の終了後、関係者ひとりひとりに"ありがとうございます"とご挨拶を。悠仁さまは、沖縄戦のときに10歳だった女性の体験談を真剣な表情で聞き入っていらっしゃいました」

 8月17日に都内のホテルで開かれた、「沖縄戦終結70年・鎮魂と平和への祈り『地上戦と子どもたち』追悼の集い」に出席された秋篠宮ご一家の様子について、そう語るのは宮内庁担当記者。

 今年は日本が戦争に敗れてから「70年」の節目ということもあり、英国に留学中の長女・眞子さま(23)を除き、ご一家で戦争関連の展示施設を訪問されている。

「7月17日には、秋篠宮ご夫妻と佳子さまで『はがきで綴る戦争の記憶―千の証言展』もご覧に。8月7日にはご一家で、戦中・戦後の国民生活の資料などが展示される国立施設『昭和館』も訪問されました」(同・記者)

 第2次世界大戦中に、地上戦となり約20万人の犠牲者を出した沖縄県への思いも強く、

「昨年の8月には、戦争末期に米軍に撃沈され、子どもだけで800人近くが犠牲になった沖縄の学童疎開船『対馬丸』の追悼行事にも、ご一家で出席されました」(同)

 今回、ご一家は式典の前に沖縄戦関連の展示もご覧になり現在、お茶の水女子大学附属小学校3年の悠仁さまへの"教育方針"の一端がうかがえる場面もあった─。

「年齢に応じて基本的に身につけるべきことや学ぶべきことなど多々ありますけれども、与えられた立場にふさわしく努力していけるように……」

 悠仁さまの教育方針について、2013年11月の秋篠宮さまのお誕生日会見で、そう述べられた秋篠宮妃紀子さまだが、すでに"成果"が─。

「悠仁さまは1年前の式典では、お姉さまたちと同じ動きをすることに精いっぱいの様子でしたが、今回は自信がついて行動されているようでした」

 そう話してくれたのは、展示場で案内役を務めた教育絵本作家の佐藤八重子さん。

 佐藤さんは「対馬丸」の悲劇を伝える絵本『悲しい対馬丸の話―命こそ大切―』の絵を担当している。

「悠仁さまが、撃沈された『対馬丸』から子どもたちが海に飛び込んでいく絵本の原画と解説文を、熱心に読まれていたときのことが印象的でした。時間がきたので、"次に行きましょうか"と私が申しあげると、紀子さまが"悠仁が今、読んでいるのでもう少しお待ちください"とおっしゃって、悠仁さまに寄り添い集中させていたのです」

 そして、そんな真剣な眼差しの悠仁さまを、佳子さまは笑みを浮かべ少し離れた場所から見守られていたという。興味を持つものについては、できるだけ集中させてあげる─そんな秋篠宮家の"帝王教育"の方針が浮かんでくる。

 未来の天皇への教育といえば、皇后美智子さまの「ナルちゃん憲法」が知られている。

「1960年、美智子さまが生後7か月の皇太子さま(当時・浩宮)を残して訪米する際に書かれた10を超える育児心得のノートで、皇太子さまのお名前の徳仁からとったものです」(皇室記者)

 そのなかでは、「できるだけひとつのもので遊ばせるように」「"ながら病"はできるだけ避けること」といったような、集中力を養う方針も。弟の秋篠宮さま(当時・礼宮)も基本は同じだったはずで、それが紀子さまにも脈々と受け継がれ、悠仁さまの教育に生かされているのだろう。

 紀子さま流の"距離感"で今後、悠仁さまがどう成長されるのか楽しみだ。
↑ここまで------------------------------------------


ナルちゃん憲法て。。。
皇后美智子さまの子育て、あれで良かったんでしょうか。
と思ったら、ヤフコメにも雑音が書かれていましたわ。
あら大変!皇后さまはヤフコメもご覧になってるはず、です。
 
※ヤフコメ付きです。⇒http://zasshi.news.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150826-00017414-jprime-soci

じわじわ、じわじわ、来てます?
雑音が雑音でなくなるかも?

平成の今。
少しずつ、変わる時かもしれません。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-27 23:48 | 皇室 | Trackback | Comments(8)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


家族の付き添いの病院で、
週刊文春や複数の女性週刊誌をパラパラ、パラパラ。
・・・。

『晋三ストレス』だなんて言われて、
本当にお気の毒なのは安倍首相です。
安倍首相には何としても頑張って頂きたい、
そう思っているというのに、
安倍叩きにまさかの両陛下がお出ましになられるとは・・・。

以前に我慢がならなくて書いたエントリ、『おかしいものはおかしい。』
僅か二ヶ月でここまでワナワナ震えるほどになるとは思いもよらず。
そして再び、あの"おかしいものはおかしい"画像を見ると、
更にワナワナ、、、フツフツ。
とにかく、各誌の文面からは、
しっかりと"安倍憎し"感が伝わって来ました。

では、記事をザックリと。
(内容についてはウロですので、ご了承下さい。)
------------------------------
女性自身(2015/09/01), 頁:44
美智子さま、命削って臨んだ<覚悟の夏>「もう苦しまないで!」
   ◆ 美智子皇后、全国戦没者追悼式、安倍晋三首相、安保法案
------------------------------
週刊文春 2015年8月27日号
心筋虚血の原因とは?
美智子さま(80)が知人に洩らされた「強いストレス」の真実
------------------------------


女性自身は、
陛下の骨粗鬆症対策でテニスをされている、と。
6月の中旬には葉山でミックスダブルスを2ゲーム予定のところ、
1ゲームでお帰りになった、
思い返してみれば、あの時から美智子さまは心臓がご不調だったのでは、と。
そして。
美智子さまの心臓のご不調は『晋三ストレス』
安保法案のことでも胸を痛めていらっしゃる、とかなんとか。
被災地訪問をされ、福島の除染作業を心配していらっしゃる最中に、
原発再稼働のニュースで、更に胸を痛めている、と。
あと、美智子さまは「最後は二人で何でも決めなくちゃいけないから、大変なのよ。」
と仰っていて大変なご様子だとか。

週刊文春は、
全国戦没者追悼式で着席されそうになったこと、
陛下が、即位後27回目にもかかわらず、黙祷前に順序を間違えられたこと、
陛下の横にいらっしゃる美智子さまも、まだですよ、とサインを出されることもなかった。
高齢の両陛下にはパラオ訪問は負担だった、
帰国後もそのお疲れはなかなか取れず。
だが、パラオだけがストレスなのではない。
からの、
安倍首相と安保法案へのご意見がネチネチと続いていました。
「安倍首相が陛下のところに内奏に来られる時、
陛下はご自身の考えを述べれているが、
皇后さまは、それがうまく伝わっているといいのだけれど、とおっしゃいました。」
と、美智子さまの吐露を、ぺらぺらとお喋りに。
〆にはあの所教授が登場して、
陛下のお言葉がどれだけありがたいか、というコメント。


え~!!!
あのパラオ訪問が負担だったんですか!!!
政府は行かないで欲しいとお願いしたにも関わらず、
どうしても、ということでのご訪問だったというのに?
祭祀を休んで体調を整えてのご訪問だったのに??

どれだけ費用が掛かっているかお分かりですか?
防衛の要のあきつしまをわざわざパラオに向け、
船内も手摺を付け、
お泊りになる船長室には新たにベッドを持ち込み、
両陛下仕様に改造して、
更には緊急時に備えて手術室まで用意したんですよね。
一泊の宿泊のために。
パラオにもちゃんとしたホテルはあったというのに、
大きなホテルがないから、とかいう理由で。
そして、また元に戻して、と。
(⇒細部まで両陛下仕様の「あきつしま」。 )
言っちゃなんですけど、
その費用は国民負担だったのに、
そんな風に言われて、がっかりです。
パラオ訪問は慰霊の旅だと思っていましたけど、
何週間も疲れが取れないとかそんなにまで言われてまでも?と。

あと、
女性宮家創設も安倍首相が止めてしまったから、
美智子さまはがっかりされているが諦めていらっしゃらない、
というのもしっかり書かれていました。
あらあら??
女性宮家創設の件はパブコメで反対が多かったんですけど?

お慎みの日である2005年の終戦記念日に皇太子夫妻がテニスをしたことに
美智子さまはショックを受けられた。
皇太子夫妻は慰霊は引き継がないのでは、とか。
終戦記念日に静養に行かないよう、しっかり指導されないことにも、
あの皇太子夫妻が次代でいいと思っていらっしゃることに、
国民はショックを受けてますし、ストレス感じてます!!
それから、
秋篠宮ご一家とはここ何年かはこれまでのようには、
行き来をされていないそうです。
これは・・・悠仁親王への帝王学はどうなっているのでしょうか。
このまま、皇太子さんが次代になれば、
どうせまた愛子さんを皇太子に、天皇に、って言い出すでしょう?
秋篠宮殿下と悠仁親王のお立場をきちんとして頂きたいです。

例の『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』著者も登場してましたし、
もううんざりです。
このような取り上げ方をされては、
まるで、陛下は左翼の広告塔のようではありませんか。
何だかなぁ・・・。
原発再稼働に口を出す、皇后ってどうなんですか!?


あれこれ、グダグタ書いてしまいましたけど、
特に女性週刊誌を読むとクラクラしてしまうんですよね。
美智子さまは慈愛の女性でいらっしゃるからありがたい、
自分の事は何よりも後回し、慈愛の美智子さま、
と、ひたすら、ありがたい教が続くんですよ。
TVでも北のショウグンサマの事を嘲笑していますけど、
あの報道とどこがどう違うんだか???

マザーテレサのような感じですかね?
質素を是としたマザーテレサって、
亡くなられた時も荷物は小さな巾着袋たった一つ、でしたよね。
美智子さまって、今も昔も着道楽ですよ?
ブローチもお好きですし、
いろんなブローチをお付けになってますよ?
日本が誇る皇后美智子さまは、
イメルダ夫人に勝てると信じてますから、ワタシ。

自分の意のままにならないものは、
とにかくあれもこれも、
ストレス!!ご心痛!!
そういう事はしっかりと伝わって来ました。

わざわざ心臓の検査を受けます発表して、病院へは陛下がお迎え。
お好きな音楽や絵画やらの鑑賞も公務としてお出まし。
陛下がご一緒の時は杖になってお支えになって、
そりゃあ、お疲れになられることと思います。
この前のコンサートで陛下は居眠りなさっていたんですよね。
(※記事では天皇陛下支えていらっしゃる、となっていました。)

美智子さまは、
やり残すことがないように、
頑張っていらっしゃるそうですよ。
(やり残していることはただ一つ!だと思うのですが。)

ワタシ、ありがたい教の信者ではないので
美智子さまの応援は出来そうにありません。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-22 22:29 | 皇室 | Trackback | Comments(22)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


やはり、秋篠宮ご一家です。

↓以下参考のため引用---------------------------
秋篠宮ご一家、沖縄戦語り継ぐ集いに出席
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H02_X10C15A8CR0000/
2015/8/17 12:19
 秋篠宮ご夫妻は17日、次女の佳子さま(20)、長男の悠仁さま(8)と共に東京・新宿のホテルを訪れ、終結から70年の節目を迎えた沖縄の地上戦について語り継ぎ、犠牲者をしのぶ集い「沖縄地上戦と子どもたち」に出席された。
 会場では、沖縄の小中学生が伝統芸能のエイサーや琉球舞踊を披露し、地上戦があった1945年に10歳だった女性が家族を次々に失った当時の体験を涙ながらに証言。悠仁さまは同世代の子供たちの演舞に拍手を送り「戦争は二度とあってはならない」と語る女性の体験談に、真剣な表情で聞き入られた。
 この集いはテーマを変えながら毎年、都内で催されている。秋篠宮ご一家もたびたび参加されており、悠仁さまの出席は昨年に続き2回目。〔共同〕
------------------------------------------
秋篠宮ご一家、沖縄戦追悼の集いに=東京
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&;k=2015081700300

 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(8)、次女佳子さま(20)は17日午前、東京都新宿区で、戦後70年に当たって企画された「沖縄戦終結70年・鎮魂と平和への祈り『地上戦と子どもたち』追悼の集い」に出席された。
 ご一家は会場の最前列で、沖縄の小中学生による「エイサー」などの琉球舞踊を鑑賞。沖縄戦犠牲者に黙とうをささげ、旧満州から沖縄に引き揚げた名城郁子さん(82)の体験談に続き、沖縄戦で生き残った玉木利枝子さん(81)の話に耳を傾けた。
 続いて沖縄出身の全盲のテノール歌手、新垣勉さんが沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」を熱唱。最後にご一家を含め、出席者全員でこの歌を合唱した。(2015/08/17-12:13)
------------------------------------------
秋篠宮ご夫妻、沖縄戦慰霊の集いに出席
http://www.asahi.com/articles/ASH8K2GQKH8KUTIL00Z.html
2015年8月17日12時39分
 秋篠宮ご夫妻は17日、東京・新宿の京王プラザホテルで、沖縄戦の巻き添えになった子どもらを戦後70年の節目に慰霊する集い「沖縄地上戦と子どもたち」に出席した。次女佳子さま、長男悠仁さまと黙禱(もくとう)し、犠牲者を悼んだ。

 沖縄の子どもたちによる琉球舞踊の後、父や兄らを亡くした玉木利枝子さん(81)が講演。悠仁さまはじっと耳を傾けていた。
------------------------------------------
皇室:秋篠宮ご一家、沖縄戦の集い出席
http://mainichi.jp/shimen/news/20150818ddm012040171000c.html
毎日新聞 2015年08月18日 東京朝刊
 秋篠宮ご夫妻は17日、次女佳子さま(20)、長男悠仁さま(8)と共に東京都新宿区内であった「沖縄戦終結70年・鎮魂と平和への祈り『地上戦と子どもたち』追悼の集い」に出席された。ご一家は沖縄の小中学生による伝統芸能のエイサーや琉球舞踊を鑑賞した後、沖縄戦犠牲者に黙とうをささげた。また、沖縄戦で家族を次々に失った玉木利枝子さん(81)の話に聴き入った。沖縄出身の全盲のテノール歌手、新垣勉さんが沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」を熱唱し、ご一家も合唱した。
------------------------------------------


佳子さま、悠仁さま 沖縄戦体験者の講演を熱心に…(2015/08/17 13:42)
秋篠宮ご夫妻と次女の佳子さま、長男の悠仁さまが沖縄の地上戦で犠牲になった人々を追悼する集いに出席されました。
 70年前の沖縄戦では、子どもを含む住民など20万人以上が犠牲になりました。東京・新宿のホテルで行われた「地上戦と子どもたち追悼の集い」に出席されたご一家は、黙祷(もくとう)の後、小中学生による琉球舞踊などをご覧になりました。小学3年の悠仁さまは、沖縄戦を10歳で経験し、家族全員を失った女性の講演を熱心に聞かれていました。また、佳子さまは会の終了後、関係者一人ひとりに「ありがとうございました」と話し掛けられていました。
------------------------------------------


秋篠宮ご一家、沖縄戦追悼行事に出席
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=2852867&;ctg=1
秋篠宮ご夫妻と佳子さま、悠仁さまは、17日午前、都内で、戦後70年にあたり、沖縄地上戦で犠牲になった子どもたちを追悼する行事に出席された。犠牲者に黙とうがささげられ、沖縄の子どもたちによる伝統芸能が披露された。当時小学生だった女性から、砲弾で目の前で家族が亡くなった体験談が語られ、佳子さま、悠仁さまも真剣な表情で聴かれていた=(C)NNN 2015年8月17日公開
↑ここまで------------------------------------------


d0176186_1101961.jpg


d0176186_1103639.jpg


d0176186_1105374.jpg


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-18 23:58 | 皇室 | Trackback | Comments(6)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


「さきの大戦に対する深い反省」
陛下のお言葉に、入りましたね。
これから、いかようにも使われるであろう言葉です。

↓以下参考のため引用---------------------------
終戦の日:天皇陛下おことば全文…全国戦没者追悼式
http://mainichi.jp/select/news/20150815k0000e040171000c.html
毎日新聞 2015年08月15日 12時08分
 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。
↑ここまで------------------------------------------


毎年、集まっている家族や親戚とTVの前で黙祷をするのですが、
今年は何とも複雑な思いになってしまいました。

場内アナウンスが流れた後、
標柱の前に進まれた両陛下でしたが、
陛下は「戦没者を追悼し」 とお言葉を読み始められ、
そこに「只今から正午の時報を合図に戦没者に黙祷を捧げます」と場内アナウンス、
続いて時報が。

みんな、ざわつきましたよ、、、。
だって。
陛下がお言葉をお読みになり、
正午の黙祷のアナウンスが、陛下のお声と被ってしまったのです。
まさか、陛下が手順をお間違えになられるとは、、、。
それにお言葉の一部も言い難かったご様子でした。
いつまでもお元気でいらっしゃることに、
当たり前のように思っていたけど、
陛下もお年を重ねていらっしゃるんだと、
改めて感じずにはいられなかったというか何というか・・・。

どうなさったんでしょうか。
陛下はお疲れが溜まっていらっしゃるのではないでしょうか。
大切に思っていらっしゃるこの日の前には、
平和のコンサートや二科展の鑑賞にお出掛け、
お疲れがあったのかもしれません。

黙祷の後で、「どうしはったんやろか」と話題になっていた時、
親戚の中学生の女の子が、
「もう年なんやし、皇太子さんが変わってあげたらええんちゃうの。
海水浴に行ってはるんやろ、暇やん。」と。
これには、一同、無言でうなづいたのでございました。


ところで。
式典には陛下と皇后さまが横並びで入場なさって、
どうして?と思ったら、
陛下が皇后さまの腕を取っていらっしゃったのでした。

弱々しいご様子の皇后さまは、今年もやはりお着物で。
お着物なのは、東日本大震災の慰霊の日に、
心臓手術直後の陛下に何かあったときお支えするために、
という理由だったと発表されたのに。
お着物をお召しの皇后さまを
陛下がお支えになっているのでは、あの説明は何だったのか、と。
皇室の正装は洋装なのに、皇后さまがこうして変革なさる。
陛下のお言葉にも皇后さまは低頭はなさいません。
「だから美智子さんは、、、」と皇太子妃の時代から言われるわけです。


テニスができる体力がおありで、
陛下がいらっしゃらない時は普通に歩いていらっしゃるし、
検査の時もお一人で歩いていらっしゃいました。
どうして陛下の後を歩かれないのでしょうか。
せめても奥と違って公の場では陛下ではなく、
女官が支えるか杖をお使いになるのではいけないのでしょうか。
陛下が皇后さまの腕を取られることに、
それは違うのではないかと、
昨日は特に思いました。

お疲れなのは、天皇陛下のほうではないのでしょうか。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-16 07:34 | 皇室 | Trackback | Comments(0)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


皇室にとって、一番大切であるもの。
その祭祀の事は一切書かれていない、この発表は何でしょうか。
ただの一言も触れられていないんですよ。

ひょっとして。
「公務に尽くされてきたこと」によるストレスは
祭祀ということになるのでしょうか。

↓以下参考のため引用---------------------------
皇后さま、ストレス軽減へ…宮内庁
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150813-OYT1T50121.html?from=ytop_ylist
2015年08月13日 21時47分
 宮内庁の風岡典之長官は13日の定例記者会見で、ストレス性の心筋虚血の疑いがあると診断された皇后さまについて、公務に尽くされてきたことが影響しているとの見方を示し、ストレス軽減のための対応方針を示した。
風岡長官は、皇后さま自身は普段の活動が負担やストレスになるとは話されていないとしつつも、長年公務に心を砕かれてきたことによる「体への影響は当然あると考えている」と、事務方としての見方を述べた。

 その上で、〈1〉日程の組み方を工夫して行事の間隔を空けるなど、活動や日常生活できめ細かい配慮を行う〈2〉音楽や絵画など私的活動にあてる時間を増やす〈3〉体調を注意深く観察し、変化を早期に把握するよう努める――と対応策を説明。ただ、公的行事の数自体を減らすことについては、「直ちには考えていない」とした。
↑ここまで------------------------------------------

祭祀以外は公務を減らされるのならまだ分かるのですが、
この発表の内容は、何だかよく分からないですわ。
しかも公務を減らさずに!?
では、何を減らされる、というのでしょうか。

これまででも頻繁にお出ましだった、
音楽やらの鑑賞を更に増やされるんですね、、、。
お好きな鑑賞だと、もちろんストレスもないし胸の痛みもないでしょうけど。
お年のこともありますし、
お好きな鑑賞をなさるのはいいと思います。
でも。
赤十字総裁も次代にお譲りになられない、ということですよね。
病気療養中と体調の波とやらでお休み続きの方ではなく、
紀子さまというしっかりとした副総裁がいらっしゃるというのに、ですよ。

長崎の原爆記念日に検査しますと発表されたときにも、
検査結果を受けてから、異常があれば発表でいいのにどうしてわざわざ?
と思ったものでした。
結果は、やはり投薬の必要もなく、ストレスによるものであろう、というもの。
それでも東大病院へは天皇陛下がお迎えに行かれるし、
もう、何だかなぁ、、、と。
皇太子さんが犬よりも後ろの荷物席に押しやられる映像を見ると、
腹立たしい思いがするんですけど、
天皇陛下が東大病院お迎えの映像も、かなりのものでしたわ。

その検査というのも。
>皇后さまは6月末頃から「ずんとする胸の痛み」を訴えられるようになり、
>当初は週に数回程度だったものが徐々に増加。
>1日に複数回症状が出るようになったため

こういう症状が出てのもの、でしたよね。
ただ、そのCT検査は発表から随分と先のことで、
緊急を要するものではないと言われてはいましたし、
結果も投薬の必要なし、というもの。

対応策によれば、
鑑賞系公務だとその「ずんとする胸の痛み」は来ない、ということですよね。
私的活動にあてる時間を増やすくらいですから。

そもそも。
皇太子さんのオペラ鑑賞もですが、
趣味の音楽鑑賞であっても公務っておかしくないですか?
お帽子もおかしいし、
ローマ法王を彷彿させるマントもおかしい。
もっとおかしいことのあれこれ。
ひょっとして。
歴代皇后が受け継いで来た三連ダイヤモンドのネックレスとか、
見事なティアラとか、
どこへ行ったんですか?
という疑問も含め、
これはネットからの声封じ込め策の一環でしょうか。


いずれにせよ、これからは、
皇后陛下がお出ましになられるときには、
鑑賞系公務以外は、「ずんとする胸の痛み」に苦しまれていないか、
ハラハラしながらのお出迎えになりますね。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-13 23:58 | 皇室 | Trackback | Comments(2)
ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


心配していたのですが、退院されたんですね。
良かったです!!

↓以下参考のため引用---------------------------
常陸宮さま 退院
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150811/k10010185901000.html
8月11日 14時09分
天皇陛下の弟の常陸宮さまは、発熱の症状が見られたため、東京都内の病院に入院していましたが、
体調が回復したことから、11日退院されました。
常陸宮さまは先月31日、37度台から38度台の発熱の症状がみられたため、東京・渋谷区の病院に入院されました。
宮内庁によりますと、常陸宮さまは肺炎と診断されましたが、病状は比較的落ち着いて推移し、
点滴や投薬などによって平熱に戻るなど体調が回復したということで、11日午前、11日ぶりに退院されました。
常陸宮さまは、妃の華子さまとともに、来週から2週間余り栃木県の那須で静養される予定だということです。
------------------------------------------
常陸宮さまが退院=肺炎の症状回復
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000048-jij-soci
時事通信 8月11日(火)12時13分配信
 宮内庁は11日、発熱のため7月31日から日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)に入院していた常陸宮さま(79)が、肺炎の症状が回復したため、11日午前に退院されたと発表した。
 常陸宮さまは天皇陛下の弟。
 同庁によると、入院当初に38度台の熱とせきの症状があり、検査で肺炎と診断された。点滴や投薬による治療の結果、症状が回復したという。 
↑ここまで------------------------------------------
※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150811-00000048-jij-soci


そして。
安心安定の秋篠宮両殿下です。
それにしても、お忙しい。。。
↓以下参考のため引用---------------------------
秋篠宮ご夫妻、ブラジル移住関連施設を視察 神戸
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201508/0008295165.shtml
2015/8/11 19:10
 日本とブラジルの外交関係樹立120周年に合わせ、10月から11月にかけてブラジルを訪問される予定の秋篠宮ご夫妻が11日、大阪空港経由で神戸入りし、ブラジルへの移住の歴史を伝える神戸市中央区の「市立海外移住と文化の交流センター」を視察された。

 同センターは、神戸港から海外移住する人たちが出港前に滞在する場所として、1928年に建設された国立移民収容所(その後、神戸移住センターに改称)を博物館として再整備し、2009年に開設された。

 秋篠宮ご夫妻は、同センターの常設展を監修した中牧弘允・国立民族学博物館名誉教授の説明を受けながら、海外移住の歴史を伝えるパネルや展示物を見て回られた。秋篠宮さまは説明にうなずきながら、大正から昭和初期の神戸の写真に目をとめ、紀子さまと小声で感想を話し合われていた。

 ご夫妻は同日午後、帰京された。(森本尚樹)
d0176186_12462716.jpg

------------------------------------------
秋篠宮ご夫妻 移住施設視察
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2024037361.html
08月11日 19時27分
秋篠宮ご夫妻は、40年あまりにわたって日本からブラジルなど海外へ移住する人たちの拠点となった
神戸市の施設を視察されました。
秋篠宮ご夫妻は11日午前11時すぎ神戸市中央区にある「神戸市立海外移住と文化の交流センター」に到着されました。
この場所には、昭和3年に日本から海外へ移住するための拠点となる施設がつくられ、
その後40年あまりの間におよそ20万人の日本人がブラジルなど南米の国々に移住しました。

 施設は6年前に移住の歴史などを伝えるセンターとして整備され、
ご夫妻は当時の施設の写真や移住者を送り出した神戸港とその周辺の地図などをご覧になりました。
ご夫妻は、展示1つ1つの特徴についてメモを取るなどして熱心に説明に耳を傾けられたということです。
↑ここまで------------------------------------------


これはいかがなものかと思ってしまった記事。

皇后さまは投薬もなしで経過観察だったのですから、
心配するのは天皇陛下のこと。

天皇陛下は心臓手術もなさったことですし、
お身体に触りますから、
エアコンはお使いになって下さい。
お願いですから!!!

↓以下参考のため引用---------------------------
美智子さま エアコン控えめ生活によるご負担を心配する声
http://www.news-postseven.com/archives/20150810_341022.html
2015.08.10 07:00
 うだるような暑さのなか、皇后美智子さま(80才)のご公務は多忙を極めている。8月3日のイタリア首相夫妻との懇談、5日の日本赤十字社の記章授与式、11日は広島交響楽団の「平和の夕べ公演」をご鑑賞、そして15日には全国戦没者追悼式に出席される。徐々に頻度が増す胸の痛みを抱えられてなお、ご公務をお取りやめになる予定はない──。

 宮内庁が、美智子さまに「心筋虚血」の疑いがあると発表したのは、7月29日のことだった。6月末頃から胸の痛みを訴えられ、7月24日に心電図検査を行ったところ、今回の所見が認められた。

「心筋虚血とは、動脈硬化などによって心臓の冠動脈の血流が悪くなり、心臓を動かす筋肉が血液不足に陥ることをいいます。血液が不足した状態が続けば、狭心症や心筋梗塞といった重大な心疾患につながる危険性もあり、とくに高齢のかたにとっては楽観視できない症状でもあります」(医療関係者)

 天皇陛下も、2011年の定期検診で心筋虚血の症状が見られ、翌年心臓のバイパス手術に踏み切られた。美智子さまは8月9日に東大病院での精密検査を受けられる。そして、ある宮内庁関係者は「ご体調が芳しくないなか、御所での生活ぶりが、さらなるご負担になってしまっているのではないか」と危惧する。

「記録的な暑さが続く今夏の東京において、両陛下は極力エアコンを使用されない生活を続けられています。両陛下はこの厳しい暑さのなか、扇風機のわずかな涼をとって生活されているのです。

 きっかけは東日本大震災でした。両陛下は千代田区の計画停電の時間に合わせ、1日約2時間、照明や空調を使用しない“自主停電”を実践されていました。それから4年経った今でも、冬場の暖房はもちろん、夏場のエアコンの使用も控えていらっしゃるのです」(宮内庁関係者)

 周囲を緑に囲まれ、比較的風通しがいい御所にお住まいとはいえ、近年の酷暑は美智子さまのお体には大変堪えるだろう。

※女性セブン2015年8月20・27日号
↑ここまで------------------------------------------


いつものように女性週刊誌は「~ではないでしょうか。」と
人気の佳子さまを絡めたいう記事を書いてます。
でも、、、。
愛子さまは???
皇后さま、愛子さまのことはどうお思いなんでしょう。
皇后さまはこういった記事もすべて目を通されているんですし、、、。

↓以下参考のため引用---------------------------
戦後70年」の節目に――
美智子さまと佳子さま、祖母から孫への「経験と記憶」の継承

http://www.jprime.jp/tv_net/imperial_household/16688
2015年08月06日(木) 16時00分
〈週刊女性8月18・25日号〉
「昨年の8月下旬、両陛下は長野県軽井沢と群馬県草津でご静養を予定していました。軽井沢では、お忍びで同地を訪れていた秋篠宮ご夫妻と悠仁さまも合流される計画でしたが、広島県の豪雨被害で中止になりました。そこで美智子さまは、今年こそ、昨年も予定していた軽井沢の大日向開拓地に佳子さまや悠仁さまをお連れして、戦争に翻弄された人たちの生の声を聞いてほしいと思われているはずです」(両陛下に近い関係者)

 8月の終わりごろ、実は公務以外にも美智子さまにとって大切なお出ましがに予定されている。大日向開拓地は、開拓移民団として1940年ごろまでに旧満州に渡り、終戦後に軽井沢に入植した大日向村(現在の佐久穂町)の住民764人が開拓した地域。

 戦後、昭和天皇も訪問し、皇太子時代の陛下や美智子さまもたびたび訪問されている。美智子さまにとり、軽井沢は陛下と出会った「思い出」の場所であり、心をお寄せになる人々が住む特別な場所だ。

「両陛下は大日向への思い入れが強く、幼い礼宮(秋篠宮)さまや紀宮さま(黒田清子さん)を夏の間、現地の保育園へ通わせていたこともあったほどです」

 そう話すのは長年、皇室を取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。

「美智子さまは戦後60年の節目の那須静養中に、満州からの引揚者が切り開いた千振開拓地に眞子さまを同行させたように、今回は佳子さまや悠仁さまを大日向にお誘いになるつもりだったかもしれませんね」(渡辺さん)

 そんな「平和の教え」を、ご自身の不調で中止することになれば、美智子さまはさぞ残念な思いをされることになるだろう。折しもこの夏は、皇太子ご夫妻の長女・愛子さま(13)が両親に連れられ、都内にある『昭和館』で、終戦を迎えた激動の1945年の様子を紹介する特別展などをご覧に。

 佳子さまも『はがきで綴る戦争の記憶─千の証言展』を訪問し、戦争体験を活字や映像で記録するプロジェクトに寄せられた、はがきや証言にまつわる品物をご覧になっている。さらなるお出ましがあることを明かすのは、秋篠宮家関係者。

「佳子さまと悠仁さまは8月中に、皇太子ご一家が見学された『昭和館』の訪問と、沖縄戦に関連した式典にも出席することを検討しているとのことです」

 かつて、経験と記憶の「継承」の大切さを訴えられたこともある美智子さま。「戦後70年」の節目に、皇室の若い世代にお伝えしたいことがあるなか、どのような胸中なのか─。”胸の痛み”についても、検査結果が大事とならず、2年ぶりの軽井沢のご訪問が実現することを祈るばかりだ。
↑ここまで------------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-11 23:58 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise