2015年 08月 12日 ( 4 )

鳩山元首相がひざまずいて謝罪。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


こんな人でも日本国の元総理なんですよね。
情けない・・・。


一刻も早く、外患誘致罪の適用を!!

↓以下参考のため引用---------------------------
ひざまずいて謝罪 韓国で鳩山元首相
http://www.sankei.com/world/news/150812/wor1508120035-n1.html
2015.8.12 16:24更新
 【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は12日、ソウル市内にある西大門刑務所の跡地(西大門刑務所歴史館)を訪問した。同刑務所は、日本の朝鮮半島統治時代に独立活動家らが収監されていた場所で、韓国では“抗日”の象徴。現在は独立活動家らの「苦難の歴史」が、写真や資料で館内に展示されている。
 30分あまりにわたって館内を見学した鳩山氏は、独立活動家らをしのぶモニュメントに献花した。さらに、鳩山氏は靴を脱ぎ、膝を屈したうえ、モニュメントに向かって手を合わせ、ぬかずいた。
 この後、記者会見した鳩山氏は、「元日本の総理として、ひとりの日本人、人間としてここに来ました」と述べた。その上で、「日本が貴国(韓国)を植民統治していた時代に、独立運動家らをここに収容し、拷問というひどい刑を与え命を奪ったことを聞き、心から申し訳なく思っている。心から申し訳なく、おわびの気持ちをささげていきたい」と謝罪の言葉を繰り返した。

d0176186_8342893.jpg
モニュメントに献花し、膝をついて合掌する鳩山元首相=ソウルの西大門刑務所跡地(名村隆寛撮影)
↑ここまで------------------------------------------

こんなトンデモ人物が首相になった事を忘れてはいけません。
マスコミによる、異常な民主党ageはついこの前でした。
今もマスコミは頑張ってますよ!
二度と騙されてはいけません。

d0176186_834470.jpg

d0176186_834462.jpg

d0176186_8351684.jpg

d0176186_8353359.jpg


d0176186_233504.jpg





↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-12 23:04 | 売国政党民主党 | Trackback | Comments(0)

占領政策の真実、間違いに気付いていたマッカーサー。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


知ってた、と思われるかもしれませんが。

この情報を知ってる人には当たり前のことでも、
知らない人はまだまだ多いというのが現実なんですよね。

日本人全員にこういった史実や公開文書の存在を知らせる事が
一番大切だと思います。
おかしな左巻きを無くすには、まずここから。

↓以下参考のため引用---------------------------
【戦後70年と私】占領政策の真実 間違いに気付いていたマッカーサー ケント・ギルバート氏
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150807/dms1508071550004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150807/dms1508071550004-n2.htm

2015.08.07
 70年前の終戦直後、日米関係は、お互いが完全な対立軸からスタートした。

 米国は、大日本帝国とは、軍国主義の独裁者が神道という宗教を利用して国民を統率する、非民主的国家であり、世界征服をたくらむ野蛮で好戦的な民族の国だと考えていた。

 日本の占領政策、言い換えれば「保護観察処分」は、危険な日本を制度面と精神面の両方から矯正する趣旨で始まった。

 東京裁判(極東国際軍事裁判)を通じたABC級戦犯の処罰や、戦争の贖罪(しょくざい)意識を植付ける「WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)」、日本国憲法第9条も一貫した趣旨に基づいている。

 しかし、朝鮮戦争が起きたころには、GHQ(連合国軍総司令部)最高司令官のマッカーサー元帥は、根本的な間違いに気付いていた。米国が戦うべき敵は日本ではなく最初からソ連であり、日米戦は不必要だったのだ。

 強い日本軍が、野蛮で危険なソ連の脅威からアジアの平和を守っていた。米国は間抜けな勘違いのせいで、日本軍を完全に解体してしまった。これが今日まで続く、米軍日本駐留の根本原因である。

 最高司令官を解任されて帰国したマッカーサー元帥はワシントンに呼ばれ、1951年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で証言した。

 「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security(=日本が戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだった)」と。

 日本が始めた大東亜戦争は侵略戦争ではないという意味だ。戦後体制の大前提を根底から覆す、このマッカーサー証言の存在すら知らない人が日米両国とも圧倒的多数である。

 占領下の日本には「プレスコード」(=GHQによる言論統制。『連合国や連合国軍への批判』など禁止事項を厳格に列記した)があったので、このニュースを取り上げることはできなかった。

 しかし、終戦70年を目前にした現在も、日本の首相経験者や与野党の要職者が、「安倍晋三首相は70年談話で日本の侵略戦争をわびろ」などと、無知蒙昧(もうまい)ぶりを披露している。

 70年間に、日米ともさまざまな機密文書が公開され、過去の多くの常識が、今では非常識になった。

 開戦前の日米和平交渉の経過や、当時のルーズベルト大統領が議会承認を得ずに「ハル・ノート」という最後通告を日本に突きつけた事実は、米国人にも隠されていた。

 ハル・ノートの草案を書いたハリー・ホワイト財務次官補は、後に「ソ連のスパイ」だとバレて自殺した。日米開戦支持の議会演説を行ったハミルトン・フィッシュ下院議員は、すべての真実を知って大激怒。自分の演説を恥じ、「ルーズベルト大統領を許せない」と死ぬまで言い続けた。

 戦後70年の節目を機に、日本人のみなさんには、日米関係のみならず、国際情勢全般について、最新情報へのアップデートをお願いしたい。
↑ここまで------------------------------------------


そして、かの国と言えば。

↓以下参考のため引用---------------------------
トルーマン大統領が長崎への原爆投下を後悔、米国が書簡公開・・韓国ネットは「後悔すべきではない」「原爆が無ければ韓国は…」
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/426011/
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/426011/2/
2015年08月12日
韓国・聯合ニュースは11日、米国のトルーマン元大統領が1945年8月9日の長崎への原子爆弾投下を承認した直後、後悔する心境を示した書簡が公開されたと伝えた。

記事によると、書簡はトルーマン大統領が長崎への原爆投下を承認後に民主党のリチャード・ラッセル上院議員に送ったもの。米国立公文書記録管理局が第二次世界大戦終結70周年に合わせ、10日に公開した。

トルーマン元大統領は書簡の中で、「個人的には、一国の指導者の“強情”のために集団を全滅させる必要性があるのか、明らかに後悔している」と心境を吐露していた。また、「一つ言っておくが、私は原爆が全体に必要でない限り、使用しない」と日本を降伏させるためにやむを得ない措置であることを強調。さらに「ソ連が戦争に介入すれば、日本は非常に短期間で降伏するだろう」とも記していた。

トルーマン元大統領は「私の目的は、できるだけ多くの米国人の命を救うこと」とする一方、日本に対しては「日本の女性と子供たちには人間として同情を感じている」「私は日本が非常に残酷で野蛮な戦争国家だと知っている。だが、我々も彼らと同じように行動しなければならないとは思わない」と複雑な心境を抱いていることを明かしている。

書簡を送られたラッセル議員は、原爆投下2日前の8月7日にトルーマン大統領に、「もし我々が、(日本を無条件降伏させるのに)十分な数の原爆を保有していないなら、原爆ができ上がるまで、TNT爆弾でも焼夷弾で攻撃を続ける必要がある」などと、日本への徹底的な攻撃を促す電報を送っていた。

一方、トルーマン元大統領の孫のクリフトン・トルーマン・ダニエル氏は今年6月、聯合ニュースのインタビューに対し「祖父のトルーマン大統領は広島と長崎の原爆被害の惨状に大きな衝撃を受け、このために朝鮮戦争時に原爆を使用しなかった」と証言している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「凶悪な戦争犯罪を起こして知らないふりで通す安倍を中心とした極右日本は人間ではない」

「トルーマンが後悔してるとしても、我々やアジア諸国はおかげで独立できた」

「原爆がなければ、韓国は独立できなかった。いまだに日本の植民地で奴隷にされていたらと思うとゾッとする」

「後悔すべきではない。人類を救った行動だった。日本は原爆がなかったら世界中でもっとひどい戦争犯罪を起こした」

「日本は負けると知りながらも、自国民を特攻隊として戦わせ、沖縄で陸地戦もいとわなかった。国民の命を大切にしなかった」

「世界で最も残酷な日本人。いつまた牙をむくか分からない」

「原爆は後悔して当然。だが、原爆がなかったら日本は自国民と他国民を死に追いやり続けたはず」

「日本は今も野蛮な国家」

「原爆が落ちても戦争犯罪を反省しない日本」

「戦争が起きたら、最大の被害者は女性と子供。日本国民はこの事実を忘れてはならない」

「米国は反省をするが、日本はいっさいしない」
↑ここまで------------------------------------------

>トルーマン元大統領は「私の目的は、できるだけ多くの米国人の命を救うこと」

プルトニウム型とウラン型を使って人体実験をしたくせに何を(怒)、、、
と、読み進めるとこれですから。
(トルーマンに対してはあえてここでは言及しないでおきます。)
これぞ韓国人。
もうね、分かり合えるとかは無理なんです。
こういうこともしっかりと知って欲しいです。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-12 16:48 | 日本への思い | Trackback | Comments(0)

雅子さまのお世話係新トップ就任で美智子さまのご負担軽減になる、とか。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


これって、次代への布石ってことでしょうか。

↓以下参考のため引用---------------------------
雅子さまのお世話係新トップ就任で美智子さまのご負担軽減に
http://www.news-postseven.com/archives/20150812_341088.html
2015.08.12 07:00
「心筋虚血」の疑いがあると診断された皇后美智子さま(80才)。6月末頃から胸の痛みを訴えられ、7月24日に心電図検査を行ったところ、今回の所見が認められた。

 お体を心配する声も多いなか、戦後70年の節目となる今年、これまで以上に強い思いとともに公務をこなされてきた美智子さまだが、永らく1つの心配事を内に秘められてきた。2004年7月に宮内庁が“適応障害”と発表してから、11年にわたって療養生活を送られている雅子さまのことだ。

「美智子さまのご年齢やご体調を考えても、今後、雅子さまへ期待される役割は大きい。本格的な公務復帰への道筋が不透明ななか、なんとか雅子さまをサポートできる体制を、とずっと願われてきたのです」(宮内庁関係者)

 そんな美智子さまの思いと重なるように、7月31日、雅子さまのお世話係のトップである東宮女官長に、西宮伸一元中国大使夫人の西宮幸子さん(58才)が就任することが閣議決定された。

 女官長は、基本的に雅子さまのすべての公務に同行し、かつTPOに合わせて雅子さまの振る舞いやお召し物のアドバイスもするという、経験や知識を求められる重要な役回りだ。

「海外での公務もあるため、必然、外交官夫人など海外経験豊富なかたが務める傾向にあります。加えて昼夜を問わず雅子さまにお仕えするため、独身で、子供も独立しているといった暗黙の条件もあるんです」(東宮職関係者)

 実際、前任の木幡清子さんは、シリア大使だった木幡昭七さんの未亡人。西宮さんの夫も、2012年に急逝している。

 ところが、2011年に木幡さんが退任して以降、実に4年半もの間、東宮女官長の席は空いたままだった。皇室ジャーナリスト・神田秀一氏はこう解説する。

「女官長に4人の女官が加わった5人が雅子さまのお世話をするというのが本来の体制です。それに反して女官長のポストが4年半空席というのは異例中の異例のことでした。しかし、雅子さまのご活動自体が少なかったために、大きな支障はないままきてしまっていたのです。一方で、雅子さまが本格的に公務に復帰されるとなれば、人手が足りなくなることが容易に予想されていました。そのため喫緊の新体制が求められていたのです」

 今年5月には、こどもの日の公務を両陛下から引き継がれ、7月に皇太子さまと訪問されたトンガでは、当初予定されていなかった在留邦人との懇談にも急遽出席された雅子さま。確実に快方へと向かわれている。神田氏が続ける。

「雅子さまが公務に積極的になられ、かつその雅子さまを支える女官たちの体制も整いました。美智子さまにとっても、長年の気がかりが払拭され、ご安心なさっているのではないでしょうか」

 雅子さまへのサポート体制こそ、美智子さまへのサポートにつながる。

※女性セブン2015年8月20・27日号
↑ここまで------------------------------------------

>永らく1つの心配事を内に秘められてきた。
なんとか雅子さまをサポートできる体制を、とずっと願われてきた
皇后さま、心配事はそこ、ですか・・・。
それよりも、国民の不安を払しょくするサポートのほうを願って頂きたいです。

>「雅子さまが公務に積極的になられ、かつその雅子さまを支える女官たちの体制も整いました。美智子さまにとっても、長年の気がかりが払拭され、ご安心なさっているのではないでしょうか」

ちょっとトンガへ行けたから、というだけで、
雅子さまが公務に積極的になられた、って言われましても。
ねぇ。

嫌な予感がまた・・・。
「雅子さまは皇后になった途端、元気になられる」と
かつて西尾先生が仰っていたことが脳裏を霞める・・・。
何たって、か弱き雅子さまはとってもとってもお元気なんですから。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-12 16:17 | 東宮家。雅子さま。 | Trackback | Comments(2)

あれから30年。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


520人もの人がお亡くなりになった日航機墜落事故。
あれから30年が経ちました。

30年前のあの夜。
ニュース速報で見たカタカナの名前に、
ぞっとして、、、。
みんなで、ただただ祈っていたあの夜。

奇跡の4人が救出された時には、
きっとまだあそこで生きているに違いない、
みんなで希望を抱いて、、、。

家族ぐるみで親しくさせて頂いていたお姉ちゃん。
海外留学から久し振りに日本に帰国し、
あの飛行機に乗られたのでした。
キャンセルが出て一便早い時間のチケットが取れたから、と。
少しでも早く家族に会いたいから、と。

みんな、助かると信じてライフジャケットを着ていたのに、、、。
旋回し続けた30分以上もの間、どれほどの恐怖だったのかと。

あの日。
お別れの日も、
暑い暑い日でした。
お葬式には、それは多くの人が参列して、、、。

優しくて気が利いて勉強も良く出来る人で。
これからの輝く未来があった人で。
どれほど、悔しかったことでしょうか。
でも。
あの時から止まったまま、
家族の方達の生活はガラッと変わってしまって。

当時、芦屋大丸からは黒のストッキングが売り切れたと聞きました。
○○さんの社長さんは、乗り遅れて新幹線に飛び乗っていて助かった、
良かった良かった、
そう聞くと、胸の奥がきゅっと締め付けられるような思いがしたものです。

腕時計も動いていて。
外国からのお土産の陶器の可愛い置物も割れず。
奇跡的に助かった方のあの日の手記を読むと、
まだ、生きていた人が他に何人かはいた、と。
どうしてもっと早く助けに行って貰えなかったのか、、、。
米軍からの支援要請を受けていたら、ひょっとして。
何年経ってもそう思ってしまう日です。
あの場所では仕方がない、そう分かっていても。

圧力隔壁の修理ミス。
でも、ボーイング社の修理担当が日本に来てくれない、
修理担当の名前は公表出来ない、となったあの時にも。
こんな大惨事だというのに協力しないなんて、
強く言えないなん日本はこれだから、
そう思うと悔しくて仕方がありませんでした。
多くの人が犠牲になった事故なのに、不起訴とは、、、。


幼い私を可愛がってくれた人でした。
今も優しい声と笑顔しか思い浮かびません。
何年経とうとも、忘れずにいますから。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-08-12 15:37 | 気持ち | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る