2015年 07月 22日 ( 1 )

防衛白書2015と「天皇陛下の談話」発表の危機感。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


TVや街角から聞こえて来る、「戦争法案反対!」の声。
戦争法案て何よ!?
勝手に名称変更して、煽ってるし(怒)

強行採決なんてモノはないのに、
「強行採決!反対!」とか言って・・・。

TVだけでなく、週刊誌には、
皇后陛下が「平和は私が守る」と書かれていたりする日本。
何ともおかしい流れだと思いませんか?

憲法9条が何かしてくれますの?
平和教をただ一心に唱えていたら、
日本はどこからも攻められないと?

↓以下参考のため引用---------------------------
中国の海洋進出「高圧的」…防衛白書で危機感
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150721-OYT1T50063.html
2015年07月21日 13時26分
 政府は21日午前の閣議で、2015年版「防衛白書」を了承した。

 軍備増強と海洋進出を続ける中国が「自らの一方的な主張を妥協なく実現しようとする姿勢を示している」との認識を新たに盛り込み、東・南シナ海での活動拡大に強い危機感を表明している。

 白書は、中国の積極的な海洋進出を「高圧的」と批判するとともに、今後も拡大の可能性があると警告した。東シナ海では、沖縄県・尖閣諸島周辺の中国公船による領海侵入がルーチン化(常態化)しているとの分析を初めて示した。

 中国が日中中間線付近で進めている新たなガス田開発問題については、「新たな海洋プラットホームの建設が確認されており、わが国から繰り返し抗議し、中止を求めている」と明記した。南シナ海については、「スプラトリー(南沙)諸島の七つの岩礁で急速かつ大規模な埋め立てを強行し、一部では滑走路や港湾を含むインフラ整備を推進している」などと詳述した上で、「周辺諸国との摩擦が表面化し、国際社会から懸念が示されている」と指摘した。

d0176186_170343.jpg

↑ここまで------------------------------------------


↓以下、転載----------
2: 名無しさん@1周年
核武装はよ

4: 名無しさん@1周年
南シナ海のシーレーンを封鎖されたら、
原油の輸送費が10%上がるとかあるからなぁ。

危機感のない奴は、そういう情勢が理解できないんだよな。

6: 名無しさん@1周年
シーレーンは日本の命綱だからな

7: 名無しさん@1周年
防衛白書に韓国が抜けているぞ

25: 名無しさん@1周年
>>7
戦争しても3時間で終わる練習台は数えなくてよろしい。

10: 名無しさん@1周年
日本のタンカーの航路になってるし
どげんかせんといかん

11: 名無しさん@1周年
スカボロー辺りを埋め立てられても、左巻きは既知の事としてスルーするんかねw

12: 名無しさん@1周年
抗議以上ののことをやったら
即開戦だな

14: 名無しさん@1周年
「危機感」と「危機」は違うことを認識しないといかん
「危機感」は、疑心暗鬼から軍備増強、やがては戦争に至る

15: 名無しさん@1周年
最近は個別自衛権を有してさえいれば
実際の防衛能力は関係なく自国を守ることが可能らしい

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437460841/

↑ここまで------------


もやもや、モヤモヤ・・・。
でも。
安倍首相は、やっと、謝り続けることに終わりを告げてくれるのね!
と、ほっとしたワタシでした。
(が、、、。)

↓以下参考のため引用---------------------------
戦後談話、8月上旬にも=政府検討、終戦記念日避け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00000123-jij-pol
時事通信 7月9日(木)18時50分配信
 政府は9日、安倍晋三首相が今夏に出す戦後70年談話について、8月15日の終戦記念日を避け、同月上旬にも発表する方向で検討に入った。終戦の日に天皇陛下がお言葉を述べられることへの配慮とともに、内容の事前調整を求める与党側に対し、早めの発表で首相の主導権を確保したいとの思惑があるとみられる。
 首相は、政府の有識者会議「21世紀構想懇談会」が7月中にまとめる報告書を参考に、談話の内容を詰める。戦後50年の村山富市首相談話、同60年の小泉純一郎首相談話はともに終戦記念日に閣議決定して発表されたが、菅義偉官房長官は9日の記者会見で「時期は首相が適切に判断する」と説明。政府高官の1人は「8月初旬に発表する可能性もある」との見通しを示した。
 首相は7日、公明党の山口那津男代表に、談話作成に当たって「公明党と相談する」との意向を伝えた。ただ、首相は「未来志向」を前面に出し、過去の談話が明記した「おわび」の表現は盛り込まない意向を固めている。与党との事前調整が難航することも予想されるが、政府側は「最後は首相が決める。たくさんの人と調整することはない」と長引かせたくない考えだ。 
↑ここまで------------------------------------------

ずっと続けられている慰霊の旅。
ご静養先でもご静養に専念なさらず、
開拓団や引揚者の方達にお会いになる両陛下。

不敬ながらも、ニュースを見ては
何かが違うと思うのですが?・・・と。

でも。
これはあきませんわ。
見過ごすことは出来ません。

↓以下参考ため一部引用---------------------------
成功すれば、支持率20%上昇は間違いない!安倍政権が画策する「金正恩との首脳会談」→「拉致被害者奪還」のシナリオ
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150718-00044239-biz_gendai-nb
現代ビジネス 2015/7/18 06:02

実に深刻な数字

 安倍晋三首相が自らの政治生命を賭ける安全保障関連法案は7月16日午後、衆院本会議で自民、公明の与党と次世代の党などが単独で採決を強行・可決し、参院に送付された。

 前日の衆院平和安全法制特別委員会(委員長・浜田靖一元防衛相)での強行採決・可決ともども「戦後の歩み 覆す暴挙」(『朝日新聞』16日付朝刊の社説)であったのか否かは本稿で問わない。

 “政局ジャーナリスト”でもある筆者は、「11法案 深まらぬ116時間―首相突進 異論に背向け」(同紙2面と3面ぶち抜きのヨコ大見出し)が安倍首相の今後の政権・国会運営に与える影響を深堀りしてみたい。

 直近3つのメディアの世論調査(内閣支持率)で2012年12月の第2次安倍政権発足後初めて支持と不支持が逆転した。『毎日新聞』(4~5日実施):支持42%、不支持43%、『朝日新聞』(11~12日実施):支持39%、不支持42%、NHK(同):支持41%、不支持43%――。安倍官邸にとって、実に深刻な数字である。

 安全保障関連法案審議は今後、参院に舞台を移して行われる。当初は、衆院の強行採決に反発する野党各党が審議に応じない(“寝る”)ので空転するのは必至であり、設置される参院平安法特別委員会(委員長は鴻池祥肇元防災担当相)での審議入りは月末になる。

「天皇の談話」に神経質になる官邸

 8月中旬から9月中旬にかけて本格的審議がヒートアップするはずだが、注視すべきことは、9月下旬まで含めた同時期に安倍政権にとって厄介な問題が待ち受けていることだ。

 即ち、(1)8月10日、九州電力の川内原発が再稼働する(2)同10~14日、安倍首相の「戦後70年談話」が発表される(「首相談話」ではなく個人として発表する「首相の談話」)(3)同20日、岩手県知事選告示(4)9月6日、同知事選の投開票(5)同20日、自民党総裁選告示(6)同26日、安倍首相の国連総会演説(7)同27日、通常国会閉会(8)同30日、自民党総裁選の投開票(9)同月末までに北朝鮮による拉致被害者の安否再調査報告――である。

 実は、この期間中に重大な案件がある。大手メディアは全く報道していないが、天皇陛下が戦後70年の節目の終戦記念日である8月15日に「天皇の談話」を発表するのである。

 「首相の談話」には、安倍首相の強い意向から先の大戦についての「お詫び」と「植民地支配」という文言は盛り込まれない。天皇が「政治的な発言」を行うことは厳に慎むことになっているが、万が一、「天皇の談話」に中国と韓国へのお詫びが盛り込まれたら、いったいどのような反応が出来するのか? 
 結果として、「首相の談話」が「天皇の談話」によって全否定されることになるのだ。官邸は今、表沙汰にしてないが、実は「天皇の談話」に超神経質になっている。
↑ここまで-------------------------------------------


>天皇陛下が戦後70年の節目の終戦記念日である8月15日に「天皇の談話」を発表
これは・・・。
またもや、謝罪でしょうか・・・。
嫌な予感しかしませんし。
韓国訪問を諦められたかと思っていましたのに。

軍艦島の世界遺産登録も吹っ飛び、
頭の中が真っ白です。

皇室の危機というより、
皇室の内部からの崩壊の始まりではないでしょうか。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-07-22 23:18 | 日本への思い | Trackback | Comments(6)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る