2012年 08月 30日 ( 1 )

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

だって、日本人の気持ちを理解出来るような教育をされずに、
ただただ、「日本を恨む」という洗脳教育をされて来た人達なのですから。

これは、マスコミによって洗脳されちゃった日本人の方達に、
ぜひとも読んで頂きたいなぁ、と思った記事です。

高崎経済大学教授・八木秀次 日本人の怒り理解できぬ韓国人
↓以下参考のため引用------------------------------
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120830/kor12083003290001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120830/kor12083003290001-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120830/kor12083003290001-n3.htm
2012.8.30 03:29 (1/3ページ)(2/3ページ)(3/3ページ)[正論]
 韓国の李明博大統領が、「(天皇陛下が)韓国を訪問したいのなら、独立運動で亡くなった方々に対し心からの謝罪をする必要があると(日本側に)伝えた」と発言したことについて、韓国メディアの記者から取材を受けた。

 ≪天皇を最高政治権力者と誤解≫

 東日本大震災の被災地や、被災現地を訪問された天皇皇后両陛下について取材した経験から、李大統領の発言は竹島や慰安婦の問題とは次元の異なる、触れてはならない日本人の神聖な部分に触れたような思いがする、解説してほしい、という趣旨であった。

 韓国では王室がなくなって久しいこともあって、天皇を政治権力の最上位の存在と理解している。韓国で天皇を「日王」と呼ぶのはそのためで、李大統領もそのような認識で発言したはずだ-。記者は、そう問いかけてきた。

 私は、天皇はそうではなく、国家・国民のために「祈る存在」である、と強調した。天皇は実際の政治とは遠いところから、国民生活の安寧や国家の発展、世界平和を祈る宗教的な存在であり、そして、そのような立場からその時々の権力者に対し、その地位を認める存在であると説明した。

 大震災を取材して、記者には思うところがあったようだ。韓国人は古くから外国の侵略と戦ってきたのに対し、日本人は古来、島国ゆえに外国からの侵略はほとんどなく、自然災害と戦ってきたのだなと実感したという。そして、絶えず自然災害にさらされている日本では、国民生活の安寧を祈る天皇のような存在が必要なのだと納得するようになった。日本人にとってはそのような存在である天皇を、大統領発言は侮辱したのではないか。だとすれば、これは大変なことをしてしまったのではないかと心配になっている、と。

 ≪李大統領は発言を撤回せよ≫

 大統領発言は日本人が普段は意識していないにせよ心の内では一番大事にしている神聖な部分を汚してしまった、と私は指摘した。日本には、多くの国民が天皇のために大事な生命を捧げて来た歴史があり、先の大戦がそうだった。日本人は韓国人と違って、感情を表に出さず、感情の起伏も激しくない。大統領発言は、その大人しい日本人を決定的に怒らせたのではなかったか、と述べた。

 日本では老舗が多いのを知っているか、と問い返しもした。百年以上続く店や企業は10万以上、千年続く会社もある。その間、技術が伝承されている。勤勉でこつこつ努力し、努力はやがて報われると考える国民性もある。それはどうしてかお分かりか、と。

 そのうえで、日本では、韓国と比較すれば政治が安定してきたからであり、何百年も家業が続けられ、技術も伝承できてきたのである、と答えた。そして、それは、どんな実力を持つ者であっても超えてはならない、その地位を侵してはならない「天皇」という存在があったればこそだ、と。

 天皇は初代から一系の血筋で継承されており、誰も取って代わることができない。そして、その天皇から折々の権力者が自らの地位を認めてもらうシステムを日本人は作ってきた。その点で天皇は李王朝の王とは違う。権力の最上位の存在ではない。天皇は日本の国柄のまさに中核をなし、日本の国民性も天皇の存在を前提として形成されてきたものだ。その天皇を李大統領の発言は侮辱することになってしまった、これは取り返しのつかないことをしたのではないか。そのように解説した。

 記者が、では、どうすればいいかと尋ねてきたのに対し、私は、少なくとも大統領は発言を撤回すべきではないかと述べた。

 竹島、慰安婦問題についての韓国側の主張にも言いたいことはたくさんあるが、天皇陛下を侮辱した発言とはレベルが違う。本来は大統領の謝罪が望ましいものの、面子もあるだろうから、天皇や日本人を侮辱する意図がなかったのであれば、発言を取り消すべきである。そうでなければ、日本人の気持ちは収まらない。日韓両国の関係は決定的な対立になり、お互いの国民感情の対立は立場の弱い人たちを傷つけることになる。このような見解を表明した。

 ≪日本は抗議と同時に説明を≫

 記者は、私の解説を聞いて自分なりに納得したこの思いを一般の韓国人に分かるような記事にするのは大変難しい、ため息しか出ない、気が重い、などと語って、電話取材を終えたのである。

 私に対する取材などを基に書かれた記事は、その後、韓国のメディアに掲載されている。その記事には、天皇皇后両陛下が東日本大震災の被災地で黙祷(もくとう)を捧げられている写真が付けられていた。

 天皇については、日本生まれの李大統領でさえ分かっていない。その後も、韓国では閣僚やメディアによる天皇侮辱発言が相次いでいる。彼らは、なぜ日本人が怒っているか理解できず、不思議に思っているのかもしれない。

 取材を受けて、日本政府は韓国側に対し抗議すると同時に、そのあたりを平易に説明すべきだと改めて痛感した次第である。(やぎ ひでつぐ)
↑ここまで------------------------------------------

以前にも書いた事がありますが、
在日の人達と働く機会は数え切れないほどあります。
大学の研究所でも企業でも・・・。
ただ、いい人もいっぱいいるんですよ。

が、しかし、です。
仕事をしていても、仕事の打ち上げをしていても、
その人が気を悪くするような話をしてもいない時に、
その人とは全く関係ない話の時に、
突然怒り出す事があるのです。(そう、噂に聞く、アレですね~。)
もう、手が付けられなくなるんですよ。
そりゃあもう、「えぇっ?」ってびっくり。

そんな時、どうするか?と言いますと。
もう、別々の話をして距離を置くんです。
二次会があれば中止にして帰るとか。

でないと、相手が日本男性であろうとも、顔を思いっきり叩かれたりもされてます。
手加減なんて出来ない怒り中なので、顔は真っ赤に・・・。

とにかく係わり合いにならないこと、これに尽きます。
そういう風にして、心して付き合っています。
少なくとも、私の周りではそうです。

理由もなく怒るなんて、私達、日本人には理解出来ませんし、
その人達に、私達日本人を理解して欲しいとも思いません。

幼少期から強力な洗脳教育の元で育った人達に対して、
「分ってね。」なんて思う事自体が無理な話なんですよ。

天皇陛下への非礼に対する日本人の怒りは、
「撤回」とか「謝罪」で簡単に消えるものではありません。

八木秀次教授、せっかくのよい記事なのに、こんな流れに行ってすみません・・・。

韓流ドラマにハマってしまった日本人の方達には、一日も早く気付いて欲しいです。
あれは壮大なる捏造妄想歴史ドラマなんですよぉ~。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2012-08-30 23:58 | 伝えたい思い | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise