小林麻央さんは誤診ではないのでは?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

兼ねてから、専門医が語っていたことですが
やはりそうだったのか、という記事が出ましたね。

乳がん。
いつ、患者の立場になるかもしれない、私たち女性は
TVや麻央さんのブログ記事だけで怖がるのではなく、
色々な情報を正しく知ることが大切だと思います。

助かる可能性を捨てて、
民間療法などに行くことは避けましょう。
家族のためにも、自分のためにも。


かつて、仕事関係で話すことがあった、高濃度VitaminCとかそういう、、、
保険適用外の開業医から聞いた事があります。

ここへ来る患者は、標準治療で助かる道がなくなって、
藁をも掴む思いで来ている、ここでやってる事は気休めでしかない、と。
聞いていて、本当に嫌な気分になったものでした。

我が家には、病人がいるので、ちょっと気を許すと
人の弱みに付け込んでお金儲けをしている怪しい系の人達が寄って来ます。

そんな訳ないでしょう、と思うけど、
いざ、自分の家族となると、、、心の隙間に入られるもの。
だから、分かるところもあります。

でも、数ある選択肢からエビデンスもないものを選んだこと、
それには触れず、まるで誤診された、分かった時には手遅れだった、
というのは違うのでは、と思います。

麻央さんのブログ、最後の更新はブログを訪れた人に
メッセージを送っていて、とてもいいものでした。
決して、ブログを全否定するものではありません。

ただ、空白期間に何があったのかを語らず、
神格化するような、今の流れには疑問です。

---------------------------------------------------------------
【新潮記事 まとめ】
2014年2月しこりが見つかる
虎ノ門は白黒はっきりしないので3ヵ月後にまた来てください、と言ったが麻央は8ヵ月後 の2014年10月に受診

2014年10月 生検 →癌だと診断
この段階で治療に取りかかれば5年生存率は90%超。虎ノ門は標準治療を勧める
→麻央さん側は首を縦に振らなかった

(空白の1年4ヵ月 …気功などの民間療法で治療していた期間)

・2016年2月 聖路加病院に移る
聖路加病院「気功療法というか、全く療法にならないことを続けたせいで、瀕死の状態でした。リンパ腺が瘤のように腫れあがっていたのです」

それでも手術には至らず
聖路加病院「医師と夫婦側のコミュニケーションが不調で手術にまで至らなかった」

2016年6月9日 スポーツ報知が小林麻央の癌をスクープ、これを受けて海老蔵が会見、癌だと告白

no title

---------------------------------------------------------------
標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非
2017.07.01
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/208528

 小林麻央さん(享年34)の逝去から、はや1週間、海老蔵一家はもとより、日本国民全員が悲嘆にくれている状況だが、今週発売の「週刊新潮」がある疑問を呈している。

 麻央さんは14年2月に人間ドックを受診。左乳房にしこりが見つかり、要再検査で都内の病院を受診したところ、白黒はっきりつかないため、3カ月後に再受診するよう促されたという。その8カ月後に再検査に訪れ、がんが見つかり、脇のリンパ節にも転移していることが明らかに。医師からは抗がん剤治療などの標準治療を提示されたが、これを断り、気功治療を行っていたというのだ。

 がんが見つかった段階で標準治療を行っていれば一般的には5年生存率で90%といわれているのだが、がん治療に訪れたのは発見から1年4カ月後。もうリンパが瘤のように腫れ上がり、乳房から膿が出るほどになっていたという。

医師の米山公啓氏がこう言う。

「代替医療に頼る前に、医師を訪ねセカンド、サードオピニオンに回るべき。医師の意見をたくさん聞くことで治療法を考えれば、もう少し考え方も変わったかもしれません。患者さんの年齢に関係なく、腫瘍はとにかくより早く取り除くことが生存率を高めます」
 海老蔵は風水や占いにも傾倒。2カ月前には東銀座のパワーストーンショップを訪れていたことも報じられており、普段から信心深いことで知られていた。

 芸能リポーターの川内天子さんはこういう。

「麻央さんは乳房を失うこと、抗がん剤治療をしたらしばらくは子供を産めなくなることに躇躊されたのではないでしょうか。有名人だけにたくさんの情報が入り、高額な民間療法もかなえられるお金もあるからこそ、選択肢が多かったのかもしれません」

 藁にもすがる気持ちはわかるが、民間療法やスピリチュアルでは、やはりがんは治らないのだ。

---------------------------------------------------------------


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。人気ブログランキングへ

[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/24695383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2017-07-02 17:14 x
麻央さんが逝去されて以降、なんだか毎日のように美談めいたニュースが流されていますよね?
もうそっとしておいてあげて欲しいと思うのですが...
今も日々麻央さん同様重い病と戦い続けている方、そのご家族も多くいらっしゃると思うし、あまりよい気持ちがしないのです。
ブログに関しては個人の自由ですからなにも言うことはありませんが、ただLisaさんが指摘なさったことに関しては私も本当にその通りだと思います。
どのような命でも皆平等に重く尊いものです。
現代医療から数人の専門家の診断を仰ぎ助かるための早い決断を!と、心から願います。
そして人が弱くなっているときにそれにつけ込む偽のやさしさの類には本当に気をつけなければいけません。



Commented by Lisa_cerise at 2017-07-02 21:04
> 琴さん
今晩は。コメントありがとうございます。

最後まで写真を公開し続けた麻央さんは本当に強い人だと思います。
なかなか、出来ない事だとも思います。
でも、ブログ収入もあったわけで、その流れをくんで、英訳をして更に発信されて行くと知り、
ちょっと違うんじゃないか、と。
様々な民間療法が氾濫していることにも驚きます。
琴さんが仰るように、偽りのやさしさには気をつけなければ、ですよね。
Commented by あーちゃん at 2017-07-07 19:13 x
私も,乳がんが少々進んだ状態で発覚しました。
麻央さんのブログをずっと見ていました。

私もいつかどこかに遠隔転移し,余命を宣告される日が来るかも知れません。

そのときに麻央さんみたいに前向きな笑顔を見せることができるのか,たとえ写真を撮るときだけだったとしても,笑ってシャッターを切ることができるんだろうかと毎日考えました。
麻央さんのことを力強く生きた素晴らしい女性だと心から思います。

でも,ブログを読みながら,これまでどんな治療をしてきたのか,語ってくれる日がいつか来ると待っていましたが,とうとう麻央さんの口から語られることはありませんでした。

後悔で苦しんでいるのかもしれない,あるいは,その治療を商売にしている人に迷惑をかける心配があったのかも,いろいろ理由を考えました。
語れない理由がきっとあるのです。
芸能人とはいえ,何もかも明かさなければならないことはないのでしょう。

でも語りたくないことを黙っているのなら,英訳して世界に発信するとか,言わないでほしいのです!

悲しみが癒える時が来るまで,何も語らないでいる権利は,残された家族にはあると思います。

でも,何かを意図的に隠して発信するのなら,それは「偽りの情報」だと思います。

そんな発信は読みたくないから,もう麻央さんのブログを開くことはありません。



Commented by Lisa_cerise at 2017-07-10 00:31
> あーちゃんさん
今晩は。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。

麻央さんのブログ、ずっと訪問されていたんですね。
私も、家族が病気なもので、なんとか頑張って、と願って訪問しているうちに
いつの間にか本当に身内のような感覚になっていました。
弱音を吐いているようで、それでも立ち向かって行く、強い女性。
最後の更新も、そんな麻央さんらしいものでした。
ただ、空白の治療のことはずっと疑問で。

家族も私も、病と寿命は別だと信じて、ずっと介護生活しています。
確かにそうなんですよ。
これまで、キセキだと言われることが何度もありました。
人工呼吸器から離脱出来ないと言われた時も、ずっと、乗り越えて来ました。
だから。
あーちゃんさんもそうですよ!病と寿命は別ですから。
どうかお大事になさってください。
by Lisa_cerise | 2017-07-02 14:42 | 気持ち | Trackback | Comments(4)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る