眞子様のお相手⑵

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

天皇さんは、このお相手と会っているんですって。
一般人でも、事故物件で反対するような相手なのに、
天皇さんはピンと来なかったということ。

特別な力はお持ちでないという事です。
もう、随分と前から言われて来た事ですが、
やはり、ですね。

京都にお戻り頂き、
大宮御所でひっそりお暮し頂く方がよろしいのではないでしょうか。

もうね、退位など言うことは聞かなくてもいいですよ。摂政があるんですから。


266
可愛い奥様@\(^o^)/[] 投稿日:2017/05/29 21:06:34  ID:x6eqsiaZ0.n(3)
ーーーーー今日までのまとめーーーーーー

■KK父親 敏勝氏
藤沢市立小学校出身
明治大学理工学部(生田、男子8割)卒業
兄弟は不明
実家はKK祖父の代より分家
長男ではなかったので相続できずネジを作る鉄工所務め
本家は1630年代から藤沢に続く土地持ち農家
KKハトコの姉はイギリス在住ピアニスト、妹は声楽家

■KK母親 佳代氏
藤沢市立小学校出身
鼓笛隊に所属(KK弁)
男兄弟あり(スネークより)
周囲「いろいろな仕事に就いていたようだ」
同居中であるKK母方祖父の情報はこれまでなし
母方祖母の情報もなし

■家族略歴
88年 敏勝氏横浜市役所入庁 建築課技官として勤める
   都市活性化の核となる文化施策 音楽ーその魅力を生かした行政
   http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/chousa/kihou/102/kihou102-035-039.pdf
91年 KK誕生 (敏勝氏28歳、佳代氏23歳)
94年 大倉山の新築マンションを購入 (当時4000万)
  (02年の死亡後、相続により所有権は妻・佳代に変更)
98年 KK国立音大付属小入学 通学の為妻子が国立で暮らすが、周囲「生活は苦しい様子であった」
数年後 敏勝氏体調を崩す 一時藤沢の実家へ、その後ふたたび大倉山の自宅に戻り家族と暮らす
元同僚「亡くなる前は欠勤がち」「体調を崩して休みがちだった」
02年3月 自死 (38歳 )
    敏勝氏の自死から一週間後にKK祖父も自死
佳代氏と小室家との関係がこじれ、一時は連絡できないほどまで悪化
「先方との関係を修復する仲介役を頼まれ『委任状』のような 書類を持って、請われるまま親族の家に出向き、佳代さんに
代わって話し合いの席についたこともある」(飲食店主)
祖母は病死(時期不明)


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。人気ブログランキングへ

[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/24283733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2017-05-30 06:00 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る