秋篠宮両殿下がこれまで積み重ねて来られたもの。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


こちらの記事に、紀子さまと悠仁さまのお写真がありました。

佳子さまがご一緒されなかったのは、
東宮より目立たぬようにと「ぴしゃりと仰った」から!?なのでしょうか。

↓以下参考のため引用---------------------------
長野「思い出の地」に向かわれたものの
佳子さま、悠仁さまとの「お買い物・ハイキング」を”辞退”のワケ
http://www.jprime.jp/tv_net/imperial_household/17755
2015年09月01日(火) 16時30分
〈週刊女性9月15日号〉
 8月29日に東京・有楽町で開かれた『第32回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト』の開会式で、注目を一身に浴びていた秋篠宮家の次女・佳子さま。
「当初は報道各社での取材が可能でしたが、希望社が殺到したので、直前になって代表取材となり、あらためて“佳子さまフィーバー”を目の当たりにしました」(宮内庁担当記者)
 当日は秋篠宮妃紀子さま(48)が開会のお言葉を手話で述べられたが、終演後の関係者との懇談では、佳子さまも簡単な手話を披露されたという。今年2月に手話狂言を鑑賞されたときなどにも勉強中の手話を披露した佳子さまだが、お母さまからの手ほどきもあり、かなり上達されているのだろう。
「この夏休みに、佳子さまは公務や儀式の準備にお忙しく、手話も集中的に勉強されたようです」
 そう話してくれたのは、秋篠宮家関係者。
 今春、国際基督教大学(ICU)に入学し、学習院大学時代に続いて2回目の大学1年生の夏休みを過ごされた佳子さま。
「佳子さまは、ICUの大学1年生の多くが参加する通称“シープロ”と呼ばれる海外語学留学を断念。入部が噂されたダンスサークルにも参加されていないという話もあり、非常にストイックな夏休みを送られていた印象があります」(同・関係者)
 7月25日には、静岡県で開かれた『全日本高等学校馬術競技大会』で初めての「おことば」をご披露。
 同27日からは、2泊3日で秋篠宮さま(49)と滋賀県の『全国高等学校総合文化祭』に出席し、戦後70年ということで戦争関連の行事にも出られるなど多忙を極めた。
 さらに、ご両親も多忙で、姉・眞子さま(23)が英国へ留学中のなか、弟・悠仁さまのお世話もたいへんだったはずの佳子さまの「プライベート旅行」を『週刊女性』はキャッチした。折しも、天皇・皇后両陛下は長野県軽井沢や群馬県草津で、皇太子ご一家は栃木県那須で夏の静養をとられていたころ─。
「秋篠宮ご一家は8月25日から28日にかけて、長野県南牧村の野辺山にお忍びで静養に出かけられました」(同前)
 野辺山といえば、八ヶ岳の山麓で山梨県と接する標高1300メートルほどの涼しい高原で、両陛下とも縁のある地域だ。
「両陛下は、’05年8月に紀宮さま(現・黒田清子さん)と旧知の農家を訪れ、栽培が盛んなレタスの収穫をされています。そもそも野辺山は戦後、台湾からの引揚者を中心とした開拓地で、陛下は皇太子時代の1964年と、1984年にもご訪問。美智子さまと秋篠宮さま、紀宮さまも、その年に同行されています。天皇ご一家ぐるみで、心を寄せられている土地だといってもいいと思います」(前出・記者)
 2年前の8月にも、秋篠宮ご一家は野辺山で静養されていて、佳子さまにとってもなじみの場所となっている。
 5月にICUの新入生合宿(リトリート)で訪れた山梨県清里にも近く、3か月ぶりの八ヶ岳山麓でのご滞在となった。
 そんな高原でのご一家の様子を伝えるのは、ある地元関係者。
「8月27日の朝から悠仁さまは、黄緑の蛍光色のウエアを着て現地の獅子岩という登山口から、飯盛山のハイキングコースをニコニコ元気よく登られていました。お付きの人が網を持っていたので、虫捕りも楽しまれていたのだと思います。その後、山の反対側に下りて、秋篠宮さまや紀子さまと昼食をとられていたようですが、佳子さまはお見かけしませんでしたね」
 昼食後、訪れた野辺山高原で収穫された野菜を販売する国道沿いの青果店では、こんな目撃談も。
「白い帽子を目深にかぶった紀子さまが、小さい財布を持った悠仁さまと一緒に野菜や果物を選んでいたのには驚きました。紀子さまはブドウを“箱買い”していましたが、周囲に気づいている人はいませんでしたね」(居合わせた客)
 その後さらに、野辺山周辺の歴史を紹介する『南牧村美術民俗資料館』をご訪問。買い物のときにはいなかった秋篠宮さまも途中から合流されたが、佳子さまの姿はやはり確認できなかったという。
 前日の26日は、あいにくの天気だったため、お出ましを控えていたお三方の活発なご様子が目立つ日だったが、佳子さまは霧深い宿泊先に籠もりっぱなしだったようだ。

d0176186_1933117.jpg
青果店でブドウを箱ごと購入された紀子さまと悠仁さま。どなたのお土産に?(8月27日)

↑ここまで------------------------------------------

ご自分で箱をお持ちになっていらっしゃる紀子さまのお姿に、
うちの母もほろり、となっていました。

写真って、語ってくれますよね。

秋篠宮ご一家のお写真からは、
心にぐっと届くものがあると思うんです。

d0176186_12565848.jpg


d0176186_12571740.jpg



過去のエントリで、宮城県元知事のジョギング日記の
秋篠宮殿下、秋篠宮妃殿下のエピをご紹介したことがありました。

何度読んでもほっこり出来るいいお話なので、ぜひお読みになって下さい!
 ↓
秋篠宮殿下、妃殿下のお人柄。
http://lisacerise.exblog.jp/19182118/




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/22109716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by   青葉 at 2015-09-03 23:08 x
秋篠宮殿下の周辺から聞こえてくるエピソードは本当に心温まるお話ばかりですね。
昭和天皇を彷彿とさせます。 昭和天皇も、人や生き物に対しての愛情があふれるような逸話が多いです。 そして、質素倹約。どこかの方々のように豪華絢爛な御所に住んだり、過大な警護をしたり、巡視船を改造されたりはなさいません。
昭和天皇のご意志を引き継がれるのは秋篠宮殿下とそのご一家です。
Commented by TEA ALICE at 2015-09-04 04:21 x
秋篠宮さまは、質素堅実をモットーと
され、お住まいも直さずに住まわれて
いらっしゃるとか。

そして、本当のご公務はいっぱい!
どなたよりもなさってらっしゃいます。

何で、ヘイカは悠仁さまに帝王学を
お教えにならないの?
お側で東宮祭祀を、しっかり見習う時期
ではありませんか?
次代、次次代と。
されない方に気を遣う必要はないと思います。
Commented by be2 at 2015-09-04 08:49 x
おはようございます。
秋篠宮両殿下のエピソードは本当にほっこりしますね(*^-^*)
痴呆のおばあさん、紀子様のことかわいいって
そりゃ本当にかわいいからね~
誰が見てもね(*^-^*)
オーラって隠し切れないと思う
だから誰かを覚えてなくても
宮様みたいって言ったんでしょうね!

私も皇室に対する風向きは変わってきてると思います
東宮家はもう誰の目から見ても明らかなほどダメダメだし
美智子様にはまだまだ大勢の信者はいるけど
何かおかしいよね。。って声も上がってるし
あの母親にしてこの息子ありって感じですかね(-_-メ)

Commented by レロレロ at 2015-09-04 18:37 x
lisaさま
こんにちは
レロレロがカタカナにしたのは、秋篠宮さまご一家には、溢れんばかりのご尊敬の念と溢れんばかりの愛情を感じて、ほかの御皇室の方々とは全く一線を画すからでございます。

先日の遅い暑気払いの時、秋篠宮さまは、お心と国民に対する愛情の持ち方が、昭和天皇さまと全くご一緒ですね、説が出まして一同深く感じ入ったのでありました。
昭和の時代には、運動会や遠足で心配された天気が、当日急に晴天に変わったり、台風が急に進路を逸れたりの、奇跡に近いことが度々ありました。
そのような時は、左過ぎる先生たちでさえ青い空を見て、
「天皇晴れ、天皇晴れ∞」
と大騒ぎしていたものでございました。

今は、天皇晴れ、をとんと聞きませんね。

秋篠宮さまのお出ましの時は、
「秋篠宮さま晴れ」
がよく起きます。
そして、残念な天候の時でさえ、秋篠宮さまご一家のお出ましの時は、心の中はしっかりと、
「秋篠宮さま晴れ」
の爽やかな気持ちになります。

紀子さまは、秋篠宮さまとご一家ばかりではなく、国民に力と希望を与えてくださいます。
あの笑顔、お振る舞いは、まごう事なき本物で世界一 Graceful でございます。





Commented by Lisa_cerise at 2015-09-06 17:48
☆青葉さん、こんにちは。
>秋篠宮殿下の周辺から聞こえてくるエピソードは本当に心温まるお話ばかりですね。
ですよね!!宮さまは昭和天皇のお側にいらしたときに、しっかりと学んでいらっしゃったんですわ!
>そして、質素倹約。
次から次へと洋服やら着物やら作っておきながら、質素て!
豪華絢爛な御所に住みつつ、国民と共に慈愛の節電アピ!
もう、慈愛はお腹いっぱいですわ。
>昭和天皇のご意志を引き継がれるのは秋篠宮殿下とそのご一家です。
この真実を、ぜひ、一人でも多くの方に。拡散にご協力ください!!
Commented by Lisa_cerise at 2015-09-06 18:03
☆TEA ALICEさんへ。
>何で、ヘイカは悠仁さまに帝王学をお教えにならないの?
ここ数年、陛下と秋篠宮ご一家との交流が減りましたよね。
鑑賞公務にお付き合いより、悠仁さまと少しでもお時間を共になさって欲しいです。
>されない方に気を遣う必要はないと思います。
皇后さんにも気を遣う必要はないですよね。
Commented by Lisa_cerise at 2015-09-06 18:24
☆be2さん、こんにちは。
>秋篠宮両殿下のエピソードは本当にほっこりしますね(*^-^*)
何度読んでも、その場にいるかのような気持ちになっちゃいます。
>オーラって隠し切れないと思う
そして、作ろうとして作れるものではないのがオーラですよね。
子供に返っているおばあちゃんに通じる、オーラ☆彡
>私も皇室に対する風向きは変わってきてると思います
そうですか!be2さんからのコメに改めてホッとしました。
>あの母親にしてこの息子ありって感じですかね(-_-メ)
それにしても。どうして長男だけを溺愛されるんでしょうね。
孫よりも長男て。不思議でなりません。
それから。やっぱり、美智子さんは安倍首相への記事を訂正されません。
悪夢の政権交代の時と同じ空気を感じるのは気のせいでしょうか。
Commented by Lisa_cerise at 2015-09-06 18:36
☆レロレロさん、こんにちは。
>秋篠宮さまご一家には、溢れんばかりのご尊敬の念と溢れんばかりの愛情を感じて、
そうなんですよね。日々、精進なさっているご一家だからこそ、の有難さ。
お写真からも清らかなものが届いて来ます。

>秋篠宮さまは、お心と国民に対する愛情の持ち方が、昭和天皇さまと全くご一緒ですね、説が
>出まして一同深く感じ入ったのでありました。
昭和の時代がこれほどに懐かしく、遠くなるとは・・・。
あの時の皇室と今の慈愛の皇室とを比べて、
やはり思うところは伝統の破壊は誰の手によるのか、というもの。

仰るような奇跡に近いこと、秋篠宮ご一家にもありますものね。
悠仁さまご誕生の時の吉兆の動画を見た時にも、これは凄いと思いました。
>今は、天皇晴れ、をとんと聞きませんね。
そりゃあもう、皇室の伝統を破壊されて来られた方がお側に控えていらっしゃいますから。

>紀子さまは、秋篠宮さまとご一家ばかりではなく、国民に力と希望を与えてくださいます。
秋篠宮さまのお側には常に紀子さまが、と思うと何て安心出来るのでしょうか。
この違いはもう慈愛溢れる記事くらいでは誤魔化されませんわ。
by Lisa_cerise | 2015-09-03 12:51 | 皇室 | Trackback | Comments(8)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise