占領政策の真実、間違いに気付いていたマッカーサー。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


知ってた、と思われるかもしれませんが。

この情報を知ってる人には当たり前のことでも、
知らない人はまだまだ多いというのが現実なんですよね。

日本人全員にこういった史実や公開文書の存在を知らせる事が
一番大切だと思います。
おかしな左巻きを無くすには、まずここから。

↓以下参考のため引用---------------------------
【戦後70年と私】占領政策の真実 間違いに気付いていたマッカーサー ケント・ギルバート氏
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150807/dms1508071550004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150807/dms1508071550004-n2.htm

2015.08.07
 70年前の終戦直後、日米関係は、お互いが完全な対立軸からスタートした。

 米国は、大日本帝国とは、軍国主義の独裁者が神道という宗教を利用して国民を統率する、非民主的国家であり、世界征服をたくらむ野蛮で好戦的な民族の国だと考えていた。

 日本の占領政策、言い換えれば「保護観察処分」は、危険な日本を制度面と精神面の両方から矯正する趣旨で始まった。

 東京裁判(極東国際軍事裁判)を通じたABC級戦犯の処罰や、戦争の贖罪(しょくざい)意識を植付ける「WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)」、日本国憲法第9条も一貫した趣旨に基づいている。

 しかし、朝鮮戦争が起きたころには、GHQ(連合国軍総司令部)最高司令官のマッカーサー元帥は、根本的な間違いに気付いていた。米国が戦うべき敵は日本ではなく最初からソ連であり、日米戦は不必要だったのだ。

 強い日本軍が、野蛮で危険なソ連の脅威からアジアの平和を守っていた。米国は間抜けな勘違いのせいで、日本軍を完全に解体してしまった。これが今日まで続く、米軍日本駐留の根本原因である。

 最高司令官を解任されて帰国したマッカーサー元帥はワシントンに呼ばれ、1951年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で証言した。

 「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security(=日本が戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだった)」と。

 日本が始めた大東亜戦争は侵略戦争ではないという意味だ。戦後体制の大前提を根底から覆す、このマッカーサー証言の存在すら知らない人が日米両国とも圧倒的多数である。

 占領下の日本には「プレスコード」(=GHQによる言論統制。『連合国や連合国軍への批判』など禁止事項を厳格に列記した)があったので、このニュースを取り上げることはできなかった。

 しかし、終戦70年を目前にした現在も、日本の首相経験者や与野党の要職者が、「安倍晋三首相は70年談話で日本の侵略戦争をわびろ」などと、無知蒙昧(もうまい)ぶりを披露している。

 70年間に、日米ともさまざまな機密文書が公開され、過去の多くの常識が、今では非常識になった。

 開戦前の日米和平交渉の経過や、当時のルーズベルト大統領が議会承認を得ずに「ハル・ノート」という最後通告を日本に突きつけた事実は、米国人にも隠されていた。

 ハル・ノートの草案を書いたハリー・ホワイト財務次官補は、後に「ソ連のスパイ」だとバレて自殺した。日米開戦支持の議会演説を行ったハミルトン・フィッシュ下院議員は、すべての真実を知って大激怒。自分の演説を恥じ、「ルーズベルト大統領を許せない」と死ぬまで言い続けた。

 戦後70年の節目を機に、日本人のみなさんには、日米関係のみならず、国際情勢全般について、最新情報へのアップデートをお願いしたい。
↑ここまで------------------------------------------


そして、かの国と言えば。

↓以下参考のため引用---------------------------
トルーマン大統領が長崎への原爆投下を後悔、米国が書簡公開・・韓国ネットは「後悔すべきではない」「原爆が無ければ韓国は…」
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/426011/
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/426011/2/
2015年08月12日
韓国・聯合ニュースは11日、米国のトルーマン元大統領が1945年8月9日の長崎への原子爆弾投下を承認した直後、後悔する心境を示した書簡が公開されたと伝えた。

記事によると、書簡はトルーマン大統領が長崎への原爆投下を承認後に民主党のリチャード・ラッセル上院議員に送ったもの。米国立公文書記録管理局が第二次世界大戦終結70周年に合わせ、10日に公開した。

トルーマン元大統領は書簡の中で、「個人的には、一国の指導者の“強情”のために集団を全滅させる必要性があるのか、明らかに後悔している」と心境を吐露していた。また、「一つ言っておくが、私は原爆が全体に必要でない限り、使用しない」と日本を降伏させるためにやむを得ない措置であることを強調。さらに「ソ連が戦争に介入すれば、日本は非常に短期間で降伏するだろう」とも記していた。

トルーマン元大統領は「私の目的は、できるだけ多くの米国人の命を救うこと」とする一方、日本に対しては「日本の女性と子供たちには人間として同情を感じている」「私は日本が非常に残酷で野蛮な戦争国家だと知っている。だが、我々も彼らと同じように行動しなければならないとは思わない」と複雑な心境を抱いていることを明かしている。

書簡を送られたラッセル議員は、原爆投下2日前の8月7日にトルーマン大統領に、「もし我々が、(日本を無条件降伏させるのに)十分な数の原爆を保有していないなら、原爆ができ上がるまで、TNT爆弾でも焼夷弾で攻撃を続ける必要がある」などと、日本への徹底的な攻撃を促す電報を送っていた。

一方、トルーマン元大統領の孫のクリフトン・トルーマン・ダニエル氏は今年6月、聯合ニュースのインタビューに対し「祖父のトルーマン大統領は広島と長崎の原爆被害の惨状に大きな衝撃を受け、このために朝鮮戦争時に原爆を使用しなかった」と証言している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「凶悪な戦争犯罪を起こして知らないふりで通す安倍を中心とした極右日本は人間ではない」

「トルーマンが後悔してるとしても、我々やアジア諸国はおかげで独立できた」

「原爆がなければ、韓国は独立できなかった。いまだに日本の植民地で奴隷にされていたらと思うとゾッとする」

「後悔すべきではない。人類を救った行動だった。日本は原爆がなかったら世界中でもっとひどい戦争犯罪を起こした」

「日本は負けると知りながらも、自国民を特攻隊として戦わせ、沖縄で陸地戦もいとわなかった。国民の命を大切にしなかった」

「世界で最も残酷な日本人。いつまた牙をむくか分からない」

「原爆は後悔して当然。だが、原爆がなかったら日本は自国民と他国民を死に追いやり続けたはず」

「日本は今も野蛮な国家」

「原爆が落ちても戦争犯罪を反省しない日本」

「戦争が起きたら、最大の被害者は女性と子供。日本国民はこの事実を忘れてはならない」

「米国は反省をするが、日本はいっさいしない」
↑ここまで------------------------------------------

>トルーマン元大統領は「私の目的は、できるだけ多くの米国人の命を救うこと」

プルトニウム型とウラン型を使って人体実験をしたくせに何を(怒)、、、
と、読み進めるとこれですから。
(トルーマンに対してはあえてここでは言及しないでおきます。)
これぞ韓国人。
もうね、分かり合えるとかは無理なんです。
こういうこともしっかりと知って欲しいです。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/22016605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2015-08-12 16:48 | 日本への思い | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise