何だかなぁ、と思う。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


バッグにわに革を使わないで!とは違うんやねぇ・・・。
からの、何だかなぁ、と思った記事あれこれ。

牛革は大丈夫!と思ったワケは何なんでしょうねぇ。
ほかは残酷と思わないワケは何なのよっ。
ぜひ、中国に行ってみて欲しいわぁっ。

そそ。
この方、バーキンのバッグを靴を履いた足で
バンバン踏みつけてクタクタにしてから使うことを推奨してた人ですわ。


↓以下参考のため引用---------------------------
仏エルメスに名称の使用中止求める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000017-jijp-int.view-000&pos=5
時事通信 7月29日(水)9時33分配信
エルメスのハンドバッグ「バーキン」の由来となった英歌手ジェーン・バーキンさんはこのほど、わに革のバッグ(写真)にバーキンの名称を使わないよう求めた。わに革の製造過程が「残酷」としている=2007年撮
------------------------------------------
仏エルメスに名称の使用中止求める=わに革製造過程「残酷」とバーキンさん
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000035-jij-eurp
時事通信 7月29日(水)8時48分配信
 【パリAFP=時事】仏高級ブランド、エルメスのハンドバッグ「バーキン」の由来となった英歌手ジェーン・バーキンさんはこのほど、わに革のバッグにバーキンの名称を使わないよう求めた。
 わに革の製造過程が「残酷」としている。
 動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」は革製品に使用されるワニの養殖場を撮影した映像を公開。「ワニは意識があり、痛みを感じる状態で切り殺される」と訴えた。 

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150729-00000035-jij-eurp
------------------------------------------
ジンバブエの人気ライオン殺される、米狩猟愛好家に非難殺到
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000002-jij_afp-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000002-jij_afp-int&p=2
AFP=時事 7月29日(水)9時40分配信
【AFP=時事】(一部更新)ジンバブエの国立公園で観光客の人気を集めていたライオンのセシル(Cecil)が殺されているのが見つかり、地元のサファリ団体は28日、セシルを殺したのは米国の狩猟愛好家で歯科医師のウォルター・パーマー(Walter Palmer)氏だったと発表した。パーマー氏は同日遺憾の意を表した一方、ガイドらに「合法的な狩猟」を依頼していたと釈明した。
 ワンゲ国立公園(Hwange National Park)を訪れる外国人観光客に人気だったセシルは公園外に餌でおびき寄せられ、今月1日に殺されていた。
 ジンバブエ・サファリ運営者協会(Safari Operators Association of Zimbabwe)の会長は首都ハラレ(Harare)で記者会見し、「襲ったのはウォルター・パーマーという米国人だ」と述べ、パーマー氏は今回の狩猟に5万ドル(約620万円)を支払っていたと明かした。
 野生保護団体「ジンバブエ・コンサベーション・タスクフォース(Zimbabwe Conservation Task Force)」によると、パーマー氏と地元のプロのハンターが夜間、自分たちの車に死んだ動物をくくりつけてセシルをおびき寄せたという。同団体は「パーマー氏はセシルを弓矢で撃ったがセシルは死ななかった。逃げたセシルを追いかけて40時間後に見つけ、今度は銃で撃った」としている。
 セシルには英オックスフォード大学(University of Oxford)の研究プログラムの一環で追跡用の首輪がつけられており、医師らがそれを隠そうとした形跡があるという。同団体は、「セシルは皮を剥がれ、頭部を斬り落とされていた。セシルの頭がどこにあるのかは分かっていない」と明かしている。
 ジンバブエの国立公園当局は28日、パーマー氏を案内した地元のプロのハンターと狩猟が行われた土地の所有者は密猟に関与した責任が問われており2人は29日に出廷すると明らかにし、取り調べるためハンターの息子の行方も追っていると発表したが、パーマー氏については何も言及しなかった。
■密猟で有罪認めた過去
 米ミネソタ(Minnesota)州在住のパーマー氏は米狩猟愛好家の間では弓矢の専門家として知られており、世界中を旅してヒョウやバファロー、サイ、ヘラジカといった大型動物を追いかけていた。
 南アフリカ、ナミビア、ジンバブエなどの国では年齢が繁殖適齢期を超えたライオンなどの大型動物の一部の個体について狩猟許可証を発行しているが、ジンバブエの自然公園ではこれらの動物の狩猟は禁止されている。
 パーマー氏は28日に発表した声明の中で「私が愛し、責任を持って合法的に行っている活動を追求したことにより、結果的にこのライオンを犠牲にしてしまったことに深い遺憾の念を表します」「自分が手にかけたライオンが有名な地元の人気者であり、研究の一環で追跡までされていたとは、猟が終わるまで知りませんでした」と述べた。
 パーマー氏は米ウィスコンシン(Wisconsin)州でクマを密猟したとして2008年に有罪を認めたと伝えられている。その際同氏は「合法的に狩猟をするために地元のプロのガイドの経験に頼っていた」と語っていたという。
 パーマー氏のツイッター(Twitter)とフェイスブック(Facebook)のアカウント、さらに同州ミネアポリス(Minneapolis)近郊にある同氏の歯科医院のウェブサイトは、厳しく非難するコメントが殺到したことから閉鎖された。【翻訳編集】 AFPBB News

※ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150729-00000002-jij_afp-int
↑ここまで------------------------------------------

牛肉は良くてクジラやイルカはダメってどうよ?どうなのよっ。
ライオンを殺すのどうなのよ???(人気があるとか関係なく!)
ハンティングをスポーツだと言うのはどうなのよ???


で。
捕鯨反対とか、言われちゃう日本。
何だかなぁ、、、。
絶対におかしい!!!と思う。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-07-30 00:03 | つぶやき

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る