愛知での天皇皇后両陛下と、安倍談話と真逆の天皇談話の記事と。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


猛暑続きの中でのご公務とは。
天皇陛下は大手術もなさっているのですし、
お年のことも考えて頂きたいです。
もう、心配で心配で、、、。

↓以下参考のため引用---------------------------
両陛下、愛知県入り 名古屋大の赤崎記念研究館を見学
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015072690203449.html
 天皇、皇后両陛下は26日、名古屋市で開かれる国際学会「国際第四紀学連合第19回大会」の開会式への出席などのため、2泊3日の日程で愛知県入りされた。県によると、両陛下の来県は5年ぶりで、即位後は6回目。
 両陛下はこの日午後、新幹線でJR名古屋駅に到着後、同市千種区の名古屋大にある赤崎記念研究館を訪れ、青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇・名古屋大特別教授(86)と、同時受賞した天野浩・名古屋大教授(54)から研究の経過や実験装置について説明を受けた。
 天皇陛下は「どういうところに苦心されましたか」「思いつかれたのは何か(きっかけが)」などと質問。皇后さまはノーベル賞のメダルと一緒に展示されている公式レプリカを手に取った。
 これに先立って名古屋大豊田講堂で県勢概要を説明した大村秀章知事によると、国際学会の主題である自然災害が話題になり、両陛下は1891(明治24)年の濃尾地震などを例に挙げ、地域の防災対策を質問。天皇陛下は1959(昭和34)年の伊勢湾台風で、当時の岸信介首相らと初めてヘリコプターで上空から視察した思い出を話したという。
(中日新聞)
両陛下 地層の津波跡など見学
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/news/post_94404/
7月27日
東日本大震災の爪痕も残っていました。天皇皇后両陛下はきょう、名古屋市で開かれた国際的な学術会議に出席されました。地質学の研究者が、仙台市で切り取った地層の断面には千年以上前から現在までの地震や津波の跡が全部残っていることを説明すると、天皇陛下は「こういう研究を進めると防災に役立つでしょうね」と声をかけられていました。
↑ここまで------------------------------------------

ずっと言い続けていますが、
皇后陛下には、杖をお使いになって頂きたいです。
天皇陛下の肘を持たれているのを拝見するたびに、
何かあったら大変!と、
ハラハラ、ドキドキで心配で・・・。




心配と言えば、天皇談話のこと。
とっても心配です。

↓以下参考のため引用---------------------------
安倍談話と真逆の天皇談話出れば国際的には上位の声明となる
http://www.news-postseven.com/archives/20150727_338102.html
2015.07.27 07:00
 攻める時は雄弁になる。それが安倍晋三・総理大臣のスタイルだった。「憲法解釈の最高責任者は私だ」「支持率のために政治をやっていない」──安保法制審議の中でも強気の発言を繰り返してきた。
 雄弁な総理と対照的に、黙々と国民のため、平和のための祈りを続けてきたのが今上天皇である。その天皇がついに「お言葉」を発する──安倍首相があれだけ入れ込んでいた戦後70年談話の格下げ(閣議決定をしない=私的談話となる方針が明らかになった)に動き始めたのは、沈黙を破って発される「お言葉」の重みが、政権を揺るがすことを怖れているからではないか。
 天皇は毎年8月15日に全国戦没者追悼式に出席し、「お言葉」を述べる。この20年近くは、例年、文面もほぼ決まっている。
〈ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります〉
 だが、官邸が気にしているのは、安倍首相が歴史認識の転換を行なう内容の70年談話を出した場合、全国戦没者追悼式とは別に、天皇の特別な「戦後70年のお言葉」が発表されるという情報が流れたことだ。自民党幹部が語る。
「終戦記念日に陛下が先の大戦についてメッセージをお出しになるのではないかという情報は5月頃から流れている。陛下は先帝(昭和天皇)から、先の大戦で軍部の独走を阻止できなかった無念の思いや多大な戦死者と民間人犠牲者を出したことへのつらいお気持ちを受け継がれている。万が一、お言葉の中で首相談話から省いたアジア諸国の戦争被害に対する思いが述べられれば、安倍首相は国際的、国内的に体面を失うだけでは済まない」
 安倍首相は戦後70年談話で日本の針路を変えるために、ブレーンの学者を集めた有識者懇談会でその内容を検討させてきた。
(閣議決定された)村山談話、小泉談話は、かつての戦争を「植民地支配と侵略」と定義し、アジア諸国への「心からのお詫び」という言葉が盛り込まれた。それに対して安倍首相は「侵略戦争は国際的な定義として確立されていない」「A級戦犯は国内法的にいわゆる戦争犯罪人ではない」(2013年、2006年の国会答弁)と従来の政府の戦争認識に批判的な歴史観を持ち、安倍談話では「侵略」や「お詫び」を“NGワード”とする考えを示唆してきた。
 そこに安倍談話と真逆の「天皇談話」が出されれば、国際的には「日本の国家元首のステートメント」として、首相の“私的談話”より上位の声明とみなされる。
※週刊ポスト2015年8月7日号
------------------------------------------
天皇の終戦記念日のお言葉 首相に対し厳しいものにとご学友
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_338222/
NEWSポストセブン / 2015年7月28日 7時0分
 安倍晋三首相は閣議決定しないまま8月上旬に70年談話を発表しようとしている。天皇は毎年8月15日に全国戦没者追悼式に出席し、「お言葉」を述べる。官邸が気にしているのは、安倍首相が歴史認識の転換を行なう内容の70年談話を出した場合、全国戦没者追悼式とは別に、天皇の特別な「戦後70年のお言葉」が発表されるという情報が流れたことだ。この“天皇談話”が出された場合、安倍談話は格下げされることになる。
 では、天皇は終戦記念日にどんな「お言葉」を発表するのか。天皇のご学友で元共同通信記者の橋本明氏はこう見ている。
「ほとんど知られていませんが、陛下は4月のパラオ訪問に出発する際、羽田空港に見送りに来た安倍首相を前にこう仰っています。『(先の大戦では)激しい戦闘が行なわれ、いくつもの島で日本軍が玉砕しました。
 このたび訪れるペリリュー島もそのひとつで、この戦いにおいて日本軍は約1万人、米軍は約1700人の戦死者を出しています。太平洋に浮かぶ美しい島々で、このような悲しい歴史があったことを、私どもは決して忘れてはならないと思います』。首相へご自身の思いを伝えたい気持ちが強かったのではないでしょうか」
 そのうえで橋本氏は終戦記念日の「お言葉」は安倍首相にとって厳しいものになる可能性を指摘する。
「憲法とともに生きてきた陛下ほど、戦争がいかに悲惨で悲劇的かを理解されている方はいない。軍備に頼らず、平和主義で文化国家をつくるというのが昭和天皇から引き継いだ精神であり、試行錯誤しながら象徴天皇として国民とともにある平成の皇室を築いてきた。
 しかし、安倍首相は国際情勢の変化を理由に憲法解釈を変え、米国議会演説で公約した安保法制を無理に成立させようとしている。陛下は口に出せずに苦しんでおられると思います。終戦記念日のお言葉では、現在の日本の繁栄は300万人にのぼる戦争犠牲者の上に築かれているという追悼の思いを前面に出されるのではないでしょうか」
※週刊ポスト2015年8月7日号
↑ここまで------------------------------------------

天皇陛下のお言葉に、安倍さんが困るような文言が含まれる?
そんなことがあっていいのでしょうか。
「集団的自衛権の行使」のどこが戦争法案なんですか?
まさか。
「天皇さんがそんなことを言わはるなんて。何を考えてはるのやろか。」
お年寄りから嘆きの声が聞こえて来てますよ?
そして続くこのフレーズ。
「昭和の天皇さんやったら、そんないらんことしはらへん。」
天皇陛下が皇太子時代に幾度もお耳に入っていたであろう、この言葉。
「そんなことはない。」そう思われるのであれば、
ぜひ、もう一度「集団的自衛権の行使」とはどういう内容のものか、
お考え頂きたいです。

護憲護憲て・・・。
そもそも。
後生大事に守ろうって言っている日本国憲法は
GHQ占領下に押し付けられたものであって、
日本人が作ったものではないんですけどね。
しかも、
若干23歳のベアテ・シロタ・ゴードンなる女性も加わってましたよね。
あっ。この女性て、皇后陛下のお友達だった・・・。(これもお察し案件。)

ベアテ・シロタ・ゴードンて?と思われた方も、
知ってる知ってる、と思われた方も
ハーバー・ナス子さんの『雅子さま大好き』ブログがオススメです。
わたくしの先を行くベアテさん


さてさて。
以前のエントリ⇒Yahoo!意識調査で賛成票が反対票を上回る。
その後どうなったかということで。
賛成票はさらに増えています。

意識調査
安保法案が衆院特別委で可決、あなたはどう思う?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/17822/result


こちらのコメントの中から、西村幸祐氏のものをご紹介です。
↓以下参考のため引用---------------------------
https://twitter.com/kohyu1952/status/623514211763662853
集団的自衛権は、連合国(国連)憲章第51条で、全ての連合国加盟国に平等に与えられた権利です。主権国家としての存立の基盤を成す最低限の権利の一つです。
以上の言葉に付け加えるものは何もありません。この言葉・命題を否定するいかなる情報操作や脚色も無意味です。
また、日本の憲法が日本国の集団的自衛権を認めていないと主張する人は、連合国憲章に違反する差別的な日本国憲法を直ちに停止する手続きを取るべきです。
もっとも、日本国憲法は戦時国際法であるハーグ陸戦条約第43条に違反した無効な占領憲法であり、占領基本法に過ぎないものです。
↑ここまで------------------------------------------



安倍首相、頑張って下さい!!!



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/21982773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2015-07-28 22:29 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る