佳子さまの記事が酷過ぎる件。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


このところの佳子さまの記事。
不愉快極まりない記事が多いんですが、今回も。

まずは、読むとイラッとする、
名前を見ると思い出す、
あの小国綾子氏が書いた記事から。

↓以下参考のため引用---------------------------
佳子さま:フィーバーの秘密 自然体のプリンセス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000001-maiall-soci
毎日新聞 2015年04月07日 12時30分(最終更新 04月07日 13時22分)
  「美しすぎるプリンセス」と大人気の、秋篠宮家の次女、佳子さま(20)。週刊誌がこぞって特集し、ツイッターでは「かわいすぎる」と絶賛の嵐だ。「佳子さまフィーバー」の秘密が知りたくて、国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)の入学式の2日、佳子さまとファンの姿を追いかけた。【小国綾子】

「佳子さまのお帰りの時間は未定です。お待ちになってもお見送りできるか分かりません」。警備の男性が新情報を大声で披露し始めた。

 「えーっ」。ICU正門脇で入学式を終えた佳子さまの車を今か今かと待っていたファンから落胆の声が上がる。

 集まったのは約80人。中高年女性が目立つが、熱烈な皇室ファンというより、皇室の「出待ち」など初めての人が多い。親子連れや高齢の男性もちらほら。一方、若い男性はほとんどいない。ツイッターでは「かわいすぎる」などと大騒ぎしても、行動派ではないのかも。

 佳子さまの魅力を尋ねると、誰もが「かわいい」という。「皇室っぽくない、身近な感じ」を挙げる人もいる。そんな佳子さまのお顔を見たい一心で、満開の桜の下、もう1時間も待ち続けてきたのだ。

 警備の男性の声に、さすがにあきらめムードが。「しかたないか」。3分の1くらいの人が正門に背を向け、立ち去ろうとしたその瞬間。

 「あれよ、あれ!」

 誰かが叫んだ。正門から滑り出た紺色の乗用車が、速度を下げることなく走り去る。一瞬の出来事に誰も「佳子さまー」と叫ぶ余裕すらない。

 警備の男性が「わ、わたくしもだまされた気分でありますっ!」と必死で言い訳している。でも、不思議。見渡せば、本気で悔しがっている人はいない。必死で車に手を振ったという近所の女性(69)は「ま、プリンセスの車は見られたしね」。

 佳子さまの車を見られただけで、誰もがもう十分に幸せそうなのだった。

 ◇行く先々でファンが増加

 「佳子さまフィーバー」は、佳子さまが成人し、初めて一般参賀に出席された今年1月2日から勢いを増した。3月の伊勢神宮参拝など、行く先々でファンが増加。佳子さま効果か、ICUの今年度の入学志望者数は前年度より22%もアップした。

 女性誌にはほぼ毎週、佳子さまの記事が。「女性セブン」は4月9・16日合併号で気の早い「花婿候補」報道に踏み込み、大きな話題に。ある女性誌記者は「読者の反響の目安となるニュースサイトのランキングでも佳子さまの話題は常にトップに食い込むキラーコンテンツ」と明かす。

 入学式の朝、スーツ姿の佳子さまの映像が流れると、インターネット上のツイッターでは「かわいすぎる」「美しすぎる」と大量のツイートが。

 結局、人気の理由は顔なのか。なんだか身もフタもないではないか。

 皇室のお顔といえば、作家、林真理子さんが1993年1月、雅子さまが皇太子妃に内定した時に週刊文春にこう書いている。<近代の皇室の歴史は、この二重の大きな目と、切れ長の目とのせめぎ合いなのである>

 雅子さまのような<立体的顔立ちの大きな目の女性>が皇室に嫁いでもなお、お子様は<切れ長の、お雛(ひな)さまのような顔をしていることであろう>と予言。一方で、民間女性がプリンセスとして皇室の一員になると、<アルカイックスマイルの持ち主>になると指摘する。美しいけれど謎めいて、時に本当に笑っている?と聞きたくなるアルカイックスマイル。

 その点、佳子さまは違う。「面長で切れ長のお顔が多い皇室の中で、佳子さまはパッチリお目々」「笑い方が自然でかわいらしい」という声をファンから何度か聞かされた。そりゃそうだ。無理に皇室風に笑わなくても、もともとプリンセス。自然体が許される存在なのだ。
------------------------------------------
佳子さま:フィーバーの秘密 「安全圏内」の魅力
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150407k0000e040187000c.html
毎日新聞 2015年04月07日 12時41分
 精神科医の香山リカさんは「美智子さま、紀子さま、雅子さま……。これまでのプリンセスブームはすべて民間人のシンデレラストーリーでした。佳子さまフィーバーはそうでない。生まれつきのプリンセスゆえの天真らんまんさがある」と指摘する。

 学習院大をあえて中退し、ICUを受験し直したことや、趣味のダンスなど、行動面での「皇室っぽくなさ」にも魅力を感じるファンが多いことに触れ、「適度に皇室っぽくない一方で、皇室の枠組みを決して逸脱しない。ちょっとセクシーでやんちゃ、でも『安全圏内』。これが親世代に好まれるだけでなく、若年層の共感を得ている。今の若者は個性的すぎたり、主張が強すぎる人を敬遠します。与えられた環境に反発せず、その範囲で『ありのままの自分』をエンジョイするのが彼らの価値観だから」と分析する。

 また「天皇の位置づけを含む憲法改正論議や女帝問題、雅子さまのご病気など皇室は今、難しい問題に直面している。佳子さまフィーバーは久しぶりに無邪気に喜べる話題なのでは」と言う。

 ◇“恋愛禁止”のアイドル

 午後4時半。今度は皇居・半蔵門前で、天皇、皇后両陛下に入学の報告に来る佳子さまの車を待つ。「入り待ち」ファンは花見客も加わり、約100人に膨れ上がっている。


ICU正門脇で佳子さまのお顔をひと目見たいと待ち続ける人々。約45分後、車はぴゅーっと一瞬で走り去った=小国綾子撮影

 「きたーっ!」。佳子さまを乗せた車に、あちこちで叫び声。隣で中年女性がぼそっと「いらした、とか言ってほしいわ」。あ、確かに。

 皇室取材の長い雑誌記者が教えてくれた。「佳子さまには従来の皇室ファンとは違う層が集まっています。このフィーバーは皇室人気というより、アイドルに対する人気に見えます。ファンの方々のノリが軽いんです。なんか『皇室アイドル』なんですよね」

 気鋭の批評家でアイドルのプロデュースも手がける濱野智史さんは言う。「皇室までがアイドルのように消費対象になった。初期のAKB48メンバーが『普通の子が実はアイドル』だったのと構図が似ている。『身近に見えて実は皇室』ですから」と。

 また「皇室は自由恋愛が難しい。アイドルの『恋愛禁止』と同じで、性が自由化された時代には魅力の一つになる。まして『会いにいけるアイドル』全盛の時代に、握手会もコンサートもツイッターアカウントもない佳子さまは、並のアイドル以上に本物のアイドルってわけです」。

 なるほどなあ。皇室っぽくないけど、実はプリンセス。等身大アイドルに見えて、実は手が届かない。そんなギャップがまた良いのかも。【小国綾子】
------------------------------------------
アップル社製「iphone」を肌身離されず
佳子さま、イケメン先輩と「LINE」で交わした“約束”
http://www.jprime.jp/tv_net/imperial_household/10902/
2015年04月07日(火) 06時00分
〈週刊女性4月21日号〉
「佳子ちゃんを、あんまりひとりにしないほうがいいよね」

「さっきすごかったよね、ワーッて一斉に(取り囲みに)来てさ~」

「私たちが守ってあげないと! 行こう!」。

 4月2日、国際基督教大学(ICU)の入学式を無事に終えた佳子さまは、部活やサークルの勧誘に追われていた。そんな人気に、ご友人たちは危機感を覚えたようだ。そう口々に言いながら、茶髪でパーマをかけていたり、シャネルのバッグを持った女子たちが、佳子さまのもとに駆けつけていた。

 そんなときも、佳子さまのお手元にいつもあったのは1台のスマートフォン。
 2年前の学習院大学入学のときには、すでにスマホをお持ちだったことを本誌は目撃しているが、機種変更をしたようで今回お持ちだったのは、アップル社製の「iPhone」。

「入学式の日にも、佳子さまがスマホで電話をされているところを見かけました。誰と連絡を取り合っているのか気になりましたね。スマホの液晶を一心不乱にタイピングしているときもあったので、LINEもされていたんでしょうね」(別のICUの学生)

 スマートフォンで無料の通話とメッセージの送受信ができ、世界で6億人近い登録ユーザーがいると言われている「LINE」。あるICU関係者が、こんな打ち明け話をしてくれた。

「佳子さまは、入部するのではないかと噂されているICUのダンスサークルにいるイケメンの先輩と、すでにLINEのIDを交換されているそうです。その先輩がLINEで、”×月〇日に練習あるけど来る?”と聞いたら”はい、ぜひ行きます”という返信が佳子さまからあったそうです。皇族もそういうコミュニケーションをとるのかと驚きました」

 皇太子ご夫妻の長女・愛子さま(13)も利用されているようなので、成人した佳子さまが、先輩とLINEで”約束”を交わされても不思議はないが……。このダンスサークルは、100人以上の部員を擁するICUでも有名なダンスサークルで、佳子さまはすでに練習を見学されたともいわれている。その場で、IDを交換されたのだろうか……。

「初対面の学生たちと気さくにお話しして記念撮影に応じたりすることは、秋篠宮家の家風といってもいいのではないでしょうか」

 佳子さまの活発ぶりについてそんな見方をするのは、皇室を長年取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。

「秋篠宮さまは昔から社交的なご性格で、宮邸にはさまざまな分野の人たちが出入りして交流があります。そんなご家庭に育てば、社交性は自然と身につくはずです。特に成年になられてから佳子さまはご公務も増えているので、いろいろな立場の人とお話しすることにも慣れてきたのでしょう。学習院とはまた違う環境ですが、秋篠宮家流の社交で学生時代はより多くの人と交流し、知見を広めていただきたいですね」
------------------------------------------

サークルや部活の先輩が新入生を待ち受けて
佳子さま、入学式後に野球部からの勧誘を華麗に回避される
http://www.jprime.jp/tv_net/imperial_household/10884/
2015年04月07日(火) 11時00分
〈週刊女性4月21日号〉
「入学式の翌日に佳子さまを見かけましたが、前日とは打って変わって、ダンス系ファッションだったのには驚きました」

 4月3日、東京・三鷹市にある国際基督教大学(ICU)での秋篠宮家の次女・佳子さまのご様子についてそう話すのは、あるICU関係者。2日の入学式では、紺のジャケットとスカートに白いブラウスという落ち着いたファッションで、報道陣の質問や撮影に応じられていたが……。この関係者が続ける。

「佳子さまはグレーのパーカーにGジャンを重ね着し、かなり短い黒系のスカートから生脚が伸びていました。ヒョウ柄でヒールなしのパンプスをはいて『マンハッタンポーテージ』の黒色リュックを背負い、ダンサー然としている姿は皇族とは思えませんでした……」

 この日は、英語のクラス分けテストやサークルのオリエンテーションが行われ、朝から忙しかった佳子さま。

 学食でランチをとられるなど大学生活にも溶け込まれているが、活発で社交的な佳子さまの姿は、実は入学式の直後からみられていた。10時から行われた入学式では、7番目に「秋篠宮佳子」と呼ばれ「はい」と起立されたが、早起きだったせいかこんな場面も。

「佳子さまの座席は最前列でしたけど、何度もあくびをしていましたよ。朝からお疲れだったのかもしれませんね(笑い)」(ICU新入生)

 式が終わると、新入生が通る道の両脇にチラシや看板を持ったサークル・部活の勧誘陣が並ぶ中、学生の先頭グループを歩いてやって来た佳子さま。

「佳子さまは、黒の革鞄と、入学式会場内で配布された深緑色の『ICU』ロゴが入ったトートバッグをどちらも右肩にかけ、右腕には薄いベージュのトレンチコートをかけていました」(別の新入生)

 佳子さまの髪の毛は、日に当たるとこげ茶が艶やかに光り、毛先はふんわりカールがかかったように。目力が強く眉は流行の少し太めでグレーと黒の中間色。脚はほどよく筋肉がつきスラッときれいで、スカートはひざ上5センチほどだった。

「屋外での新入生全員の写真撮影が終わった後そのまま解散となり、勧誘陣が新入生らにワッと押し寄せ、佳子さまはあっという間に取り囲まれていました」

と話すのはICU2年生。この学生が興奮ぎみに続ける。

「”もう何部に入るか決めていますか?”と勇気を振り絞り佳子さまに話しかけてみました。すると、佳子さまの隣の友人が”まだ決めていません”と答え、佳子さまは何もおっしゃいませんでしたが、目が合うと優しく微笑んで軽く会釈してくれました」

 さらに、記念撮影などに気軽に応じられ、外国人留学生の女性とも会話を楽しまれていた佳子さま。体格のいい野球部の男子が「すみませ~ん、野球部とか興味ないっすか?」と佳子さまに声をかけ、勧誘ビラを渡す場面も。

 もちろん、マネジャーとしての勧誘なのだろうが、佳子さまの対応は心得たものだった。
「あ、もうもらいました~」

と、おっとりとした優しい口調で手を振り、やんわりとお断りに。

 野球部男子は「すいません、ありがとうございます。よかったらお願いします!」と言いながら顔を赤らめ、その場を去った。
↑ここまで------------------------------------------

佳子さまの事も、皇族の方々も貶めていると思います。
で。
雅子さまを無理矢理絡めて来るし。
>雅子さまのような<立体的顔立ちの大きな目の女性>
ええっと、ですね。
これは雅子さまは大きな目でオキレイだという事ですよね。
そうかそうか。

>「佳子ちゃんを、あんまりひとりにしないほうがいいよね」
>「さっきすごかったよね、ワーッて一斉に(取り囲みに)来てさ~」
>「私たちが守ってあげないと! 行こう!」。

これも、古臭いというか何というか、
おかしいですよね。
とにかく、
何か違うんです。

ほっこり和む記事のようで実はそうではない。
そう、あちらこちらに陰湿な文章がちりばめてあるのです。
紀子妃殿下に対して、
文春のエッセーで失礼極まる文章を書いた林真理子を出したり、
厭らしさが滲み出ています。

天皇皇后両陛下の慈愛溢れる有難い記事と、
秋篠宮家への何を書いてもいいよ的な記事との、
この差は何なんでしょうか。
何とかならないものなのでしょうか。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/21692113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あや at 2015-04-10 20:40 x

今日も本屋で見かけましたが女性週刊誌の表紙は佳子さまの入学式一色で、今や皇室のアイドルですね(*^^*)
しかし佳子さまの人気に不満のある勢力のバッシングも酷く悲しくなります。
特に、東宮家上げのブログの下品極まりなさ!
私の回りは、皇位継承は男子で決まっていて、大人しくしていてもちゃんと悠仁様が将来天皇になると言う人が多いのですが、小林よしのりの女性天皇論に賛同する人も目立ち、このまま皇太子殿下が天皇に即位すれば、世論は直系長子に皇統を、と変わるのではと、とても心配です。
管理人様、私に出来る事はないのでしょうか?
Commented by ベアトリス at 2015-04-11 14:37 x
そりゃもう、厚化粧で作り込んだ顔ぐらいしか売り物がないんでしょ。
バカで下品だから。
Commented by ミモザ at 2015-04-12 20:22 x
>そりゃもう、厚化粧で作り込んだ顔ぐらいしか売り物がないんでしょ。
>バカで下品だから。

この言葉、誰かを思い出す・・分かった!
皇太子の奥さんの雅子さんだ! 
ピッタシの表現ですわ! お上手、座布団一枚。

Commented by Lisa_cerise at 2015-04-14 00:15
☆あやさん、今晩は。
>今や皇室のアイドルですね(*^^*)
皇室の話題でも、華やいだ気持ちにさせて頂けるのは嬉しいですよね(*^-^*)
>しかし佳子さまの人気に不満のある勢力のバッシングも酷く悲しくなります。
そうなんですよね。
それもない事ばっかりで呆れてます。(あと、東宮家のスライドも)
>特に、東宮家上げのブログの下品極まりなさ!
そうでしょう~。
ご丁寧に、こんな辺境ブログへもお越しになるんですけど、
それはそれはお下品なことったら。
あまりのことに、公開していないものが多いのですが・・・。
>このまま皇太子殿下が天皇に即位すれば、世論は直系長子に皇統を、と変わるのではと、
>とても心配です。
私も、それを託されているのが皇太子さまだと思っています。

ぜひとも、お声をお願いいたします。
(私はなかなか電話を出来る時間がないので、メールが多いです。)
総理官邸⇒https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
内閣官房⇒https://www.kantei.go.jp/jp/forms/cas_goiken.html
宮内庁⇒information@kunaicho.go.jp
宮内庁長官官房総務課報道室広報係 03-3213-1111 内線3269
by Lisa_cerise | 2015-04-07 19:56 | 皇室 | Trackback | Comments(4)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る