両陛下のパラオ訪問、詳細な日程を公表へ。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


天皇陛下はお風邪でご公務をお取りやめになっていらっしゃいますが、
パラオ訪問が着々と進んでいます。
まだまだ先だと思っていましたが、
来月8日と迫ってきました。
本当にもうすぐ、です。
しつこいようですが、
陛下の体調は大丈夫なのでしょうか。

↓以下参考のため引用---------------------------
両陛下 パラオ訪問の詳しい日程固まる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010026901000.html
3月25日 5時09分
天皇皇后両陛下が太平洋戦争の戦没者の慰霊などのため来月パラオを訪問されるのを前に、現地での詳しい日程が固まり、両陛下の宿泊先を海上保安庁の巡視船とすることも正式に決まりました。

宮内庁によりますと、両陛下は来月8日に民間のチャーター機で羽田空港を発って、夕方パラオに到着し、空港での歓迎行事や大統領夫妻との会見に臨まれます。
続いて、日本の支援で建てられたさんご礁の研究施設を視察したあと、両陛下の訪問に合わせて招かれたミクロネシアとマーシャル諸島の大統領夫妻と共に歓迎の晩さん会に出席されます。この席で、天皇陛下がパラオの大統領と友好関係の発展を願うスピーチを交わされます。
そして翌9日、両陛下は、アメリカ軍との戦闘でおよそ1万人の日本軍がほぼ全滅したペリリュー島を訪問されます。日本政府が建てた慰霊碑を訪れ、生き残った元兵士や遺族らも見守るなか、日本から持参した白い菊の花を供えて犠牲者の霊を慰められます。両陛下はアメリカ軍の慰霊碑も訪れたあと、日系人も多い島の住民と交流する機会を持ち、この日の夜、帰国されます。
一方、今回の訪問では、両陛下の宿泊先を海上保安庁の巡視船「あきつしま」とする異例の対応を取ることも正式に決まりました。両陛下は、「あきつしま」に搭載されているヘリコプターで、パラオ本島とペリリュー島との間を行き来されることになります。

「巡視船」のアイデア浮上
両陛下のパラオ訪問は、10年前の戦後60年の際にも、同じ太平洋諸島の激戦地ミクロネシアとマーシャル諸島への訪問と併せて検討されました。
ところが、これらの国々には、両陛下が外国訪問で使われる政府専用機が離着陸できる空港はなく、日本との間に定期的な航空便もありませんでした。交通手段を中心とする受け入れ体制が整っていなかったため、訪問は見送られました。
しかし、天皇陛下は戦後70年を前に、再びパラオでの戦没者の慰霊を望まれます。この10年で、日本とパラオの間には3か国の中で唯一、定期便が就航するようになり、民間のチャーター機での訪問も現実味を帯びていました。
一方で、パラオで慰霊を果たすには、国際空港のある本島から日本政府の慰霊碑があるペリリュー島に渡る交通手段も必要になります。両陛下の安全や1泊2日という短い日程を考えると、現地のボートや大型船での移動は難しく、日本側でヘリコプターを用意するしかありませんでした。
ここで、ヘリコプターを搭載できる海上保安庁の巡視船を現地に派遣するアイデアが浮上し、両陛下のパラオ訪問が実現に向けて動き出します。さらに、派遣した巡視船を両陛下のホテル代わりにすることで、パラオ国内での飛行基地と宿泊施設が一体化し、スムーズな日程を組むことが可能になったということです。
両陛下の訪問は、パラオが大勢の観光客でにぎわう時期に重なりますが、巡視船を使うアイデアは、現地に迷惑をかけたくないという両陛下の気持ちにも沿うものだということです。

巡視船の使用念頭に準備
宮内庁は、海上保安庁と連携しながら、両陛下の宿泊先や移動用のヘリコプターの基地として巡視船を使うことを念頭に準備を進めてきました。
去年12月には、宮内庁の幹部や職員らが2度にわたって、横浜の基地や東京湾に停泊していた巡視船「あきつしま」を訪れ、両陛下が宿泊される船長室や副船長室などを見て回りました。一部の側近らが実際に寝泊まりして宿泊に支障がないかどうか確かめたこともありました。
また、先月、宮内庁や外務省の職員らが先遣隊としてパラオを訪れた際には、「あきつしま」も現地に派遣され、停泊場所の調査や搭載されたヘリコプターの飛行訓練なども行われました。
「あきつしま」は、おととし11月に就航した海上保安庁の最新鋭の巡視船です。横浜海上保安部に所属し、全長およそ150メートル、およそ6500トンと巡視船としては世界最大級で、後方の格納庫にヘリコプターを2機搭載できます。
巡視船の船内には急な階段など移動に不便な場所もあるということですが、宮内庁は、できるだけ両陛下の負担が少なくなるようにしていきたいとしています。

生き残った元兵士の思いは
激戦地のペリリュー島で生き残った元日本兵の中には、今回の両陛下の訪問で多くの人に島での戦いについて知ってもらえると期待する人もいます。
福岡県筑後市に住む元海軍兵士の土田喜代一さん(95)は、ペリリュー島で最後まで戦って生還した34人の1人です。悲惨な戦闘を伝えることが生き残った自分の役割だと考え、講演会などでペリリュー島の戦いについて語り続けています。
今回の両陛下の訪問は、島での戦いについて多くの人に知ってもらうきっかけになると考えています。土田さんは「生きているかぎり、ペリリュー島の戦闘を子々孫々に至るまで語る気持ちでいたので、両陛下の訪問は非常にうれしくて、どうお礼を言っていいか分かりません」と話していました。
土田さんは3日前、両陛下に皇居に招かれ、戦争当時のことなどを話しました。天皇陛下からは「本当に長いこと大変ご苦労さまでした」とことばをかけられたということです。
これまで、戦没者の慰霊などのため13回ペリリュー島を訪れてきた土田さんは、95歳になり、もう行くことはないと考えていました。しかし、両陛下が戦友たちを慰霊する場面にどうしても立ち会いたいと、来月、再び島に向かうことにしました。
土田さんは「足も悪くなったけれども陛下が訪問されるなら行かなければならないと思った。骨になった戦友たちも喜ぶと思うので、それを想像しただけでもうれしいのです」と話していました。
------------------------------------------
両陛下パラオご訪問 ご宿泊は海保巡視船 宮内庁、詳細日程発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150325-00000096-san-soci
産経新聞 3月25日(水)7時55分配信
 宮内庁は25日、戦後70年で戦没者慰霊のため天皇、皇后両陛下が4月8、9日に行われるパラオ共和国ご訪問の詳細日程を発表した。パラオ本島から慰霊地のペリリュー島へヘリコプターで移動することなどを考慮し、海上保安庁の巡視船内に初めて宿泊される。

 両陛下は8日、羽田発の民間チャーター機でパラオ本島にご到着。レメンゲサウ大統領夫妻と会見するほか、パラオ同様に日本の旧委任統治領で戦地となったミクロネシア連邦、マーシャル諸島の両国大統領夫妻とも懇談し、パラオ政府主催晩餐(ばんさん)会に臨まれる。

 9日、日本軍約1万人が犠牲になったペリリュー島に巡視船から移動し、島南部に日本政府が建てた西太平洋戦没者の碑と、米軍上陸地点付近にある米陸軍の慰霊碑にそれぞれ供花される。同日夜ご帰国の予定。

 日系人も多いパラオ国民や現地在住の日本人らとも交流される。
↑ここまで------------------------------------------

こちらは、皇太子さまもお読みになったら?と思う、ヤフコメ付きです。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150325-00000096-san-soci

皇太子さま、スキー旅行へは行けるけど、
慰霊の旅へは行けないのでしょうか。
ご名代って、本来ならば皇太子さまですよね?



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/21658616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2015-03-26 05:38 x
やっぱり行きましたねー、東宮。
しかも車で。
噂通り電車のほうを早くから断られていたのでしょうかね?
唯一出た写真もいつも通りでした。
でも今回気になったのは愛子さま。
とうとうあっち側にいかれてしまったと、そんな印象を受けました。何年か前までは確かに両親に対して(特に雅子さん)おびえているような、何か嫌なものを感じ取っている気配が感じられていました。
今はもうぜんぜんそれがないのです。
それどころか同化してしまったように感じました。
とても残念で悲しいです...

両陛下のパラオへの慰霊の旅。
いまだあの地で眠る先祖の皆様は本当に喜ばれるのでしょうか?私にはよくわかりません...
陛下は祭祀をお休みされましたし、どうかしっかりと休養をとられてお体を大事にしていただきたいと思っています。
中途半端に少し顔を出したり、何かをなさるなんていうこともやめてきちんと休んでいただきたいということです。
最近の陛下の写真から受けた印象はとてもお疲れではないかと。なんだか生気を吸い取られているようにも感じて怖いです。本当に心配です!
私もLisaさんと同じでしつこいようですがお体が心配です。
日本国民は皆がお休みください!と、願っているとも思うのですがね...

Commented by ミモザ at 2015-03-26 21:36 x
お泊りになる巡視船あきつしま、がいくら大型の船でも、巡視船であって客船ではありませんからねぇ。この方法しかなかったのでしょうか? 滞在日数もタイトのようですけど。
26日から28日までデンマークの皇太子夫妻が来日され、両陛下はお昼を、皇太子夫妻は夜のお食事をご一緒されるようですけど、スキー三昧をお認めになられているわけですから、雅子さんが出て来ても出てこなくても、全てOKなのでしょうね。 廃太子廃妃のメール、電話をいたしましょう。

Commented by Lisa_cerise at 2015-03-29 21:48
☆琴さん、今晩は。
お返事が遅くなってしまってすみません<(_ _)>
>やっぱり行きましたねー、東宮。
今回もさっさと行かれましたね。もう、呆れ果ててます。
>でも今回気になったのは愛子さま。
それは、今回は投薬が少なかったから、とかではなくて、でしょうか?
昨年は新幹線の中で凄い恰好で爆睡されていて、
内親王さまでなくても、一般家庭でも女の子がそんな恰好をしていたら、
足元が隠れるように親が気を付けるのに、とお気の毒に思ったものでした。

>両陛下のパラオへの慰霊の旅。
>いまだあの地で眠る先祖の皆様は本当に喜ばれるのでしょうか?
>私にはよくわかりません...
両陛下の気持ちは英霊の方々に伝わっていると思うので、
そのお気持ちだけで十分では?と思うんですけど・・・。
国民としては、祭祀をなさって下されば、と。
>中途半端に少し顔を出したり、何かをなさるなんていうこともやめて
>きちんと休んでいただきたいということです。
そうですよね。高齢者でなくてもそれなりの年齢になれば、
たかが風邪では済まされなくなりますし、
肺炎になれば、それこそ、坂道を転げ落ちるように一瞬にして悪くなります。
>日本国民は皆がお休みください!と、願っているとも思うのですがね...
この気持ちがどうして伝わらないんでしょう!
とっても歯痒いですよね。
Commented by Lisa_cerise at 2015-03-29 22:05
☆ミモザさん、今晩は。
お返事が遅くなってしまってすみません<(_ _)>
>お泊りになる巡視船あきつしま、がいくら大型の船でも、巡視船であって
>客船ではありませんからねぇ。
天皇陛下でいらっしゃるのに、巡視船はいかがなものかと。
伝統や格式を守ることも大切だと思うんですけど。
>この方法しかなかったのでしょうか? 滞在日数もタイトのようですけど。
パラオから、お迎えするのに色よいお返事が頂けなかったからですよね。
それでも何としても、というので苦肉の策らしいんですが・・・。
>スキー三昧をお認めになられているわけですから、
>雅子さんが出て来ても出てこなくても、全てOKなのでしょうね。 
何もご遠慮なさらず、陛下がピシッと仰る事がそれ程難しいことなんでしょうか。
もう、、、いいようにいいように受け取ることも難しくなってきて、
脱力感でいっぱいです。
>廃太子廃妃のメール、電話をいたしましょう。
いたしましょう!!!一人一人の思いが伝わるといいのですが・・・。
お昼休みも電話に出て欲しいですよね。
Commented by ミモザ at 2015-03-30 09:59 x
陛下がぴしっとおっしゃること・・為さらないでしょうね。期待も失せました。何もかもがこのままでしょう。東宮を排除したいと考える国民は、政府、政治家に働きかけるしか今はどうしようもありませんでしょう。電話、メール、知り合いの政治家に話す、週刊誌に伝える(週刊誌はある程度世論の把握はしていても書くところまで行っていない?)。 保守系のブロガーさん達は、誤解を恐れて書くことを避けている。この層の人たちが書き始めてくれると、流れが加速するのですがね。 小心や保身で動きが取れないのかな? 西尾さんが以前に書かれたこと、「皇太子問題を放置すれば、いずれ両陛下にも批判が及ぶ」先を読む力はさすがです。現実になりました。
旧皇族の方々、ご自分たちの築いてきた歴史が、瓦解寸前ですよ。皇太子が即位したら皇室などいらないと言い始めた人が増えているんですから。
Commented by Lisa_cerise at 2015-04-01 21:32
☆ミモザさん、今晩は。
>為さらないでしょうね。期待も失せました。何もかもがこのままでしょう。
今度こそは、そう思って期待して来ましたけど、もう無理ですよね。
>東宮を排除したいと考える国民は、
というか、皇室を大切に思うからこそ、
東宮という地位から降りて頂きたいと願ってのことですよね。
>政府、政治家に働きかけるしか今はどうしようもありませんでしょう。
みんなでコツコツ頑張りましょう!!
>保守系のブロガーさん達は、誤解を恐れて書くことを避けている。
>この層の人たちが書き始めてくれると、流れが加速するのですがね。
そうですよね、、、。書いて頂きたいですよね。
>西尾さんが以前に書かれたこと、
>「皇太子問題を放置すれば、いずれ両陛下にも批判が及ぶ」先を読む力は
>さすがです。
それと。雅子さんはある日コロッと元気になる、という事も仰ってましたよね。これも現実になると思います。
Commented by 白珠 at 2015-04-01 21:48 x
>皇太子さま、スキー旅行へは行けるけど、
>慰霊の旅へは行けないのでしょうか。
>ご名代って、本来ならば皇太子さまですよね?
ただ、交代しサマだと英霊への慰霊にならない恐れがw

あと、1月の「皇太子さま、サウジアラビアのアブドラ国王の弔問へ。」の記事のコメント欄を見て、現地でやらかしたそうだけれどそれでも交代しサマなら、どんな面倒そうな場所でも
心置きなく行かせられるという使い勝手が有るんだな~と、
何とかとハサミは使いようなんだな~と思いました。
Commented by Lisa_cerise at 2015-04-05 23:45
☆白珠さんへ。
>ただ、交代しサマだと英霊への慰霊にならない恐れがw
天皇陛下のお身体の事を思うと
それでもやっぱり、皇太子さまに行って貰わないと!って・・・。
>どんな面倒そうな場所でも心置きなく
えぇえぇ。皇太子さまは、真摯な方でいらっしゃいますもの。
時代に即した新しい公務でなくても、行って下さいますよね。
by Lisa_cerise | 2015-03-25 23:22 | 皇室 | Trackback | Comments(8)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る