両陛下、パラオ生還者と懇談される。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


↓以下参考のため引用---------------------------
両陛下、パラオ生還者と懇談 来月のご訪問を前に
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150322-00000010-ann-soci
テレビ朝日系(ANN) 3月22日(日)11時53分配信
 戦没者を慰霊するため、来月、パラオを訪問される天皇皇后両陛下が生還した元日本兵2人と会い、当時の状況について話を聞かれました。
 懇談は、22日午前10時半から皇居・御所で行われ、激戦地だったパラオのペリリュー島から生還した元陸軍の永井敬司さん(93)と海軍の土田喜代一さん(95)が、当時の現地での様子を説明しました。ペリリュー島では日本兵1万200人が戦死し、生還したのはわずか34人でした。このうち30人はすでに死亡しています。両陛下は戦没者を慰霊するため、来月8日から2日間、パラオを訪問されます。陛下は、風邪の症状が出て21日は儀式への参列を取りやめましたが、22日の懇談でも、あいさつの後、早めに切り上げられました。
------------------------------------------
両陛下、ペリリュー島生還者と懇談
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2450788.html
 太平洋戦争の戦没者の慰霊のため、来月、パラオを訪問する予定の天皇・皇后両陛下は、
22日、激戦地ペリリュー島から生還した2人を招き、当時の戦いについて話を聞かれました。
 両陛下は、来月、パラオを訪問するのを前に、激戦地のペリリュー島から生還した元日本兵の男性2人をお住まいの皇居・御所に招かれました。
 陛下は21日から風邪の症状があり、体調が十分ではなかったため、出席は懇談の冒頭5分程度となりましたが、
招かれた土田喜代一さん(95)と永井敬司さん(93)に「本当に長いこと、大変ご苦労様でした」と言葉をかけられたということです。
 その後は、皇后さま一人で当時の戦いや帰国後の生活などについて話を聞かれたということです。
懇談後、永井さんは、「両陛下がパラオに行かれることを非常に感謝しています。英霊も本当に喜んで迎えると思います」と話しました。
 ペリリュー島には今でもおよそ2600人の遺骨があるとされていて、
厚生労働省は、24日から職員を派遣して、島に残された遺骨の収集を行うことにしています。
今回は、今まで調査できていなかった地下壕1つを新たに調べるということです。

(22日15:17)
------------------------------------------
両陛下 パラオ訪問前に元日本兵と懇談
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150322/k10010024431000.html
3月22日 18時05分
天皇皇后両陛下は、来月、太平洋戦争の戦没者の慰霊のためパラオを訪問するのを前に、
激戦地のペリリュー島で生き残った元日本兵を皇居に招いて懇談されました。
皇居に招かれたのは、およそ1万人の日本兵が犠牲となったパラオのペリリュー島で、最後まで戦って生き残った34人のうち、
茨城県の元陸軍軍曹、永井敬司さん(93)と、福岡県の元海軍上等兵、土田喜代一さん(95)の2人です。
両陛下は、22日午前10時半から、お住まいの御所の応接室で2人と懇談されました。
天皇陛下は、21日から発熱などかぜの症状があるためまもなく退席しましたが、
「本当に長いこと大変ご苦労さまでした」と、2人にことばをかけられたということです。
皇后さまは、およそ45分間にわたって、戦争当時の様子や、戦後、帰国してからの生活について説明を受け、
アメリカ軍が上陸した海岸で激しい戦闘が行われたと聞くと、「大変でしたね」などと述べられたということです。
そして、高齢の2人の体調を気遣い、「どうぞお体をお大事に」と、繰り返しことばをかけられたということです。
天皇陛下は、今週予定されているインドネシア大統領夫妻との会見や、昼食会などの公務や
栃木県の御料牧場での静養については、体調を見ながら慎重に判断されることになる見通しです。
両陛下との懇談を終えた永井敬司さんは、
「皇居で両陛下と接見させていただくなど夢にも思っておらず、非常に光栄でした」と話していました。
また、土田喜代一さんは、両陛下の訪問に合わせてペリリュー島を訪れる予定で、
「亡くなった戦友たちも非常に感動し喜ぶのではないかと思います」と話していました。
↑ここまで------------------------------------------


お身体の事を思うと、何とかお考え直し頂きたいもの。
でも、
あの地で亡くなられた方達のことを思うと、
そしてこの記事を読むと、
それはないですよね・・・。

>出席は懇談の冒頭5分程度
天皇陛下、発熱がおありのようですが、
それでも、どうしても、という強いお気持ち。
それは、英霊の方達にも必ずや届いているはず。

どうか、お元気になられますように。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/21651174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 白珠 at 2015-04-03 03:20 x
ただでさえ御多忙で、かつ御高齢でらっしゃるので、
何よりも健康第一になさって頂きたいです。
それと同時に、
天皇皇后両陛下がパラオを御訪問されることの意義は、まさに生還兵お二人の言葉の通りだと思います。

そして、日本の兵士が日本の為に戦いそして眠るその地に直接出向かれ、
慰霊される事は、第一に兵士の為であるわけですよね。
自虐史観や歪んだ反戦思想だったらそもそも、戦場であるパラオに御訪問などされないですもんね。
Commented by Lisa_cerise at 2015-04-06 00:35
☆白珠さんへ。
>ただでさえ御多忙で、かつ御高齢でらっしゃるので、
>何よりも健康第一になさって頂きたいです。
そうですよね。
お風邪が長引いて、まだ本調子でいらっしゃらないようですし、
心配でなりません。
by Lisa_cerise | 2015-03-22 23:59 | 皇室 | Trackback | Comments(2)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise