揺るぎないもの。それこそが・・・。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


このところ、二十数年ぶりに再燃している皇后陛下批判。
この度は皇后陛下だけではなく、
天皇陛下にまで及ぶものもあって、
このままだと皇室廃止論に繋がる恐れもあって、
かなり深刻だと思います。

深刻だと思う理由は、
前回の時と違って天皇陛下への疑問も出ていることではないでしょうか。

このような流れでは、
そろそろ、皇后陛下はまたヒステリー性失声症でお倒れになるのでは?と心配しております。
でも。
今回の勢いだと、だからどうなんですか?という風になりかねないし。

ヒステリー性失声症は前回の事が有名ですが、
奥では何度かあって、
昭和天皇がお叱りになった時のこともありましたよね。
(聖書云々の時の事ではありません。)
私は昭和天皇の仰せになることに間違いはなかったと思っていますし、
香淳皇后はよく堪えていらっしゃったと、心から尊敬しております。
いつどんな時も香淳皇后は、
同じ位置には立たずにいらっしゃったから、
ただただ静かに時が流れていただけ。
それは、
皇族の方とは、いかようにも受け取られるようなお言葉を出されるものではない、
ということなのではないでしょうか。

以前のエントリでも書かせて頂きましたが、
(⇒分からなくなってしまったこと。
不敬ながら、ずっと疑問だったもののあれこれ。
それがふつふつと湧き出して来たのは確か。
そういったことの一つ一つが積み重なって、
今のざわざわに繋がるのではないかと思ってみたり。

それから。
有名な手袋事件一つにしてみても、
未だに誤解されている方がいらっしゃるようですが、
あらかじめ宮内庁から届けられていた正式な手袋ではなく、
何故か短い手袋をはめたあの写真のほうが発表されたのです。
わざわざ、宮内庁に問い合わせをして、
「どこにも売っていない」と正田家からお伺いを立てたにもかかわらず、
それでも、わざとではないと言うのであれば、
あの当時もかなりはっきりと発言もなさっていたご実家が
どうしていち早く訂正なさらなかったのか、という不思議。

皇后陛下のお若い頃のお着物姿は確かにちょっとびっくりしますし、
確かにあの時代でもちょっと・・・というものですが、
でもそれも昔のこと。
今は素敵に着こなされていらっしゃいます。
それも、皇后さまがこれまで積み重ねてこられた一つ。
昔のことをあれこれ言うのではなく、
積み重ねて来られた今が大切なのですし。

そして、秋篠宮家も常陸宮家も、
どんな時も決して揺るぎない信頼感があります。
それは、静かに静かに積み重ねて来られたゆえのもの。

天皇皇后両陛下の東宮時代は今の皇太子ご一家とは全然違いましたし、
昭和天皇の「東宮ちゃんがいるから大丈夫」というお言葉を信じています。

今ここで、
東宮批判よりも皇后陛下批判と、
皇室問題をスライドさせてしまうことは怖くないでしょうか?

それから。
祖父母の知人でもあった、入江侍従長のことを悪く言われることも悲しいです・・・。
皇室は広い心をお持ちのところ。
キリスト教徒であったことも、隠されていたわけでもありませんし、
昭和天皇との厚い信頼は揺るぎないものでしたから。

皇后陛下も80歳。
お年の頃からするとどうしても頑なになってしまいがち。
それは仕方がないことなので、
もう十分お働きなのですから
これからはもうちょっとごゆるりとなさって頂いて、
・・・という事になると、やはり摂政の宮をとなるんですけど。
如何せん、暫定皇太子ご一家は開店休業で「東宮ちゃんがいるから不安」な状態。
(ここまで書いておきながら、私もよく分からなくなっています・・・。)

これ以上国民が不安にならぬよう、
やはり!さすが!
というものを見せて下さることを願っております。

これまでとは違うこの流れ、
どうか悪いほうに流れませんように。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/21560991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みみ at 2015-02-16 08:07 x
リサ様のご心配の気持ち良く分かります。 このままでは皇室廃止論がでてくるのではないか?
今回は陛下にまで批判が及びつつある。 その通りです。 皇后さまへの批判は、皇太子夫妻に対する過剰ともいえる擁護を発端とするものです。その元を検証していくとGHQから始まる日本弱体化政策に加担したカトリックの影響力も見え隠れしてきた。陛下も戦後影響を受けておられる。さまざまなことが過去にさかのぼり検証され、見えていたのに、見えないふりをしていたことが、確認されてきているというのが現在の状況で、皇后貶め目的の為の,論ではありません。皇室を元に戻したい、変質させたくないという国民の意志があるからこその、批判です。 何も考えない、思わないのは皇室の自然消滅に無意識に手を貸していることと同様なのではないでしょうか? 美智子さまは皇太子の系列を天皇にしたいという気持ちをお持ちのようです。 このことは過去週刊新潮の記事に天皇陛下のお言葉として、書かれましたが、宮内庁からの訂正は入っていないようです。真っ当な皇后批判者と皇室廃止論者の思想は根本から違います。 悠仁さまに皇統を繋ぐために、皇室にものを申しているのです。皇太子が即位すれば必ず「愛子天皇論」が出てくるでしょう。 そうなれば保守陣も皇室いらない、になりそうです。
陛下への批判は政治発言うんぬんで、ありますが、美智子さまに、同調されていることに関しての疑義は、これから先出てくるのでは、と。 万世一系を廃し、皇室から祭祀が無くなることを、是とされるのか?と。
Commented by at 2015-02-16 08:34 x
Lisaさん大丈夫ですか?なんだか心配になります...
ものすごく優しいLisaさんのことですから心配しすぎて体に影響とかあったら困るのでなんとか安心させてあげたいのですがどうしたら...
この問題は起こるべくして起きた大きな流れの一部だと思うのです。
何事も必然。
ですからLisaさんには、両陛下に関してはいろいろ思うところはあるけれどとりあえずスルーということで様子をみてはいかがでしょうか?
実は私も別件でとある人物(皇室関係ではありません)に対して危惧するところがあり、ものすごく心配しているのですが(その人物による日本へのダメージ)完スルーしています。
なんというかその必然の流れに身を任せて自分でできることを粛々とやりながら沙汰のおりるときを待ってみようと。
意見の相違は絶対に避けられませんし、結局ストレスになることは目に見えていますから。
えらそうなこと言って申し訳ありません!
あくまでも私が勝手に心配して話したことですから聞き流してLisaさんの思うまま進められてくださいね。

今頃東宮では皇太子殿下の誕生日用撮影会が行われているかもですね(笑)
Commented by 時じくの果具の木の実 at 2015-02-16 10:43 x
Lisa様 こんにちは
Lisa様のお気持ちが良く伝わってきました。
ここに来て皇后陛下への不信、批判が言われ始め天皇陛下に言及する論も見られます。
日本人の全てとは言いませんが、やはり、天皇皇后とは神道の長で在るとともにまず民にとっての父母であり、祖父母でもあり。
日本という家族の家長であられる。その父であり祖父である方が、我が子である長男のだらしなさ、不甲斐なさを厳しくお叱りにならないのはどうした事なのか。実際は何度も叱責されているのかも知れません。でも、それは国民にわかる形でなされるのが望ましい。
護憲をおっしゃる前に、まず天皇家の家長として皇太子を叱りそれでもだめなら皇位継承の覚悟を問い正して頂きたい。皇太子は良く会見の席で「プライベート」と言いますが、ならば、まず、御一家の長として皇太子自身が無理だから父親として長男の襟を正して頂きたい。普通の家の働かないバカ長男夫婦ではすまされないお立場ゆえに、ご両親に皆の目が向いてしまいます。入江侍従長の人となりについて、入江日記を読みたいと思いつつ年数が過ぎてしまいましたが、探してみます。天皇家が大切故に心底心配している方が殆どでも、そこに付け入れられたら危険ですね。
Commented by りかこ at 2015-02-16 14:33 x
こんにちは。
Lisaさんのおっしゃりたいこと、めっちゃ、わかります!!

ここ最近は何度も???と思うのも事実で、そのたびに皇后陛下批判の波に乗せられそうになるのですが、「本当にそれでいいのか??私。。。」と考えてしまって。

「皇室いらんやん!」とおかしな風が吹くのも困るし、何より、先に生まれただけの長男に「あとはよろしく」とトントン拍子に話が進むのでは?とそれが一番怖くて、怖くて…「国民の税金だけ心を寄せている」あのご一家だけは、ホントお断りですわ!!

ただ、ちょっと言いにくいのですが、皇室特番で何度も使い回し映像される美智子さまアゲも正直、見飽きた感が。。。(泣)
秋篠宮殿下が摂政宮として陛下をサポートされるお姿や、両陛下に尽くされ、摂政宮を支える摂政宮妃・紀子さま、両陛下とご一緒される将来の天皇陛下の悠仁さま、美人姉妹の眞子さまと佳子さまのご公務先での素敵なエピソードなど…そんな映像が見たいんです。
Commented by ららら♪ at 2015-02-17 09:38 x
>雅子さんのほうがまともに見えてきた
>ヤフオク事件、実は裏にOOさまがいらっしゃるのでは

こんな書き込みを見ると、ぞっとします。
Commented by みみ at 2015-02-17 16:33 x
ららら♪さま
>雅子さんのほうがまともに見えてきた
これは明らかに、東宮擁護派の発言。 でも、それくらい酷いのが美智子皇后と思われているかも・・

>ヤフオク事件、実は裏にOOさまがいらっしゃるのでは
これ、ひょっとして本気で信じる人が出てくるかも?
だって、ピクリとも警察、マスコミが動かず・・そんな権力をお持ちなのは、誰???

私も、ぞ~とします。 


Commented by トロロ at 2015-02-17 23:24 x
リベラルで裕福な家に育った美智子皇后は、リベラル派との交流とか御発言、皇室の近代化が国民の為だと信じていらっしゃると思います。「伝統は人を傷つける事もある。」と御発言なさったときのザワザワ感は、いまだに忘れられません。皇室は改革するものではなく、受け継ぎ保つものであると気がついた国民が声を揚げ、それに皇室廃止を企む者達が便乗して騒ぎになっているのだと思います。是々非々の皇室擁護ブログなどでは、覚醒の痛みから立ち直った人達が冷静な真情溢れるコメントを出し始めています。お水の会議も一応はポシャる方向に行きそうですし。でも油断は禁物ですね。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-18 00:06
☆みみさん、今晩は。
>皇后貶め目的の為の,論ではありません。
>皇室を元に戻したい、変質させたくないという国民の意志があるからこその、批判です。
そうなんですよね。皇室の危機がまさしくそこに迫っているんです。
今回の批判は、前回のような宵っ張りで夜中にラーメンご所望が云々という類ではなく、
ヒステリーを起こされようとも静かにはなりそうにありません。
皇后陛下というお立場でありながら、様々なご発言をなさって来られていることに
問題があるのです。
これまで、意に反する記事があれば宮内庁を通じて訂正を入れられて来ました。
そういう事を何度もなさると、
訂正がないものは正しい事と判断されてしまうというのに。
そして積もりに積もっての今です。
>万世一系を廃し、皇室から祭祀が無くなることを、是とされるのか?と。
暫定皇太子ご一家をお認めになっているということは、
そういう事になるということでしょう?
と、多くの国民が不安に思っているんですよね(涙)
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-18 00:23
☆琴さん、今晩は。
>この問題は起こるべくして起きた大きな流れの一部だと思うのです。
マスコミの印象操作に気付いたのに、
慈愛の~お話には疑問を抱かなかった、でも・・・!
という流れもその一つのようで、
これがまた、皆さまの心の中で繋がったのだと思います。
>意見の相違は絶対に避けられませんし、結局ストレスになることは目に見えていますから。
ご心配頂いて、ありがとうございます!!
疑問に思うことは小さく叫んでみたりしてますし、
不敬ながらも批判する側にいる私なので仕方ないのですが、
ちょっとあんまりだわ、、、という事があって。

>今頃東宮では皇太子殿下の誕生日用撮影会が行われているかもですね(笑)
ですね!いつも二日前倒しのオデンカですが、記者会見は土曜を避けて20日でしょうか。
お誕生日は日韓スワップ終了で、
お水の総裁としてかの国に行けなくなって、どんな内容になるんでしょうね~。
Commented by ららら♪ at 2015-02-18 09:13 x
皇太子、訪韓取りやめの、週刊ポストの記事読んできました。
お水の総裁としての訪韓がないのは確実のようですが、
皇太子を訪韓させたい勢力が、まだまだ諦めていない、
それが文章からはひしひしと伝わってきました。

小坪しんや議員が、
「日韓スワップ打ち切り決定とはいっても、その当日ぎりぎちまでは、安心できない。」とSNSで発信しています。
なにせあの国が相手なので、一度決めたことをひっくり返すのはお手の物、
決定したからと言って、安心してはいけないってことでしょう。
日本人は、どうしてもこの辺が詰めが甘いので・苦笑

>みみさま
いろんな情報が飛び交っていますし、目に見えるものを見ていると、肯定したくもなるのですが・・・、
ネットはすでに保守の牙城ではない、
工作員が多数入り込んで、情報操作に躍起になっているという話も聞きます。

東宮、雅子さんへの批判を、皇后になすりつけてうまくスライドさせようとしているのでは、という疑いも捨てきれないんです・・・・・・。
Commented by at 2015-02-18 16:10 x
こんにちは!なんかちょっと勘違いな心配をしていたようで本当にごめんなさい。
Lisaさんからの返信をいただいてもう一度記事をよーく読み直してみました。
なんか私のコメントがかみあっていませんよね、大変失礼致しました。
こんなどんくさいおばさんですけれどお許しくださいませ!

今回の皇后陛下へのいろいろな疑問?で、確かに何かが大きく変わりつつあるのは私も感じています。
でも危機感ではないのですよね、なんとも上手く言葉で言い表せないのですが...

再コメント失礼致しました。私はいつでもLisaさん応援です!返信も個々に毎回本当に頭が下がります。ありがとうございます!
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-18 22:21
☆時じくの果具の木の実さん、今晩は。
>その父であり祖父である方が、我が子である長男のだらしなさ、
>不甲斐なさを厳しくお叱りにならないのはどうした事なのか。
そうでなんです。日本最高の神官でいらっしゃる方が、
長男一家にあまりにも甘い、甘すぎるのではないか、というこの思い。
>実際は何度も叱責されているのかも知れません。
これまでなら、多くの国民もそう思っていたかもしれませんが、
ここに至るまで何ら変わらず、というよりむしろ酷くなっているありさまで。
>護憲をおっしゃる前に、
そして、ご自分の陵墓のことを悩まれる前に、
何よりも大切なことは皇統を維持することではないですか、と思のです。
>皇太子は良く会見の席で「プライベート」と言いますが、
これもおかしいですよね。
生まれながらの公人として、帝王学を学んで来られた方からこのような言葉を聞くことになるとは。
>入江侍従長の人となりについて、
日記はかなり前に読みましたが、それとは別に、
もしも言われているようなことが本当であれば、少なくともこちらでも耳にするはずなんです。
>天皇家が大切故に心底心配している方が殆どでも、そこに付け入れられたら危険ですね。
このところのあまりにも急な展開はやはり、でしょう?要注意ですよね。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-18 23:04
☆りかこさん、今晩は。
>ここ最近は何度も???と思うのも事実で、
>そのたびに皇后陛下批判の波に乗せられそうになるのですが、
でしょう!?調べれば調べるほどに、どうしようもない所に行き着くんですよね。

>先に生まれただけの長男に
まさしく、そこなんですよね。
皇室初の生まれると同時に時期天皇に決まっているってどうよ?ってことですわ。
重大な事故がどれほどあることか・・・。
>「国民の税金だけ心を寄せている」あのご一家だけは、ホントお断りですわ!!
前回の批判の時とと違うのは、暫定皇太子のご一家がトンデモだからなんですよね。

>ただ、ちょっと言いにくいのですが、
>皇室特番で何度も使い回し映像される美智子さまアゲも正直、見飽きた感が。。。(泣)
私ももちろん思ってます!
病院の待合室に置いてある、女性週刊誌も凄いですし・・・。
「慈愛の」とか、同じような内容で1年12ヶ月回している感じ!?
ファッションの紹介も、やっぱり前回の批判があるから企画出来ないんだと思います。
(海外公務の衣装代がどれだけかかったか、とか。)
問題の本質はそこじゃないんですけど、それも綻びの一つですし。

昭和の時代のような皇室特番をみんな見たいんですけど、
それをするとはっきりと分かってしまうから出来ないんでしょう!?
と多くの人が気付いてしまったから。
これから。どうされるおつもりなんでしょうね・・・。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-18 23:44
☆ららら♪さん、今晩は。
>>雅子さんのほうがまともに見えてきた
>>ヤフオク事件、実は裏にOOさまがいらっしゃるのでは
それは荒らしコメですし、気になさらなくていいのではないでしょうか。
雅子さま批判を皇后陛下にスライド、というのも。
今、問題になっているのは、そういう視点ではないので厄介なんですよね。
皇后陛下のご発言は、確かに問題ですよね。
護憲派とか改憲派とか用いられてしまったりするような内容は、
なさるべきではないと思っています。

>皇太子、訪韓取りやめの、週刊ポストの記事読んできました。
まずは、訪韓がお取り止めに一安心ですね!
>皇太子を訪韓させたい勢力が、まだまだ諦めていない、
>それが文章からはひしひしと伝わってきました。
そろそろ、諦めて頂く時期ですよねぇ。
皇太子という地位での訪韓は今もこれからも無理ですから。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-19 00:05
☆トロロさん、今晩は。
>皇室の近代化が国民の為だと信じていらっしゃると思います。
皇后陛下がどのようなお考えなのかはさすがに分からないのですが、
ただ、そのように推測されるようなお言葉を仰るべきではないんですよね。
>「伝統は人を傷つける事もある。」と御発言なさったとき・・・
このお言葉にしてもそうだと思いませんか?
何もそのようなことを仰らずとも、という事を次々と。
伝統は一旦崩してしまうと、もう元通りに戻すことは出来ないのですから。
平成の代になってから、いろいろと変えて来られているのもまた事実ですよね。

>皇室は改革するものではなく、受け継ぎ保つものであると気がついた国民が声を揚げ、
>それに皇室廃止を企む者達が便乗して騒ぎになっているのだと思います。
そして、この批判の嵐は平成の皇室にとっての一大事です。
ご英断をお待ちしている多くの国民がもし失望するような事があったら?
ヒステリーを起こされたとしても、もう止むことはないと思います。
皇室にとって、非常に危険な状態ですよね。
Commented by 時じくの果具の木の実 at 2015-02-19 00:09 x
Lisa様
お忙しい中返信ありがとうございました。
つくづく「毒」というのは人を惹きつけるものだなあ、とここ最近の状況を見るにつけ思いました、、信じたいけど信じ切れない。そういう時はことに。自信たっぷりな論をぶつ文章ほど100対0で受けないようにしています。ホントにそうなのかな?位に慎重な姿勢の方が誠実な人柄を感じますから。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-19 00:32
☆琴さん、今晩は。
やだっ。そんな事ありませんよっ!!
こちらこそ、ですわ。
毎回毎回、純ぶぶ漬け風味でお届けしているので、
読みづらくてほんとにすみません(´・ω・`)

皇后陛下の事を書くのは、皇室廃止論者の思惑通りのようで。
何より、不敬だと非難もされますし。
でも。これまでは、天皇皇后両陛下がお元気でいらしたから、
「そのうち何とかして下さるはず」と思って来られたものの、
何もないまま、ただただ時が過ぎて行く。
このままだと暫定皇太子が次代になってしまうという恐ろしさに、
あちこちから苛立ちが一気に出て来たように思います。

頸椎の具合もおみ足も悪くなって来られたというのに、
鑑賞公務にお出ましになったりとお忙しく、
戦後70年を経ても、慰霊の旅をお続けになっていらっしゃる。
有難いこととはいえ、自虐史観からの脱却をとなっている中では、
さすがに疑問に思う人が増えて来ましたし、
それはそれは素晴らしいお花畑なお話もそろそろ、色褪せて来てしまったんですよね。

そんなこんなで。これからも超ぶぶ漬け風味ブログをよろしくお願いいたします<(_ _)>
Commented by みみ改め ミモザ at 2015-02-19 08:26 x
リサさんの、コメント返しを読ませていただき、ことごとく御意見に賛同いたします。
現実を直視すれば、もう残された時間は無いと言ってもいいくらい、切羽詰まってきているんですよね。 両陛下はすでに御自分たちの御陵のことまで、全て準備万端整えられておられますし、慰霊の旅も海外へは、今年が最後になるのではと思います。ある意味今年は集大成の年なのでしょう。
そして時が来れば、皇太子が次代へと、当たり前のように流れていくのでしょうか?
旧皇族の方々はどうお思いなのでしょう? 今は、一国民になっておられますが・・。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-22 00:18
☆時じくの果具の木の実さん、今晩は。
>つくづく「毒」というのは人を惹きつけるものだなあ、と
そうですね・・・。
今の二分する状況は、どちらも表裏一体のように思えて来ました。
天皇皇后両陛下をどんな疑問であっても少しでも批判する人は
小和田擁護のなりすましに認定して、
どんな事があろうとも批判せずにただひたすら、
東宮ご一家と小和田家を批判する人のみが日本人という事なのでしょうか。
例えば、震災ビオラを正当化する論調は、まるで東宮擁護そのもの、
それこそ小和田擁護とどう違うのか、と不思議に思っています。
Commented by ながれ at 2015-02-22 12:00 x
さすらい者ながら、一連のコメント、同意しかない。
遂に単純な認定さえ湧き出た様子。>どう違うのか、と不思議に思っています。
おそらく、目や耳に蓋状態なだけ。回路停止、或いは、それほど拒絶反応を巻き起こす事柄。文を拝借して、その主張は、まるでレッテルはりそのもの、それこそ、左寄り理想主義論法と大差ないのでは、と不思議に思っています。
種種の高まる声、喧騒は暫く続く。必至とみた。大変だ、こりゃ。おじゃましました。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-22 12:45
☆ミモザさん、こんにちは。
批判多しの中で、分かって頂ける方がいて下さるのは有難いです、、、。
>ある意味今年は集大成の年なのでしょう。
いろんな事からも、ひしひしと伝わって来ていますよね。
両陛下の御陵の工事はもう始まっているようなものですし、
それを見ると、もう、胸が締め付けられるというか何というか、
脱力感でいっぱいになります。
>そして時が来れば、皇太子が次代へと、
このままだとそのようになるんでしょうね。
頭の上の葉っぱも何も落ちないように思います。
>旧皇族の方々はどうお思いなのでしょう?
旧皇族となられた今でも、変わらず毅然となさっていましたよ。
さすが、と思いましたから。
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-24 00:22
☆ながれさんへ。
>震災ビオラを正当化する論調は、
言葉足らず、でしたでしょうか。
そうだとしたら、他の方も誤解をされているかもしれません。
皇后陛下が怪しげな震災ビオラを皇太子さまにとお話を取り持たれたのは事実で、
そういったものに利用されるであろうものと皇族は一線をお引きになるべき。
東宮擁護の方から震災ビオラのことでコメントがありましたので、
皇后陛下を擁護するあまり、それをも利用して正当化するのは、
東宮擁護と同じことではないかと思った次第です。
※頂いたコメントの全てを公開しているわけではありません。
Commented by 白珠 at 2015-02-24 15:30 x
次次代の天皇になられる、生まれながらのお世継ぎである悠仁親王殿下を御乗せして、天皇皇后両陛下が和船を御漕ぎになった事や、今年の歌会始で講ぜられた御製と御歌の内容などが、ふと思い起こされます。
Commented by 白珠 at 2015-02-24 17:57 x
>>入江侍従長の人となりについて、
>日記はかなり前に読みましたが、それとは別に、
>もしも言われているようなことが本当であれば、
>少なくともこちらでも耳にするはずなんです。
例えば、以下のサイトに出てるような、宮中祭祀の簡素化・破壊関連の内容の事ですか?
今城誼子 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E5%9F%8E%E8%AA%BC%E5%AD%90

2008年04月30日 水曜日 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」vol.29
d.hatena.ne.jp/arimasenka/20080430

斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」vol.30
melma.com/backnumber_170937_4087556/
Commented by Lisa_cerise at 2015-02-26 22:36
☆白珠さんへ。
>次次代の天皇になられる、生まれながらのお世継ぎである悠仁親王殿下を
>御乗せして、天皇皇后両陛下が和船を御漕ぎになった事や
特別展の天皇ご一家のお写真の一つ目がこの時の和船のものでした!!!
暫定皇太子ご一家とのものではなく!!!
>今年の歌会始
私の頭の中で、「鎌」の文字が意味深に浮かんでしまうのですが・・・。

>>もしも言われているようなことが本当であれば、
これに関してのご質問ですが、
確かに、あの日記は読んでいて気分の良いものではなかった記憶があります。
宮中祭祀を破壊させた張本人と言われてしまう内容も書かれているのですし、
それは認めなければいけないのだとも思います。
>それとは別に、
と私が思うのは、宮中祭祀の事だけではなく、
昭和天皇が入江侍従長にすっかり取り込まれてしまっていたかのように
言われている事に対して、です。
このエントリ内容もコメントも、
私の言葉足らずが多くてすみません。
Commented by 白珠 at 2015-03-16 21:29 x
ブログ主様

>このエントリ内容もコメントも、私の言葉足らずが多くてすみません。
いえいえ、実際はどうだったのかが明確に分かる決定打のような物が有る訳ではないから、難しいですよね。
一体どうなってるんだろう?という所で行き詰る感じですかね。

其れとは対照的に、こちらの
>特別展の天皇ご一家のお写真の一つ目がこの時の和船のものでした!!!
>暫定皇太子ご一家とのものではなく!!!
と言う内容は、わざわざ人目に付く特別展にてこれ見よがしな展示が実施されたって事ですよね?♪
2月1日のエントリ「天皇皇后両陛下の特別展と、伏見桃山陵。」を拝見したところ、
>千振地区をご訪問になった時の写真もありました。
>ここでも、
>天皇皇后両陛下とご一緒なのは、秋篠宮殿下、清子さん、眞子さま。
>ご成婚時の時以外は、東宮ご一家と一緒のものは1枚だったと思います。
とあり、素晴らしい展示内容に拍手です。

2008年の皇后陛下古希記念写真展「皇后さまと子どもたち」でも、
着袴の儀を行ってる「筈」なのにその際使用した「筈」の扇の展示がないというお客さんから不審に思われる状態、
まさに交代し一味にとっては不都合であろう状態で開催されてますし。
何と言っても2006年の一連の出来事が印象的です。
皇后陛下が着袴の儀直前のお誕生日記者会見で、
>敬宮は,背もすくすくと伸び,おさげ髪のよく似合う女の子になりました。今年はもう着袴ちゃっこの儀を迎えます。
と述べられる。
(2chでは「愛子ちゃんができるかどうか危うい着袴の儀をシカト・ブッチしようとしていた雅子に対する、
美智子さまからの牽制だったのでは?」という指摘有り。
ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E7%9D%80%E8%A2%B4%E3%81%AE%E5%84%80

着袴の「偽」

以降、両陛下が記録の残る記者会見などの公式の場で「敬宮」と呼ばれなくなる。

内廷皇族なのに両陛下から御称号で呼ばれてない現状で、女性天皇云々とは笑っちゃいますがなw
Commented by Lisa_cerise at 2015-03-19 00:22
☆白珠さん、今晩は。
>一体どうなってるんだろう?という所で行き詰る感じですかね。
ありがとうございます、そうなんですよね。
もどかしいです・・・。

>わざわざ人目に付く特別展にてこれ見よがしな展示が実施されたって事ですよね?♪
そうです、そうです。これはインパクトがあったと思います。
悠仁さまがちょうど和船を降りられるところのお写真で、
わぁっ!!!って嬉しくなりましたもの。
>>千振地区をご訪問になった時の写真もありました。
この千振地区のご訪問の折には、皇后陛下が眞子さまは年齢的に理解出来るかどうか、
しばしお考えになった上でのことだったと後で知りました。
皇后陛下は、秋篠宮家の内親王さまの事もちゃんとお心配りされていると分かって、嬉し買ったですし~。

>両陛下が記録の残る記者会見などの公式の場で「敬宮」と呼ばれなくなる。
この呼ばれなくなったタイミングは、着袴の儀だと私も思ってます。
今では、紀子さまだけが「敬宮さま」とお呼びになっているんですよね(涙)
>内廷皇族なのに両陛下から御称号で呼ばれてない現状で、女性天皇云々とは
暫定皇太子夫妻が次代に、と想像するだけでもキツイのに、
女性天皇までゴリ押しって、勘弁して欲しいですよねぇ。
Commented by ながれ at 2015-07-19 06:12 x
長らくぶりに戻ってきました(゚Д゚ll)
こちらの方が言葉足らずでした。返信をいただているのに、立ち去ったまま失礼しました(ll゚Д゚)

>天皇皇后両陛下をどんな疑問であっても少しでも批判する人は小和田擁護のなりすましに認定して、
どんな事があろうとも批判せずにただひたすら、
東宮ご一家と小和田家を批判する人のみが

を受けて、「単純な認定さえ湧き出た様子」としたけれど、言葉を省きすぎました。このころまでに、皇后陛下批判をする人は○○、保守ではない、東宮擁護の手先だ、のような騒ぎを他の所でいっぱい目にしていたもので。

それは「レッテル」、思考(回路)停止、それいう人達が嫌う左翼的思想と変わらん単純な決め付け方だろ、やれやれ=3と、さすらってたら、ここに辿り着いてました。大変すみません _| ̄|○

震災ビオラのこと、納得です。いろんなコメントがくるんでしょうね。ビオラパフォーマンスの当時のニュースには、唖然。東宮嫌いでも、天皇皇后陛下に矛先が向くのはNG、まだこんな感じの人が多いのですかね。その辺りの意見を読みにいっていなくて、後で確認しにいかんと。

入江侍従長のこと、順に読みなおしました。ブログ主様の書かれているとおりでないかなあ。印象です。キリスト教徒の点で取り立たされてたようだけど、それも単純にみえますわ。でも、ご本人とお知りあいとは・・・ (・∀・)
Commented by ながれ at 2015-07-19 06:26 x
長らくぶりに戻ってきました(゚Д゚ll)
こちらの方が言葉足らずでした。返信をいただているのに、立ち去ったまま失礼しました(ll゚Д゚)

>天皇皇后両陛下をどんな疑問であっても少しでも批判する人は小和田擁護のなりすましに認定して、
どんな事があろうとも批判せずにただひたすら、
東宮ご一家と小和田家を批判する人のみが

を受けて、「単純な認定さえ湧き出た様子」としました。言葉を省きすぎました。このころまでに、皇后陛下批判をする人は○○、保守ではない、東宮擁護の手先だ、のような騒ぎを他の所でいっぱい目にしていて、ついつい。

それは「レッテル」、思考(回路)停止、それいう人達が嫌う左翼的思想と変わらん単純な決め付け方だろ、やれやれ=3と、さすらっていたら、ここに辿り着いてました。大変すみません _| ̄|○

震災ビオラ、納得です。いろんなコメントがくるんだろうな。ビオラパフォーマンスのニュースには、当時唖然としましたよ。

東宮嫌いでも、天皇皇后陛下に矛先が向くのはNG、まだこんな感じの人が多いのですかね。その辺りの意見を読みにいっていなくて、後で確認しにいかんと。

そして、入江侍従長に触れた箇所を読みなおしました。ブログ主様の書かれているとおりでないか? 印象です。キリスト教徒の点で取り立たされていたようだけど、それも単純にみえました。ご本人と縁がおありとは・・・ (・∀・)… お知りあいなら、ごく当然そう思うでしょうねー。
Commented by Lisa_cerise at 2015-07-19 23:55
☆ながれさん、今晩は。
お久し振りです。
再びのご訪問とコメント、ありがとうございます。
ぶぶ漬け風味満載のブログとコメントで、しかも言葉足らず、
すっかり誤解させてしまっていたようで、こちらこそすみませんでした。
でも、誤解が解けて良かったです。

>東宮嫌いでも、天皇皇后陛下に矛先が向くのはNG、
こちらのエントリから半年も経たぬ間に、
随分と流れというか風向きが変わったように思います。
それは4月のパラオ訪問が大きかったかと。
それでも、やはり天皇皇后両陛下に対してはちょっと、という感じですが。
このエントリの時点で危惧していたのは、
雅子さま批判→皇太子さま批判→皇后陛下→天皇陛下→皇室廃止論
という流れだったのですが、
今では天皇皇后両陛下ではなく、昭和天皇への批判に繋げるコメントまでも。
もはや、皇后陛下が仰るような「次代のことは次代に」と
悠長な事は言っている場合ではないと思っています。
Commented by ながれ at 2015-07-21 00:19 x
遅い反応へのご返信、ありがとうございます。コメント2重送信で ( _ _)” スミマセン。

なんと昭和天皇までに批判の方向が?! 正気なんか、そうやって皇室廃止論にもっていきたいんか。コメン...お察しします。最近のエントリをいくつか見たとこ、よい感じに流れが変わってるようで、和んだ( ̄ー ̄)v
Commented by Lisa_cerise at 2015-07-24 23:29
☆ながれさん、今晩は。
>なんと昭和天皇までに批判の方向が?!
そうなんですよ。皇室廃止論は静かに、着々と、やって来ていますから。
>よい感じに流れが変わってるようで、和んだ( ̄ー ̄)v
和んで頂いてホッとしました(*^_^*)
またのお越しをお待ちしております。
by Lisa_cerise | 2015-02-15 23:37 | 皇室 | Trackback | Comments(32)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise