佳子さまのsage記事。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


お写真を拝見するだけで爽やかな気分にさせて頂ける、佳子さま。

やはり、sage記事が出て来たのですねぇ。
もちろん、皇太子ご一家をしれっとageることも忘れていません。
こんな感じで。

↓以下参考のため引用---------------------------
連日公務でお疲れの様子の佳子さま がっかりする皇室ファンも
http://www.news-postseven.com/archives/20150206_302245.html
2015.02.06 07:00
 成年皇族になられたばかりといえども、多くの公務に取り組まれる秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)。しかし、一部では心配の声も聞こえてくる。

 1月28日、佳子さまは東京・日本橋高島屋で『第46回現代女流書100人展』を鑑賞された。その日、高島屋の前には、佳子さまの姿をひと目見ようと、早朝から皇室ファンが駆けつけていた。午前9時15分ごろ、佳子さまが到着されると、思いがけないことが起こった。

「車を降りられた佳子さまを宮内庁関係者や警察官がグルッと取り囲んでしまったんです。沿道にいた人からは“佳子さま~”という声がかかりましたが、佳子さまは会釈されることも手を振られることもなく店内へと入って行かれてしまいました」(居合わせた皇室ファン)

 佳子さまの晴れやかなプリンセススマイルを楽しみにしていた皇室ファンたちは、諦めることができず、冬空の下、佳子さまのお帰りの時間を待った。

「お帰りの際には、噂を聞きつけた人たちもいて、30人ほどが、佳子さまが高島屋から出てこられるのを待っていたんです。しかし、佳子さまは声かけをする人々には視線を向けず、お車にサッと乗られてしまったんです…」(前出・皇室ファン)

 佳子さまのご意思なのか、それとも警護や宮内庁の意向なのかはわからないが、寒いなか、佳子さまを待ち続けた人々にしてみれば腑に落ちない出来事だったようだ。別の皇室ファンがこう話す。

何かと批判が多い皇太子ご一家でも、外にお出ましになられれば、駆けつけた国民の前で一度は足を止められて挨拶なり、手を振ったりしてくださいます。それなのになぜ佳子さまがああいった対応を取られたのか首を傾げざるを得ません。公務が重なって、お疲れだったのかもしれませんが、普段、テレビなどではチャーミングな笑顔の佳子さまをよくお見かけしているだけに残念でなりませんでした」

 昨年12月のお誕生日会見では、こんな発言をされた佳子さま。

「母は、週刊誌などではさまざまな取り上げ方をされているようですが」
「私が学習院を退学したことについてさまざまな憶測があると聞いております」

 ご自分の思いや主張ははっきりと口にされるご性格だとうかがえたが、そのこともあってか、今回の行動は、おひとりでの公務でもあり、佳子さまのご意思でお手振りもご挨拶もなかったのではないかという声まで上がったのだ。皇室ジャーナリスト・神田秀一氏はこう話す。

「歌会始のときにも、佳子さまは目をキョロキョロされていましたから、不慣れな環境に落ち着かないこともあるのでしょう。もちろん紀子さまがご一緒ならば緊張も和らいで、佳子さまもいつもの笑顔を見せられますが、おひとりでの公務だと、やはりまだ周囲に気が行き届かないのではないでしょうか。これは経験を積んでいくことで問題は解決していくはずですから、国民は温かく見守ってあげるべきでしょう。

 ただ、皇族としてのお作法としては、今回の佳子さまの行動は批判を浴びかねません。ですから、側近や周囲のスタッフがフォローしてあげなければならないのです」

※女性セブン2015年2月19日号
↑ここまで------------------------------------------

>皇族としてのお作法としては、
って・・・。
ご幼少の頃から折に触れ、
秋篠宮両殿下と一緒に公務にご一緒なさっていて、
節目には伊勢神宮にも武蔵野天皇陵にも
ご参拝なさっている佳子さまですが?

>何かと批判が多い皇太子ご一家でも
・・・ってw(゜o゜)w
え?え??
(どこから差し向けたsage記事かまる分かりですやんっ。)

>外にお出ましになられれば、
外にお出ましって言われましても、ですよ。
ご静養とかグルメとかの時のことですよねぇ~。
しかも。
慰霊祭やお見舞いの時でも構わず、
お手振りしちゃう人達なんですよねぇ~。
そんなご静養まっしぐらご一家の方達と佳子さまを比べるなんて、
どうかと思いますわ。

佳子さまは日本の大切な大切なお姫さま。
そして、将来の天皇のお姉様。

こういう佳子さまsage記事と
自分達ageもちょこっと入れて週刊誌に書かせるなんて、ねぇ。。。
でも。アチラからすれば、信じる信じないは自由なんでしょうよ。

では、その時の映像を見てみましょう~!!!
 ↓


どうでしょうか?
一目瞭然!
佳子さまはきちんと挨拶なさっていますが?

秋篠宮両殿下がこれまでコツコツと積み重ねて来られたこととは、
まさしく、こういう事なんですよね。
常々、真摯に向き合ってきちんとしていれば、
どんなことを言われようともびくともしない。
何があろうとも。

秋篠宮ご一家が築き上げて来られたもの。
それは何よりも強いものなのです。
見えるところでも、
もっと大切な見えないところでも。

安心安定の秋篠宮ご一家の凄さを
アチラは分かっていないんですね。



ところで、こんな記事もありあました。
(メッセージのように、承子女王のあの話も混ぜてありますわ。)

↓以下参考のため引用---------------------------
就職する女性皇族多数だが眞子さまと佳子さまは就職しないか
http://www.news-postseven.com/archives/20150206_301414.html
2015.02.06 16:00
 女性の社会進出につれて女性皇族のキャリアプランも変容した。その先駆けが天皇の長女・黒田清子さんだ。学習院大学卒業後、山階鳥類研究所の非常勤職員として、公務をこなしながら勤務を続けた。働いて給与を得た初めての内親王だ。

 彬子女王は英オックスフォード大で女性皇族として初めて博士号を取得し、その後は公募採用で立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェローに就任。2014年より京都市立芸術大学の芸術資源研究センター特別招聘研究員も務める。

「最近、彬子さまはご自身の留学体験を綴られた本を上梓されました。公務も数多くこなされ、以前にも増して積極的に皇室活動を行なっているように感じます」(宮内庁担当記者)

 瑶子女王は学習院大卒業後、日本赤十字社に6年間勤務し、現在は「社会福祉法人友愛十字会」の総裁を務める。

 英国留学中にSNS上で

「胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ~」
「好きな人がゲイ……。終わってる」

 など「奔放発言」が物議を醸した高円宮家の長女・承子女王は日本ユニセフ協会に嘱託職員として勤務する。妹の絢子女王は城西国際大学大学院に在籍しており、現在はカナダの大学院に留学中だ。

 しかし、眞子内親王と佳子内親王は大学卒業後に就職しないのではないかといわれる。神道学者の高森明勅氏が解説する。

「皇室内での地位において年齢は関係なく、天皇との距離で立場が決まります。天皇直系の内親王は、傍系の女王より社会的に重要な公務を担います。内親王が成人すると今回の佳子さまの例では宝冠大綬章を授与され、宮内庁の全幹部が出席する祝賀会が催されます。一方の女王は成人後、外で一人暮らしをされることもある」

 皇室費用などを定める皇室経済法によれば、成年女王の皇族費(年間640万5000円)は内親王(915万円)の7割と決められている。

「紀子さまは、眞子さまも佳子さまも卒業後は公務に専念して、悠仁さまの助けになってほしいとお考えなのでしょう」(ベテラン皇室記者)

※週刊ポスト2015年2月13日号
↑ここまで------------------------------------------


これから。
いろんな記事が出ると思われますが、
国民はちゃんと分かっていますから。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-02-07 22:44 | 皇室

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る