天皇皇后両陛下の特別展と、伏見桃山陵。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


先週末、ようやく行くことが出来ました。
特別展「天皇皇后両陛下の80年-信頼の絆をひろげて」
http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event

天皇陛下のランドセルと、
皇后陛下の七五三のワンピースの展示に始まり、
いろんな思い出の品が展示されていました。

ほのぼのしたものの中には、
昭和天皇がアメリカのお土産に当時の皇太子妃美智子さまに、
とお求めになられた金のブローチがありました。
ちゃんとお心遣いされていたんですね。

ん?と思ったものは、
お子様からの手作りの贈り物。
紀宮さまは貝殻の小物入れ、
礼宮さまはどんぐりのネックレス、
浩宮さまは摘んだお花をガラスで加工されたペーパーウェイト。
ナルちゃんのだけ、手作りとはちょっと違うんじゃないです?
なんだかなぁ・・・。

これは・・・、と思ったのは。
来日した方が皇后陛下へ贈られたり、
両陛下が訪問された折に訪問国から贈られた素晴らしい品の数々。
勲章以外にも、宝石の入ったネックレスとか、チェスとか、原書とか、
いろいろとあったんです。
どれも両陛下が大切になさっているのがよく分かる保存状態で。
で。ふと思ったのです・・・。
きっと東宮ご夫妻にもこのような贈り物がありますよね。
それって、東宮御所にまだあるんでしょうか。
この品々も東宮ご夫妻に引き継がれるとしたら!?
なんだかいろいろと心配になりました。
ヤフオクのこともありますし。

宮中祭祀のお道具も展示されていて、
皇后陛下は頚椎症でお辛い中でも、
皇后の宮中祭祀の作法が途絶えてはいけないと考えて、
年に4回お出ましになられています、(ウロですが)
と書かれていたのですが、
そうは言っても、このままじゃあ、雅子さまはなさらないから、
何かしらの決断をしない限り、
途絶えるだけじゃないですか?
って一人ツッコミしてしまいましたわ。

天皇ご一家のお写真のコーナーでは、
一番最初に、
悠仁さまが天皇皇后両陛下と一緒に和船から降りて来られるあの写真だったので、
なんとも嬉しくって。
千振地区をご訪問になった時の写真もありました。
(⇒那須千振の、素晴らしい人たち。
ここでも、
天皇皇后両陛下とご一緒なのは、秋篠宮殿下、清子さん、眞子さま。
ご成婚時の時以外は、東宮ご一家と一緒のものは1枚だったと思います。
(隙間風が吹いているのが・・・なんだかもう。)
まぁ、「次代になれば」の雅子さまとご一緒でも、
拝見する国民からすれば、和やかにはなれませんし。

でも。
これでいいはずはない、と改めて思った特別展でした。


ところで。
先週、参拝に行って来ました。
d0176186_145186.jpg



明治天皇 伏見桃山陵
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/122/index.html

伏見桃山陵
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E6%A1%83%E5%B1%B1%E9%99%B5

d0176186_1484373.jpg

この階段は角度が急で結構きついので、
近所の学生さんたちがトレーニングに使っていることが多いんです。
私は励み(!?)に23を数えてのぼってます。
というのも。
一区切りが23段で、それが10回続くのです。
明治23年10月に発布された教育勅語を表しているとか。

年々、何かにつけ、こんなにしんどかったかなぁ、と思うワタシですが、
上まで行けば、空気が澄んでいてスッキリ。
d0176186_1493689.jpg


d0176186_1513917.jpg


d0176186_152389.jpg

お正月には特別参拝がありますので、
この近くまで入って参拝出来ます。

昭憲皇太后 伏見桃山東陵
d0176186_1592841.jpg


d0176186_155581.jpg


d0176186_1583193.jpg


d0176186_158486.jpg


d0176186_159238.jpg


この地を選ばれた明治天皇。
昭憲皇太后の陵墓は一回り小さく、
それでもやはり威厳があります。
皇后陛下、
陛下のお側に小さな祠でもと仰らず、
やはり本来の皇室の伝統にならって頂けたら、と思います。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2015-02-01 12:52 | 皇室

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る