悠仁さまの立体地図。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


秋篠宮ご一家の記事は、和みますわ~emoticon-0171-star.gif
どんぐりを探す悠仁さまのお姿や、
ご両親に作品のことを説明なさっているお姿が想像出来るんです。
emoticon-0100-smile.gif
違和感がないんですよね。
エピソードも作品も。

一般公開されないのが残念。

↓以下参考のため引用--------------------------
(皇室トリビア)悠仁さまの作品は「どんぐり探し」
http://www.asahi.com/articles/ASGDJ3C8FGDJUTIL004.html
2014年12月19日23時38分

 年に1度、天皇、皇后両陛下や皇族方の作品が一堂に並ぶ展示会があります。皇居にある宮内庁庁舎3階で開かれる「宮内庁職員組合文化祭美術展」。今年も多種多様な力作が出品されました。残念ながら一般には非公開でしたので、詳しくご紹介します。

■ドングリ分布図

 秋篠宮家の長男悠仁さま(8)の作品名は「どんぐり探し」。お住まいの赤坂御用地(東京・元赤坂)を歩いて集めたドングリの分布図です。御用地を再現した地図上に色分けした粘土を置き、ドングリを見つけた場所が一目で分かるように工夫されています。都心とは思えないほど自然豊かな御用地だけに、スダジイ、ミズナラ、アベマキなど17種類ものドングリが見つかったそうです。

 悠仁さまはお茶の水女子大付属小学校2年生。今年の夏、都内や近県で虫探しや山歩き、高山植物の観察を楽しんだといいます。また、宮邸の野菜畑でトマトやキュウリ、ナス、トウモロコシを収穫。「水まきは朝か夕方なんだ」と言って涼しい時間帯に水やりをしたり、野菜の苗が倒れると支柱を立てたりしているそうで、自然に親しむ機会を大切にしているようです。

 宮内庁によると、悠仁さまは今秋、赤坂御用地内をサイクリングしたり、散策したりした時にドングリ探しを楽しみました。その際、どこで見つけたものかが分かるような地図を作りたいと考えたそうです。そして、宮邸に戻ってから持ち帰ったドングリの種類を図鑑で調べたり、何度もドングリのあった場所を確かめに行って葉っぱを採集したり。両親の秋篠宮ご夫妻とも相談し、模造紙や粘土、フェルトを使って作り上げたということです。

 悠仁さまは昨年の文化祭には、皇居や赤坂御用地などで採集したセミやアゲハチョウといった昆虫の標本を「夏の思い出」と題して出品しました。鱗粉(りんぷん)が落ちないよう丁寧に作業したという力作です。
--------------------------

http://www.news24.jp/articles/2014/12/11/07264952.html
< 2014年12月11日 1:36 >
 恒例の宮内庁の文化祭に秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまが赤坂御用地の大きな立体地図を出品した。
 宮内庁職員らによる文化祭に天皇・皇后両陛下や皇族方が出品された作品19点が公開された。小学校2年生の悠仁さまが出品したのは「どんぐり探し」と題した作品。赤坂御用地内で拾った17種類のどんぐりを分類し、粘土やフェルトなども使ってどこでどんな種類が採れたかが分かる立体的な分布図となっている。

 一方、中学1年生となった愛子さまは、手作りトートバッグと2点の絵を出品。空き缶の水彩画は絵の具を重ねることで立体感を出された。

 また、高円宮妃久子さまは、今年10月に結婚された二女の典子さんが、学生時代演劇部で舞台に立つ姿を描いた絵を出品された。

 文化祭は13日までで、一般には非公開となっている。
↑ここまで-----------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-12-20 23:44 | 皇室

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る