不思議メモまとめ本の発売に思う。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


(たかじんって、関西人でないと誰それ?状態かもしれませんが・・・。)

先週の金スマで放送された、
百田尚樹氏のノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)特集。
見てビックリではなくって、見てて気持ち悪くなりました。
フィクションじゃないんですよねぇ???
百田サン、これまでのキャリアを否定することになりはしないのでしょうか。
友達は「お金やし、割り切ってはるんちゃう?」って言うんですけど、
NHKの経営委員だし、いちおう、ベストセラー作家だし、
いいのかなぁ、ほんとに。
『死人に口なし』とはよく言ったもの。
今頃、たかじんは、あの世で穴があったら入りたいと思ってるんじゃないでしょうか。

弱々しい歌声やプライベートでべったりな写真の数々を全国ネットで放送されちゃってるし。
ええっと、
「さくらは俺がやっと巡り合えた天使だ!やっと会えた!言葉が見つからない。」てw(゜o゜)w
寒い、、、寒すぎる。
ええかっこしぃ、なオジサンだったはずなのに、あれは恥ずかしい・・・。
金スマによると出会いがFacebookらしいけど、たかじんがFacebook?て???
やっぱ、変やねん!

関西人なら知っているハズのやしきたかじんのイメージとの落差が凄かったです。
何やら胡散臭さを感じるあのメモも。
笑福亭鶴瓶のことを「つるべえ」て。
それはないわ、と関西人なら絶対に思ったハズ。
これで、あのメモはたかじんが書いたものとは違うと分かりましたけど、
ICUや病室のことでも、疑問がいっぱい。
70度だかのお湯でタオルを絞ったから手が無茶苦茶になったそうな。
タオルの絞り方があるんで、それはないでしょ。
ってか、病院なら清拭用のホットタオルもあるし、電子レンジもあるし?
どこまで介護してたんだか・・・。
イタリアで就労ビザを取得するのって大変なのに、
ネイルサロン経営って本当?・・・とか。
ここまでが先週末に、友達とちょっとした話題で終わってたんです。


で、その後。
ネット上には、さくらサン情報が次々と集まっていました。
どうやら、某ブログ記事のコメント欄に、
たかじんと出会う前のさくらサンを知ると思われる人からの情報投下があって、
一気に加速した模様です。

今は、そこからさくらサンのブログが発掘されてました。
(国際結婚ブログで結構有名なブロガーさんだったらしい。)
金スマから数日で、早くも確定出てるとは。
百田氏よりネットのチカラの方がすごいんですね~!
↓ブログは既に削除されているのでそのアーカイブがこちら。
https://web.archive.org/web/20130804222120/http://ameblo.jp/tiamo-italia
さくらサン、イタリア人の男性と結婚していたそうな。
イタリアは離婚に最低でも3年はかかるらしいので、重婚疑惑も。

百田氏が感動したとかいう、あの不思議メモもやはり捏造疑惑が出ていました。
やしきたかじんの最後の2年 百田尚樹が徹底取材 ① 金スマ SP 14.11.7
http://video.fc2.com/content/20141109wGS2ZNM0/
(20:26~)
↓金スマで紹介されていたメモ。
d0176186_082957.jpg

↓たかじんの筆跡。
d0176186_093140.jpg



百田尚樹がたかじん未亡人の代弁者になって娘を罵倒! その理由は?
http://lite-ra.com/2014/11/post-618.html


数億円の預金は全額寄付…たかじんさん遺言本「殉愛」
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141107-OHT1T50003.html?from=related


↓以下参考のため引用--------------------------
橋下市長、たかじんさん寄付「取りやめ」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141107-1393320.html
 今年1月に食道がんのため亡くなった歌手、やしきたかじんさん(享年64)の妻、家鋪(やしき)さくらさん(33)の証言を作家百田尚樹氏(58)がまとめた本「殉愛」(幻冬舎)が7日、発売された。

 たかじんさんと長年親交があり、さくらさんをたかじんさんから紹介されていた橋下徹大阪市長(45)この日夜、退庁時に取材に応じ「百田さんから取材を受けて、いい本になったと聞いているが、まだ本は読んでいない。僕の知らないこともいっぱいあると思う」と話した。

 一方で、同著には、遺産を大阪市に寄付するとの記述があったが、これには「向こう(事務所)の権利関係が、きちんと整理されてからという話になって、いったん取りやめになった」と明かした。寄付の意向を受け、話し合いを進めたが、財産管理をする事務所の代表者変更や、遺産管理の問題が「しっかりしていない」として、橋下氏は、寄付の申し出をペンディングしたことを明らかにした。

 橋下氏によると、生前のたかじんさんから「ウメキタ(大阪・梅田の北部)緑化案を頂いていたので、(寄付が実現すれば)そう使いたい」とも話した。

 またこの日夜、橋下氏はテレビ大阪で「たかじんNOマネー GOLDEN BLACK」(8日午後6時59分放送)収録に参加。百田氏とも共演した。

 橋下氏は昨年春、たかじんさんがいったん仕事復帰した際にも、同番組に出演。収録後、たかじんさんから「大事な人に会わせたい」と、自宅に誘われたといい「初めて、さくらさんに会った」。橋下氏はタレント時代、たかじんさんと飲み歩くことも多く、女性関係も目にしてきたが、女性が「夜の飲み屋で見てきた女性とは、全然違う雰囲気で、びっくりした」と話していた。
 [2014年11月7日20時44分]
↑ここまで------------------------------------------


さくらサン、ブログに掲載していた飼い犬や子供と映っている写真を金スマで公開しちゃうなんて。
脇が甘いわ~。
イタリアでネイルサロンを経営していたというのは、
どうやら自分のケアをしていただけ。
イタリア生活が長いからたかじんという人を知らなかった関西人の設定だけど、
実はイタリア在住2年だった、とか。
そのほかにも、いろいろと矛盾が出て来ている模様です。
(苦労して連れて行ったという犬もイタリアに置いて来てるのもヒドイと思います・・・。)


それから。
百田氏のほうはというと。
アマゾンの「殉愛」のレビューが☆1つ評価で溢れて、怒りのツイートで炎上してました。
う~ん・・・。
百田氏はどうしてこういう本を書いたんでしょう?
ベストセラー作家として、恥ずかしくないのでしょうか。
NHKの経営委員という立場でもありますしね。
とにかく、もう、百田氏に日本のことも政治のことも語って欲しくないです。
百田氏によると、私のように騒ぐのは「人間のクズ」らしいのですが、
言わせて頂きたいと思います。

何よりも。
金スマでも、たかじんを偲ぶ会に安倍首相が~!!と持ち出しているし、
安倍首相のことをこんな胡散臭い話題に絡めるのは止めて欲しいものです。


近いうち、
百田氏が天使と呼ぶさくらサンがメモ教祖になってもおかしくないと思いますわ。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/21293603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ららら♪ at 2014-11-13 20:40 x
なるほどね~・・・・、
リサさま、
毎回まいかい、新しい情報、ありがとうございます。

私もなぜ、百田さんがたかじんと未亡人のこのテーマをと、
疑問に思っていたんです。
まして取り上げたのが、例の「金スマ」ですもんね~、

この番組で取り上げるのは、全部怪しいと思って間違いないんですね。

これからテレビで「永遠のゼロ」を放送するっていうのに、
これじゃあ、「見ない」って人も出てきますよね。
よりにも寄って、百田さんだもんなあ・・・。
お金に不自由しているとは思えないし、なんで引き受けたんだか、
そのあたりが謎です。

なんだか、
いろいろと残念なことです・・・。
Commented by 白珠 at 2014-11-13 23:26 x
先生~、一体何が起きてるんですかぁ?
あと、筆跡についてのツッコミを百田氏は知らないのでしょうか?
Commented by Lisa_cerise at 2014-11-15 17:55
☆ららら♪さんへ。
>私もなぜ、百田さんがたかじんと未亡人のこのテーマをと、
>疑問に思っていたんです。
百田さんはバー○ングの○防氏に取り入って、
テレビにもっと関わっていくつもりのようですわ。

>この番組で取り上げるのは、全部怪しいと思って間違いないんですね。
あの余命少しの花嫁さんのお話もここでしたよね?
こんなツッコミところ満載のものを何度も紹介していて、よく続くものですよねぇ。

>これからテレビで「永遠のゼロ」を放送するっていうのに、
>これじゃあ、「見ない」って人も出てきますよね。
敵に回してしまった読者が多いと思います。
それでなくても、関西では印象がよろしくないというのに、
百田さんに早くも半島の法則が発動してしまいましたわ。

>お金に不自由しているとは思えないし、
百田さんはお金に執着するタイプだから、儲かると思われたんでしょうね~。
Commented by Lisa_cerise at 2014-11-15 18:01
☆白珠さん、こんにちは。
半島のDNA由来の女性による乗っ取りかも、ですわ~。
>あと、筆跡についてのツッコミを百田氏は知らないのでしょうか?
それがね~。百田氏はたかじんとは面識がなかったので、
一目で分かるクセも見抜けなかったと思われます。
でもさすがに知ってしまったようで、Twitterで吠えなくなっちゃった(゜o゜)
Commented by ららら♪ at 2014-11-15 21:47 x
>リサさま
百田さんって、どんな人か良く知らず、
「永遠のゼロ」を書いた人なので、まともな人かと思っていたんですが(ここで珈琲吹かないでね!)、

ちょっとググってみたらビックリでした。
こういう人に、「保守」を名乗ってほしくないです、

英霊もゼロ戦も、汚された気分。
今回、なるようになったというか、
馬脚が現れた、本性がばれたってことでよろしいんですね?
Commented by さくら at 2014-11-16 01:42 x
続編の方にもコメントさせていただきましたが、
永遠の0の内容はほぼコピペです。
それも私レベルが読んでアレ?と気付くくらい、
メジャーな戦争関係の本からの物も多いです。
Amazonのレビューでも言われてますが、とっかかりとしては良いのかも、です。
一番有名なのは知覧や靖国神社ですが、
それ以外にも色んな県の自衛隊の施設なんかで実物の遺書を見学できたりしますし
入手しやすい本にもきけ、わだつみの声などもっと読まれても良いものも沢山ありますので
興味を持たれた方にはオススメします。
Commented by さくら at 2014-11-16 01:44 x
一度に投稿出来なかったので以下続きですが。
戦争映画だと、白黒の時代のひめゆりの塔とかはリアル過ぎて
小学生時分の終戦記念日にテレビで見てトラウマものでした(^_^;)
最近作られた戦争映画は、やはり今の価値観による所も多々あるので
どこか綺麗事だなぁと感じるんですよね。
外国の映画で言えば、戦場のピアニストみたいな
割と淡々とした感じの物の方がリアリティがあるように思います。
ひめゆりの塔も戦場のピアニストも、監督自身が戦争経験者らしいのでああいう造りになるのかもしれません。
Commented by さくら at 2014-11-16 01:47 x
最後に。
故人の方をあれこれ言うのもどうかとは思うんですが、
たかじんさん本人もあちらの方なんですよね?
亡くなった後のゴタゴタっぷりが、まんま韓流ドラマ・・・。
作家の方はどうなんですかね~?
Commented by Lisa_cerise at 2014-11-24 12:27
☆ららら♪さんへ。
>馬脚が現れた、本性がばれたってことでよろしいんですね?
関西と関東とではかなりの温度差があるようなのですが、
じわじわ、バレて来ていますでしょうか?
向日市の例の件といい・・・、許せません。
Commented by Lisa_cerise at 2014-11-24 13:12
☆さくらさんへ。
戦争に関する出版物も思うところありますよね。
「永遠の0」のヒットで保守層を取り込んでいるこの人のこと、
連載が始まったりと訳ありで週刊誌は取り上げないんですよね。歯痒いことです。
by Lisa_cerise | 2014-11-12 00:16 | 韓国 | Trackback | Comments(10)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise