雅子さまへの微妙な提言。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


こちらの記事のこと、どう思われますか?

↓以下参考のため引用---------------------------
不安定な状態続く雅子さまは完治まで完全休養すべきとの提言
http://www.news-postseven.com/archives/20141017_281420.html
2014.10.17 07:00
 10月20日には80才、傘寿を迎えられる美智子さま。一般の人なら、すでにリタイアしてのんびりとした暮らしを送る年齢だが、天皇皇后両陛下は今も“国民のために”と命を懸けて、その責務を全うしてこられた。しかし、皇后美智子さまも、もう体力の限界の時が近づいているようにも思える。

 とすれば、やはり皇太子妃雅子さまに本格的なご公務復帰を望む声は高まってくる。

 しかし、長きに渡るご療養生活に入られてから、早10年の年月が経ったが、いまだ“一進一退”を繰り返し、公務復帰への道筋は見えてこない。

「雅子さまもご一緒に公務に出られる場合と皇太子さまおひとりの場合では、宮内庁の対応や警護の仕方、受け入れる主催者側の態勢も大きく変わってきます。また何よりも雅子さまのお出ましを心待ちにする国民は多いわけですから、とにかく大勢の人々に影響が出てしまいます。しかし、雅子さまが今のままでは、心やお体の大きな負担を関係者や国民が背負い続けなければならないのです」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

 そんな状態が10年以上も続いている雅子さま。神田氏はこう続ける。

「もう“病気”では済まされない時期に来ていると思います。このままでは皇室制度を根底から揺るがしてしまいかねません。

 ですから、雅子さまは“病気の間は一切公務をしません”と宣言され、“完全休養”なさって、完治されるまで治療に専念するべきだと思います。

 雅子さまが自ら休養宣言されれば、国民も“それほど難しい病気なのか。ならば治していただこう”と思うはずです。しかし、現在のように公務に出られたり、取りやめられたりを繰り返していては、国民や関係者からの疑念を生むばかりなんです。

 そうしなければ、この先、何十年と同じ状況が続くだけな気がしてなりません」


 一方でこんな提言をしてくれたのは、新潟青陵大学大学院・碓井真史教授(心理学)だ。

「ただ休養を取るだけでは、精神的な病気は治りません。休養が終わって、元の生活に戻れば、しばらく経ったら、再び元の病気の状態に戻ってしまう可能性が高いんです。適応障害のような病気を治すには環境の変化がいちばんです。別居、離婚、転職といった方法が最適ですが、皇族の雅子さまはそうもいきません。

 ですから、海外で完全に治られるまで、雅子さまのお得意な語学力を生かした活動をされながら、“やりがい”を感じる生活を送られるのが治療にいちばん望ましいと思います」


※女性セブン2014年10月23・30日号
↑ここまで---------------------------------------

う~ん。
どっちもどやろか、という提言だと思うんですけど、どうでしょうか。
もうとっくに“病気”では済まされない時期は過ぎましたし、
東宮家の現状は皇室制度を根底から揺るがしつつあるんです。
国民は何も期待していませんし。

雅子さまは天皇陛下の「治療に専念するように」という思し召しにも従わず、
自由気ままに過ごしているというのに、
今更、“病気の間は一切公務をしません”と宣言なんてなさいませんし(-_-)
しかも、実父の息のかかった先にだけは顔を出す、という選り好みをしているだけの、
ほぼほぼ休養状態の方に“完全休養”なさっても何もないですよねぇ。
完治されるまで治療に専念なんて、
雅子さまの回りだけ、どんだけゆっくり時が流れてるんだか・・・。

>雅子さまが自ら休養宣言されれば、国民も“それほど難しい病気なのか。ならば治していただこう”と思うはず。
え~っっ。そんなん、思いますぅ???
そりゃあ、それほどお好きになさりたいのなら、
どうぞどうぞ、皇太子妃をおやめになって、とは思いますよ~。

>現在のように公務に出られたり、取りやめられたりを繰り返していては、国民や関係者からの疑念を生むばかり
>そうしなければ、この先、何十年と同じ状況が続くだけな気がしてなりません」

病気だと言い続けて、もう11年ですよ、11年。
50歳の女性皇族に対して、
しかもこの11年間好き勝手して来られた皇太子妃に対して、
この先何十年て、それはないわ~。
織田信長の時代なら、「人生50年」の50歳ですやん。5ヶ月ちゃいますし。

で。また出たお約束の海外へ!!って。
雅子さま、どんだけ海外好きやねん。
結局、これが言いたかったんですねぇ~。
 ↓
>海外で完全に治られるまで、雅子さまのお得意な語学力を生かした活動をされながら、“やりがい”を感じる生活を送られるのが治療にいちばん望ましい

効果のない治療なんて、そういうのは別にもう、いいんですけど?
オランダご静養でコリゴリですしっ。
それなら、どうぞどうぞ、“やりがい”を感じる生活を海外で送られたら、って思います。
でも、皇太子妃のままでは無理ですって。
外交問題もあるし、また何かあったら国益にかかわることなんですから。

お得意な語学力て言われましても、
皇室に嫁がれて20年以上経っても日本語が不自由なままでいらっしゃるし、
英語のほうもオーストラリア公務でお腹いっぱいになりましたし、
そういうのって、もう通じませんけど?

>ただ休養を取るだけでは、精神的な病気は治りません。
>休養が終わって、元の生活に戻れば、しばらく経ったら、再び元の病気の状態に戻ってしまう可能性が高い
>適応障害のような病気を治すには環境の変化がいちばん。

ほな、いつまで休養しはったらええのんですか?

つくづく、しみじみ。
雅子さま由来の適応障害はやっかいなんですねぇ。
もう、言いたい放題で呆れ果ててます。

>別居、離婚、転職といった方法が最適ですが、皇族の雅子さまはそうもいきません。
そうもいきますよね。
とにかく皇太子と皇太子妃の間は離婚できるんですし、
離婚されるなりなんなりして、
か弱き雅子さまを悩ます皇室のあれこれからも解き放たれたらいかがなんでしょう?か。

ほんとに海外へ行かせろ、静養させろ、って、
要求ばっかりの記事をいつまで出させるつもりなんでしょう。
そうそう。
それはないわ~、という雅子さまの記事を久しぶりに蒸し返し。
こちらによると「雅子さまぁ~。まぁお美しいっ!!」と言ったのは
安藤優子サンだけじゃなかったらしいです。

↓以下参考のため引用---------------------------
オランダ訪問の雅子さま 地元紙「なんと美しい!」と報じる
http://www.news-postseven.com/archives/20130509_187087.html
2013.05.09 16:00
 4月28日から5月3日までオランダを公式訪問されていた皇太子ご夫妻。帰国後、「今回、ふたり揃って訪問し、即位式への参列を無事に果たすことができたことに安堵いたしますとともに、このことを大変嬉しく思っております」と宮内庁を通じて感想を寄せられた。

 さらに、オランダ王室や、同国との友好関係を築いてこられた天皇皇后両陛下に感謝の意を示すとともに、日本の国民に対してもお礼の気持ちを述べられていた。

 その皇太子ご夫妻の現地での様子を振り返ってみる。4月30日、オランダは、ヨーロッパで最も若い46才の国王、ウィレム・アレクサンダー新国王誕生に、国中が祝賀ムードに沸いていた。

 即位式が行われる首都・アムステルダムの新教会近くの広場は、オランダ市民や外国からの観光客など約2万5000人で埋め尽くされた。その多くが王室のシンボルカラーであるオレンジ色の帽子や服を身に纏い、広場はオレンジ一色に染まっていた。

 そして、雅子さまにとっては、実に11年ぶりの海外での晴れ舞台となった即位式。黒のえんび服姿の皇太子さまの隣に並ばれた雅子さまは、クリーム色のローブ・モンタントをお召しになっていた。そして右胸には、美智子さまから受け継がれたブローチが輝いていた。

「美智子さまが皇太子妃だった1965年5月の世界生花展や、1970年2月のマレーシア・シンガポールを訪問された際などにおつけになっていたブローチです。その後、美智子さまから雅子さまに贈られたようで、雅子さまもお祝いの席ではことあるごとに身につけられ、大切にされているんです。雅子さまが皇室に嫁がれてから初めての海外ご訪問となった1995年1月の中東訪問のときにも着用されています。あのブローチは、雅子さまにとって“お守り”となっているんでしょうね」(宮内庁関係者)

 美智子さまの愛に包まれて即位式に臨まれた雅子さまは、ご病気だと感じさせないプリンセススマイルを浮かべながら、沿道の人々に手を振られ、ゆっくりとした足取りで教会の中へと入られた。

 皇太子ご夫妻には、英国・チャールズ皇太子夫妻と同じ最前列が用意されるなど、オランダ側の気遣いが感じられた。

 即位式が終わると、皇太子ご夫妻は隣接するアムステルダム王宮で開かれたレセプションにご出席。そこでは、各国の王族とともにオランダ新国王夫妻を囲んでの記念撮影に臨まれた。

 こうして雅子さまは、即位式からレセプションまで、約4時間に及ぶ公式行事で、その務めを無事に果たされた。雅子さまの笑顔はオランダ国民をも魅了したようで、地元紙は<なんと、美しい!>という見出しで報じたほどだった。

※女性セブン2013年5月23日号
↑ここまで---------------------------------------

雅子さまに関する記事は、
とことん北の将軍様風味で、なんだか不気味ですよね。
この記事だけを読んでいたとしたら?
これを全部信じていたとしたら?
そこでいきなり、最新映像の雅子さまを見たら?

この衝撃をどうしてくれるんですか~???
 ↓
http://www.dosuko.com/bbs/img/1412814601.jpg


d0176186_2285999.jpg


千家さんの宴にありのままの姿で登場された、か弱き雅子さま。
補正もなさらずにドレスをお召しになられている模様ですので、
どうやら、お食事するのに邪魔だからでは、と言われています。

あまりに衝撃すぎて、
典子さんが霞んでしまってもうね、お気の毒なことでした。
雅子さまと"お親しい"久子さまのことですし、
気にもなさっていないかもしれませんけど。

でも。
国民は気になりますから。
雅子さまが皇太子妃の地位にある限り・・・。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-10-17 22:02 | 東宮家。雅子さま。

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る