笹井さん、どうして?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


どうしてこんなことに。。。

↓以下参考のため引用---------------------------
笹井氏自殺:「なぜ」関係者に衝撃 「再起信じていた」
http://mainichi.jp/select/news/20140805k0000e040204000c.html
毎日新聞 2014年08月05日 11時44分(最終更新 08月05日 13時26分)
 なぜだ−−。5日朝、飛び込んできた理化学研究所の笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長(52)が自殺したとの一報。理研や研究者仲間らの間には大きな衝撃が走った。STAP細胞論文を巡っては、小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の共著者として指導する立場だった笹井氏。理研によるSTAP細胞の検証実験について近々中間報告がされることになっていた中での出来事だけに、関係者らの間に動揺が広がった。

 再生科学の第一人者の突然の死亡に、親交のあった研究者は驚きを隠せない様子だった。

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)時代に笹井氏の同僚だった斎藤通紀・京都大教授は「信じられない」と絶句した。

 2月半ば、STAP論文中の画像に疑義が出ていることを指摘するメールを笹井氏に送ったところ、「たいした問題ではない。落ち着いたらゆっくり議論しましょう」という返信があったという。「笹井先生の研究能力の高さは万人が認めるところ。だからこそ、今回の問題に皆が驚いてた。こんなことになるなら、何かもっとできなかったかと思う。残念です」と言葉を絞り出した。

 小保方晴子氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は「驚いている。私自身もショックだ。心からお悔やみ申し上げたい。詳しいことがわからないのでこれ以上は控えさせてほしい」とぼうぜんとした表情で話した。小保方氏の精神状態については「一番心配で、対応に努力していきたい」と話した。

 疑惑発覚後の4月に記者会見した笹井氏について、小保方氏は「尊敬する笹井先生が私の過ちのために厳しい質問にお答えされている姿を見て、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました」とのコメントを三木弁護士を通じて公表していた。

 笹井氏を指導したことがある京都大名誉教授で大阪バイオサイエンス研究所の中西重忠所長(72)は数日前、笹井氏に電子メールを送り、「がんばりなさい」との言葉も添えたが、返信がなかったという。中西氏は5日午前に記者の取材で笹井氏が自殺を図ったことを知り、「忙しいのかなと思っていたが、まさかこんなことになるとは」とショックを隠し切れない様子で語った。

 理研発生・再生科学総合研究センターの30代の研究室リーダーは「とても驚いている。1カ月くらい前にセンター内で見かけた時は、だいぶ落ち込んでいる様子だった。笹井さんほどの能力のある研究者なら、必ず再起すると思っていたのに」と言葉を詰まらせた。一方で「笹井さんは副センター長を辞めるつもりだったのに、理研の意向でやめられなかったと聞いている。責任をとることもできず、苦しんでいたのではないか。笹井さんは頼まれて論文の執筆に関わった身なのに、理研はあまりに笹井さんに責任を押しつけすぎたのではないか」と話した。

 笹井氏と共にSTAP細胞論文の責任著者を務めた山梨大の若山照彦教授(47)の研究室前には、大勢の報道陣が集まった。若山教授は姿を見せず、大学を通じて「この件に関してコメントはない」との談話を公表した。
↑ここまで---------------------------------------


3月に入院されていたとは・・・。
虚しいというかなんというか。
どうしてもっと、とか、
惜しい人を・・・と思うと、
STAPに関わってしまったことでこんな事に、とつい。


「笹井さん=STAP細胞」というイメージが強いかもしれませんが、
そうじゃないし・・・。
それだけに、
多くの疑問に答えて欲しかったです。
早々に小保方氏の採用を決めてしまったのはどうしてか、
データの検証も十分にしないまま、投稿を急いだのはどうしてか、
iPSを風評被害に陥れてしまった、あの発表は何だったのか、
そして、STAP細胞のことをどこまで知っていたのか。


------------------------------
@glasscatfish: 笹井先生は1800年代に提唱されて謎のままだった概念の分子的実態を明らかにするという重要な仕事を二つされています。
一つは高校生物でもお馴染みのシュペーマンオーガナイザーの分子的実態の解明
理研に移ってからも発展させました。
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130607_1

@glasscatfish: もう一つは脊椎動物の背腹軸体制の進化論の再考。日本人がこうした概念的な達成をすることは少ないとされます。
SJグールドの本を読んでたら笹井芳樹という名前が出てきて驚いた。
http://researchblogging.org/post-search/list?article=10.1038%2F380037a0&post_length=full
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8598900

Hitoshi Sawa @dpyNonunc ・ 2 時間

笹井さん、実験医学に連載していた「創発生物学への誘い」を8月号で打ち切っていたのですね。
最後の文「「この連載が)四半世紀のライフサイエンス研究を担う若い世代の研究者がその大きなパラダイムシフトを考えるひとつの助けになれば、幸甚である
https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/emergence.html
------------------------------



ご冥福をお祈りいたします。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-08-05 22:05 | つぶやき_STAP細胞

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る