取り返しのつかないこと。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


佐世保の事件、
連日、新たな言い訳情報が出て来ているのがこれまでの事件と違うと思うんです。
・・・と思ったら、この加害少女の父は、自分のための弁護士がいるんですね。

何がどうあっても、被害少女は戻って来ないし、
許せることではないというのに。
出来る限りのことはしてきたというメッセージは、虚しいだけなんですけど。

↓以下参考のため引用---------------------------
女子生徒「人を殺してみたい」 事件前、父の再婚相手に告げる
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140804/crm14080420450026-n1.htm
2014.8.4 20:45
 長崎県佐世保市で高校1年の同級生を殺害したとして殺人容疑で逮捕された少女(16)が事件の数日前、父親と再婚した新しい母親に「人を殺したい」という趣旨の話をしていたことが4日、父親の代理人弁護士への取材で分かった。

 弁護士によると、事件の3日前の7月23日、少女は通院中の精神科に母親と向かう途中、ネコを殺すのが楽しいという趣旨の話をした後、真剣な様子で「人を殺したい」と打ち明けた。弁護士は4日、精神科とのやりとりを父親がまとめた書面も公表。書面によると、7月23日の診療で母親が少女の殺人願望を医師に伝えたが、医師は「今日は時間がない」と言って診療を終えたとし、医師に切迫感がなかったと指摘した。

 また事件前日に両親が精神科に行き、「ここの病院か別の病院に入院するという措置は取れないか」と頼んだが、医師は「個室はあるがその一つを独占することになる」などと言い、実現しなかったことも明らかにした。
↑ここまで---------------------------------------

でも。
今すぐ入院させないと、という娘を一人暮らしのマンションに帰して、
自分たち夫婦はホテルの納涼パーティー(新嫁御披露目パーティー)に出席してたんでしょう?
被害者の母親から帰って来ない、娘を知らないか、という電話には、
「家出をしたんじゃないか?」と答えていたんでしょう?
で。
被害者の親から連絡があったのにその納涼パーティーは中座しなかったんでしょう?
だから、警察が両親と娘のところに行ったのが午前3時を過ぎてから、なんですね。
(最初、どうしてもっと早く行かないんだろう、と疑問だったんですけど、そういうことでしたか。)

こういった、後付けのメッセージを出せば出すほど、
被害者の母親から「娘が帰って来ない。」という電話を受け流して、
納涼会に出続けた事実との落差が際立ってしまうというもの。

この少女は現金で100万円持ってて押収されていたし、
高校生で大金を持たせる親ってどうなの?!って。
そんなお金を持たせるから、凶器も買えたわけでしょうに。

この親がちゃんと対応していたら少女は助かっていたと思うと、
被害に遭った少女と家族は遣り切れません。
娘を放置して被害者が出たという事実は変わりませんし、
辻褄が合わないことばかりです。






ところで。
今、ネットで話題になっているのが、
>謝罪文が
>弁護士必携「弁護のための謝罪文例集」の第7章保護者の監督責任弁護に
>関する謝罪文のコピペだった

というもの。

これは本当なんでしょうか。
確かに、あの謝罪文が報道された時に何かが違うと感じたんですけど、
よく分かっていません。
文章の中には「加害少年の父親として」と書いてありましたが、
法律用語とか分かっていないので・・・。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20977586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 向日葵 at 2014-08-05 14:42 x
いつも読ませて頂いております。
初めてのコメントです。

謝罪文には心の底からの思いが感じられず違和感を持っていました。
加害者女子の気持ちを思うと子を持つ親として苦しくなります。
どこかのワイドショーで被害者女子をなぜ加害者女子と付き合わせていたのだろう?
被害者女子の親も変ではないか?と発言していたコメンテーターがいました。
思考のおかしな日本人だらけになったものです。
私は加害者女子は親の犠牲になったのだと思います。
文武両道で育てても心の中は育てられずこのような結果になったのではないのではないょうか?
被害者女子のご冥福とご両親のことをおもってやみません。
Commented by at 2014-08-05 15:07 x
弁護士なんだから謝罪文ぐらい自分の言葉で書いてほしいね
Commented by ららら♪ at 2014-08-05 15:10 x
この謝罪文が出た時に子供と、
「お詫びがどうのこうのって、要するにに金払うよってことじゃない?
誠意が全然感じられないよね」と話し合っていたのですが、
まさか・・・・・・。

時系列がごちゃごちゃになっているし、報道も入り乱れていますが、
整理してみると、
医者が親に入院を勧めた→父親が拒否→医者が児童相談所に通報
→氏名を告げるも、児相は無視(もしくは棚上げ)

医師には守秘義務があるといいますが、別な観点で見れば、
一般市民が安全に生活できるために、犯罪を犯しそうな人物がいれば通報義務があるわけです(住田弁護士がコメントしていました)。

医療関係に詳しい人の話では、
「公の機関に通報すれば、そこでなんとか手を打ってくれると思っていたんだろうけどね、お医者さんが気の毒です」とのこと。
地元ではどの先生かわかってもいるでしょうけど、こういう良心的なお医者さんが窮地に立たされないようにしてほしいです。

>医者が一人暮らしするように勧めた
なんて、デマか、父親が責任転嫁するためにほざいているたわごとでしょう。こういう子を一人暮らしなんてとんでもない話だし、海外留学なんてのも、言語道断。


Commented by ららら♪ at 2014-08-05 15:15 x
父親への非難が、ある種のヒステリーと批判する人もいますが、
それこそ筋違いの見方だと思います。

善悪の判断がつかない、常識がない。
親としての能力がない。

子どものことを考えるよりも、まず一番に自分の快楽や快感を、持ってきちゃうんですね。

いつも思うんですけど、重大事件を起こした子どもの親の態度って、
「ひとごと」なんですよね。
わがことのように心を痛めるということがない。

親に心がないんだから、子供にも心がないのは当然で・・・、
被害にあったお嬢さんには、ただただお気の毒としか言いようがありません。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。
Commented by まる at 2014-08-05 17:58 x
この件は酷すぎて言葉が見つかりません。
まだ色々出てきてる途中ですしね。
Commented by なな at 2014-08-06 00:11 x
神戸の事件を彷彿とさせる猟奇殺人です。
加害者の女の子の名前も顔もネット上でさらされています。父親も同様に。
人権をとやかく言う人たちもいますが、被害者の女の子の名前も顔もとうに世間にさらされているわけですから、事件の残酷さ異常さからすれば当然だと思います。 
「目」が飛んでいて、心も飛んでいる顔つきです。
あきらかに、ヤバイ雰囲気。
親の育て方、環境、も影響しますが、一番は、持って生まれた資質、こればかりは無くせません。 スイッチが入れば爆発します。
将来的には、名前を変えて再び社会に戻ってくるわけで、暖かい社会としては受け入れざるを得ないのでしょう。
Commented by Lisa_cerise at 2014-08-06 01:04
☆向日葵さん、今晩は。
コメントありがとうございます<(_ _)>
この事件は、加害者の少女よりも自己保身に走る父親の事が表に出て来ますよね。
被害者が出る前に、どうしてもっときちんと向き合わなかったのか、憤ることばかりです。
被害者もいじめを受けていたそうですが、
被害者の母親は、加害者少女の境遇に同情して優しくするように送りだしたそうです。
お気の毒でなりません。


☆瞳さん、今晩は。
弁護士の顔を出さずに謝罪すべきですよね。


☆ららら♪さんへ。
私も、あの謝罪文からは「きちんとお金で方を付けますから」って受け取れました。
自分がどうとか、誠意が感じられませんでしたよね。
少女が酷い目に遭って殺されたというのに。
この父親は地元の医師会の顧問弁護士なんです。
そのツテで病院に入院ってなんとでもなると思いませんか?
どこまでが本当なんだか。
Commented by Lisa_cerise at 2014-08-06 01:04
☆まるさんへ。
凄惨な事件だというのに、加害少女のコメントが弁護士から出たり、
どこまでが真実かが分かりませんよね。


☆ななさんへ。
被害少女のことまでネットで晒されてしまって、
お気の毒でなりません。

神戸の事件では、社会に出て来ているんですよね。
○○で働いている、と具体的な話を聞いたことがありました。
誰も更生した事を信じられなくて、恐怖で仕方がないという、、、。
結局、そこを辞めて行ってその後は?
日本のシステムはおかしいと思っています。
Commented by ららら♪ at 2014-08-06 09:28 x
少年法、ここ何十年も見直しを叫ばれているのに、一向に進まないのは、どういうわけでしょう。

加害者父親は、医師会の顧問弁士ですか。
リサさんのおっしゃる通り、強制的にでも入院させる気があれば、
出来たはず。
それをしていないということは、つまりその気がなかったということですよね。

加害者側から後出しで出てくる情報は、医師に責任をかぶせるようなものばかりで、
結局、自分たちは悪くない、責任を取るつもりはないっていうようにしか聞こえません。

このネット社会で、姑息な隠ぺいを図っても、結局はばれるのにね。

道州制、反対の理由は、地方の闇がますます深くなるから。
こういう事件があると、余計に強く思います。
Commented by Lisa_cerise at 2014-08-07 00:45
☆ららら♪さんへ。
>少年法、ここ何十年も見直しを叫ばれているのに、一向に進まないのは、
どういうわけでしょう。
>猟奇的殺人に対する扱いをもっと考えて欲しいです。
更生とかの問題じゃないですし。

>強制的にでも入院させる気があれば、出来たはず。
そうなんですよ。おかしいですから!!
僻地でもないですしねぇ。

>このネット社会で、姑息な隠ぺいを図っても、結局はばれるのにね。
父親の弁護士も、線を引いた発表をしてましたし、
いつまでも「手は尽くした」では通らないと思いますわ。
Commented by takosu at 2014-08-09 21:25 x
身内に似たものがいるけど、入院はかなり難しい。暴れて警察呼んでもその場では
おとなしくするから、呼んだものが警官に説教されておわり。警察が帰ったらその後は
10倍ぐらい暴れて血みどろの家族団らん。専門の病院通っているが、
入院させても医者のまえでは狡猾に演技するからすぐ退院させられる退院したら逆恨みでまた10倍暴れる、正直どうにもならない。本当に恐ろしいのはこうゆうやつ。
も並みは、ある意味正直。
by Lisa_cerise | 2014-08-04 23:37 | 気持ち | Trackback | Comments(11)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise