マクドのチキンナゲット。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


うわっemoticon-0104-surprised.gif
マクドって、前にも薬漬けの鶏を使ってましたよね、確か・・・。
あんな事があっもマクドへ行くという人がいるのにビックリだったんですけど、
さすがに今回はダメでしょ。

↓以下参考のため引用---------------------------
チキンナゲットの2割調達=期限切れ肉使用工場から—日本マクドナルド
http://jp.wsj.com/news/articles/JJ12090517546635723622920371602600100407994?tesla=y&tesla=y&mg=reno64-wsj
2014 年 7 月 22 日 19:00 JST 更新
 日本マクドナルドは22日、中国・上海の食品会社が消費期限切れの鶏肉を使用していたと中国国内で報じられた問題で、日本国内で販売している「チキンマックナゲット」の約2割をこの会社から調達していたと発表した。マクドナルドは報道で問題を把握した21日に、該当する商品の販売を中止し、タイや中国の別工場で生産した商品への切り替えを進めている。現時点では健康被害などの報告は入っていないという。

 この上海の食品会社から仕入れたチキンナゲットは、関東地方などの1340店舗で販売されていた。日本マクドナルドは2002年から問題とされている食品会社と取引しており、事実関係について確認している。 
[時事通信社]
---------------------------------------
期限7カ月過ぎ、カビだらけの肉をファストフード店に供給=作業員「食べても死にはしない」―中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000016-rcdc-cn
Record China 7月22日(火)9時55分配信
2014年7月21日、京華時報は、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどの中国の店舗に、大量の変質した食肉加工品が供給されていた問題で、これらの加工品は中国で優先的に使用されていたと伝えている。

問題の供給元は、米OSIグループの子会社・上海福喜食品有限公司。同社は保存期限の切れた変質した肉類原料を大量に使用し、保存期限シールを貼り替えるなどの偽装工作をしていた。中には期限が7カ月過ぎ、カビが生えた冷凍品まで扱われていたという。同社の作業員は「期限切れだからと言って、食べても死にはしない」と話していた。

こうした肉で製造されたチキンナゲットやステーキ、ビーフパティなどは、主要なファストフードチェーンに販売されていた。特に鶏肉加工品は中国に優先的に供給されていたという。(翻訳・編集/北田)
↑ここまで---------------------------------------

ほんと、中国のものはもう無理なんですよ~。
指導するとか改善するとか、
中国人に求めるのは無理っていうものでしょう。
食に対する考えが根本的に違うんですから。

安いからって、どうして中国産を輸入するかなぁ~。
中でも特に食品はダメだし!
あの青い腐った物体が不気味で・・・。
あれに化学薬品とかも混ぜてるんですよね、きっと。
あ~、やだやだ。

「中国人、空を飛んでるものは飛行機以外、4本のものは机以外は食べるヨ。」
って中国人の知人は自慢してましたけど、
何もかも、理解不能です。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-07-22 21:52 | 気持ち

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る