野次られた、と主張なさっている塩村文夏議員のこと。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


セクハラ、ということですけど、
この女性議員の言い方がなんだか偉そうな物言いで、
どうにも同情出来ず、スルーしてましたっ。

↓以下参考のため引用---------------------------
都議会で女性議員にセクハラやじ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140619/k10015348641000.html
6月19日 18時05分
18日行われた東京都議会の一般質問で、みんなの党の女性議員が子育て支援策について質問を行った際、ほかの議員から「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとやじが飛び、女性議員は「人格を否定するものだ」と反発しています。

18日行われた都議会の一般質問で、みんなの党の塩村文夏議員(35)が妊娠や出産などに関する子育て支援策について都の取り組みをただした際、ほかの議員から「自分が早く結婚したほうがいいんじゃないか」、「産めないのか」などとやじを受けました。
塩村議員は18日夜、ツイッターで「政策に対してのやじは受けるが、悩んでいる女性に言っていいことではない」などと反発し、「リツイート」と呼ばれる引用が19日正午までに1万件を超えるなど波紋が広がっています。
19日午後、報道各社の取材に応じた塩村議員は、やじに同調する議員が複数いたことが残念だとしたうえで、「人格を否定するようなやじや政策と全く関係のないやじはするべきではなく、ひぼう中傷になる。質問に立つ議員を尊重してほしい」と述べました。
複数の会派によりますとやじは、自民党の議席周辺から聞こえたということです。
これに対して都議会自民党の吉原修幹事長は「どういう状況だったのかよく分からないが、誰が言ったのか特定することは難しい。それぞれの会派が品格のない発言は慎むようにすべきだ」としています。
この問題を受けて、19日夕方、会派の枠を超えて都議会の女性議員たちが「品位を汚すやじは控えるべきだ」として議長に対し再発防止に取り組むよう要請したということです。
↑ここまで---------------------------------------

・・・というのも。
ニュースで言われている内容よりも。
ぱっと見て、同じ女性として「う~ん、、、。どやろ?」って思ったワタシ。
言われた内容より何よりも、泣いたことに対して嫌悪感でいっぱいになったんです。
ここで、泣きます???
「これだから女ってやつは~」とか言われたりするのが嫌なんですよねぇ。
ここは泣くんじゃなくて、何か言えば良かったんじゃないです?
「そのようなヤジは受け付けておりません」とかなんとか。
とにかく。
この議員サンはか弱き女性を演じているようで、
「これはヒドイ!!!」とはとても思えなかった、
心の狭~い私でございます。

で。
この人の事は知らなかったので、ぐぐってみたら、
こんなん、出ました。
↓以下、参考のため転載---------------------------
383 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/20(金) 23:36:11.60 ID:999999999.net
ヤジ騒動の塩村文夏東京都議会議員 恋のから騒ぎ出演時の発言

http://www.youtube.com/watch?v=lu-KTUC8Dns

明石家さんまの恋のから騒ぎに出演していた際の、
塩村文夏さんのすごすぎる過去エピソード

・銀座BALLYの店員から先生と呼ばれる彼氏と付き合っていた頃に300万円相当の洋服をプレゼントしてもらった。
・元彼から1500万円の慰謝料を貰って、イギリス留学へ行った。
・その元彼の部下イギリスまで、塩村文夏さんを口説きに行った。
・「交際している男性に妊娠したとウソをついたことがある」と語り、
司会の明石家さんまとゲストで出演していた渡辺満里奈からあきれられた(さんま曰く「自分だったら絶対に許していない」)

・別の回では、ゲストの関根勤がさんまと顔を会わせた際に、彼女の言動に対して非常に憤慨していたらしい。
以来、さんまは塩村を指名するときに「関根勤さんの嫌いな女」と呼ぶ


はい、調子に乗ってボロが出たねw
塩川さんとやら。
↑ここまで---------------------------------------

やっぱり、同情出来そうにない人なんですけど・・・。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-06-22 00:06 | 気持ち

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る