どうする?どうなる??小保方氏。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


小保方氏と笹井氏の二人から、
しっかりと押し付けられていた若山氏ですが、
会見でも、真摯に対応されていましたよね。
小保方氏や笹井氏との違いも、じわりじわりと広まっていっている様子ですし。
笹井氏の「世界の若山先生」連発には本当にムカついたもんでしたが、
ようやく、ですね。

こんな記事も出てます。
↓以下参考のため引用---------------------------
小保方さん、意図的に細胞すり替えか? 若山氏の発言が決定打の様相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140617-00000014-ykf-soci
夕刊フジ 6月17日(火)16時56分配信
 「STAP細胞」論文の共著者である若山照彦山梨大教授が、理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)にトドメを刺した。16日の会見で、論文ではSTAP細胞の作製に若山氏提供のマウスが使われていたとされるが、実際は「全く別のマウス」だったことを発表。専門家は「意図的に細胞をすり替えた可能性が高い」と指摘し、「ES細胞(胚性幹細胞)正体説」が一層強まってきた。

 「あってほしいと思う夢の細胞だが、すべての解析結果が否定している」。2時間半にわたる会見で、若山氏の表情は終始険しかった。

 二人三脚で研究を進めてきた小保方氏と若山氏。若山氏がマウスを交配させて生ませた子を提供し、小保方氏がSTAP細胞を作製。それを使って、若山氏が増殖能力を持たせたSTAP幹細胞にした。

 会見では、このSTAP幹細胞の解析結果を発表し、8株は人工的に遺伝子を挿入した位置がもとのマウスと異なっていたほか、2株は別系統のマウスだったことが明らかになった。若山氏は「僕の研究室から提供するマウスでは絶対にできない結果」と断言した。

 東京大の上(かみ)昌広特任教授(医療ガバナンス論)は、「今回はっきりしたのは、渡した細胞と違う細胞が返ってきた、渡された側に何かが起きたということだ」と指摘し、こう続ける。

 「細胞のすり替えは、偶然の間違いでは起こりえない。状況的に考えられるのは、小保方氏や周辺者が、意図的に混入したり、すり替えを行った可能性が高い」

 ES細胞正体説を取ると、つじつまがあう“事実”は、次々と発覚している。

 理研によれば、小保方氏の研究室に「ES細胞」と表示された容器が見つかり、中にあった細胞の特徴の一部が、若山氏が保管するSTAP幹細胞と一致したという。本当にES細胞かどうかは不明として、今後も検証を続ける。若山氏は会見で「小保方氏がうちの学生からES細胞を渡されていた。ES細胞を自由に使える環境だった」と明かした。

 研究段階で、小保方氏の不正を見抜けなかった若山氏の“失態”は看過できない。「ハーバードの優秀な研究者にノートを見せてくれとは言えない雰囲気があった」と小保方氏のノートをチェックしていなかったことも判明。ただ、共著者の中では、論文撤回呼びかけや第三者機関の解析と、積極的に問題解決に取り組んだ唯一の研究者といえる。

 小保方氏や上司である笹井芳樹氏が若山氏に責任転嫁する発言があったことについて、「僕は個人。理研は組織として大きいし、責任を押しつけられるのではという恐怖感はあった」と語った若山氏。第三者機関の解析結果を共著者らに連絡したところ「意味がない」という返事があったと明かし、相手は「丹羽(仁史)先生以外」と特定を避ける場面もあった。

 「研究チームで、初めて具体的に不可解な点を指摘したことは大きい。チーム内で仲間割れがあったことが分かった。若山氏は、相当前から笹井氏に不信感を覚えていたのだろう。『有力な仮説』と語った笹井氏ももう無理。調査に協力すべきだ」と上氏。若山氏の決死の会見は、ナゾの細胞の秘密を暴いたようだ。
↑ここまで---------------------------------------

さぁて、笹井氏、どうします???

小保方氏はというと・・・。
再現実験に参加したい!
弁護士さん曰く、参加出来るなら回復!!とかいう正体不明の病気で、
理研の検証実験に元気に参加していたハズなのに、
絶不調になっちゃったそうです。
どういうこと???

↓以下参考のため引用---------------------------
STAP問題 小保方氏の代理人、若山教授発言に「コメント控えたい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140617-00000571-san-sctch
産経新聞 6月17日(火)20時0分配信
 新型万能細胞とされる「STAP(スタップ)細胞」の論文共著者、若山照彦山梨大教授(47)が、「STAP細胞が存在することを示す証拠はなかった」などと会見で発表したことについて、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人弁護士は17日、「十分に事実関係を確認できていないのでコメントは控えたい」と述べ、弁明は避けた。

 大阪市内で報道陣の取材に応じた代理人の三木秀夫弁護士は、現在の小保方氏について「彼女の体調は今、絶不調なので、(会見の)ニュースにほとんど接していない」と説明。「弁護団で事実関係を確認しながら対応を考えていきたい」と述べるにとどめた。
↑ここまで---------------------------------------

ヤフコメもしっかり手厳しい意見ばかりに。⇒http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140617-00000571-san-sctch


↓以下、転載。----------
生物板より
268 :名無しゲノムのクローンさん:2014/06/17(火) 21:31:04.97 .net
あのES細胞の入った冷凍庫は実はCDB内の有志が疑惑が上がった3月に封鎖、差し押さえしていた。
調べたくても笹井、武市の肝いりで調べれなかっただけ。
若山の第三者機関も結果を見て、そのプライマー使って調べた。
そしたら一致。さらにESと小保方の筆跡で手書きで書かれた凍結細胞株も
なんと、一致。
終了。
--------------------




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20820205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2014-06-17 22:34 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise