「ほっ」と。キャンペーン

雅子さまvs宮内記者会、早読みレポと以前の記事。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


早速にもレポをしてくださっていたので、ご紹介です。

↓以下、転載させて頂きます。
週刊文春4月3日号 
雅子さまvs宮内記者会 東宮職「謝恩会の変」 早読みレポ

・「事前に宮内記者会は卒業式会場の取材も要望,
 しかしそれは無理だと突っぱねられた。門前が愛子の声を拾う唯一のチャンス。
 特にテレビ局は必死。」(宮内担当記者)
・午前9時ごろ,金のアルファードが初等科前に到着。集まった人たちから
 「おめでとうございます!」の声がかけられ,ARERA夫妻は笑顔。
・正門横の看板前,ある記者がまず「ご卒業おめでとうございます」と声掛け。
 愛子は小さく頭を下げた。続いて他の記者,「愛子様,初等科6年間は
 いかがでしたか」に,愛子は笑顔でいるものの応えていいのか分からない
 のか雅子を見上げて「どうしよう」という雰囲気。雅子はささやき女将,しかし
 何も聞こえなかった。殿下は苦笑い。居た堪れないような空気が流れる。
 「今日は天気でよかったですね」と別の記者,それには答えず構内へ入るARERA。
・悠仁様は幼稚園の卒業式で「ありがとうございます」と大きな声でお応えになっている。
・今回は「声掛けは控えて下さい」と侍従から記者会に注意があった。

「楽しかった」はメモで追伸
・前週,小町の定例会見で記者会が「子ども時代の大きな節目として
 愛子様の声を国民に届けたい」と希望。聞き入れられず。
 卒業式が終わった後,東宮職から”ご様子メモ”が配られた。
 そのメモには「卒業式では敬宮愛子と呼ばれ,ハイと返事をし,初等科長
 から証書を受け取り,ARERAが保護者席から見守ったと。
・「そのメモには朝の正門で愛子が何と答えたか明らかにされていた。
 だから新聞各紙も後で「楽しかったです」と表現した。あの場では
 まったく聞き取れなかった。」(宮内庁担当記者)
・元東宮職も「ご成長の記録として残しておくべきだった」。

東宮職が吐いた暴言
・謝恩会は明治記念館。ARERAは他の保護者と同じく五十音順の
 席に座り,懐石弁当を召し上がった。
 終わった後愛子は友達と,雅子はママ友とお話し。ナルは帰りたい素振り。
 (学習院関係者)
・その謝恩会場で思わぬ”変事”が。
 現場で愛子を取材しようと皇室担当記者が何人か様子をうかがっていた。
 その記者らにある東宮職職員が「お引き取り下さい!秋篠さんのところよりは
 (取材の機会を)作ってやってるじゃないですか!」と言い放った。
 秋篠宮の名前を出して,取材させてやっていると言わんばかりの暴言に,
 現場は凍りついた。
・「東宮職は何を勘違いしているのかと言いたい。秋篠宮家と比べても意味がない。
 過去の皇太子ご一家と比べなければならない。
 自然なお声や雰囲気を伝えているのは秋篠宮家。
 愛子の映像は静養の駅前ばかりでバリエーションがない。
 「もうご卒業」と感じる国民が多いのも,ご成長の映像が少なく実感がわかないから。」
 (ベテラン宮内庁担当記者)

本心は「視線に耐える」
・愛子の声を聞く機会は,05年のサツマイモ掘りを境にほとんどなくなった。
 雅子のプライバシー意識が背景にある。
・愛子が2歳の時のウズラ映像は,「愛子様自閉症」「言葉が遅い」を打ち消すため。
・ナルがご成婚十年の文書の中で,雅子は人に注目されて大変,
 雅子はよく耐えている,と書いていた。この「視線に耐える」という表現は,
 メディアを含めた周囲の好奇の視線にさらされているという雅子の
 本心を強烈に示している。
・皇后陛下も「事実でない報道には大きな悲しみと戸惑いを覚えます」とおっしゃった
 ことがあるが,その向こうには国民がいるということを強く理解しておられた。
 (ベテラン宮内庁担当記者)
・最近も愛子の意思を尊重しての取材制限が多い。ナルの時代の初等科の運動会
 はすべての競技が取材可能だったことを考えると隔絶の感がある。
 (別の宮内庁担当記者)
・取材制限はARERAのご意向だから東宮職を責められないが,今回の卒業式
 の様子は国民によい印象を与えなかった。愛子は挨拶もきちんとできなかった。
 運動会の映像では活発な様子がわかるので残念。(山下晋司)
・皇太子ご一家は今週,奥志賀でスキー御静養。取材設定は駅前のみ。
 愛子が進学する中等科の入学式は4月6日。ぜひ晴れやかなお声をお聞きしたい,
 で〆でした。
---------------------------


↓以前の記事はこちらに。
週刊新潮2014年3月27日号 その 1
祝学習院初等科ご卒業「愛子さま」蔵出しアルバム

週刊新潮2014年3月27日号 その 2
「学習院初等科」卒業式に「宮内庁記者」との激しい冷戦
「愛子さま」お言葉の機会を断固拒否した「雅子妃」


愛子さま 歴史研究レポートで綴られた「天皇の役割」「宮中の結婚」



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-26 19:17 | 東宮家。雅子さま。

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る