STAP細胞 実験マウスに新たな疑問。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


うやむやにならないように、メモ。

Knoepfler博士のブログでも、このニュースは掲載されてます。
http://www.ipscell.com/stap-new-data/
海外でも終了のご様子。
↓以下参考のため引用---------------------------
STAP細胞 実験マウスに新たな疑問
http://www.webcitation.org/6OLNuLUlv
3月25日 19時28分
STAP細胞を巡る問題で、小保方晴子研究ユニットリーダーがマウスから作り出したとしていたSTAP細胞2株の遺伝子を共同研究者が調べたところ、この細胞が、実験に使われていないはずの別の種類のマウスのものだったことが、関係者の証言で分かりました。専門家は、論文で出来たとされ凍結保存されている8株のSTAP細胞すべてについて詳しく調べるべきだとしています。

これは、神戸市にある理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの関係者が、NHKの取材に対し明らかにしたものです。
それによりますと、遺伝子が調べられたのは、共同研究者の若山照彦山梨大学教授が特殊な処理をして凍結保存していたSTAP細胞2株で、若山教授がどんなマウスからでも作製が可能か調べるため、小保方さんに論文の実験で使ったのとは異なる129系統という種類のマウスを手渡し、作製を依頼したものです。
小保方さんは、シャーレの中で129系統のマウスの細胞を刺激したところ、状態のよいSTAP細胞の塊が2つ出来たとして若山教授に渡したということです。
ところが、一連の問題を受けてこの2株の細胞の遺伝子を調べたところ、細胞は129系統のマウスのものではなく、いずれもこの実験には使っていないはずのB6とF1という2種類のマウスのものだったことが分かりました。
今回検出されたB6、F1、それに129の系統のマウスは、いずれも万能細胞の1つ「ES細胞」を作るのによく使われ、研究の現場では、これらのマウスから作ったES細胞が広く実験に使われています。
日本分子生物学会の理事長も務める大隅典子東北大学教授は、「STAP細胞が、実際にはES細胞だったのではないかという疑念を持つ研究者は少なくない。こうした疑念を晴らすためにも、理化学研究所は、今回の2株だけでなく論文の8株についても遺伝子を詳しく解析し、結果を早急に公表すべきだ」と話しています。
これについて理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は「今後、詳細な検証を若山教授と協力しながら進めていきます」と話しています。
また理化学研究所の広報は「この問題について今の段階で、小保方自身がコメントすることはできません」と話しています。
------------------------------------------------------
<STAP幹細胞>別マウスの遺伝子検出 山梨大の保存分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000140-mai-sctch
毎日新聞 3月25日(火)21時58分配信
 STAP細胞論文の共著者の一人が保管するSTAP細胞から作った細胞を簡易的に解析した結果、STAP細胞を作るため使ったはずのマウスの遺伝子のタイプが確認されず、別の系統のマウスしか検出されなかったことが、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の関係者への取材で明らかになった。この細胞は、英科学誌ネイチャーで発表した論文には使われていないが、CDBはSTAP細胞の真偽を確認するため、論文に使った細胞を独自に解析する検討を始めた。

 解析したのは、STAP細胞から変化させて作った「STAP幹細胞」。iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)のように増殖する性質があるとされる。一方、STAP細胞の再現実験が研究チーム以外で成功していないことなどからES細胞の混入も疑われている。

 解析した細胞は、当時CDBに所属していた若山照彦・山梨大教授が、小保方晴子・理研研究ユニットリーダーに「129」という系統のマウスでSTAP細胞を作製することを依頼し、小保方リーダーが作製した細胞を基に作った。若山教授が山梨大へ移籍後も冷凍保管していた。

 STAP幹細胞ではSTAP細胞から変化後も、元のマウスと同じ遺伝子のタイプが確認されるはずだが、CDB関係者によると、山梨大が保管していたSTAP幹細胞2株を解析した結果、「129」ではなく「B6」など別の2系統のマウスが検出された。この2系統のマウスはES細胞の作製によく使われるという。

 若山教授は、この細胞などを第三者機関に送り、詳細な解析を依頼している。【須田桃子、八田浩輔、斎藤広子】
------------------------------------------------------
STAP細胞 保存細胞にも疑念 実験と別種のマウスと判明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000575-san-sctch
産経新聞 3月25日(火)21時18分配信
 理化学研究所は25日、小保方晴子・研究ユニットリーダーがマウスから作製したとしていた新型万能細胞「STAP細胞」のうち、2株の遺伝子を共同研究者が調べたところ、実験に使用しなかったはずの別の種類のマウスの細胞だったことが分かったと明らかにした。実験途中に何らかの理由で細胞がすり替わった可能性も浮上してきた。

 マウスにはさまざまな種類や系統がある。理研によると、共同研究者の1人の若山照彦山梨大教授は、小保方氏に129系統という種類のマウスを渡してSTAP細胞の作製を依頼。小保方氏はこのマウスの細胞を弱酸性溶液で刺激し、STAP細胞の塊を2株作製できたとして若山教授に渡したという。

 若山教授はこの細胞塊を凍結保存していたが、論文の画像不正疑惑などの問題を受け、改めて遺伝子を調べたところ、129系統ではなく、実験には使わなかったはずのB6とF1という別種のマウスの細胞だったことが判明。理研は若山教授から連絡を受け調べている。B6、F1、129系統のマウスはいずれも万能細胞の一種である胚性幹細胞(ES細胞)の作製に広く使用されている。

ヤフコメつき記事。
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140325-00000575-san-sctch
↑ここまで------------------------------------------

恐らくSTAP細胞と呼ばれているものはただのES細胞か、
組織内にもともと存在した多能性をもつ細胞が選別されたもの、と思われます。

重要な事は、リプログラミング(分化した細胞の初期化)が行われた事であって、
STAP細胞にリプログラミングがないのなら全く価値はないのです。
今回の論文は、ES細胞を意図的にSTAP細胞に見せかけたもののよう・・・。


「STAP細胞は存在するのか?」という問い方をすると、
悪魔の証明と同じく、無いという事を証明できないので「可能性は限りなく低い。」と答える事になるから、
「ひょっとしたら存在するのかもしれない。」と勘違いして受け止める人も出て来ているのが今のようです。
「STAP細胞が存在する証拠は何か?」という問い方であれば、
「TCR再構成は無かった。」と理研から公表された3月5日の時点(⇒<STAP細胞>詳細な作製手順を公表。)で、「何も無い。」のです。
(小保方博士渾身のちゃぶ台クラッシュと言われてました。)
ということで。
今はもうSTAP細胞は無いという前提で、
本当はどんな方法を使ったのかという検証をしている段階に入っているところ。
理研の発表がどんな内容になるのか、こうご期待!?



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20507411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 白珠 at 2014-04-01 12:05 x
小保方サンや笹井サンなどが悪質な事をやらかしていたと分かった後も、
利害関係者でもないような人による擁護コメで尚且つ、小保方批判をしてる人を
馬鹿にしている内容のものを以前見かけたのですが、更に追い詰められてるだろ~な~と思ってしまいました。
Commented by ららら♪ at 2014-04-01 21:09 x
今日の会見に小保方さんが出席しないって、
おかしいでしょ。
しかも彼女一人に全責任を押し付け、逃げ切ろうというのが
ミエミエで・・・。
Commented by Lisa_cerise at 2014-04-01 22:21
☆白珠さんへ。
>利害関係者でもないような人による擁護コメ
半島の香りがする人達と、そうかそうかの気配がします。
気のせいかもしれませんが(^^ゞ
TCR再構成なきあとは、小保方氏の反撃が気になりますわ。
Commented by Lisa_cerise at 2014-04-01 22:41
☆ららら♪さん、今晩は。
>会見に小保方さんが出席しないって、
>おかしいでしょ。
ですよね。笹井氏も一緒に出てくるべきですわ!

>彼女一人に全責任を押し付け、逃げ切ろうというのがミエミエで・・・。
理研の落とし所はここだったんですね。
小保方氏はユニットリーダーとはいえ、まさか一人に押し付けて終わりだなんて、
おかしいですよね。
いくらなんでも、これはないですわ~。
by Lisa_cerise | 2014-03-26 18:22 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(4)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise