愛子さまの“超秀才”レポート。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


北の将軍サマはホールインワンを何度も続けてしたとか、
そういう系の話題として読む日が日本国民にも来ましたよ!

それにしても、なぜに道長なんでしょ。
カンキリ色満開でお送りされてもねぇ・・・。(困惑)

↓以下参考のため引用---------------------------
愛子さま 初等科の文集に掲載された“超秀才”レポート
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140318-00010001-jisin-peo
女性自身 3月18日(火)0時0分配信
 3月18日に学習院初等科を卒業される愛子さま。その4日前、修了式が行われた14日には全校生徒に文集『小ざくら』が配られた。年に1回発行される文集には、作文や詩、工作、自由研究など優秀な作品が選ばれて掲載される。

今回は、夏休みに書かれたという愛子さまの歴史研究レポートが4ページにわたって掲載されていた。タイトルは『藤原道長』――。
 藤原道長は平安時代中期に摂政などとして権力をふるった貴族。だが、なぜ道長をテーマに選ばれたのか。愛子さまはレポートにこう書かれている。

《授業で藤原道長について学習している時に、「御堂関白記」に少し触れ、また、学習する前にも新聞で「御堂関白記」がユネスコの記憶遺産に登録されたという記事を見たので、一度実物を見てみたいと思った。それで、夏休みに、東京国立博物館で開催された特別展「和様の書」に行き、「御堂関白記」を見て、これほど古い日記がよく残っているものだと驚いた。そこで、この日記を書いた藤原道長について詳しく知りたいと思い、調べることにした》

 このレポートでは、天皇の結婚についても綴られている。

《藤原氏は、自分の娘を天皇のきさきとして、外戚関係を築くことにより、勢力を伸ばしていった。その中でも、藤原道長は4人の娘を天皇と結婚させ、摂政や内覧の座について権力を手中におさめていったことが分かった》

皇室ジャーナリストの松崎敏弥さんは言う。
「内容は非常に論理的で、文章もしっかりされています。昨年秋ごろには、愛子さまの“超秀才ぶり“について複数の週刊誌が報じていますが、まさにそれを裏付けるものですね。
 レポート作成には皇太子さまのご指導があったのだと思いますが、参考文献や資料の出典などもきちんと書かれていました。
皇太子ご夫妻は、愛子さまの“皇族教育”にはそれほど積極的ではないのでは、といわれてきました。しかし、実際には愛子さまは、ご自身の置かれた環境や、皇族としての役割について深く考えられるようになられています」

 レポートは次のような一文で締めくくられている。
《道長の人生は本当に幸せだったのだろうか》
 
愛子さまは、皇族としての自覚も芽生え、人間の本当の幸せについても考えるようになられていた。
↑ここまで------------------------------------------

こちらの記事はコメント付きなんです。
↓ぜひともコメントもご一読の上ポチッをどうぞ!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140318-00010001-jisin-peo

東京国立博物館で開催された特別展「和様の書」に行かれたのは、
皇太子さまです。
愛子さまは行っていないので、どういうことなんだか。
これぞ、お察し?
まるでS論文疑惑のようではないですか??
皇室がこんなことでは、ねぇ。


で。
こういうのもあったのでご紹介します・・・。
↓以下参考のため引用---------------------------
愛子さまに「ボーイフレンド」? 登校問題も解決〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140319-00000002-sasahi-soci
dot. 3月19日(水)7時19分配信
 この3月に学習院初等科を卒業し、4月から学習院女子中等科に進む、皇太子ご夫妻の長女愛子さま。交友関係も広がり、特にこの一年は愛子さまにとって飛躍の年でもあったようだ。

 昨年の8月、栃木県の那須御用邸に滞在した皇太子ご一家は、愛子さまのお友達とその家族と一緒に、標高1915メートルの那須連峰茶臼岳に登った。愛子さまは初等科2年のときから、何度も那須連峰に登っている。そのため、地元の住民も愛子さまの成長を温かく見守っている。

「おととしまでは、周りの大人が話しかけても、うつむいたり『うん』と返事をしたまま黙っているといったご様子でした。しかし、ここ2年ほどは、きちんとお話ができていました。お姉さんになりました」

 標高1900メートルを超える茶臼岳は、大人でも肩で息をするほどキツイ登山コースである。しかし、登山に慣れた皇太子さまと雅子さまは、それぞれ持参したカメラで写真を撮る余裕を見せた。案内役が戊辰戦争の舞台となったこの土地について、歴史的な逸話を解説すると、皇太子さまは興味深げに聴き入っていたという。

 愛子さまら子供たちは、大人とは一定の距離を置きながら、山登りを楽しんでいた。愛子さまはバスケットボール部で鍛えた成果か、足取りも軽くスタスタと登っていったという。昼食後の下山では、軽快な気分になったのだろう。

「愛子さまもお友達との冗談に、キャッキャと笑い転げて、楽しそうでしたね」(居合わせた登山客)

 お友達のひとりは、毎年一緒に登っている同級生の男の子で、地元の住民の間では、「愛子さまのボーイフレンド」の愛称で呼ばれている。愛子さまは心を許せる友達にも恵まれているようで、もう登校問題の影は見えない。
※週刊朝日 2014年3月28日号
↑ここまで------------------------------------------

目のやり場に困った、とか言われてたんでしたよね?
それと、例の登校問題は別ですよねぇ・・・。

皇室らしい、清らかな記事とは違う色を醸し出す東宮ご一家は、
確かに新しいかたちをお作りなんでしょうよ。

《皇室の将来は本当にこれでいいのだろうか》



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-03-19 21:44 | 東宮家。雅子さま。

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る