報道されない、STAP細胞論文の怪しさ。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


読売新聞がやっと報道しました。

↓以下参考のため引用---------------------------
STAP細胞論文に他論文と酷似箇所…実験手順
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140302-OYT1T00012.htm?from=main7
 新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」について、理化学研究所などが1月に英科学誌ネイチャーで発表した2本の論文のうちの1本で、実験方法を記した文章の一部が、2005年に発表された別の論文とほぼ同じであることが1日、わかった。

 理研は「似ているという指摘は、把握している」と話している。

 小保方晴子・理研ユニットリーダー(30)が筆頭著者の2本の論文では、他にも取り違えや加工が疑われる画像が見つかっており、理研が調査を進めている。

 問題の文章は、STAP細胞から作った幹細胞が正常に増殖するかを調べた実験に関する、17行分の英文。ドイツの研究者らが専門誌で発表した論文の、胚性幹細胞(ES細胞)で実験をした時の手順の記述と、ほぼ同一だった。温度などの数字や、実験で使ったとする顕微鏡、カメラの種類も同じで、他の論文からの引用を示す記載もなかった。
(2014年3月2日10時08分 読売新聞)
↑ここまで------------------------------------------

関係者がこれだけ雲隠れする世紀の発見も珍しい、と言われていますが、
TVでの報道がないままですよね?
あれだけ騒いだくせに。

ニュートンが取り上げてますね。
 ↓
Newton2014年4月号
新万能細胞を徹底解説
小保方博士 世紀の大発見!
STAP細胞は,何がすごいのか?

http://www.newtonpress.co.jp/newton.html
http://www.newtonpress.co.jp/dcms_media/image/newton_cover_1404.jpg

もう有名かもしれませんが、こちらをどうぞ。
 ↓
疑惑論文1(Nature Article誌)
疑惑論文2(Nature Letter )


理研の副所長が割烹着サンの黒幕とか言われてますけど、
きちんと経緯を説明すべきですよ。
山中教授も再現出来ないから理研に問い合わせをされたんですよ。
世界トップのiPS研をもってしても再現出来ず、って・・・。
これだけ追試に失敗して、再現も全くできていないというのに、
何の説明もないままなんておかしいです。

一発退場ものだと言っている友人は、
当初のニュース映像を見た時にも、
あの実験室の感じでは、コンタミ防止もされていないんじゃないか、と危惧していました。
コンタミを実験室へ持ち込む汚染源になる人たちがうろうろしていそうだとか。
確かに実験室にしては、違和感が何点かありましたから。

どうやら、割烹着サンは名ばかりのリーダーのようですし、
ここはもう、S副所長が経緯を説明すべきです。
既に遅すぎるんですけど。
株価操作のことも言われていますが・・・。

↓以下、参考のため一部転載----------
779 :名無しゲノムのクローンさん:2014/02/27(木) 23:59:45.62
stap細胞疑惑のキーマンたちによる講演が明日行われます
ust 生放送も行われます
http://www.ustream.tv/channel/first2030

STAP細胞疑獄の重要キーマンの一人である東京女子医大の岡野光夫教授による講演が明日行われます。
マスコミのみなさんは取材のチャンスです。

岡野光夫教授は「小保方晴子」が2011年にだした論文の共著者です(STAP細胞論文ではない)。
この論文はセルシード社の製品に関する論文で、岡野教授はセルシード社の株の大量保有者です。
論文には利益相反事項の記載義務がありますが岡野教授が株を大量保有していることが未記載でした。

http://stapcells.blogspot.jp/2014/02/nature-protocol.html

またSTAP論文の共著者である大和雅之教授は、岡野教授同様に東京女子医大に勤めていて
セルシード社に関係しています。
stap細胞論文発表に伴いセルシード社の株は暴騰して、その時期を見計らったかのようにセルシード社による
新株予約権の「大量行使」が行われて、経営不振だったセルシード社は息をふきかえしています。


http://kabusyoken.com/?p=9997
「若手・女性研究者が輝く2030年」

http://www.first2030.jp/program/
13:15 FIRST中心研究者による研究成果のご講演
 岡野 光夫(東京女子医科大学 副学長・教授、東京女子医科大学先端生命医科学研究所 所長)

14:55 パネルディスカッション 「若手・女性研究者が輝く2030年」
  パネリスト:岡野 光夫(東京女子医科大学 副学長・教授、東京女子医科大学先端生命医科学研究所 所長)


また、明日は、共著者の笹井 芳樹(理化学研究所)の講演が長浜バイオ大学で行われます
http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/seminar/seminar.html

------------------------------

641 :酢豚:2014/02/28(金) 23:31:17.43
私はこの論文のことが最初にノーベル賞確実として報道されたとき、多くの
大学研究者までがもう決まったことのように好意的なコメントを寄せているのを
非常に奇異に感じました。たとえマスコミが好意的なコメントを寄越す学者しか
載せないにしてもです。なぜ、こんな荒唐無稽の内容の論文にちゃんとした
研究者までがなんでと。

今はわかりますね。最初はみんな株を買っていたのかと思ったが、ちがった。
アベノミクスですね。
安倍首相が日本再生戦略三つの柱のひとつとして挙げた再生医療の産業化、
これにともなってこの分野に100億円からの支援資金が投入されるはずだった。
この論文騒動の裏にいるセルシード、東京女子医大の岡野こそがその推進会議の
座長です。だから、研究者たちはあうんの呼吸でこのアドバルーンを持ち上げた。
別に論文の内容を信じたわけではなかったのです。
アベノミクス戦略に従って、投入される公金100億、研究者たちはこのおこぼれに
あずからんと、このアドバールンをほめたたえたのですね。
政府も研究者たちも大変困っていると思います。どう火消ししたらいいか。
100億はそのままほしいが、どう言い繕えば国民が納得するか、国民をさらに
騙せるか?早く腕前を見せてほしい。

※ 100億ではなく、1000億+α
--------------------


TVはどうしてダンマリなんでしょうね?
このままでは、
割烹着サンは、聞こえない人に続く人になると思われます。



↓以前のエントリ----------
「0.0375M KC1」でググってみる。
iPS細胞の山中教授が声明。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20418527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2014-03-02 23:19 | つぶやき_STAP細胞 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise