今週のザ・プリンセス雅子妃物語 レポ

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


今週はちょっとバタバタしておりました。
でも。
レポ奥様の毎週の苦行レポをご紹介しないままはもったいないので!!
もうね、いつもながらツッコミ所満載なんですが、
レポ奥様は目が滑りまくられたそうです。

何日か遅れですみません<(_ _)>
どうぞ~♪♪

↓以下、レポ転載させて頂きます。---------------------------
814 可愛い奥様@避難所生活 sage 2014/01/23(木) 08:14:08 ID:99999999
今週のザ・プリンセス雅子妃物語 レポ
2011年、3月11日東日本大震災。宮内庁は両陛下のご会釈を受けた勤労奉仕団に一般用待合室「窓明館」を開放。
皇太子同妃両殿下のご配慮で学習院初等科には温かいコンソメスープが届けられた。雅子妃は皇后陛下を手本にされてオレンジジュースと一緒に配られた。
深夜になっても皇太子夫妻は私室でTVのニュースで津波にのみ込まれた被災地の状況をご覧になっていたという。3月15日、警察庁はこの震災で死者/行方不明者が1万人超になった事を発表した。翌日午後、陛下は5分半のVTRメッセージを国民に伝えられる。

震災発生から一週間、3月18日、野村大夫は四月に予定されているウィリアム王子とケイトさんの結婚式の出席を皇太子ご夫妻が見送られたと正式に発表。宮内庁が皇太子ご夫妻に訪英を検討して頂くと発表してから約一ヶ月半後の幕引き。英国からの招待とはいえ、多くの犠牲者が出ている状況で出席はできないという両殿下のお気持ちから断念。
両殿下は早くから避難所訪問を望んでいた。だが想像を絶する被害状況を見聞きするのは、心の病を抱える雅子妃にとって健常な人より衝撃が大きいかと思われた。

東宮御所では自主停電を行っていた。昼間でも薄暗い場所があるが時間制限をしてブレーカーを落としている。夜は電気を使わず懐中電灯やろうそくを使うほどの徹底ぶり
 愛子様も「節電、節電」と言いながらスイッチを切ったりコンセントを抜くなどちょっと忙しい。
「昼間はほとんど電気が付いていない。両殿下は毛糸の洋服で非常に厚着をしていた」(野村東宮大夫)
東宮職も節電につとめるよう指示されたので、多くの職員がオーバーコートを来たまま執務を行う。(ほぼ原文ママ)

4月11日、東宮御所では愛子さまの学友が集まって遊ぶ事になった。震災発生時刻には皇太子ご一家と招かれた子供たちは「ご黙祷」をされた。愛子さまにとってこれが初めての「ご黙祷」だった。
だが節目の日である事や両陛下が被災地訪問を始めようとする時期でもあった事から疑問の声が出た。
「この日は学校が休みだった。元々延期になっていた約束を入れられ、お友達を招かれた。両殿下はこれまでも黙祷の日に予定を入れられる事があった。黙祷をささげられてはいるのですが、こうした情報はマスコミに流れるため日程をずらせばいいと思うのですが(宮内記者)」

皇太子も幼い頃は黙祷の日に時間をずらしてあそばれることもあっただろう(原文ママ)。だが報道の在り方は時代とともに変化する。皇太子ご一家の動向はさらに注目される事となった。野村大夫「ご黙祷はなさったようです」
そう述べても同じ日に遊んでいると大きく取り上げられてしまえば、皇太子ご夫妻は国民に寄り添っていないのではないかと思われても仕方が内面もある。東宮職がもっとマスコミの見られ方を含めて慎重に対応すべきであった。
メディアと皇室の関係は切っても切りはなせない。東宮職が両殿下に意見してでもマスコミ対応を円滑に行っていれば皇太子ご一家をお守りする事にもなる。

4月に4年生になった愛子さまは不規則登校が続いていた、しかし少しずつお元気を取り戻されていた。
愛子さまに笑顔をもたらしたのはもちろん両殿下、そして動物たちの存在だった。
この頃は犬、亀に加えて雑種の猫を代われていた。愛子さまは人間のような仕草をする事から猫の名前を「人間ちゃん(原文ママ)」とユニークな発想で、名付けられた。
そして6月から始まった部活動の管弦学部でのチェロ演奏に夢中になられた。
チェロは天皇陛下が弾かれる事でも知られている。愛子さまは学校で週2回の朝練を行う。
東宮御所内でも毎日欠かさずに弾いておられた。5月からは糸川潤子さんが新しい御用掛に着任。
愛子さまの個人学習指導と学校との事務連絡を担当。

5月7日、皇太子ご夫妻は二度目の避難所訪問として埼玉県三郷市の瑞沼市民センターを慰問された。
200人の被災者たちの前向きな姿に感動されたという。
そして6月4日午後、皇太子ご夫妻は自衛隊機で宮城県仙台空港に降り立たれた。
初めての被災地入り。雅子妃は颯爽と髪を後ろに束ねられ、白いブラウスにグレーのジャケット、黒のパンツ姿だった。
空港からマイクロバスで被災地岩沼市へ向かう途中、両殿下は津波に飲み込まれた家屋や車や樹木が幾重にも重なるがれきの山をご覧になる。ご夫妻は言葉もないまま顔を曇らせた。
岩沼市へ到着。海に向かって黙祷された。雅子妃は皇太子や関係者が頭を上げた後も黙祷し続けていた。
次に訪れたのは山元町、両殿下は上着を脱がれて避難所の被災した人びとを激励。
宮内記者「前日も愛子さまのお付き添いで6時間ほど学校に滞在されていた。日帰りの訪問でしたが現地での被災状況のご聴取を2カ所とご視察と1カ所。お見舞いを2カ所されるという過密スケジュールしかも大幅に時間を超えるほどの熱心さだった。」
心配された雅子妃のご体調については野村大夫は6月10日の会見で「もちろんお疲れにはなったと思う。
ですが私どもが見た限りではご体調に問題は無いようだ」と安心した様子。

前日(6月9日)は18回目の御成婚記念日だったが、両陛下や秋篠宮家などを迎えての食事会はキャンセルとなった。
その日は東宮御所内で電気を消されたまま、お祝いのケーキに火をともされて、ご一家だけで召し上がったそうだ(原文ママ)。

6月25日、NHKのニュースで、愛子さまが管弦楽部の朝練習のため「お一人で登校された」とスクープ報道した。愛子さまが不登校になり、不規則登校が続いてからほぼ毎日のように学習院初等科正門近くなどには記者たちが張り込んでいた。
学校行事のときは関係者以外立ち入り禁止の学校内なのに、記者が入り込んで取材している事もあった。多くの国民が愛子さまの事を案じていた事には違いない。だが公人中の公人とはいえ、まだ9歳のお子さまである。学校にも行けないほど傷ついていた愛子さま(原文ママ)は登下校を監視されている事をとても気になさっていたという。
東宮職も記者たちに対しいらだちを隠せない。これまでも撮影許可が下りない事などを巡り、マスコミとは良好な関係を築いてはいなかった。東宮職はさらに神経を尖らせる。それに対してマスコミのストレスは熱を帯びたように一気に加速していったのだった。

今週はこれで終わりです。詳細は本文を当たって下さい。今日は前半部、もううんざりして端折っている所が何カ所かあるかも。
---------------------------
826 名前:可愛い奥様@避難所生活 投稿日: 2014/01/23(木) 12:32:24 ID:9999999
プリババレポ奥です。
前半部は本文読んでる最中に何度も目がすべってすべって。端折ってしまった所が数カ所。
その内の一カ所が↓これです。

以前、宮内庁の取材で、雅子妃の慰問についてのお気持ちを聞いた事がある。
「相手の言葉にならない深い悲しみを、どれだけ受け入れる事が出来るのでしょうか」
という事を雅子妃はお考えになっているという。
慰問のときに被災した人の言葉に目を潤ませて深く頷かれる雅子妃の心には、
そんな思いがあったのかもしれない…。


…ね?
目が滑りまくるでしょwwww?
---------------------------




まずは、東宮御所での節電話。
>昼間でも薄暗い場所があるが時間制限をしてブレーカーを落としている。
>夜は電気を使わず懐中電灯やろうそくを使うほどの徹底ぶり。
本当のところはどうなんでしょうか。
懐中電灯やろうそくを使うほどだったんですか?

>東宮職も節電につとめるよう指示されたので、多くの職員がオーバーコートを来たまま執務を行う。
う~ん。業務中にこれですか?(と、疑うワタシ。)

そんなに徹底した節電ぶりをアピールしといて、の4月11日にパーティーをしていた東宮ご一家。
それでもって、バレたら東宮職のせいにしてるし・・・。

それからこれも・・・。
>日帰りの訪問でしたが現地での被災状況のご聴取を2カ所とご視察と1カ所。
>お見舞いを2カ所されるという過密スケジュール
過密スケジュールってどうよ?どうなのよ??

>ウィリアム王子とケイトさんの結婚式の出席を皇太子ご夫妻が見送られた
行きたかった話をしつこくされても、ねぇ・・・。

震災後、天皇陛下は3月15日、秋篠宮家は3月18日に最初の説明を受けていらっしゃいますが、
皇太子ご夫妻の最初の説明は4月5日です。
しかもご進講ではなく、警視庁からなので、翌日の訪問の事前説明かと思われます。
やはり、この違い・・・。



2011年6月4日の皇太子ご夫妻。
心を寄せての初の被災地訪問では色付きガラスで窓閉め切り状態でした。
姿が見えなかった、
長い時間待ったのにあっと言う間に通過していった、
といった地元ツイが多く見られました。

せっかくなので、振り返っておきましょ。
2011年6月4日 皇太子ご夫妻被災地視察移動の窓閉め切りバス、NHKニュース
⇒ 連結画像

2011年6月4日 窓閉め状態なのがWeb動画でも確認できる、皇太子ご夫妻被災地視察移動バス
⇒ 画像

週刊女性 2011年6月21日号
<17ヶ月ぶり遠方本格ご公務で被災地宮城ご訪問 雅子さま心配された「激務」と「悪臭」> ⇒ 記事




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20278741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まる at 2014-01-28 22:04 x
お疲れさまです~。
そりゃ端折りたくもなりますわー。「スイッチを切ったりコンセント抜いたりで忙しい…」なんじゃそれ。
懐中電灯やロウソク持ったあの御一家?怖いですっっ!!

もう今日は、秋篠宮御夫妻のペルーでの御様子を見て良い気分になりましょ!!
お二人の安定のお務めぶり。お着物の紀子さまの素敵なこと。オランダの時とえらい違いですわ!!
Commented by Lisa_cerise at 2014-01-31 00:07
☆まるさん、今晩は。
>「スイッチを切ったりコンセント抜いたりで忙しい…」なんじゃそれ。
この節電アピ(笑)
愛子さまのお誕生日映像は「半そで」でいらっしゃいましたよねぇ。
愛子さまを巻き込まないで欲しいです!

>もう今日は、秋篠宮御夫妻のペルーでの御様子を見て良い気分になりましょ!!
日本人として、誇らしくなりました!!
紀子さまのなんと素敵なことでしょう~!
>オランダの時とえらい違いですわ!!
あんなお目出度い場によくもよれよれ着古しドレスを着て行けたもんですよね。
写真にまでおさまって・・・未だに恥ずかしいですわ。
by Lisa_cerise | 2014-01-26 12:55 | 東宮家。雅子さま。 | Trackback | Comments(2)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る