「ほっ」と。キャンペーン

対馬が危ない!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


まだ言い続けてるんですよ!
最初に知った時には「海底トンネル構想なんて~!」って、
呆れてたんですけど・・・。

今は、対馬市議会に呆れてます。

↓以下参考のため引用---------------------------
日韓海底トンネル構想 進む土地買収 根を張る「韓国」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140119/plc14011909270004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140119/plc14011909270004-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140119/plc14011909270004-n3.htm
2014.1.19 08:41
 長崎県対馬市で、自衛隊施設の隣接地などが韓国資本に買収されている実態を連載「対馬が危ない!!」で明らかにしてから5年余り。ようやく、外国資本による不動産売買を規制する新法制定が具体化してきた。その対馬を昨年暮れ再び訪ねたが、5年前よりも島は疲弊し島民の生活に「韓国」が深く根を張っていた。対馬に限らず、国境の離島では経済的疲弊と過疎化が進んでいる。人が住んでこそ堅持される安全保障。第1部では、対馬の「いま」を報告する。(宮本雅史)

 昨年9月上旬、対馬市内のホテルで、ある会合が開かれた。実質的な主催者は韓国系宗教団体「世界基督教統一神霊協会」。いわゆる「統一教会」である。

 全国から30人余りが参加し、うち10人近くは韓国人だった。会合は非公開で行われたが、関係者は、会合の様子をこう話す。

 「幹部らしい男性が『われわれは対馬で何万平方メートルの土地を買った。対馬だけではなく、福岡や壱岐でも買った』と切り出したので驚いた。『日韓トンネル』『自分たちの夢だ』という言葉も飛び交っていた」
×    ×
 対馬市厳原(いづはら)町阿連。市立今里小学校前から、対馬名産、対州ソバのソバ畑を横目に林道に入る。ソバの実を摘んでいた老女によると、この先の山が韓国資本に買収され、工事用のダンプカーがよく出入りしていたという。

 「海底トンネルの出入り口ができるらしいね」

 林道を進んでいくと、斜面には蜂蜜を採取する「蜂堂」と呼ばれる杉などの丸太を切り抜いたニホンミツバチ用の巣箱がたくさん設置されている。

 道路は掘削された岩がむき出しになっていたが、ところどころ舗装され、排水溝も整備されている。林道を上り切ると、突然、朝鮮半島との間の対馬海峡が眼下に広がる。岩でタイヤを傷つけないように注意しながら曲がりくねった道を進むと、広大な平地に突き当たった。

 統一教会の幹部が、ホテルで「買収した」と説明した土地だ。すでに山を大きく切り崩し、整地されていた。人の気配はなかったが、出入りはあるようだ。たばこの吸い殻が散らばり、事務所らしき建物の机上には2カ月前の日経新聞が置かれていた。

 地元の建設会社によると山林が買収されたのは数年前で、4ヘクタールにのぼるという。「しばらく前に見に行ったが、道路ができ、車が出入りできるようになっていた」と驚きを隠さない。
×    ×
 韓国・釜山-対馬-壱岐-佐賀県唐津市を結ぶ海底トンネル構想なるものがある。30年以上も前に、統一教会の故文鮮明総裁が提唱した計画だが、いまだに継続しているようだ。

 この日韓海底トンネル構想について、対馬市商工会の浦田一朗会長(70)は「(統一教会のグループに)図面なんかも見せてもろうたし、唐津と韓国から少しは掘っているという話も聞いた。でも、日本と韓国が手を結んでやろうというならできるでしょうけど、そうじゃなかったらできんですよ。夢みたいな話だからみんな真剣にはならんですね」と冷ややかに話す。しかし、対馬市議会は昨年3月26日、「日韓海底トンネルは、島国日本とアジア大陸を結び、東アジア一体化と平和を求める歴史的な試み」として「日韓海底トンネルの早期建設を求める意見書」を可決した。
↑ここまで------------------------------------------

カルト教団による、盗賊侵入路案ですよ?
建設反対じゃなくて、早期建設を求めてどうするねんっ!

もう!!
バカなの???

韓国には本当に海底トンネルの入り口があるんですね。
但し、入り口のみ。
掘る掘る詐欺ですから。

トンネルは無理としても、かの国のカルト教団がしでかしていることは、見過ごせません。
昨年、カルト教団の広告塔、桜田淳子を出して来たのは資金難からだと言われていたのに、まだ対馬に手を出すお金はあるなんて。
環境破壊も進むと思います。
自然は正直ですから!
ツシマヤマネコも・・・。

↓以下参考のため引用---------------------------
ツシマヤマネコ 絶滅危機
http://www.yomiuri.co.jp/eco/feature/20130930-OYT8T00278.htm
減る餌、交通事故 人工繁殖して野生復帰
 国の天然記念物ツシマヤマネコは長崎県・対馬に約100頭しか生息せず、絶滅の危機に直面している。

 野生の個体数は10年前からほぼ横ばい状態だが、島内では官民を挙げた保全の取り組みも広がる。韓国との国境に浮かぶ島を訪ねた。

対馬に100頭のみ
 額の白と焦げ茶のしま模様。凛りんとした目には野生の気品と風格が宿る。環境省対馬野生生物保護センター(対馬市上県町)では、ツシマヤマネコの福馬(オス9歳)が公開されている。福岡の動物園で生まれ、対馬で育てられたからこの名が付いた。

 「こいつとは生まれてすぐからの付き合い。でも、体に触ろうとすると『シャー』と威嚇しますよ」。飼育員の川口誠さん(39)がそう言うように、ヤマネコは人への警戒心が極めて強い。野生のヤマネコは島民でもなかなかお目にかかれないという。

 このため野生の個体数は採取したふんを手がかりに推定する。それによると、個体数は近年、横ばいかやや減少傾向にある。同センターが25日に発表したヤマネコの生息分布によると、生息域は北部の上島で南側に広がった。同センターの西野雄一・自然保護官は「もともと生息していた場所の環境が悪化して移動した可能性もある」と慎重な見方を示す。

 1960年代、ヤマネコの個体数は約300頭と推定されていた。だが間伐が行われない森林は荒れ、農薬を大量に使う田んぼが増え、餌となるネズミや昆虫が激減し、2002~04年度の調査で個体数は80~110頭に減った。道路網の発達でヤマネコの交通事故も増え、昨年度は過去最多の13頭が命を落とした。

訓練施設を設置
 環境省は動物園などで人工繁殖させた個体を野生復帰させる計画も練る。南部の下島に同省が建設するヤマネコの訓練施設。柵で囲った六つのケージ(計2・6ヘクタール)が今年度中に完成し、ここでネズミなどの餌を捕らえる訓練をしてから野生に放すことになる。一度は野生下で絶滅したトキも同様の手法で野生復帰させた。トキは08年に初めて放鳥され、昨年、ようやく野生下での繁殖が確認された。

 ただ、哺乳類が野生復帰できた例は世界的にも限られている。ヤマネコは縄張りの中で単独行動するので、他の個体からの学習も期待できない。同省は年度内に有識者の会議を設置し、復帰への条件を検討していく。

農家も協力
 地元ではヤマネコが暮らせる環境を取り戻す取り組みが始まっている。上島北部の佐護地区。金色に輝く稲穂が収穫を待つ田んぼの脇に「ツシマヤマネコ米認証田」の看板が立つ。餌となる生物を増やすため、従来より農薬を5割以上減らしている。

 09年にスタートした取り組みには15人ほどの農家が参加しているが、初めから乗り気だったわけではない。農薬を減らすとコメの収量は減るからだ。佐護ヤマネコ稲作研究会代表の春日亀かすがめ隆義さん(56)は「ヤマネコを見たことのない人が多かった。半信半疑だった」と話す。地元でさえ見かけない動物をなぜ守るのか、という疑問もあったのだ。

 ところが、その年の収穫の最中、春日亀さんがコンバインを運転していると、突然、稲穂の間からヤマネコが飛び出してきた。「額のしまがきれい。ごろごろしているイエネコとは迫力が違う」。この遭遇がきっかけで、考えが変わったのだという。

 とはいえ、認証田は佐護地区の田んぼのうちの約3割。どう広げていくかが課題だ。認証田の農家は売り上げの一部をヤマネコ保全活動に寄付もしている。パッケージには飼育員の川口さんが撮影した写真を使い、今年も10月から新米の販売を始める。

 市民団体が住友大阪セメントから森林約16ヘクタールの無償提供を受け、ヤマネコの住める森作りも進められている。西野自然保護官も「行政だけではヤマネコが生息できる環境を守れない。地域と信頼関係を作って取り組む大切さを痛感している」と話している。(吉良敦岐)
(2013年10月7日 読売新聞)
↑ここまで------------------------------------------

地域と信頼関係を作って取り組むなんて、あの国のあの民族には無理なこと。
どんなトンデモないことをしていることやら…。


ヒラマサ冬季五輪開催の地も、
このカルト教団の土地です。
資金繰りが大変なだけに、
日本へのゆすりたかりも激しくなっています。
そんな中でも、トンネルにかこつけて信者から資金集めをし、対馬を乗っとるつもりですよ。
一度取られたら、竹島のように取り返す事は難しいのです。
絶対に守らねば!!



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2014-01-20 23:32 | 韓国

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る