浜尾元東宮侍従なる人。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


浩宮さまは冷静沈着なお兄さま、
礼宮さまはとってもやんちゃで・・・と国民に刷り込みをしていた方。
礼宮さまと川嶋紀子さんご婚約の明るいニュースの時にも、
「兄宮さまよりも先に結婚とは何たること」と苦言を呈した方。

その浜尾氏のことについて、書かれたものがありました。
皇太子さまの幼少期にこの方がお側近くで深く係わっていたということを思うと、
今の東宮御所が皇室崩壊の大元になっているのもなんとなく、分かるというもの。

↓以下参考のため一部引用---------------------------
元東宮侍従浜尾実氏の忘恩と不遜
  これまた不遜・礼節知らずのNHK


                杉 田 幸 三

さて、もと東宮侍従のことである。先帝の御大喪以来よく、マスコミに登場する。この人はよほど在職当時
いびられたとみえ、テレビ週刊誌をとはず、いはゆる「開かれた皇室」論者と言っていい。
それが今度の礼宮・川嶋紀子さん結納でも出てきてゐる。やがてお妃となられる。その前にいろいろ御心得
そのたを学ばれることが決まってゐる。それについてまたまた顔を出し「私にはいくつか気懸りな点があります」
(週刊新潮一月十八日号)と。そして、そのなかで、皇室はいかにあるべきかをとくとくとしゃべる。
以下<>のなかが原文。

<「敢て苦言を呈させて頂けば、今の皇室は〝国民と苦楽を共にすること〟を目標としていると言われるのに、
実際はどうでしょうか。>
一寸お待ち頂きたい。今も昔もない。一貫して御皇室は国民と苦楽を共にしてこられたのだった。
かういふ事実誤認の上にこの人の論理は展開していく。おかしくなるのも無理はない。

<実際はどうでしょうか。やれテニス、山登り、歌舞伎柏原芳恵のコンサート……楽は共にしているけれど、
苦についてはどうですか。あの五百二十人が犠牲になった日航機事故の時も、ヘリコプターなら現場に
二十分程で飛べたにかかわらず、陛下は軽井沢でご静養なさっていた。>
軽井沢でといふのだから皇太子時代の陛下のことであらう。
<例えばスコットランド沖の海底油田爆発の時、チャールズ皇太子とダイアナ妃は静養をとりやめて
現地へ飛んでいるんです」>。

この発言は明らかに英王室と日本の皇室を同じ次元で考えて居る。英国に憲法はない。日本にはある。
そのこともある。日航機事故と油田爆発との相違といふこともある。さういふ細かいことは別としても、
実際問題として出来ない相談である。こんな程度の侍従が今の皇太子の身近に居たのである。
宮内庁は総理府のもとにある。

この一事でも慄然たらざるをえない。話は飛ぶが先帝のおそばにゐた入江侍従長は自ら三大夫と言って
居たらしいが真実困った三大夫でも、先帝に罷免権などないのだから御耐えになるしかなかった。

浜尾氏はなほ得々としゃべる。社会に、いや国を毒する者とはかういふのをいふのではあるまいか。
<……陛下が家庭的であることは、もう皆、分かっているんです。だから今度は何かあった時には、
悲しんでいる国民のもとに髪をふり乱して駆けつけてくれるような国民のために必死になって下さる
陛下の姿が見たいのだと思います。>
どうもあきれ返った。侍従長の罷免一つ御出来にならぬやうにしておいて「髪をふり乱せ」もないものだ。
この程度では何十年高貴なお方のおそばに仕へてゐても肝腎なことが分からなかったわけである。

 先帝の昭和五十年の御製、「祭り」
 わが庭の宮居に祭る神々に世の平らぎを祈る朝朝


 昭和十七年に遡れば、「連峰雲」
 峰つづきおほふむら雲ふく風のはやくはらへとただいのるなり


 同八年の、「朝海」
 あめつちの神にぞいのる朝なぎの海のごとくに波たた ぬ世を


 肝腎なことはこの「祭り」と「祈り」である。

「宮中のこと第一に神事」である。日本の天皇の祭事と祈りは私どもの想像を絶する高さと深さを持って居る。

この二点を抜き、いくら百万言を費やしても、日本の国柄(国の個性・キャラクター)は解らないに遵ひない。 

全文はこちら⇒http://rinkiouhen.jugem.jp/?eid=211
↑ここまで--------------------------------------------

>先帝の御大喪以来
小和田雅子さんとのお話も許されなかったこといい、
昭和天皇がいかに大きなものであったのかと、改めて思います。

日航機事故の時に苦言を呈していたことは覚えていますが、
当時も今も『それはちょっと違うのではありませんか、浜尾さん。』ですわ。

>こんな程度の侍従が今の皇太子の身近に居たのである。
今はこんな程度の侍従すら、お側に居ないのである。
皇室は大変なことになっているのである、ですわ。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20252739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 白珠 at 2014-01-20 21:59 x
入江日記の話に戻るのですが、
>松平は柳原白蓮と共に、右翼団体を動かして正田家に辞退を
>迫ったという(『入江日記』)。
これを浜尾に向けときゃ良かったのにと思わずにはいられません。

>小和田雅子さんとのお話も許されなかったこといい、
>昭和天皇がいかに大きなものであったのかと、改めて思います。
皇室会議を開き皇位継承順位を変えておければ、後の憂いも緩和
出来たのではと思ってしまいます。
現皇太子も愛子様と同じ症状を抱えてるようですし、当時も皇室典範
の条件満たしてるように思えてしまうのですが。

ただ、現皇太子夫妻のこれまでの行いによって、順位を変えやすい
状況なのは昔よりも現在の方であるわけですよね。
Commented by Lisa_cerise at 2014-01-20 23:10
☆白珠さんへ。
>これを浜尾に向けときゃ良かったのにと思わずにはいられません。
向けて欲しかったですよ!
この人が国民に刷り込んだものは重いです。
秋篠宮殿下sageもたいがいでしたし!

>皇室会議を開き皇位継承順位を変えておければ、
先帝の時代であれば、可能だったと思います。
小和田雅子さんは却下だったんですし。

>ただ、現皇太子夫妻のこれまでの行いによって、順位を変えやすい
>状況なのは昔よりも現在の方であるわけですよね。
その時期は今だと思うんですが。
やはり、ヤフオクが一番でしょうか。
京都のある筋では、あれは本物だと言われていることですし、
カメラの人物を特定すれば、重大な事故確定です。
京都で決めるならば、ダレスバッグの中身と二条城近くにおでましの件も。
by Lisa_cerise | 2014-01-19 23:10 | 皇室 | Trackback | Comments(2)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る