天皇陛下の執刀医インタビュー。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


これほど嬉しい事はない、記事です。

↓以下参考のため引用---------------------------
「80代後半まで今のペース可能」=天皇陛下の公務-執刀の天野教授
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013122300025&
 天皇陛下が80歳になられるのに当たり、昨年2月の心臓手術を執刀した天野篤順天堂大医学部教授(58)が時事通信の単独インタビューに応じた。手術前と変わらないペースで公務を続ける陛下について「心臓は治療が終わり、三大生活習慣病に関しては克服、または最新医学で安定した管理がされている。大きなけがさえされなければ、80代後半ぐらいまでは今のペースで大丈夫なのではないか」との見方を示した。

 昨年5月の訪英を終え帰国した陛下の姿を見て手術の成功を実感したという天野教授。両陛下が今年11月末からインドを公式訪問したことについて、「陛下の強い信念を感じた。心身ともに良好でなければ、あの忙しい日程で訪問はされないはず。今後も外国訪問が十分可能だということが証明された」と述べた。
 1年10カ月前の手術を「相当すごいことをしたなと、時間がたてばたつほど思います」と振り返る。外科医としても成長できたといい、「あの手術内容だったら、少なくとも10年は大丈夫。全く心配していない」と語った。
 80歳を迎える陛下に「大変おめでとうございます」と祝福。全国各地で両陛下を待っている国民がたくさんいると述べ、「そういった人々の願いをかなえてほしい。そのために、手術が少しでもお役に立つのであれば、これほどうれしいことはない」と笑顔を見せた。(2013/12/23-17:24)
↑ここまで------------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20152891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ささら at 2013-12-29 06:47 x
日本は往々にして、言葉足らずの外交が多いです。
総理がA級も合祀し参拝するのが妥当とするならば、歴史的検証をして説明すべきです。
今回の参拝で中韓は兎も角として米露も反対の理由にA級合祀を上げています。
理由にされているのですから、きちんと根拠を上げて反論しないといつまでも繰り返します。 
Commented by ささら at 2013-12-29 07:06 x
合祀に関し、靖国側でも賛否があったことは知られています。
宮司が変わった途端に合祀され、以降、昭和帝が行かれなくなったことも事実です。
ただ、皇室からお遣いはいらしています。
中国には賠償金を支払い、韓国の併合は侵略ではありません。
当時の朝鮮の政治情勢のせいで、日本は併合を持ちかけられたら側です。
それをハッキリ主張できないのは何故でしょうか?
外務省のチャイナスクールと言われますが野放しにしてきたのは政治家です。
となれば、裏に利権があるとしか思えません。
ある方の情報では、在日の金持ちが多額の政治献金をしていて動けないと言っておりました。
アメリカにおけるユダヤ資金と同じなのかと思いました。
事実は、確認できませんので分かりません。
不況知らずのP業界は在日の方が握っているそうですので、資金はあるだろうなとは思います。
60年間中韓の抗議や難癖に対して、理論を持って反駁できないのは何故か?
不思議です。
また、陛下が靖国へ行かれなくなった理由は何故なのでしょうか?
Commented by ささら at 2013-12-29 07:23 x
これ以上、後世に持ち越さないためにも、いい加減、歴史の再検証、事実に基づいた毅然とした態度を政府に望みます。
同時に自営軍を作ると言っていますが、徴兵制の有無も含めて議論を重ねて欲しいです。
戦争だけは二度と嫌です。
護りたいもの達のために、当たり前に明日が来る世の中でいて欲しいと切に願います。
もちらん、戦争以外にも当たり前に明日が来ないことはあります。
パレスチナや戦場になっている国々を思うとき、この人たちには当たり前に明日は来ないのだと思ってしまいます。
セルビアとクロアチアの戦争の時は民族間の憎しみのため、幼い子が狙われました。
ぬいぐるみに爆弾を仕掛け、子供が喜んで手にしたとたんに爆発する仕組みです。
人は、どこまで愚かで残酷になれるのでしょう。
愛を持って援助に向かう人もいます。
半世紀以上たち、証言者がいなくなる前に大戦の検証をして欲しいです。
Commented by 白珠 at 2013-12-29 11:35 x
「徴兵制になるう~軍靴の足音があ~」と有りもしない事を勝手に騒ぎ
煽ってるのはマスゴミや似非左翼ですから。
自民党の憲法改正草案に書いてもいない事を、捏造してるわけです。

そもそも、現実として、自衛隊が強く優れているのは皆が志願兵だからです。入りたくても入れない狭き門なのです。
徴兵制なんぞにしたら、弱小軍に成り下がる事ぐらいすぐ分かるのに、
徴兵制になるう~と騒ぎ立ててるわけです。

戦争が嫌なのは何処だって同じですよ。
戦争はあくまでも最終手段であって、そうしないために外交政策が
有ったり、攻撃を仕掛けさせる気を他国に起こさせないだけの軍事力という、抑止力が有ったりするわけです。
Commented by 白珠 at 2013-12-29 11:35 x
続きです。

日本が、アメリカからの押し付け憲法である日本国憲法とか、
特に九条を掲げてたって、相手国に取っちゃ知ったこっちゃないわけで、寧ろ中国・韓国・北朝鮮という特定アジアにとっては好都合なだけ
な訳ですよ。現実を見ればわかりますよね?
日本の憲法改正への議論に対してイチャモンを付けてくるなんて、
それこそ内政干渉です。

そもそも、日本国憲法には、憲法改正の手続きに関する内容がきちんと記されているというのに、憲法改正自体が違憲かのように騒ぐのは
何故なんでしょうね?
それに、日本国憲法は、いつから九条だけになったんでしょう?

あと例えば、日本国憲法が認めている個人の権利は、その程度が強過ぎるため、土地の所有権の問題で被災地復興の足かせになっているのも事実です。成田空港問題も典型です。
Commented by 白珠 at 2013-12-29 11:59 x
転載です。

okwave.jp/qa/q1759419.html
『おきらく軍事研究会』HPより 「靖国に天皇陛下が参拝できなくなった理由など」から一部抜粋
<昭和50年8月に当時の三木首相が「靖国には「私的」に参拝する」と史上はじめて言い出したことに起因する。日本を代表する立場にある首相が、参拝に当たって公私の区分を定義してしまった以上、参拝にあたって公私の区別をつけることができない天皇陛下は、参拝することができなくなった。最後のご参拝は昭和50年11月となった>
よくいわれるのが、「天皇陛下が靖国神社に参拝できなくなったのはA級戦犯が祀られているから」ですが、A項戦犯(※)が合祀されたのは昭和53年なのでこれは理由にはなりませんね。しかも、毎年靖国神社に参拝されていたのならそれも理由の一つと考えられるでしょうが、戦後、昭和天皇が靖国神社に参拝されたのは昭和27年10月と44年10月の「靖国神社100年記念祭」、それと戦後30年に当たる50年10月の3回なので、戦犯合祀は無関係でしょう。
※罪状項目に過ぎないA・B・Cの区別に、階級を思わせる「級」を付けることは、罪の軽重であるとの誤解を広める一因でもあるので、引用文以外では「A(B・C)項戦犯」と記載します
by Lisa_cerise | 2013-12-26 23:28 | 皇室 | Trackback | Comments(6)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る