餡のない鯛焼文と政治とカネに近すぎる雅子さま。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


今週も、こちらをどうぞ。
↓以下、転載させて頂きます。

319 可愛い奥様[sage] 投稿日:2013/12/11 18:07:19  ID:xxxxxxxx

週刊新潮2013年12月19日号 早読みレポ
餡のない鯛焼みたいな雅子妃「50歳」ご感想。

半ページの記事。

<半世紀も生きてきたと思うと不思議な感慨に包まれます>
<この機会に天皇皇后両陛下そして皇太子殿下に心から
のお礼を申し上げたいと存じます>

・体調を崩されて10年,宮内庁記者会の会見に応じていない。
 ご感想から読み取れることとは。
・「全体に順調に回復しつつあるという印象」(久能靖)
・「オランダ訪問,被災地ご訪問,両陛下と皇太子への感謝が
 2度書いてある。愛子さまも順調。雅子さまは自信を取り戻されている」(久能)
・宮内庁記者会との関係も良好。皇太子スペインの際,
 「昨日はいろいろありがとうございました」
 被災地で雨に見舞われずぶ濡れの記者に「大変でしたね」
 と気を遣われた。
・宮内庁詰めの記者は雅子さまの感想に不満。
 「回復の具合がよくわからない」
 医師団の見解にも「病状の説明が不十分。
 医師団が情報を出せないなら,妃殿下がもっと自分の言葉で
 病状を説明されてもよかった。
 両陛下への感謝もさることながら,次代の皇室を担う覚悟を
 聞きたかった。それが半世紀の節目というものでしょう」(宮内庁詰記者)
・〆は,「香ばしいけれど餡のない鯛焼のような味わい――」
以上です。
短い記事で要約しようとしましたがほぼ全文になってもうた。




360 可愛い奥様[sage] 投稿日:2013/12/11 18:53:09  ID:xxxxxxxxx

週刊文春2013年12月19日号 早読みレポ
雅子さま50歳お誕生日「V字回復」の未来 
「家族お揃いでご朝食」でも消えない不安とは。

・その日は雅子さまお一人で天皇皇后両陛下をはじめとする
 ご親族方をお迎えになった。御快復を実感した。(東宮職関係者)
 御内宴は皇太子ご不在のまま恙なく行われた。
・今年の誕生日所感と医師団見解は前日午後にずれ込む。
 宮内庁記者をひやひやさせた。
・所感は満遍なく如才ない。雅子さまにとって最大イベントオランダ訪問
 に饒舌なる「皇室外交」への思いが語られるかと思いきやそこはシンプル。
 代わりに被災地への思いがたっぷりつづられている。
 冒頭の「もう半世紀(略)」の振り返りに病気を客観的にとらえる余裕が見られる。
 (宮内庁担当記者)
・近頃はメディアで雅子さまのV字回復が報じられる。読売,朝日,NHK。
「あの雅子さまが皇太子殿下や愛子と一緒にご朝食。
 三殿下そろっての朝食は11月岩手訪問の後から。被災地訪問が
 終わって安堵されたのでは」
(東宮職関係者)
・「二つの不安」がある。一つ目は「ご体調の波」。
 いつ揺り戻しがくるかわからなくて怖い」(東宮職関係者の中のある者)
 「オランダ訪問前は悪かった。被災地訪問もたびたびキャンセルされた。
 ご公務が増えたといっても,不特定多数の人と話す園遊会や苦手と
 される祭祀をなさっているわけではない」(ベテラン宮内庁記者)
・二つ目の不安は「海外志向の活動への依存」
 (2013年雅子さまの国際関連の活動の一覧表あり!)
 海外ばかりに目が向いている雅子さまのベクトルを危惧する向きもある。
 今年の雅子さまの公務に違和感があるというのは佐藤優。
 政治とカネに近すぎる。上級国家行政セミナーはJICAのODAの一つ。
 当該国の政治体制を支持し財政支援をするが,人道的なことばかりではない。
 “次代の皇后”がこういった方向を見据えているなら歯止めをかける議論が必要」

 (佐藤優) 
・来年は国交樹立150周年を迎えるスイスや,OECDパリ大会など。
 皇太子ご夫妻のお出ましの可能性が高い。
・今年はオランダ訪問の成功体験や久子様のスピーチで,
 国際舞台での皇室の活躍を実感できる機会が多かった。
 雅子様のモチベーションとなる海外公務の予定が決まらないときでも,
 国内での公務に取り組めるかがポイントでしょう」(香山リカ)
・〆は「両寮生活は12月で11年目に突入した。
 来年こそが正念場と言えるだろう」

以上です。


今年こそ正念場!来年こそ正念場!!
って。
あまりにも見慣れ過ぎましたよね。
東宮発の言葉は、どんどん軽くなって行きますわ・・・。
このままだと、日本語も崩壊させられるかも。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-12-12 20:21 | 東宮家。雅子さま。

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る