200点超えの高難度プロはコレっ!・・・?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


まずは、「これを言いたかったのね!」ニュースから。
↓以下参考のため引用---------------------------
ヨナ 初戦で200点超えV美姫は今季自己ベストで2位
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/12/07/kiji/K20131207007157540.html
 フィギュアスケートの国際大会、ゴールデンスピンは7日、ザグレブ(クロアチア)で女子のフリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)で首位に立ったバンクーバー五輪女王のキム・ヨナ(23=韓国)、が21番、2位の安藤美姫(25=新横浜プリンスク)が19番で共に最終組で登場した。

 今季初戦で73・37点をマークし浅田真央(中京大)が出した今季世界最高の73・18点を上回ったキム・ヨナ。大勢の韓国人が観客席から見守る中、黒いコスチュームで滑走。タンゴ「アディオス・ノニーノ」で華麗な舞いを見せ、スタンディング・オベーションを浴びる。ジャンプで転倒もあったが、フリー131・12点で計204・49点で優勝。この日、GPファイナルでの浅田真央(中京大)の204・02点を0・47上回った
 出産を経てソチ五輪を目指す元世界選手権女王の安藤は、11月のアイスチャレンジの時と同じ黒を基調としたシックな衣装。ストラビンスキーの「火の鳥」に乗り、演技した。復帰5戦目はフリー114・01点 計176・82点の今季自己ベストで2位に。五輪代表最終選考会の全日本選手権(21~23日、さいたまスーパーアリーナ)に向けた最後の実戦で、納得の笑顔を見せていた。

 3位には169.24点でで16歳のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が入った。
[ 2013年12月8日 01:23 ]
↑ここまで------------------------------------------

あちこちで言われていた通り、
浅田真央選手の得点を上回りましたよ!
204・49点ナリ。(ちゃり~ん)

そう言えば。
公開前からアピールされてましたよね!
「息もつけないほどのぎゅうぅぅっっと詰まったプログラム」だって♪

それって、まおまおのタラソワプロのほうじゃないの?と思っても、
こちらの動画を見てみないと♪
最高のSPの次はFSを見ないと♪♪
ささっ。
見ましょ♪見ましょ♪♪
これぞタンゴ♪♪♪(・・・と、かの国では言うらしい。)
↓キム・ヨナ ゴールデンスピン2013 FS
※こちらもちょっと画像は貼りたくないので、リンク先のクリックをお願いいたします!
http://www.nicozon.net/watch/sm22410536

↓プロトコル
http://www.croskate.hr/Html/GSp13_Ladies_FS_Scores.pdf

ステップが分からないうちに終わってしまおうとも、
スパイラルは「えっ?もう終わり」と思ったとしても、
ほら、キム・ヨナの演技はこういうものだから~。
スピンでバランスを崩そうとも、
得点源のコンボはなくても、
キム・ヨナにはどんどん加点されちゃうから~。

もちろん、回転が足りていないジャンプは刺さりません。
eなんてあるわけありません。
やる気のいっぱいのステキ演技だったので、
PCSはなんと!70超え!!
すごぉぉ~い。凄すぎますよねぇ!
もう、バレバレ!
これぞ『百聞は一見に如かず。』

この点数を貰っちゃったら恥ずかしい~とは思うのですが、
そこはキム・ヨナ。
「やったわよ!」という感じもスゴイ(・へ・)
ある意味、あっぱれ。(・・・でもないか。)
ジャンプの度に「よっこらしょっ!」
ついつい、うっかり、声を掛けている自分がいましたわぁっ。
これで更に、キム・ヨナへの採点方法とキム・ヨナ以外の採点方法は違うよ?
と気付く人がかな~り増えた、と思われます。

昨日はGPFを見ているはずなのに、このB級大会映像を見せられてしまい・・・げんなり。
あの荒川さんも相変わらずのコメントで頼りにならず。
テロ朝は、ご丁寧にも朝からジャンプだけ抜き出して放送してました。
まだ、コレでも騙せると思われているのがただただ悔しい・・・。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/20076914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ささら at 2013-12-08 23:14 x
彼女も純粋にフィギュアを愛し、カネメダルに苦しんだ時期もあったと信じたいです。
今は開き直ったのか、カネまみれの名誉に堕落したのふてぶてしさ満杯。
真生ちゃんが少女から、気品のある女性に成長したのに、彼女に若さが全く感じられないのは何故でしょう?
スポーツ選手なのに溌剌さや健康さが皆無です。
彼女から感じるのは、不満、妬み、怒り。
クィーンなのに。(笑)
彼女の魂は、心の片隅では本当の勲章でないことは分かっているのでしょう。
フィギュア界の汚染は、かなり前から言われていましたが、彼女ほど実力と差がある点数は初めてです。
もしかしてジャッジの嫌味かと思ってしまいます。
早く悪夢が終わって欲しい。
日本のコメンテーターくらいハッキリ言って欲しいです。
by Lisa_cerise | 2013-12-08 17:01 | つぶやき | Trackback | Comments(1)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise