60年前に取り違えられた赤ちゃんの裁判。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

60年前に取り違えられた赤ちゃん。の続きです。

昨日は、違和感のあるニュースにもやもやして、
ネットの旅に出てみたのでした。
そしたら、旅に出てすぐ、その違いにもうびっくりの連続で。
「長男だった男性」と「長男ではなかった男性」のあまりの違い・・・。
育った環境もかなり違いますが、その性格の違いがあまりにも。

ニュースがざっくりとしていたために、
実は長男だった男性がお金のために裁判を起こしたとか、
間違った解釈をネットでよく見かけたので、
それはあんまりだわ、と思わず、急ぎエントリしたのでした。

さきほど、読み返してみて、
私の拙い書き方ではちょっと伝わりにくかったかと思ったので、
裁判に関するニュースの記事をご紹介します。

↓以下参考のため引用---------------------------
「赤ちゃん取り違え」男性が戸籍「復帰」 相続を巡って複雑な争いがすでに起きていた
http://www.j-cast.com/2013/11/28190342.html?p=2
2013/11/28 21:22
取り違え相手のDNA鑑定がまだ残っている
1審では、弟たちが勝訴した。しかし、兄が控訴し、東京高裁の判決では、訴訟を起こしたのは権利の濫用だとして、弟たちは逆に敗訴することになった。

その理由として、高裁では、親子関係がなくなって実の親が分からなくなると、兄のアイデンティティが失われ、その娘2人も不利益を被ることを挙げた。兄が裁判で主張したところでは、DNA鑑定の結果に激しいショックを受けていて、未だに心の傷は癒えていないという。

また、高裁は、両親が亡くなった後では養子縁組もできず、兄が母親から譲り受けた後に家を建てて住んでいる土地などを失うことになるとしている。ただ、兄には、配慮が不足していた面があるとして、反省することも求めている。

男性や弟たちの代理人をしている大島良子弁護士は、高裁の判決を不服として、最高裁で現在争っていることを取材に明らかにした。

「高裁は、血のつながっている本当の兄がもう見つからないだろうと考えて、権利濫用というあいまいな判断になったのだと思います。判決後に、本当の兄が見つかったので、最高裁では、新しい証拠として今回のDNA鑑定結果などを出すことにしています」

大島弁護士によると、母親所有だった土地については、母親名義への回復を求める訴訟を起こし、鑑定結果も出たことから、勝訴して判決が確定している。最高裁でも勝訴すれば、父親の住んでいた家についても、母親の土地とともに、男性を加えて遺産相続をやり直すことができるとした。すでに父親の遺言が無効であることを確認する訴訟には勝っているという。

ただ、高裁では、兄のアイデンティティの問題などを指摘していることから、兄も生き別れた家族とDNA鑑定を行う必要がありそうだ。大島弁護士も、兄が本来の家族に戻るために鑑定してほしいと言うが、兄は難色も示したこともあり、まだ分からないという。兄が母親の土地に建てた家をどうするかという問題などもあり、解決には時間がかかりそうだ。
↑ここまで------------------------------------------

高裁では、長男ではなかった男性に反省を求めていますが、
民事裁判はこういう文言は入る事が確かに多いようですし、
長男ではなかった男性が必ず反省をするとは限りません。

それから。
長男ではなかった男性は、
長男だった男性が介護をしている兄たち二人と共にDNA鑑定を受けないと、
こちらと本当の兄弟なのかまだ判らないんですよね。
最初はDNA鑑定を「信じて疑わず」に受けたのに、
本当の兄が判る鑑定には「難色を示している」とは。
「本当の兄に会ってみたい」とは思わない方なんですね。
取り違えられた事に対しては同じ被害者なのに、
その後の二人の対応はこんなにも違うなんて。

昨日のエントリの中で紹介した判決には地名が書いてあったので、
私はそこを削除してまとめてみたのですが、
これって、地元の方だとだいたいどこの人か判ってしまっているのではないでしょうか?
信用って、守ろうと思っても守れないもの、コツコツと作るものだと思うんです。
こんな状態のままで、仕事が続くのでしょうか。
なんだか・・・疑問が多いままです。

弟さんが探し出してやっと巡り会えたんですから、
実の兄弟で過ごす時間を少しでも多く作ってあげてほしいです。
そうでないと、あんまりです。
最高裁では、まっとうな判決が出ますように。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-11-29 19:15 | 気持ち

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る