天皇皇后両陛下の記事。週刊誌から。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

週刊文春の早読みレポがありました。
いろいろ詰まった内容のようです。

↓以下、某巨大掲示板より、転載させて頂きます。
週刊文春2013年11月28日号
天皇皇后“究極の終活” 7の神秘

雅子妃関係の部分だけ簡単レポします。

予定外だった「水俣スピーチ」雅子さま祖父の過去

・水俣訪問は天皇皇后両陛下の悲願。
 「本当にお気持ちを察するにあまりあると思っております。
 やはり真実に生きるということができる社会を
 みんなで作っていきたいものだと改めて思いました」
 これは陛下のアドリブスピーチだった。
・水俣と皇室にはぬぐいきれない過去がある。
 チッソのトップだったのが雅子さまの母方の祖父,
 江頭豊だった。
 70年の株主総会で江頭の一言が患者らの気持ちを逆撫でした。
 江頭は患者らに取り囲まれ糾弾されるという事件が起こった。
・チッソ問題は雅子さまお妃候補の時にも問題になった。
 「昭和天皇も反対されていた。両陛下もずいぶんお悩みだった。
 皇太子殿下のご決断を尊重された。ただ,現地の方々の
 感情を考えると,まだまだ難しい部分がある」(当時を知る千代田関係者)
・〆は,
 「秋篠宮ご夫妻は99年に水俣を訪れ患者たちと懇談されている。
 雅子さまが彼の地を訪問される日は来るのだろうか。」

簡単ですが以上です。

----------------------------------------
週刊文春2013年11月28日号
天皇皇后“究極の終活” 7の神秘


もう一つ,東宮関係の部分だけ簡単レポします。
五月雨式で申し訳ありません。

「時間がない」 心臓手術前に漏らされた象徴としての葬送

・今月14日,宮内庁は今後の天皇皇后の葬送の方針を発表。
・葬送の見直しは長い道のりだった。
 それは,両陛下と皇太子ご夫妻が「途絶状態」にあることと関係していた。
 「御陵用地のことを案じられる契機となった香淳皇后の葬儀を
 雅子様は疲労を理由に欠席された。葬送の重要性について東宮負債は
 どのようにお考えか,不安に思われたことでしょう」(千代田関係者)
・そのご心痛は長く解消されなかった。
 陛下の「愛子に会えない」発言の理由の一つに,両陛下が皇太子夫妻と
 葬送の問題について話し合いたいのにその機会がないということがおあり
 だった。皇太子は会う機会を増やしたいと言いつつ回数は増えなかった。
 アイコに会えないというのは,そうした内情があった。
・雅子さまの療養生活の長期化とともに「途絶状態」も続き,そのうち陛下の
 健康問題が表面化した。
・12年2月,陛下の心臓のバイパス手術。
 「陛下は時間がないと,ある警察関係者におっしゃった。残された時間を
 意識されていたのだろ。東大病院で皇后陛下とお二人で時間をかけて
 お話合いになったのかもしれません」(千代田関係者)
・〆は,
 「天皇皇后両陛下は今月20日,武蔵陵墓地に足をお運びになる。
 御陵の予定を目の前にして,その景色はお二人にどのように映るのか」

7つの小テーマに分かれています。気力があれば他もレポします。



※ちょっとバタバタしておりまして(汗)、
せっかくご訪問頂いたのに転載のみのエントリで、すみません!!


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/19985244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ささら at 2013-11-21 01:33 x
両陛下のお気持ちを拝察すると悲しくなります。
記事を直接読んでおりませんので、憶測になりますが両陛下が斂葬の儀に関してご意見を述べられたのは、国民への負担を考えられたからだと思っております。
東北大震災でいまだに行方不明者捜索が行われ、原発は先行きが見えない。
一番ご憂慮されているのは両陛下だと思います。
もう、東宮家に話しても無駄だとお分かりになっておられると思います。
53歳と約50歳です。
陛下は息子より、国民を先に考えられるお方です。
引導を渡せる権限をお持ちなら、渡しておられるでしょう。
同時に皇室に入って精神を病まれた(キャッチフレーズ)ことには、責任を感じておられるのではないでしょうか?
元々の気質が要因だと思っていますが、大暴れまでされているなら精神的にもご病気と思われるでしょう。
私的には、エクソシストの世界ではと思っております。
陛下は神と繋がれるお方ですから、分かっていらっしゃる気もいたします。
祈りが通じず次代が…こちらが暴れたくなります。
なら、ご火葬は簡素化は次代からでよろしいのではないでしょうか。
試してみたけど、やはり
劍葬の儀は必要と戻されたらよろしいかと。
Commented by at 2013-11-21 06:21 x
Lisaさん、更新お疲れ様です。
あまり無理をなさらないでくださいね。
今回の週刊誌、なかなかGJですね!
こういう内容なら買って読みたくなります。
前の私のコメントにいただいた、Lisaさんからのお返事に対するお返事になりますが(笑)私もそう思います!
週刊誌の話なので、事実かどうかわからずとも、公式に発表される天皇陛下と皇太子殿下がお会いになる場は公務であって(しかも極少頻度)プライベートではもうゼロに等しい状態のようですから。
こんなことは、雅子様が皇室に入られてからですし。
で、あのこどもの国の件があり、その後も皇太子殿下が天皇陛下のところへ参内する際は雅子様も体調の波に関係なく参内。絶対に自分のいないところで話をさせたくないのでしょうね。
秋篠宮ご一家のどなたかのお祝いの席は、よく愛子様の体調を理由に付き添うため欠席していたくせに、なぜか公務でもないこどもの国にはしっかり出てきたっていうことであのような結論に至ったわけなんです。
Commented by まる at 2013-11-21 12:44 x
両陛下の御心は、20年たった今でも通じないままですね。
水俣の件にしても、陛下は雅子さまを丸ごと受け入れ、共に真摯に水俣の方々と向き合おうと考えておられたのではないでしょうか。
なのに本人あの有り様。
私は最近、昭和帝のお写真を見ると泣きたくなります。
明日何かが起きるでしょうか。やはりそれが気になりますね。国民の目には見えない事かもしれませんが。
Commented by Lisa_cerise at 2013-11-22 23:18
☆ささらさん、今晩は。
お返事が遅くなって申し訳ありません<(_ _)>
>両陛下のお気持ちを拝察すると悲しくなります。
ほんとうに・・・。ご高齢でいらっしゃるというのに。
後継者が今のような状態で、多くの国民が嘆いていることも、
分かっていらっしゃると思います。
>53歳と約50歳です。
改めて、脅威のお二人ですよね。
お二人が仰る言葉の数々からは、もっとお若いように思えませんか?
これからもゆるゆると温かく見守っていたら、
皇太子さまと同い年の人はあっという間にちゃんちゃんこを着ますよ~。
>皇室に入って・・・責任を感じておられるのではないでしょうか?
結婚を許してしまった事も、感じていらっしゃると思いますわ。
私は、壁に穴がボコッと出来ている図が見えるようです。
>劍葬の儀は必要と戻されたらよろしいかと。
劍葬の儀は、簡素化して頂きたくありませんよね。
次代も、武蔵野にと思うとこれまた複雑な思いがして参りました。
Commented by Lisa_cerise at 2013-11-22 23:28
☆琴さん、今晩は。
お返事が遅くなって申し訳ありません<(_ _)>
>あまり無理をなさらないでくださいね。
ありがとうございます!実はちょいと出掛けておりまして(汗)
>プライベートではもうゼロに等しい状態のようですから。
ですよね~。ご静養で合流されたのはいつのことやら???
秋篠宮家はご一緒なのでいいのですが♪
そういえば。
雅子さまと愛子さまが皇后陛下のお見舞いに行かれたというニュースも、
実は皇后陛下はお会いになっていなかったと判明しましたよね。
震災ビオラの時といい、心の距離を置かれていると思っています。
Commented by Lisa_cerise at 2013-11-22 23:45
☆まるさんへ。
>両陛下の御心は、20年たった今でも通じないままですね。
もう、通じませんでしたよね。
「おじいちゃんが悪く言われた」というお考えが何一つ変わらず、
どうして行かなくちゃいけないの?と怒り出してそうな。
>私は最近、昭和帝のお写真を見ると泣きたくなります。
分かります!!
我が家に昭和天皇のカレンダーがありまして、
もう、うるうるしますから!!
>明日何かが起きるでしょうか。
起きましたでしょうか?
吉報を待つ態勢は整っているのですが、
ちょっと、情報半途絶状態でして(汗)
by Lisa_cerise | 2013-11-20 23:58 | 皇室 | Trackback | Comments(6)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る