中川昭一さんの命日。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

今日は中川昭一さんの命日。
23時に黙祷を。

総理大臣になる人だと信じていたので、
未だに「もしもあの時」と思ってしまいます。

あの「仕組まれた」酩酊会見を見ておかしいと思った時、
あの時の事が忘れられません。
中川さんがおかしいのではなく、
あの状態で会見をした周囲がおかし過ぎたというのに。
日本での悪意に満ち溢れた報道は、どれだけ無念だったことでしょう。


麻生副総理の弔辞をご紹介させて頂きます。
-------------------------------------------------
「死せる中川 生ける保守を走らす 」

弔辞

昭ちゃん、
まさか貴方の弔辞を13歳も年上の私が読むことになろうとは全く思ってもみませんでした。

自由民主党は真に得難い人材を失ったと悔やまれてなりません。

100年に1度と言われた先の大戦後最大の世界同時不況に
財務大臣と金融担当大臣という要職を兼務して戴いたこと、
また今回の総選挙で自民党が政権与党の座を失ったこと、
それらが今回の悲劇を生んだ一端なのではないかと大変心苦しく誠に申し訳なく思っております。

平成17年でしたか、米国のサブプライムローン問題が出始めた頃、
本会議場で議席が隣だったこともあり、幾度となく意見を交換し対応策を練ってきました。
日本興業銀行出身だけあってマクロ経済、
国際金融の複雑な話に理解力がある数少ない政治家だと思っていました。

昨年(2008年)11月にワシントンで緊急のG20金融サミットが行われました。
世界的に急激な金融の信用収縮発生が予想された状況下です。

そこで日本がIMF・国際通貨基金に10兆円を融資する事によって、
開発途上国の財政破錠を防ぐと提案しました。
財政状況の厳しい日本が10兆円の資金を出すと言ったので、霞が関では当然反対の声が挙がりました。

しかし「これは融資であって増資ではない」という私の主旨を一言で理解して、
直ちに財務省に話をつけたのが中川財務大臣でした。

後にIMFのストロスカーン専務理事をして
「あの日本の決意が米国、欧州を動かし、結果として世界を金融恐慌から救ってくれた」
との弁を語り、感謝状も戴きました。

日本でその意味を理解している人が今もって極めて少ないのは、甚だ残念の極みです。

しかし、国際的な金融機関における評価が極めて高いのは事実であり、
後世の歴史家が評価してくれると確信しています。

   政治家は我身無念と思えども 国の為なら本懐なり

貴方にこの言葉を贈りたいと思います。

私は中川昭一先生の政策能力の一端をぜひご理解戴ければと存じ、このお話をさせて戴きました。
しかしここにお集まりの多くの方々は、中川昭一先生の保守政治家としての気概に共感しておられたのだと思います。

自民党は保守理念の再構築をしなければなりません。
その時にその中核を担うと期待していた中川昭一先生を失い、我々の気力が萎えたことも事実です。
しかし我々は貴方の遺志に応える義務と責任があると存じます。

   死せる中川  生ける保守を走らす

それが貴方が最も望んでいることでしょう。残された我々は歯を食いしばって頑張ります。
どうぞ安らかにお休みください。
政治家・中川昭一に改めて感謝の気持ちを申し上げ、お別れの言葉と致します。
                                 
平成21年10月16日       麻生太郎

-------------------------------------------------
d0176186_2175742.jpg

d0176186_219152.jpg

d0176186_2191052.jpg

d0176186_2193951.jpg

d0176186_2195189.jpg


こんなにも日本を思う政治家がいらっしゃった事、忘れません。
中川昭一ライブラリ

↓以前のエントリ--------------------
2012年10月3日
今日は中川昭一さんの命日です。
2011年10月3日
今日は、偲ぶ日です。
2010年10月3日
中川昭一さんを偲ぶ日。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/19761530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジュゴン at 2013-10-06 21:33 x
そうかあの日だったか、私葬儀に行きました。鈴木宗男がヘラヘラと参列してやったと言わんばかりに歩いていたのを石を投げたい気持ちで見ていました。
大好きな大好きな方でした。
Commented by Lisa_cerise at 2013-10-06 22:36
☆ジュゴンさん、今晩は。
コメントありがとうございます。
お葬式に行かれたんですね。
鈴木宗男のこと、奥様の手記にも触れていましたわ。
よくもまぁ、のうのうと(怒)
>大好きな大好きな方でした。
本当に・・・。まだまだ日本の為に生きていて欲しい方でした。
お花の手入れをされている時の穏やかな顔が忘れられません。
Commented by ジュゴン at 2013-10-07 01:15 x
ありがとうございます、
中川氏を死に追いやったのは、マスコミ 辛坊のアホ、宗男 です。!

合掌


話変わりますが、東宮問題も本当に同感です。
こちらのブログはBBさんのブログから入ってきました。これからも見させていただきます。宜しくお願い致します。
BBさん、ふぶきの部屋さん、
6月のシャンプーさん、
皆さんのブログのファンです。
また一つ楽しみがふえました。

お身体を大切に、これからも頑張ってくださいませ。
Commented by ららら♪ at 2013-10-07 10:06 x
実は・・・・、
奥様とは私、子供の時に同じ社宅に住んでいたのですよ。
お父様の事件の時に、親から聞いてびっくり。

ご結婚の経緯も聞きました。
何度も断られたのに、それでもこの人と結婚したいと、足を運んでご両親を説得したのだとか。
美男美女の、お似合いのご夫婦でした。

麻布から慶応、でも物足りなくて、東大を受験し直し、合格。
外見に似ず(?)、根性の人だったと思います。

今のようにネットが普及していれば、あのように追い込まれることはなかったのかと・・・・、残念でなりません。

合掌。
Commented by Lisa_cerise at 2013-10-07 23:43
☆ジュゴンさん、今晩は。
こちらこそ、ありがとうございます。
中川さんのことは思いが強くて、
写真を見るたびに「もったいない」と思ってしまうんです。

ところで。
みなさま、有名なブロガーさん達ばかりですよね!
そんな中で、私の辺境ブログをどうしてご存知になられたのでしょうか。
なぜなぜ?とっても不思議ですが、
コメントまで下さってとっても嬉しいです!!
何かの拍子に検索で引っかかればと思って、
ひっそりコツコツ運動してます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
Commented by Lisa_cerise at 2013-10-08 00:01
☆ららら♪さん、今晩は。

ららら♪さん、
なんと!お住まいが同じ社宅だったんですか~。
人となりもよくご存知なんですね。
中川さんを「お父さん、日本一!」と見送られたあっぱれな女性!
あの映像が流れる度に、参議院選挙で絶対に返り咲きだから大丈夫!
ってエールを送ってました。
許されるなら、もっとお伺いしたいところです。

>今のようにネットが普及していれば、あのように追い込まれることはなかったのかと・・・・、
>残念でなりません。
本当に残念です。
ここ数年でTVがいかに嘘つきかが広まりましたよね。
あの当時は、社員食堂やらラウンジやらで酩酊会見の話題が出る度に、
「違うねん、あれは・・・」って説明をしていたのですが、
殆ど聞き入れられず。
TVのチカラに撃沈して悔しい思いをしました。。
本当に残念でなりません。
Commented by Lisa_cerise at 2013-10-09 23:08
☆非公開さまへ。

読ませて頂きました。ありがとうございます<(_ _)>
Commented by 一郎 at 2015-06-22 18:24 x
暖かい御言葉ありがとうございます。 ミッキーさんの番組には中川先生と安倍総理がお二人揃って生出演された事もあり、その他、三宅久之先生御出演の際の録音・音源まで、生前のミッキーさんにプレゼントして頂きました。 中川先生が御逝去された際、ミッキーさんは涙を流して悼んでらっしゃたそうで(側近の方から伺いました)まるで、中川先生の後を追うように2010年1月18日にミッキーさんも旅立たれました・・。こうして、書き込ませて頂きながら、涙が出てしまい・・、私を可愛がって下さったミッキーさんや皆様方の在りし日のお声を聞くのが辛く、そのCDも再生出来ません・・。私事で大変失礼致しました。
Commented by 一郎 at 2015-06-22 18:33 x
説明不足で、大変失礼致しました。 管理人様にはお伝え出来ていなかったのですが、タレントで俳優の故・ミッキー安川さんの御紹介で、中川先生に色々とお話を伺い、暖かい御言葉を掛けて頂いた思い出がございました。大変失礼致しました。
Commented by Lisa_cerise at 2015-06-24 22:41
☆一郎さん、今晩は。
コメントありがとうございます。
温かい思い出がたくさんおありなのですね。
私も未だにこうして写真を拝見すると涙が・・・。
中川さんは総理大臣になる人だと信じ切っていた私。
安倍さんの横には麻生さんと共に中川さんがいて、
きっと日本を守って下さっていると信じています。
by Lisa_cerise | 2013-10-03 23:44 | 気持ち | Trackback | Comments(10)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る