本日の、気になること。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

天皇陛下と悠仁さまの記事が(⇒こちらに。クリックで拡大。)
とてもいい写真で、和みます~。

ところで。
本日発売の週刊誌の『小和田会』、
気になりましたわ~。

東宮家は小和田家の予定優先で、まるで小和田家と一体のよう、って。
これも、今に始まったことではありませんよねぇ。
東宮御所をバリアフリーにしたのもチッ素の江頭祖父が療養するため。
もちろん税金で。

もう、誰もどうしようもないということですか?
ばかばかしい・・・。






レポをご紹介。 ※詳細は本文をご覧になってください。


文春記事レポ
『小和田会』
・郡山慰問。午前11時東宮御所出発、1時到着、現地滞在5時間。郡山駅近くばかりで”急ぎ足の慰問”
 仮設住宅テントに高齢者中心の約50名を並ばせる。接見希望者は少なかったが、お声がけできたのは半分以下。
 ペップキッズでエアマットで夫妻飛び跳ね。砂場では皇太子さまに雅子さまが「お父さん待って」。
・13日から17日まで両陛下葉山滞在、秋篠宮家合流。土曜の夕方天皇陛下と紀子妃、悠仁親王が磯遊び。
 「悠仁親王は陛下も追いつけないくらいあちこちと夢中で動き回っていた」(住民)
・16日に東宮御所で小和田夫妻が軽食。12日の法学会代表者としての接見とは別。
 台風接近で一度は参内(?)を見送ったが結局来た。
 「雅子さまはその席で非常にご機嫌がよろしかったそうです」(東宮職関係者)
・千代田関係者
 「留守中に東宮家と小和田夫妻の会があったと聞いたら両陛下はどう感じるか。
  最近では皇室や皇位継承者としての在り方について、秋篠宮が両陛下の代弁をして皇太子さまに伝えている」
去年も同じようだったことやオランダでも小和田夫妻が訪問したことなど。
・外務省関係者
 「小和田氏には誰も意見できない。現在のポストも後進がつかえてるのに、名誉慾が強いから」
・別の千代田関係者
 「皇太子さまは葉山合流を優先すべきなのに、小和田家と一体。被災地慰問もひとりでも行けばいいのに」
・元宮内庁担当記者
 「元東宮職幹部が雅子さまの公務復帰や愛子さま取材設定を増やすことを進言したが、
  皇太子さまは『その話はもういいですから』とひと言。
  普段から雅子さまと会おうとしても30分以上も平気で待たされたり、
  皇太子さまと話が出来ても雅子さまが首を縦にふらないケースもあったそう」
・東宮家と親交のある人物。
 「以前ご一家と話をしてた時、殿下のあだ名(デンデンとかジイ)の話題になって、愛子さまがゲラゲラ笑ってた。
  雅子さまも殿下に向かって敬語を使わず、『なのよ』の話し言葉」
・古い学習院関係者
 「浩宮さまはリーダーシップはなかったが、噴水に放り込まれて先輩のトレパンを借りて帰った快活な方。
雅子さまのママ友の相手や参観日の様子を見ると、恐妻家のイメージが先行してしまう。つねに雅子さまへの気遣いを感じてしまう。」
・鎌田勇
 「皇太子さまは真面目で私心がない。しっかりした考えをもってるはず。ただ大切な時意外は無理押ししないのだろう」
・元皇太子側近
 「殿下は優しいから、意見を言わないのも、妃殿下のことだけでもないと思う」
皇太子さまは雅子さまに意向ばかりを気にされていると肩を落とす関係者も多い。



女性セブン レポ
皇太子妃雅子さま 郡山仮設住宅ご訪問で「300万円舗装道路」!?
地元住民たちの複雑な思い。何度も陳情していた工事が、慰問の約1週間前、突如行われた


2か月連続で東日本大震災の被災地を慰問された皇太子ご夫妻。
雅子さまのご体調が以前に比べ回復傾向にあることがうかがえる。
今回のご訪問先は福島県郡山市。多くの被災者が雅子さまの笑顔に勇気づけられたことだろう。
しかし、今回のご訪問をめぐって、これまで先送りにされていた“ある工事”が急きょ行われていた。

ペップキッズ郡山にて
・雅子さまが積み木コーナーで「すごいね!」と声をかけた。
 「うん!」と返事した小学3年生実名あり。
・大型エアクッションを「ちょっと中に入ってみよう」と夫婦で体験。
・喜久田町早稲原仮設住宅訪問
 訪問中に雨がだんだん強くなった。
 最前列のお年寄りが濡れるのを心配して、皇太子さまが「もう少し椅子を奥の方へ」と言った。
・昨年夫を亡くした女性はそれを雅子妃に伝えた
 「それた大変でしたね。どうぞお体を大切に頑張って下さい。」
・訪問はわずか30分足らず。←※注 ここ大切!

・9月12日に突然
9月13-14日に仮設住宅前の砂利道をアスファルトにする舗装工事のお知らせチラシが。
2年前から要望し続けていたことで、予算を理由に常に後回しだったのに
皇太子夫妻来訪直前に舗装工事を始めた。
工事はありがたいが、どこか腑に落ちない。
この舗装区間は皇太子夫妻が車で通るところ。
これの業者への依頼が9月10日。
先延ばしにされていた工事が突然されたのは皇太子夫妻が訪問されるからだ、という声が。
ある県関係者は「皇太子夫妻が訪問されるから、あの仮設住宅前の舗装が最優先事項になった。」
そもそも宮内庁が慰問を打診してきたのは1か月前。
県や市は「十分な対応ができないのでは?と不安が
舗装工事費用は300万円ほどと把握している。(県土木部)
「皇太子夫妻が来るから工事するって・・・・本当にお役所仕事だべ。
結局復興予算は本当に被災者のために使えているのかと思ってしまう。
まして負債の30分の滞在のために道路工事するなんて。」
〆は宮内庁も行政も復興の本当の意味と誰のための復興なのか考えるべきだ。

※仮設敷地に入る道路は元からアスファルト、
 この度突貫工事で舗装したのはそこから仮設前の130M のみ。
 その先はまだ砂利道で放置。
 皇太子夫妻が通るためのために唐突に急いでやったのが分かる。



被災地訪問はヤラセと言われる所以ここにあり、でしょう???


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/19720567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2013-09-26 19:10 | 皇室 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る