「ほっ」と。キャンペーン

平昌冬季五輪は、開催中止に・・・?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

雪の無いところで冬季オリンピックを開催したらどうなるか?
見たい気もしていました。(各国の選手の方達の事を思うと不謹慎ですが。)

でも。
実はヒラマサ。
雪がないから、というレベルの問題じゃないんです。

ほら、こんな具合で。(えらいこっちゃ!)
 ↓
↓以下参考のため引用-----------------------------
5年後に迫る平昌冬季五輪 韓国で「開催権を返上すべき」との声も
http://news.livedoor.com/article/detail/8064037/
2013年09月13日14時00分
2018年に韓国江原道で開催される平昌冬季五輪が、開催危機に陥っている。平昌五輪のメイン会場となるアルペンシアリゾートが多額が負債を抱え、売却する必要があるとの声が上がっているためだ。一部からは、五輪の開催権を「返上すべき」との意見もある。

アルペンシア非常対策委員会と江原道議会の企画行政委員会は10日、江原道庁でアルペンシアの経営正常化に向けた懇談会を行った。

懇談会に出席した江原道のバン・スンイル議員は、アルペンシアはリゾート向けの空間というより、ビジネスのための場所として建設された。これは収益を生み出しにくい構造だ。これ以上手遅れになる前に、企業に売却する必要がある」との考えを述べた。

クァク・ヨンスン議員も、「今のアルペンシアが経営正常化するため、さまざまな方案を推進しているが効果はない。アルペンシアの赤字が大きくなる前に、赤字になっても1日も早く売却を進めるべきだ」とバン議員の意見に同調した。

このような意見に対し、非常対策委員のイ・ジョンギュン委員長は、「売却には同意するが、直ちに売却するのではなく経営再建に向けて力を注ぐべきだ」とし、「政府がアルペンシアを買い入れれば、残りの負債は6000億ウォンとなり経営は正常化する」と主張した。

アルペンシアリゾートは、冬季五輪を招致するために江原道が企画、建設したスキー場だ。1兆6835億ウォン(約1500億円)の工事費が投入されたが、このうち借入金は1兆889億ウォン、未償還額は9129億ウォンに上ることから、運営母体の江原道開発公社だけでなく、江原道も財政難に陥っている

何とか経営を正常化したい江原道開発公社は、韓国政府にアルペンシアリゾート内のスポーツパーク(C地区)の経営引き継ぎを求めている。政府がスポーツパークの建設にかかる2711億ウォンで買い入れた場合、残りの負債は6000億ウォンと大幅に減り、経営再建の道筋がつくからだ。

しかし、政府としては江原道の例を許せば、今後、同様のケースが出る可能性があるとして難色を示している。

懇談会では、極論として冬季五輪の開催権「返上」を求める声も上がったという。5年後に迫る平昌五輪は果たして無事に開催できるのだろうか。
↑ここまで------------------------------------------

多額の負債とか、財政難とか、
よぅ、こんなんで五輪開催地に立候補したもんです。
民主党が政権与党なら、今頃もうどうなっていたことか!
とはいえ、あの国ですから!!

はぁ・・・。
嫌な予感しかしません・・・。
こんな所に決定したIOCは、責任を取ってくれるんですよね???

日本が絶対に係わり合いになりませんように(祈)



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-09-13 23:18 | 韓国

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る