今週の記事、あれこれ。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

今週はなかなか、ご紹介出来ずにいた、
被災地慰問はやらせだった!?という暴露記事。

選んだ40人だけにまた声を掛けるなんて、ちょっと意味がわかりません・・・。
同じ人達に?なぜ??どういうこと???
せっかくの機会だから、別の人達に声をお掛けになればよろしいのに。
ここには360人の方達が生活されているというのに。
で。みそ加工工場見学も実は『やらせ』でした、なんて、
皇太子ご夫妻、恥ずかしくないのでしょうか?

疑問やら呆れかえるやら・・・。
もうご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、蒸し返したいと思います。
こういうことはニュースだけでは、分かりませんから!!



週刊文春(2013.09.05号)
雅子さま、被災地慰問<演出>で「復興応援ブログ」大炎上


・七が浜町仮設住宅での交流時間は、結局少々オーバーの15分足らず。雅子さまの体調に配慮して人数と時間を区切った。
しかし、やはり時間は短く”流れ作業”のよう。お言葉も同じ内容ばかり。公平にしたつもりだとうが、機械的にさえ映る。
・40名の胸に貼られたシールは、住民を選別したように見え、あまり気持ちのよいものではなかった。
・(この選別は)早いもの順で、二時間も待った人もいた。一旦交流を終え、集会所にて世話人との懇談をしたが、その30分後、 帰り際に声を掛けたばかりの住民40名に、今度は逆側から再び声を掛け始めた。
「同じ40名にまた話してどうするんだろう、何でだろう」と思った。

・みそ加工工場での行いが、地元の“公式ブログ”に辛辣な感想が大量に寄せられ”大炎上”した。
一つは「視察の際の服装に対する非難」、 もう一つは「作業への“やらせ疑惑”」。
・皇太子夫妻は仮説住宅訪問そのままの服装でみそ加工工場を見学。
映像では大豆と工事を混ぜる作業の真上でマスクを付けずに会話していた。
報道陣に対しては、カメラの三脚でさえ、『雑菌が持ち込まれる』として使用が認められなかったにもかかわらずである。
白衣の着用について、加工側からお願いがなかったとしても、東宮職が申し出るべきだった。
・本来のみそ仕込みの時期は終わっており、今回の見学は単なる”パフォーマンス”との批判。
今回仕込んだみそは売り物にせず加工班員で分けることにした。

・今回の訪問は、雅子さまの治療のため、達成感を得るためという印象が拭えない。
お昼過ぎの到着、短過ぎる交流など被災者より雅子さまのご都合を第一に考えられている。
・本来、慰問は被災者を並ばせたり何かをさせて接見するという性質のものではなく、ありのままの生活を自ら足を運んでご覧になるもの。
両陛下は被災者を一カ所に集めるようなことはしない。「被災者に負担をかけてはいけない」というお気持ちから。
・今回もお二人そろってということに拘ったが、皇太子独りでもお見舞いするべきだった。
被災者よりもご自分たちの意向を第一にしている。
結果2年も被災地に足を運ばなかったご夫妻の心情はなかなか理解されないのでは。

・この訪問の3日後には那須御用邸での13日にわたる長期ご静養が。
駅前での晴れ晴れとした表情は、仙台駅でのこわばった顔つきとはまるで違う。
おそらく“雅子さま流”の被災地訪問に対する違和感は、本人には伝わっていないのだろう。
しかし、今後も同じスタイルでいいのか。東宮職は議論を尽くすべき。

〆は「ご夫妻の岩手や福島の訪問も検討されているが、実現がいつになるか、具体的な見通しはたっていないという。」です。
※詳細は本誌をご覧下さい。


こちらは、被災地訪問の時の車列画像(仕込みでは?と言われている沿道の人達と)。
そう言われれば、日の丸の旗が一つもなく、みなさま、きちんと整列しすぎでは・・・。


以下は、記事がUPされていたものです。
こちらも、文春ながら結構辛辣な内容でしたね。
ぜひどうぞ。
雅子さま宮城日帰り 「被災地慰問」の全内幕
愛子さまの英語セミナーご同行、
御用邸での計18日間のご静養の一方で仮設住民との交流予定は10分。
短すぎる被災地ご滞在計画の果てに-



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-08-31 21:31 | 皇室

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る