皇室の危機‐雅子皇妃を巡る諸問題。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

ざっくりレポがありましたので、ご紹介です。

小和田恒氏も登場。
国際司法裁判所判事就任の件についても。

↓以下参考------------------------------
月刊テーミス8月号
【生活&文化】皇室の危機‐雅子皇太子妃殿下を巡る諸問題を追う

http://www.e-themis.net/
皇太子ご夫妻ご成婚20周年の今年6月、雅子さまと皇太子殿下への「バッシング報道」はいままでにない新しい次元のものとなった。その背景には「適応障害」という病気をタテに公務をないがしろにしているように見える雅子さまと、彼女を支える小和田家への反発があった…。

天皇皇后両陛下は公務の中
皇室の危機-雅子皇太子妃殿下を巡る諸問題を追う
 妃殿下の病気に端を発し皇太子殿下や宮内庁も巻き込む新事態を国民はどう見るか

・愛子さまには内親王としての品格や凛とした姿勢がかけている。
・愛子さまの学習院入学後に起こった出来事についての雅子妃の過敏とも言える反応は、皇太子妃としての行動としてはふさわしくないと国民の目に映っている。
・橋本明氏が「週刊新潮」で小和田家を痛烈に批判した際(もし自分の娘が雅子妃のように皇太子妃としての役目が果たせなかったら躊躇なく引き取る)、小和田恒氏は越智通雄元衆院議員に電話で「これまで書かれた(バッシング記事の)なかで、いちばん手厳しい記事だった」と言った。
 →越智さんは橋本明さんとも旧知の間柄なので、早速橋本さんに伝わる。

・皇太子妃候補には旧宮家令嬢もいたので、東宮に親王が生まれなかったことで、「もしあの旧宮家令嬢と一緒になっていたら…」という呟きが流れた。
・宮内庁がやる気を失った背景には雅子妃の「いくら病気とはいえ小和田家とは頻繁に会っている」ことへの反発もある。
・反面、宮内庁幹部にもかつてのように皇室を真剣に尊崇し、皇族のために真摯に努力する人が減っているのも事実。信子様が所信を宮内庁記者会に直接送付して発表したことは、宮内庁の怠慢の一例。
・小和田恒氏は宮内庁の重荷。国際司法裁判所の判事を延々と続けられるのも、娘が皇太子妃だから。
・小和田恒氏の国際司法裁判所判事就任に当たっては、小和田恒氏を強引にポストにつけるために、前任者を任期中途で退任させようとした経緯有り。当時テーミスへの告発で判明。

・いまや東宮職員の最大の仕事は、病気からくる雅子妃の異常な行動を、どうやって人目から遠ざけるか。
・東宮夫妻、宮内庁と東宮職、政府と政治家、メディアが今こそ皇室のあり方や天皇制について真摯に考究し行動を起こす時である で〆
↑ここまで--------------------------------
  
雅子妃はどのような病気なのでしょう。
東宮医師団の署名なし文書の発表だけでは、ねぇ・・・。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-08-01 00:06 | 東宮家。雅子さま。

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る