雅子さま。ベルギーはどうなさいます?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

ベルギー国王が退位を表明したそうです。
このニュースには、気になるキーワードが二つほど。

↓以下参考のため引用------------------------------
ベルギー国王が退位表明
http://www.cnn.co.jp/world/35034263.html?tag=top;subStory
2013.07.04 Thu posted at 11:52 JST
(CNN) ベルギーの国王アルベール2世は3日、国民向けにテレビ演説を行い、21日に退位する意向を表明した。新たな国王には息子のフィリップ皇太子が即位する。

これを受けて欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会のバローゾ委員長は、飽くことのない努力でベルギーと欧州へ尽くした国王に心からの感謝するとの声明を出した。

また声明でバローゾ委員長は、アルベール2世は20年間の在位中、「一貫して欧州建設の礎となる大義の揺るぎない擁護者だった」とも述べた。

欧州では今年の4月にベルギーの隣国のオランダで、ベアトリックス女王の退位を受けてアレキサンダー新国王が即位したばかりだ。
↑ここまで------------------------------------------

↓以下参考のため引用------------------------------
<ベルギー>国王が21日退位 フィリップ皇太子即位へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000016-mai-int
毎日新聞 7月4日(木)10時29分配信
 【ブリュッセル斎藤義彦】ベルギー国王のアルベール2世(79)は3日放送された国民向けの声明で、21日に退位しフィリップ皇太子(53)が即位すると発表した。高齢による体力低下が理由。国王はフランス語圏とオランダ語圏の対立に憂慮を示し、国の統一維持に尽力した。

 フィリップ皇太子は昨年、経済使節団を率いて来日した。日本の皇太子ご夫妻との交流が深い。
↑ここまで------------------------------------------

雅子さま。ひょっとして行きたいとか!?
ひょっとして、
すでに外戚が活動中だったりして?

外交ルートを通じて招待の話があったり、
FAXで招待状が来たりして?




ベルギーと言えば・・・。(と、蒸し返す)
1999年12月3日~7日 皇太子ご夫妻ベルギー公式訪問がありました。
後に、慎重にすべき時期に配慮に欠けたお振舞いをされたと言われたご訪問です。


1999年11月下旬 : 雅子妃に妊娠の兆候
1999年12月3日 : 東宮夫妻ベルギーへ出発
1999年12月4日 : フィリップ王太子結婚式参列
※深紅の絨毯と用意した衣装が同系色だったため、急遽変更したロイヤルブルーの衣装が欧州王族貴族たちから浮く。当時の記念写真。
※結婚式後、首都ブリュッセルから直線距離で95km離れた、デュルビュイへ私的グルメ旅行
1999年12月5日 : 在ベルギー大使・兵藤長雄氏の紹介により、お忍びでブリュッセルのレストランで食事。行程中、雅子妃は「ふつうにワインを飲んでいた」ため、兵藤氏は全く妊娠に気付かず
1999年12月7日 : 帰国


------------------------------------------------
週刊朝日1999年12月24日号 「雅子さま幸せのご懐妊」
当時の駐ベルギー大使・兵藤長雄氏。
滞在中は、兵藤長雄大使の公邸に泊まったが、兵藤大使はこう驚く。
「ワインも普通に飲まれていたし、まったくそんなそぶりはなかった。
いま考えれば、侍医がついてきていたのはそういうことだったんですね」

------------------------------------------------


※ブリュッセルのベルギー日本協会レセプションパーティにて。シャンパンを飲む雅子妃の写真。


------------------------------------------------
文藝春秋2002年1月号 雅子妃ベルギー秘話
ここで小さなエピソードをご披露したい。
当初、お召しのスーツは深紅のものを予定されていた。
ところが実際に教会に到着されたときは、目の覚めるようなブルーのスーツに変わっていた。
それは、雅子妃のとっさのご判断であったことを後から知った。
式場に行かれる前、妃殿下はテレビに映し出されていた教会の模様を御覧になっていて、式場に深紅の絨毯が敷き詰められていることを御覧になった。
同色のスーツではと思われた妃殿下は即座に鮮やかなブルーのスーツに変えられることを決断された。
このご決断は大成功で、教会に御到着時からテレビに大写しになった両殿下は、深紅の絨毯、黒のモーニング姿の殿下、妃殿下のロイヤルブルーのスーツで一際冴えた印象を与えたのであった。
私も妃殿下の御判断に感服した。
式典の翌日、ヨーロッパで一番小さく美しいデュルビュイというアルデンヌ地方の山荘に御夫妻を非公式に
御案内した時には、レテビでこの両殿下のお姿を拝見したという村民総出の大歓迎を受けられた。
両殿下も気軽に歓迎にお応えになったが、村長さんに案内されて村の市場の横を通った時、地酒のリキュールを露店で売っていた老人が歓迎の印に一杯献上したいと杯を差し出した。
すると殿下はそれを素直にお受け取りになって一気に呑みほされた。私は一瞬青くなった。
お止めする暇のないくらいの一瞬の出来事であったが、案内役を勤めた村長さんも、一瞬ヒヤーッとしたが、
村の老人の善意を信じて受けて下さった殿下に感動したと後日語っていた。
------------------------------------------------

d0176186_234599.jpg
※デュルビュイへ100km近い道のりを長距離移動してのグルメ旅行にて。

d0176186_117427.jpg
店に飾られている記念写真には、雅子さまのことを“SON EPOUSE MASAKO OWADA”と。

------------------------------------------------
皇太子妃殿下のお誕生日に際し(平成12年)
問2
昨年末には残念な出来事がありました。これまでのお気持ちをお聞かせください。

皇太子妃殿下
国民の皆さんの期待もある中で,昨年の暮れの結果は私も残念に思っております。
そしてまた同時に,非常に早い段階から報道が過熱してしまったということについて,正直申しまして戸惑いを覚えたことも事実でございます。
その間,皇太子殿下には常に深い思いやりをもって私を包み支えてくださいました。
また,両陛下にもこれまでずっといつも変わらず温かく支えお励ましいただきましたことを心より感謝申し上げております。
お陰様でお医者様方に大変良くしていただきまして順調に快復することができましたことを深く感謝しております。
そしてまた,国民の皆様からも大勢お便りを頂きましたり,温かい励ましを頂きましたことも忘れられない事でございます。
どれほど多くの方々の善意に支えられて自分があるのかということを身にしみて感じました。
国民の皆さんの温かいお気持ちにこの場をお借りして深くお礼を申し上げたいと思います。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/kaiken/kaiken-h12hn.html
------------------------------------------------

------------------------------------------------
2006年3月23日号 週刊文春
元宮内庁関係者I氏
「ベルギーへのご出発前に基礎体温が上がるなど、ご懐妊の兆候があったのですが、そのことを両陛下に報告されずにベルギーへ行かれたと聞きました。
ようやく外国へ行く機会が出来たのに、いま報告すれば止められるのではないかと東宮側が恐れたというのです。
さらに後でわかったのですが、ご夫妻はこれまで外国へ訪問できなかったことをベルギー王家の方々にお話しになり、しばらくして王室関係者から皇居のほうに伝わったようです。
天皇皇后がご不快に思われたのは想像に難くありません」
流産の診断をした医師は会見で「ベルギー訪問や報道によるストレスが原因ではない」と明言したが、念願の外国訪問と流産が重なったことは、雅子様にとって不運だったとしか言いようがない。
------------------------------------------------

ベルギーでは、グルメを満喫されたものの、
帰国後にこのような事になるとは・・・、思いもせず、ということでしょう。

でも。
このようなことがあったとは、国民はもっと思いもせず、でございました。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/19181376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2013-07-05 00:03 | 東宮家。雅子さま。 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る